爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

15-12-31 大晦日

2015年12月31日 | ウダウダ日記

周辺はクルマの流れが途絶えて完全なる静寂。
これほど穏やかな大晦日も記憶にはない。
凍てついた路面に日光が射すと、張り付いていた氷塊が融けだして車道を濡らした。
近年では息を吸えば鼻の奥に痛みを感じさせる寒さなどまるでない。
とにもかくにも今年もまた朽ち果てることなく生き延びたオラである。
こうなればさらに欲が出て、あと数年はこの調子でアユ竿を操りたいものである。
ここ数年正月飾りのない神棚だが、新年はオラの干支。
綺麗に掃除してお札を替え供え物を新しくした。
家内安全無病息災・・・。

コメント

15-12-30 冷え込み

2015年12月30日 | ウダウダ日記

一頃より日暮れが10分ほど遅くなった。
陽が沈むと足元から這い上がってくる厳しい冷え込み。
路面に張り付いた氷片をガリガリと踏んで激しく往来していた車の流れがぷっつり途絶えた。
年に2回、盆と正月にだけこの地域に訪れる静寂の時である。
カカァは正月三が日を食いつなぐ田舎の伝統たる煮しめを大鍋で炊いた。
明日やってくるはずの孫一家にも持たせるのだと言う。
お年玉の用意もしておかなくては・・・。

コメント

15-12-29 真冬日

2015年12月29日 | ウダウダ日記

日陰は凍ったまま、家の前の道も洗濯板状に凍結。
ここにきてようやくいつもの冬らしい寒さが続いている。
薮川地区は今日で真冬日3日目。
岩洞湖の水温はもう充分に低下している。
あとは何らかのきっかけさえあれば、全面結氷へと繋がるはずだ。
天候がこのまま推移するとすれば、氷上解禁の有無を心配する必要はないかもしれない。

レギュラー番組が少なくなり、年末年始は特番ばかりのTV。
何処へ回しても歌謡番組と同じような顔ぶれのお笑いタレントばかり。
カカァは喜んでいても、オラにとっては辛い1週間となる訳で・・・。

コメント

15-12-28 カウントダウン

2015年12月28日 | ウダウダ日記

県内流通業界も一部は既に長期休暇に入り、表を走る交通量が少し減った。
それと入れ替わって、東北道を降りてくる他県ナンバーが急激に増えた。
凍てつく路面、へばりついた氷塊を踏んで走る車の走行音が耳に着く。
空は晴れても吹く風は冷たく強い。
向かいの大屋根からは、時として激しく雪煙が舞い上がって地表に降り注いだ。

新年へのカウントダウンが始まっている。
連続6年、この正月もしめ飾りは控えることにした。
我が家では本日娘たちに配る餅を搗いた。

コメント

15-12-27 積雪20センチ

2015年12月27日 | ウダウダ日記



表の通りは暗いうちから除雪機械が今季初出動。
昨夕からの積雪は20センチ。
表面に積もった乾燥粉雪の保温効果で、地面との界面はシャーベット状のまま。
天気がいいだけに昼前には融けてしまいそうなのだが、オラも今季初の雪掻き。
気温は上がらずシャーベットが露出するとたちまちガリガリに凍り付いた。
日が高くなるにつれて田圃を渡ってくる風が強まって、激しく雪煙を舞い上げた。
これぞオラが待ち望んでいた北国の正しい冬景色なのである。

コメント

15-12-26 寒波

2015年12月26日 | ウダウダ日記

 

昨年の今頃は雪掻きも数回、庭先には既に50センチを超える積雪があった。
午後になっても我が家周辺は、殆ど気温が上がらない。
待ち焦がれていた本格的な冬が、ようやくやって来たのである。
隣県阿仁川ライブカメラでは、大雪を予感させる激しい降りが確認できる。
もうじき奥羽山脈を越えた厚い雪雲が東側にも広がってくる。
朝からチラチラ舞っていた小雪は次第に力強さを増し、表の道が見る間に白くなった。
冬休みの子供と同じで、明日が楽しみなオラなのである。

コメント

15-12-25 プレゼント

2015年12月25日 | ウダウダ日記

奥羽の稜線は吹雪に没し寒々とした景観。
風に乗って小雪舞い飛ぶEHATOVの郷。
午後には全天雪雲が広がって、穏やかだった午前中が嘘のように季節風が強まった。
時の経過と共に寒さは募り、この後にはこの冬最強の寒波も襲来すると言う。
未明の雨がもたらした時ならぬ水溜りも、明朝には固く凍り付くことだろう。

今日が終業式だった孫たちがさっそく襲来。
昨夜あげられなかった爺婆からのプレゼントを渡す。
未だにサンタの存在を信じている4年生ながら幼いままの男の子。
昨年のこの日には既に覚めていた2年生ながら大人びた女の子。
子供が成長していく過程を見ているのは実に楽しいものである。

