草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

ファーウェイのためにフェイクニュースを流す朝日新聞!

2019年06月30日 | マスコミ評

特定国に気兼ねする日本のマスコミは平気でフェイクニュースを流す。大阪市で開かれた主要20カ国・地域首脳会議に合わせて行われた、米中首脳会談でのトランプの発言が大きな話題になっている▼今後の交渉次第では、対中経済制裁の一つである「ファーウェイへの解禁も検討します」という内容であった。あくまでもテーブルに着いただけなのである。もっとも注目されている5Gについては、これまで通りである。米中貿易戦争は継続中なのである▼早速、それに誇大に報道したのは朝日新聞であった。中共様の御用新聞らしく、昨日夜の電子版の記事では「米中、通商協議を再開へ ファーウェイへの輸出—一転容認」という見出しが躍った。実際は中共に譲歩させるために、トランプはカードとして提示したに過ぎない。今回の米中首脳会談の成果として中共側の主要メディアが大本営発表しているのと寸分違わず、朝日新聞は報じたのである▼中共様のこととなると、目の色を変えて大騒ぎするのが朝日新聞なのである。しかし、その記事ですら「火種が残り続ける可能性が高い」と書いている。第四弾は見送ったとしても、第三弾までの追加関税が解除されたわけではない。農産物の輸入拡大などは中共側が受け入れやすいが、知的財産権の侵害をめぐっては、依然として隔たりが大きいからだ。朝日新聞のフェイクニュースに騙されてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (1)

選挙で芸能人を担ぐのは与野党ともほどほどにすべきだ!

2019年06月29日 | 選挙

選挙で勝つためには有名である方がいい。元モーニング娘の市井紗耶香を立憲民主党が参議院選挙で担ぐのは、宣伝しなくても名前が知られているからである▼もともと政治家になる気などなかっただろうから、市井紗耶香は仕事として幸福の科学の雑誌の表紙を飾ることになったのだろう。それをネット民が指摘するとは、本人も予想もしていなかったに違いない。今のネット民はそこまでやるのである。その雑誌で市井紗耶香は引き寄せの法則なるものを語っていたが、参議院選挙の出馬会見でも同じようなことを口にしたために、早速、直感人間とのレッテルを貼られる始末である▼仮に当選したとしても、政治家としての能力となると、問題だらけではないだろうか。主義主張がなかったから、金になればホイホイと出かけて行ったわけで、敵味方の色分けが絶対である政治の世界は、彼女の肌には合わないはずだ。どこまで人間を変えられるかだが、商売だと思って、割り切ろうとしているのだろうか。ブームが去った芸能人にとっては、生活の糧を得るには、政治家になるのが手っ取り早いのである▼選挙が人気投票になって、政策など二の次三の次になるのは大衆社会の特徴であるとしても、あまりにも目に余る。与野党とも芸能界から物色するのは、ほどほどにすべきである。そうでなくても政治が劣化しているわけだから、もっと真面目に考えるべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (1)

日本が普通の国になることはアメリカの利益と合致する!

2019年06月28日 | 安全保障

トランプの「日米安保条約は不平等だ」との発言が物議を醸しているが、当然のことを口にしただけだ。対等な同盟関係であれば、アメリカが攻撃された場合には、日本が助けるのはあたりまえだ。それをしなければ真のパートナーとはいえないのである▼平成27年に成立した平和安全法制においても、自衛隊のアメリカ軍への支援は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」に限定されており、トランプが不満を述べるのは理解できる▼トランプの言葉を受けて、私たちは安全保障に対する考え方を変えなくてはならない。日本周辺におけるアメリカ軍の後方支援にとどまるのではなく、自国の防衛のためには、自分たちが血を流す覚悟が求められるからだ。日米安保条約を過信すべきではない。自国の安全を他国に依存することは、あらゆる意味で従属の地位に甘んじることである▼東アジアからアメリカは徐々に手を引こうとしている。すぐに私たちが取り組むべきは、交戦権を放棄した憲法の改正である。自主防衛を強化するには、いくら装備を充実させても駄目である。自衛隊を国軍として認め、抑止力を高めなくてはならない。ようやくアメリカも気付いたのである。日本が普通の国になることが、アメリカの利益にも合致することを。もはやアメリカに気兼ねする必要などないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (1)

国救う日本派政治家現れよ 10句

2019年06月27日 | 川柳

増税で庶民の怒り爆発す

右派政党反増税で立ち上がれ

自民より右の政党出番なり

役人の思いのままは国亡ぶ

参院選自民敗北必至かな

反日の政党息を吹き返す

国救う日本派政治家現れよ

安倍首相憲法改正やる気なし

負けるのを承知で増税安倍自民

どん底に落ちるしかなし自民党

 

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

政治不信の受け皿は右の日本第一党か左のれいわ新選組!

2019年06月27日 | 政局

衆参同時選挙が回避され、10月の消費増税が確定したことで、憲法改正が遠のいたことは確かである。各種の世論調査の結果からも、目前に迫った参議院選挙において、自民党と公明党は過半数を維持するのが精一杯だろう。1人区では苦戦するとみられている。平成26年12月に安倍首相が再登板してから、これまで国政選挙で4連勝したのが異常なのである▼代り映えしない政治に一波乱起こすエネルギーを秘めているのは、右では桜井誠氏の日本第一党であり、左では山本太郎氏のれいわ新選組である。思想的には対極に位置するが、二人とも熱狂的な支持者がおり、国民の不満の受け皿になるのではないだろうか。今のところは、朝日新聞が宣伝を買って出たこともあって、山本氏の方が知られている。しかし、ネットに限ってみれば、桜井氏に軍配が上がる。二人とも政策に問題があるとしても、政権を担うわけではなく、あくまでもプロパガンダとして、通用するかどうかなのである▼激動の時代にあっては、極右極左が歴史の主役に躍り出て、予想もしなかった事態を惹起させる。冷静な判断など吹っ飛んでしまうのである。国民の多くは、6年前に中核派の力で当選させてもらった山本氏よりも、行動する保守運動をリードしてきた桜井氏の方に親近感を抱くのではないだろうか。現在のところは二つの政党とも嘲笑の対象であるが、形勢は簡単にひっくり返る。侮ることはできないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (1)

今国民が待望しているのは反官僚で日本を守る政治家だ!

