爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

18-09-30 接近中

2018年09月30日 | ウダウダ日記

未明からの雨は次第に不気味さを増してきた。
裏の林の梢が少しずつザワつき始めた。
台風24号の予想進路は、何となく当地直撃の雰囲気。
最接近は明日未明、某大会で頂いた防災セットの中身の点検。
停電に備えての装備、備蓄の飲料水、家屋周囲の見回りなどを行う。
あとは大荒れにならぬことを願うのみ。

コメント

18-09-29 イヌサフラン

2018年09月29日 | 季節の花

台風接近で天候は明らかに下降中。
明日の今頃は酷い降りになっていることだろう。
散歩道に咲くイヌサフラン(有毒)の花、台風通過後は風雨に叩かれ短い命を終えてしまうかも。

上の子の合唱発表会で女房はママ運転で出かけて行った。
その間、オラは下の子と子猫を預かることにした。
生後2ヶ月を経過したトラネコ、何をしても可愛いが活発に動き回るだけに一時も目が離せない。
孫のテンションも高く、オラはその両者に振り回されっ放し。
彼女たちが帰った後、オラは疲労困憊。
さて今日は早く寝よ・・・。

コメント

18-09-28 嵐の前

2018年09月28日 | ウダウダ日記



台風24号は未だ南の洋上にあって列島を縦断する構え。
近づく台風に刺激された秋雨前線は、ここ数日は東北地方に雨を降らせ寒さを齎した。
その台風本体は明後日東北地方に最接近するらしい。
嵐の前の静けさなのか、雨雲が消滅した本日午後は爽やかに晴れ上がった。
しかし奥羽の山々はその稜線を雨雲に隠したままだ。
秋分を過ぎて秋は徐々に山から里へと移り、豊かな実りを届けようとしている。
女房はランチバイキングとやらで街へ出かけて行った。
オラは一人鍋に湯を沸かして袋ラーメンを開いたところである。

コメント

18-09-27 ぬくもり

2018年09月27日 | ウダウダ日記



氷雨降り止まぬ日中の最高気温は朝と変わらぬ13℃台。
つい先日までは冷房が欲しかったのに、この秋初めてぬくもりの恋しい日になった。
今年は冬の訪れは早いのか、もしかして山は紅葉の盛りを待たずに雪がくるのかも。
我が高齢者世帯では我慢しきれずついにストーブに火が入る。
外に出られないのでPCに張り付いて、歩く距離はせいぜい数回のトイレ往復のみ。
明日は晴れて欲しいものだが・・・。

コメント

18-09-26 リンドウ

2018年09月26日 | 季節の花



雲は多いながらも晴天の一日。
しかし奥羽山系の尾根筋は朝から微妙に雲に覆われている。
山歩きの準備はしていたが、今日はとうとう腰は上がらず仕舞いだった。
折角行くのだから遠望の効くドピーカンの日にしたい訳で。
こうなれば台風24号が通り過ぎてからにしようかとも。

カキの実が色付き始めた。
その木の下の日陰に何種類かのリンドウが花を着けている。
何年か前に買い求めて露地植えにしたものだ。
葉が生い茂る夏場には陽は全く当たらず、株は増えるどころか年々貧弱になっている。
庭の樹々がそれぞれ大木になってしまっているだけに、何か対策を講じない限り希少な山野草までが消えてしまいそうである。

コメント

18-09-25 アサガオ

2018年09月25日 | 季節の花

天候は回復基調にあるも正午現在は未だ小雨が残っている。
気温は殆ど上がらず小寒い午前中であった。
花らしい花のなくなった庭のあちこちには、こぼれ種から出たアサガオが咲いている。
当初は栽培種の大輪咲きだったが、いつの間にか先祖がえりをして原種に近づいてしまった。

雨が晴れたら何処かの山へ行こうと準備を始めた。
先ずは裏岩手連峰黒倉山から西岩手外輪山の紅葉を眺めてみたい。
八幡平の3大展望地、畚岳、源太森、茶臼岳にも登ってみたい。
体調次第だが、半世紀ぶりに紅葉真っ盛りの栗駒山にも登ってみたいが・・・。

コメント

18-09-24 ウメモドキ

2018年09月24日 | 季節の移ろい



イチイもウメモドキも実が少し色付いてきた。
本来ならまだまだ終盤アユを追いかけている時期だ。
しかし今年の北東北アユ釣りは、いつになく早い終焉を迎えた。
終始調子の上がらなかった米代水系阿仁川は9/17にはギブアップ宣言。
同水系のオトリ店は開店休業のままシーズンを終えてしまったところが殆どだ。
雄物川水系角館漁協もその3日後には同様に実質的終息宣言。
終盤まで善戦していた雫石漁協、9/20現在昇瀬橋で見えていた数100匹の群れや如何に。
いつもなら投網やコロガシ最盛期の気仙川、魚病で早々に数を減らしただけにどんな塩梅か。
簗には落ちているのか県内河川、来季の種苗は確保できているのか北東北各河川漁協。
ま、ここでオラが心配していても仕方のないことだが。

コメント

18-09-23 秋彼岸

2018年09月23日 | 季節の移ろい

秋晴れを背景に色付くナナカマド。
南の空にウロコ雲、赤とんぼ、いっぱいに穂を広げるススキ、耳の奥に浸みる秋の虫の音。
狂喜の季節の余韻に浸りながら、北東北の秋を味わっているオラである。
今年に限っては酷いアユロス症候群に見舞われる心配はなさそうだ。
今オラは、無性に秋の山を歩きたい衝動に駆られている。
間もなく後期高齢者入りするが、簡単な山なら体力的にはまだ大丈夫そう。
雨上がりの今朝は奥羽の稜線がくっきりと見えている。