コメント

15-12-24 ホット・クリスマス

2015年12月24日 | ウダウダ日記

凍結路面もひとかけらの雪も見当たらないクリスマスイヴ。
今日もまた日中は気温2桁に届かんとする穏やかな陽気。
それでも遠望する岩手山周辺のスキー場はやっとオープンにこぎつけたらしく一安心。

我が家では全ての家電品が末期症状。
今日もまたFF暖房器具が逝った。
量販店に出かけるも、FFストーブにはとても手が出ずファンヒーターに変わった。
次は、いよいよノズルが出なくなったシャワートイレだろうなぁ・・・。

コメント

15-12-23 あと1週間

2015年12月23日 | ウダウダ日記

晴天も午前中だけ。
午後にはすっかり雲が広がって暗い空。
ここから週末にかけては今季初めて如何にも冬らしい天気予報。
遥か彼方の姫神山、その雪のない姿は見納めになるのか。

あと1週間で年が変わる。
ここ数年同居している貧乏神、来年も間違いなく居座り続けることだろう。
それでもいいのさ、健康でさえあれば。
今夜も貧しく湯豆腐を突っつく爺と婆である。

コメント

15-12-22 二十四節気冬至

2015年12月22日 | ウダウダ日記

太平洋高気圧の張り出し、偏西風の蛇行、強いエルニーニョ現象。
どれをとっても冷え込みは期待できず、未だ暖冬異変の真っ只中にある。
季節の折り返し点、二十四節気冬至が来ても雪の見当たらぬ北東北は記憶にない。
何処からか微かに聞こえてくるクリスマスのメロディも、年の瀬の表通りを慌ただしく通り過ぎる営業車の群れも、その景観の中にはまるでそぐわない。
暦の上での「冬」は、もうすぐ1ヶ月が経過する。

コメント

15-12-21 雨・早池峰山

2015年12月21日 | ウダウダ日記

昼過ぎには天候悪化、県南部に向かう途中でとうとう雨になった。
東に目を転ずれば山頂部を雲に隠した北上高地の霊峰早池峰山。
今日もまた師走とは思えぬ妙に生暖かい一日となった。
とうの昔に冬籠り準備はできてはいる我が家だが、凍結防止ヒーターはまだ通電していない。
灯油タンクの減りも今のところは極めて少ない。
週末頃には平地でも真冬日となる予報は出ているが・・・。

コメント

15-12-20 穏やか過ぎて・・・

2015年12月20日 | ウダウダ日記

今季3度目の寒波は期待外れだった。
次にやってくるのはクリスマスの頃らしいが・・・。
それにしてもあまりにも穏やかな12月である。
裏の爺様が竿を持ち出して、田圃の水路でハヤ釣りをしていてもおかしくない。
いつか見つけたカマキリの卵のうが、あんなに地面すれすれであったことが頷ける。

コメント

15-12-19 

2015年12月19日 | ウダウダ日記



山は吹雪模様だが、里には雲間から明るい陽の射す場面も多かった。
時折冷たい風に乗って小雪が舞うも、今夜もまた積もる気配などはない。
寒さがやっと定着したのか、朝の霜柱は午後になっても融けなかった。
孫たちが朝からきていて、ひとしきり暴れ回った後はPCに張り付いて離れないフルコース。
もうじき冬休みが来ると、この賑わいは週末だけに留まらない。
オラの唯一の避難先、岩洞湖は今日も真冬日にはなったが・・・。

コメント

1-12-18 あと33日?

2015年12月18日 | ウダウダ日記



灰色の空から小雪が舞うかと思えば、雪雲が取れて山々が見渡せる。
予報通り気温は上がらず寒い一日とはなったが、正直もっと低下するものと思っていた。
それでも岩洞湖地域は昨日から真冬日が続いている。
氷点下2桁とはならぬまでも、小石川方面の浅場では結氷が見られると言う。
しかし今のところ本湖方面は全くその気配はないようだ。
この雪もなく風もない穏やかなうちに、厳しい寒さだけがぜひ数日間は続いてほしいと、ワカサギファンは皆願っている訳だが・・・。
巷では今季の氷上解禁は大幅に遅れて「大寒」過ぎになるかとも囁かれているが・・・。

コメント

15-12-17 期待外れ

2015年12月17日 | ウダウダ日記

果たしてどこまで冷え込むのかと一種の期待があったが、朝は氷点下とはならなかった。
隣県のライブカメラの映像は吹雪模様だが、奥羽山脈を越えての雪はチラチラ程度。
スキー場など高地では僅かな積雪があったらしいが、日中の平地では晴れ間も覗いた。
暫くぶりに気温は低いままに推移、このところ続いていた異常な暖かさは消滅した。
今週末とクリスマス頃には雪マーク、どうか降って欲しい・・・。
ぜひとも雪掻きがしたいオラなのである。

コメント