爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

14-02-28(金) 春の息吹

2014年02月28日 | ウダウダ日記



 
           クロッカス                                  フクジュソウ

大陸からの汚染物質なのか、大気の透明度は落ちて奥羽の山々が白くかすんでいる。
氷点下を脱した朝の気温、日中は北よりの風が吹きすさぶも概ね温かい一日だった。
庭先の残雪は順調に消えて、その下には早春の草花が芽を出していた。
しかしこの陽気も今日限り、明日からは再び寒さが戻ってくると言う。
それでも週間予報欄に雪マークは見当たらない。
あっという間に終わってしまった2月、ワシは仕方なく暦を1枚めくると房総の菜の花畑が眩しい。
北国とてこれからは三寒四温を繰り返しつつ、ゆっくり花の季節へと向かっていくのである。

コメント

14-02-27(木) 解禁間近

2014年02月27日 | ウダウダ日記


雪融けは今日も順調に推移して、我が家の庭先に占める残雪の部分は2割に縮小。
薄雲を通してぼんやりと陽射しがある中で気温は昨日よりも上昇して、プラス2桁に迫る勢いであった。
渓流解禁を2日後に控えて、通りすがりの小沢を覗いてみた。
まだぎっしりの雪に閉ざされた中に、何となく生き物の存在を感じる温かい流れに思えた。
もしかして今季は解禁初期から好釣果が期待できるのかも知れない。
ウチの婿殿は解禁日の気仙川にでも出かけるつもりで居るらしいが・・・。
ワシもそろそろ道具の点検をしておかなければなるまいて。

コメント

14-02-26(水) 雪融け

2014年02月26日 | ウダウダ日記


                         ユキノシタ(天然エノキダケ)

家の周りの雪融けが進み、あちこちから春の息吹が感じられる。
踏み固め積み上げた雪の滑り台は、ザクザクに緩みもうじき融けて消えてしまうだろう。
土の匂いが鼻をくすぐる花壇、先日数個しかなかったチューリップの芽が列を作って立ち並んでいる。
まだ陽射しが届き切らない裏庭は固い氷に閉ざされたままだが、朽ちたムクゲの切り株にユキノシタ(天然エノキダケ)が発生していた。
この冬各地を襲い甚大な被害をもたらした大雪ではあったが
、幸いにも当地は平年を下回る積雪量。
玄関先の本格的な雪掻きは僅かに2回で済んでいる。
いつもなら洗濯板状の圧雪凍結となる表の道は既に乾燥して、車が通過するたびに埃が舞い上がる。
暫くセーター1枚で外に出ていたが、厳しい寒さに馴染んだ身体には、+8℃が実に温かく感じた。
このままサクラ咲く春の訪れとなって欲しいものであるが・・・。

コメント

14-02-25(火) 岩洞湖・9

2014年02月25日 | ワカサギ釣り


快晴無風、氷点下14℃。
雪は程よく締まり、奥地へと続く踏み跡を辿る足取りは軽い。
が、昼頃から天候は崩れる予報。
あまり遠くまで行ってしまうと帰り道が辛い、と言うことで今日もやっぱり8番に逸れる。
前回、きっちり山タテをしておいたポイント、水位は1mほど低下しているが果たして今日は・・・。

(以下釣行記へ)

コメント

14-02-24(月) 共通遊漁証

2014年02月24日 | ウダウダ日記


渓流解禁を数日後に控えて、県内共通遊漁証が手元に届いた。
近頃は加齢と共に行動力が鈍り、釣りのための遠出は次第に億劫になってきた。
腰痛を抱えたままのこの夏、県内河川に出かける機会は昨年以上に増えるものと思われる。
そんな年に限って、アユもヤマメも原因不明の不振に見舞われたりすると目もあてられない。
なにしろ一種の賭けや株式投資のようなもので、当然失敗したときの救済策などはない。
なけなしの小遣いを叩いて春先購入したものが、見事に期待を裏切って夏には紙屑同様になり得るリスクを常に伴っている訳である。
残り少なくなった我が人生だから、今年こそは「共通幽魚証」とならぬよう願っているのだが・・・。



コメント

14-02-23(日) オラから※※へ

2014年02月23日 | ウダウダ日記


いよいよ冥土の旅へのカウントダウン開始。
オラもついに大台突入、明日からは医療費が1割負担で済むらしい。
雫石川年券は半額になるのか?
なんだか嬉しいような悲しいような・・・。
近所の老人クラブからさらに執拗な誘いが来ることだろう。
どうでもいいことだが、自らを現すに「オラ」では適用年齢範囲を超えているようでならない。
しからば今後は歳相応の「ワシ」と改めるべきか、それとも他にいい表現があるか思案中のオラである。

コメント

14-02-22(土) 爺様の逆襲

2014年02月22日 | ウダウダ日記



オラの今季におけるワカサギ釣りはあまりに調子が上がらない。
もともと上手とは言えないオラの釣技だが、歳のせいで反射神経などがさらに低下したことも原因。
加えて今年の岩洞湖の魚影の薄さもあげられそうだ。
とは言え、激渋2月病が蔓延する中にあっても、上手い人は2束3束と釣っている。
無駄なエネルギー消費を避け体力温存、集中力維持、ポイントの時間帯傾向の把握、往年の動物的「勘」の復活等々、年寄りでも考えればまだ出来ることは残っている。
氷上釣りが残り1ヶ月を切った今、今季の不調を少しでも挽回すべく爺様の逆襲が始まる。
次回釣行はいつに・・・。

