草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

震災の復興よりもコップの中の争いにあけくれる民主党を嗤う!

2012年06月30日 | 政局

 私も脱原発には異論はないが、そうであるのならなおさら、民主党政権が約束した復興費15兆円のうちの6兆円を、使用せず余らせてしまった責任問題も、断固追及すべきだろう。過去の自民党政権下でも、そこまでは酷くはなかった。東日本大震災の復興よりも、コップの中の嵐に終始しているから、そんなことになるのだ。やるべきことをやらずに、脱原発を叫ぶことで、自らの責任を回避しようとした菅直人については、国会の事故調でも、菅を始めとして、菅が内閣官房参与に起用した学者を含めた官邸関係者が、頻繁に福島第一原発に電話をかけ、それによって現場の指揮系統が混乱したことを問題視している。もはや菅は逃げられないのである。脱原発を叫びながら、大飯原発の再稼働に反対する署名に加わらなかったことも、私には理解できない。野田佳彦首相にしても、原発事故などどこ吹く風で、まるで過去の出来事のような口ぶりである。消費税増税法案以外はどうでもいいのだろう。目下話題の中心である小沢一郎にいたっては、秘書と一緒に逃げ出したそうだから、これまた問題外である。福島県民の一人として、私は民主党の菅、野田、小沢の3人を許すことができない。いずれも自己保身に汲々としており、身勝手そのものである。昨日の大飯原発の再稼働のデモには、小沢グループからも参加したようだが、権力闘争に利用したいだけだろう。民主党は腹が据わっていない政治家ばかりで、これでは日本丸が迷走するのはあたりまえだ。


政治 ブログランキングへ

               ←民主党は話にならないと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (2)

官邸を囲まれた野田の選択肢は伝家の宝刀を抜くことだけだ!

2012年06月30日 | 政局

 首相官邸前に集まった大飯原発再稼働反対のデモは、それなりの数を集めたものの、もう一つ気勢が上がらないのは、解散含みの政局のせいもあるだろう。たまたま昨日の昼間は日比谷公園の近くにいたので、目と鼻の先であったが、残念ながら日帰りだったので、現場に居合わせることはできなかった。毎日新聞の写真などを見ると、一般の市民ばかりでなく、共産党や社民党、さらには、中核派などの新左翼の各セクトの関係者が勢ぞろいといった感じであった。盛り上がりに欠けたのは、相手が民主党政権ということがあるのだろう。プラカードのなかには、ようやく「野田内閣打倒」が登場したが、自分たちが応援した政権を引きずりおろすには、それなりの覚悟がいるからだ。それでも、東京電力だけを槍玉に挙げていたときと比べると、状況はかなり変わってきている。ただ、政局が流動的なために、解散・総選挙に追い込めば、かえって保守派が勢いを増すとのディレンマもあり、その分だけ中途半端なのだろう。今頃になって官邸を取り巻くデモを行うのは、遅きに逸したとは思うが、それによって民主党政権がガタガタになるのは必至で、ダッチロール状態になるのは目に見えている。もはや残された選択肢は選挙しかないのである。追い詰められた野田佳彦首相は、民意に判断を委ねる意味でも、伝家の宝刀を抜くしかないのだ。いよいよ天下分け目の戦いなのである。


政治 ブログランキングへ

              ←もはや解散・総選挙しかないと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (1)

夜間走る車が激減した気がする鬼怒川温泉と南会津結ぶ国道!

