羽鳥操の日々あれこれ

「からだはいちばん身近な自然」ほんとうにそうなの?自然さと文化のはざ間で何が起こっているのか、語り合ってみたい。

坐禅 ふたたび 三十二日目

2019年06月12日 17時41分50秒 | Weblog

授業に出かける前に、坐禅を行った。

今日のテーマも呼吸。

左右の股関節で呼吸をするようなイメージを持ってみた。

不思議と骨盤の中心がいつもと少し違うところに感じられる。

からだの長軸の在処が、少し外側に向かっているようである。

しばらくこのイメージで呼吸をしていると、あら不思議!

骨盤も組まれた足からも、力がスーッと抜けていくのである。

はじめての感覚であった。

100を数えて足を戻すと、あら不思議!

足の中のしびれ感が非常に数ない。

なんということか。

イメージを侮るな、という教訓を得た。

理屈じゃないのよ、人間は!

でした。

 

コメント