コメント

14-02-21(金) 空っ風

2014年02月21日 | ウダウダ日記


空は晴れても山は猛吹雪、奥羽の連山は全く見えない。
近づく北帰行に備えての準備か、低空で飛ぶハクチョウの編隊を目で追いかける。
庭の残雪はザラメ状に変化、クルマの下回りの着氷もかなり落ちた。
地面の露出がだいぶ進んで一見冬の終わりかに思われたが、田圃を渡ってくる風のあまりの冷たさにたじろぎ、思わず家の中に逃げ帰ったオラであった。
これからは真冬日がなくなる代わりに、奥羽山系を越えてくる空っ風の季節。
サクラが咲くまでのこの時期、むしろ寒さが身に沁みて辛い訳で・・・。

コメント

14-02-20(木) 芽生え

2014年02月20日 | ウダウダ日記



朝の気温はまだ氷点下8℃台と厳しい寒さ。
されどこのところ日中は必ずプラスに推移、平地に於ける真冬日はなくなった。
家の水周りも凍結の心配が要らなくなった。
子供たちのためにと造った雪山も、日に日にその嵩を減らしている。
どこかに春の息吹が感じられないかと庭を見渡してみると、厚く成長した霜柱を割ってチューリップが発芽していた。
フクジュソウはまだ30センチほどの残雪の下になっているが、既に萌黄色を見せているに違いない。
これからの1ヶ月、北国太平洋側地域には何度か大雪の洗礼があって、その後は一気に春めいてくるのが常であるが、今年の春の訪れは早そうな気がする。
1週間後に解禁されるヤマメは、いつもより早めに活性が上がってくるのかもしれない。

コメント

14-02-19(水) 岩洞湖・8

2014年02月19日 | ワカサギ釣り

低気圧は北に進み北海道の洋上に停滞、北日本は典型的な冬型気圧配置である。
先週末からの風は未だ止まず、今日もまた強風の予報。
だが6時現在無風、往きは良い良い帰りは怖いの岩洞湖なのである。
と言うことから突然の撤収もあり得るとして、本日は小石川Pから近場を目指すことにしたオラであった。

(以下釣行記へ)

コメント

14-02-18(火) 極楽極楽・・・

2014年02月18日 | ウダウダ日記


時に視界を奪う地吹雪は、たちまち目の前に吹き溜まりを置いて行った。
標高1400m裏岩手連峰犬倉山直下から引く源泉かけ流しの露天風呂。
さすがに冬場の温度調節は難しく、今日は白濁もしない温めの湯であった。
時が止まる・・・。
聞こえるのは獣の吼え声にも似た風の音と、遠く微かに除雪機械のエンジン音。
上空に吹き上げられた雪煙がほてった身体に冷たく降りかかり、ふと我に返ったオラであった。

それにしても、この風は明日になっても止みそうにない。
残念ながら明日の岩洞湖は諦めなければならぬのか・・・。

コメント

14-02-17(月) 湿り雪

2014年02月17日 | ウダウダ日記


気圧配置は西高東低、典型的な冬型である。
北西の強風と横殴りの湿り雪が、朝の散歩のオラの防寒着を濡らした。
昨日大きく露出した畑地はすっぽり雪に埋まり、周辺は再び白一色の景観に変わった。

岩洞湖氷上は深い湿雪と浮き水で歩き難いらしい。
オラの次回予定は2/19、さて何処へ入ったら・・・ドン深は苦手だし・・・。

コメント

14-02-16(日) 早春

2014年02月16日 | ウダウダ日記


一晩中吹き荒れ、家の節々をきしませていた暴風雪は峠を越して昼前には青空も覗いた。
低気圧は沿岸部に大量の雪をもたらしたが、内陸部の我が家周辺ではほんの数センチに留まった。
その雪も気温の緩みで融け出し、黒く地面の露出する割合が一気に増えた。
ここに来て早くも花芽が動き出したか、庭の木瓜が蕾を膨らませたような気がする。
あちこちで何となく早春の光景を見せているEHATOVの郷。
だが北国の季節はこのまま春に移行するはずもなく、何れまた真冬の寒さが戻ってくる。
渓流解禁まであと2週間となったが、水が温みヤマメに活性が生まれるのは、まだ1ヵ月半も先のことである。

コメント

14-02-15(土) 時間制限

2014年02月15日 | ウダウダ日記



太平洋沿岸部では南岸低気圧の影響で大雪、ここまでの内陸は風は強いものの小雪が舞った程度。
さほど気温の低下はないはずだが、体感的にはむしろ辛いものがあった。
温泉好きの孫たちを連れて網張に登る予定だったが、天候急変を警戒して取りやめ。
そのために、我が家は終日ドタバタ大賑わい。
昨日の氷上修行の後遺症が腰のあたりにたっぷり残る中、必死に彼らの遊び相手を務めるオラ。
彼らが耳元で騒ぐ中、さすがに疲れ果てて狸寝入りを決め込む。
孫の訪問は楽しみだけど、2時間と決めた時間制限はやはり守ってもらわないと・・・。

コメント

14-02-14(金) 岩洞湖・7

2014年02月14日 | ワカサギ釣り


すっかり夜明けが早くなったR455。
今日のオラは前回釣行時に微妙にスポットを外した感じもある柴沢入り口の8番に再挑戦。
晴天無風の岩洞湖は放射冷却の中、キリリと冷え込んで身が引き締まる。
奥地へ続く裏岩街道、踏み跡を外さない限りよく締まって歩き易い。
荷物満載のソリも快調に滑って、気持ちのいい氷上の散歩である。

(以下釣行記へ)

コメント