2019年06月26日 | 政局

安倍首相は官僚政治に屈服したのである。消費増税を行わざるを得ないのは、財務官僚の面子を考慮したのだろう。彼らの支援なくしては、自公政権を運営することは難しいからである。金融庁が年金問題を蒸し返してきたのは、財務省の増税路線を援護射撃するためであって、官僚は自分たちの既得権益を守るのに必死なのである▼安倍首相は官僚政治を打破するために、首相官邸の権限を強化して規制緩和を進めきたが、ここにきて防戦一方である。マックス・ヴェーバーは『職業としての政治』(脇圭平訳)において「自分の行為の責任を自分一人で負う」のが政治指導者であると書いている。官僚に振り回されてはならないのである。官僚は上級組織の命令に絶対服従である。そうでなければ組織自体が崩壊してしまうからだ。政治家には向かないのである▼官僚は組織の維持が最優先され、決断する主体ではない。今のような危機の時代にあっては、政治家としての真価が試されるのである。安倍首相は政治主導を旗印にしてきた。しかし、官僚の抵抗は根強いものがある。最近ではマスコミと結託して攻勢に転じている。目前に迫った参議院選挙は、新しい政治勢力が結集するきっかけにしなくてはならない。反官僚で日本派の政治家であるかどうかを、私たちは見極めなくてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (1)

安倍首相は衆参同時選挙で反日野党を壊滅させるべきだ!

2019年06月25日 | 政局

烏合の衆と化した野党を壊滅させれば、憲法改正も夢ではない。今からでも遅くはない。安倍首相は衆参同時選挙を決断すべきである。立憲民主党が単独で内閣不信任案を出してくるならば、待ってましたとばかリ、衆議院の解散に踏み切るべきなのである▼消費増税を10月に行うのであれば、その影響を最小限にとどめるためには、今のタイミングしかない。衆議院選挙への準備ができているのは、自民党だけである。立憲民主党や共産党などの特定野党は、候補者調整に手間取り、パニックに陥ることは必至である▼千載一遇のチャンスに安倍首相が何もしないというのは、怠慢以外の何物でもない。東アジアの情勢は緊迫しており、歯を食いしばって頑張っている自衛隊員の労苦に報いなくてはならない。憲法違反の疑いを払しょくしないで、どうして自衛隊員に死を強制することができるだろう。日本を防衛することは崇高な使命である。自衛隊の存在自体は否定するような憲法を、もはや放置して置くことはできない▼保田與重郎が「民族の過去の史蹟にたづね、そこに不滅の信念の継承を確立すればよいのである」(「大東亜戦争と日本文学」・昭和18年)と書いた通りに、大東亜戦争では多くの日本人が「大君の辺にこそ死なめ」の古人の歌そのままに散華した。その「不滅の信念」を思い起こすための足掛かりとして、憲法改正から逃げてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (2)

不信任おっかなびっくり野合野党 10句

2019年06月24日 | 川柳

不信任おっかなびっくり野合野党

決められぬ野党はどれも気概なし

立民の思わせぶりは田舎芝居

勝つために共産党に頭下げ

香港で民への弾圧共産党

自民党伝家の宝刀チラつかせ

自民しか選択肢ない令和御代

年金を政争の具にする愚か者

共産党日中ともに嫌悪され

細野とか長島やっぱり自民党

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

政治に宗教的な救済を求めたのが団塊の世代の左翼だ!

2019年06月24日 | 思想家

政治の役割はあくまでも相対的なものであり、「天下を丸めて」くれて、平穏な日々と繁栄を保証してくれれば、それで満足すべきなのである。それが日本人の伝統であったが、政権の正統性が問題にされるようになったのは、山本七平によれば、忠義の士を賛美した浅見絅斎の『靖献遺言』によってであった。江戸時代になってからなのである▼政治がうまくいっているかどうかよりも、絶対的な世界観が重要視され、戦後の日本においては、それがマルクス主義であった。スターリンや毛沢東が神聖化されるにいたったのである。そのことを問題にした山本は「これは、元来は『政治が宗教でない世界』が、『政治が宗教である世界』に抱く羨望であろう」(「政治が宗教になる世界」)と書いたのである▼団塊の世代の左翼が未だに考えを改めることができないのは、転向することへの、後ろめたい思いがあるからだろう。政治に宗教的な救済を求めた者たちは、そこから抜け出すことが困難なのである。殉教者を絶対視するからこそ、「変節」することへの抵抗があるのだ▼今の若い世代は、その呪縛から解放されている。冷静な目で政治を分析することができるのは、そうした宗教とは無縁であるからだ。政治ができることには限界がある。何もかも政治のせいにすること自体、ある種の宗教である。私たちは「政治が宗教でない世界」を守り、育てるべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

共産と組む政党は御免なり 10句

2019年06月23日 | 政局

共産と組む政党は御免なり

橋下と竹中嫌いで反維新

立憲も国民もまた元民主

自民でも媚中派ならば相手せず

消費税不満なれども受け皿なし

選挙区と比例は別な政党を

山本の太郎残念アナーキー

まず自民勝たせて内部分裂を

勇気ある日本第一無視できず

ガラガラポン自民の後は日本派で

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント