羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

坐禅 ふたたび 二十七日目

2019年06月07日 08時55分28秒 | Weblog

今、坐禅を終えた。

本日は、二階の座敷に戻して、坐っていた。

というのも、堅い床の上で行っていると、からだが硬くなることを実感したから、戻してみただけのこと。

つまり、背骨が崩れないとか、呼吸に集中するとか、形や方法を追うだけだと、必要以上の緊張が強いられた結果、からだ全体が硬くなる、と感じた。

それはあくまでも私の個人的な感じ!でしかないのだが。

そこで「いい加減はいい加減」という言葉を思い出して、体操用のマット代わりの上で、気持ちの揺れに任せながら坐ってみた。

わるくないねー、この感じも・・・・・。

しばらく失われていた骨盤の上にすっと乗った脊柱の “ 新鮮な立ち感 ” が得られた27日目の朝。

コメント