コメント

18-09-22 雨が降る

2018年09月22日 | ウダウダ日記

落葉病のリンゴ、風が吹けば葉だけではなく実も落ちる。
雨が降っただけでも良く落ちる。
摘果して100個ほど残したが、もう3分の1は落ちた。
収獲まで1ヶ月もあるのに果たして何個残るのか、それとも全く残らないのか。
家庭果樹、やっぱりプロのようにはいかない。
これを教訓に来年は手抜きをせず薬剤散布をしよう。
予報通り北東北には秋を深める冷たい雨。
秋はやっぱり寂しい・・・。

コメント

18-09-21 もうじき雨になる

2018年09月21日 | ウダウダ日記



クルマから全ての釣り道具を下ろして水洗い。
クルマの中も大掃除・・・、ついでに年2回しかやらない洗車も。
南から雨域が近づいて今夜からは大雨の予報も出ている。
今回大きな増水があれば、北東北のアユ釣りは完全に終焉を迎える。

オラの2018アユ釣りが終わった。
釣行日数:36日、全釣果:約520、最高釣果:約70、最低釣果:-1、平均釣果:14
豊富な天然遡上に恵まれるはずの秋田河川各水系は記憶にない最悪の不振。
放流主体の岩手河川の中で、最後まで好調だったのはごく一部。
不安定な気象も災いして繰り返し魚病が発生、終盤まで楽しめなかった河川が多かった。
さて、来年は如何なるシーズンになりますやら・・・。
この秋の産卵個体が少ないだけに、天然遡上に関する過度の期待は出来ない。
北東北河川がこの危機的状況から脱するには、2年は必要と述べる識者もおられるが・・・。

コメント

18-09-20 最終釣行・桧木内川

2018年09月20日 | アユ釣り

いい天気のはずが薄雲が広がって気温が上がらない。
桧木内川10:30、鵜ノ崎橋から内川橋の間の桜並木を見て回るが、釣り人はポツリポツリ。
オラは古城橋から入り横町橋まで釣り下り再び上り返しながらオトリを泳がしてみる。
実釣4時間、あらゆるポイントを丁寧に探ってみたが、反応してくれる野アユはごく僅か。
あちこちに頻繁に跳ねがあるが、目を凝らしても流れの中にきらめく魚影は見られない。
これは落ち寸前に見られるトロ巻きと称して雄アユだけが群れ塊り徘徊する現象かも知れない。
ケラレは数回あったものの、釣果とすれば今季の釣りを諦めるに相応しい3尾のみ。
このあとアユの幻影が脳裏から消えるまでには暫くはかかりそうである。
それにしても来年の解禁まであと283日って・・・。

北の奔流・アユ釣行2018へ

コメント

18-09-19 すっかり秋

2018年09月19日 | 季節の移ろい

裏の緑地、張り巡らされたクモの巣を潜り抜けながら歩いてみた。
クリもクルミももうじき落ちるところだ。
青い空、木漏れ日、黄ばんだ葉、周辺はもうすっかり秋。
近くを流れる水路に沈めて置いたオトリは元気そのもの。
竿納め、ここ数年は桧木内川になっている。
ついに明日はその日になる予定である。
野アユは少ないながら成熟がかなり進んでいる模様、しかし天気だけは良さそうだから・・・。

コメント

18-09-18 雫石川

2018年09月18日 | アユ釣り

ご近所お達者クラブのお誘いで一旦降ろした道具を再び積み込んで雫石川。
毎年の如くアユ釣りのやめ際には、優柔不断ぶりが出てしまうオラである。
さて、吹き下ろしの風が結構強いこの日、果たして雫石川はまだ釣りになるのだろうか。
先ずはいつもの御狩場ポイント10:30、跳ねもヒラ打ちも全く見えない。
それでも対岸には数名の釣り人が見えている。
相方には必釣スポットに入っていただき、オラはボロボロのオトリで我慢のカミ飛ばし。
相方はすぐに2尾を獲るも、開始から1時間オラには全く反応なし。
前回に比べると明らかに魚影は希薄、さて困った・・・。


北の奔流・アユ釣行2018へ

コメント

18-09-17 ススキ

2018年09月17日 | ウダウダ日記

夜間に一雨きたが明け方までには回復して陽射しもある。
3連休最終日、雲が多く風もあるが雨の心配は少なそう。
我が家の周辺、ススキが穂を広げ景色全体が黄ばんで、もはや盛夏の頃の面影はない。
暑い季節には滅多に姿を見せなかった森の住人ホンドリスがこのところ頻繁にやってくる。
今年は少ないと思わせたアキアカネが、昨夕には突然全天を覆って西に向かう大群舞。
北東北は確実に秋の様相、どうしたことか今朝までにオトリは全て逝ってしまったし・・・。
哀しい気持ちのままクルマの釣り道具を片付け始めたオラである。
今日は温泉にでも行くことにしよう。

コメント

18-09-16 シウメイギク

2018年09月16日 | 季節の花

今日は突然の気温上昇、今年はもうないかと思われた蒸し暑い一日になった。
庭の片隅にいつもの年より少し遅れてシウメイギクが咲き始めた。
毎年この花が咲いて1週間以内にはアユ竿を仕舞うことになる。
我が家では今日もまた畜養アユの災難が続く。
一番いいアユが何を思ったか網目を潜り抜け、水槽から飛び出して床に張り付いていた。
ことしはもう水槽の改良はやらず、来年然りしたものを作ろうかと思う。
しかしオトリはまたしても心細いことになってしまった。
休日明けまで持ち堪えられそうにない訳で・・・。

コメント