2012年06月29日 | 観光

 今日も東京に日帰りで出かけてきたが、車を運転していて、今回ばかりは勝手が違った。南会津町から栃木県に抜ける山王トンネルで、これまで見かけたことがない猿の群れを見た。そこには生まれたばかりの猿もおり、かなりの数が国道を横切って行った。いつもの通り東武鉄道を利用したが、帰りは北千住からの区間快速の鬼怒川温泉到着が午後7時半を過ぎたために、夜道のドライブとなり、そこでも異様な体験をした。南会津に向かうのは私だけであった。すれ違う車は何台かはあったが、たいした数ではなかった。とくに、鬼怒川温泉から下郷町の湯野上温泉までの約70キロほどの区間は、後続車すらなかった。鬼怒川温泉や川治温泉は閑散としており、歩いている人もまばらであった。私にとっては、毎度おなじみの道路である。しかし、闇があまりにも深い気がしてならなかった。福島第一原発の事故によって、栃木県の温泉地もかなりの痛手を受けているのだろう。そこから南会津を目指す人たちも減っているのだと思う。人家がない五十里湖周辺が真っ暗なのはいつものことだが、その闇がどんどん広がっている感じがした。さらに、猿については、山に食べ物がなくなったので、平地に下りてきているのではないか。原発事故の影響などで、国道121号線(会津西街道)はさびれてしまうのだろうか。それを考えると、私の気持ちまで暗くなってしまった。

 
政治 ブログランキングへ

              ←会津や栃木の観光地は深刻だと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (1)

消費税増税で自民党は野田政権に追従するなかれ!

2012年06月29日 | 政局

 権力闘争に終始する民主党は、国民無視にもほどがある。野田佳彦首相ら民主党執行部と、消費税増税法案に反対した小沢一グループとのコップの中の嵐を、マスコミは大々的に取り上げているが、そんなことはどうでもよいのである。先の総選挙で、できもしないマニフェストを掲げたことでは、双方とも同罪だ。一日も早く下野すべきなのである。本音は解散・総選挙をしたくないだけであり、そこではお互いの利害が一致している。だからこそ、時間稼ぎをしているのだろう。衆議院は通過したわけだから、すぐにでも参議院で審議を始めるべきであるのに、それもしないのは、引き延ばしでしかない。こうした状態が続けが、国民が議会政治にそっぽを向くのは当然の成り行きだ。ここで問題になってくるのは、野党としての自民党の役割である。あまりにも民主党政権に追従しようとすれば、野党としての存在意義がなくなってしまう。それでは国民の期待に応えられない。批判のための批判のように思えても、そこから新たな可能性が見えてくる場合だってある。とくに、今の野田政権があまりにも財務省の言いなりで硬直しており、創造性に乏しい。参議院での論戦を通じて、そこに風穴をあけるべきではなかろうか。将来的には消費税増税を求めるとしても、デフレ下での実施は狂気の沙汰である。閉塞感のある政局を前に進めるのは、野党自民党の責務なのである。


政治 ブログランキングへ

              ←自民党は野党としての責務を果たすべきだと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (2)

参議院自民党は消費税増税に断固反対すべきだ!

2012年06月28日 | 政局

 全て私が予想した通りであった。ペテン師の民主党がまともなことをするわけがない。野田佳彦と小沢一郎は一蓮托生なのである。対立しているかのように煽ったのは、マスコミであり、結局は国民をまたまた馬鹿にしたのである。これによって、自民党は態度を硬化させて当然だ。野田が政治生命を賭けると言っておきながら、反対した小沢グループに歩み寄ろうとしているのだから、もはや手加減する必要はない。約束が破られた今となっては、賛成に回る理由はどこにもない。谷垣禎一総裁は、そこまでされて、どうして怒らないのだろう。自民党の多くは、消費税増税と社会保障の一体改革については、最初から違和感があったはずだ。こうなったならば、徹底的に攻撃すべきだろう。そして、小沢グループが妥協して賛成するように、わざと仕向けてやればいいのだ。自民党の復活はそれ以外にない。衆議院と参議院が別行動をとったとしても、不思議でも何でもない。相手が裏切ったのだから、黙っている方が問題なのである。「嘘吐きは民主党の始まり」とは、よくぞ言ったものである。国民向けのパフォーマンスでお茶を濁し、それで、解散・総選挙を先延ばししたいのだろう。これからが正念場である。参議院自民党は、完膚なきまでに民主党政権をたたきのめすべきだろう。


政治 ブログランキングへ

                        ←小沢と野田は同じ穴の狢だと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

野田が収束宣言した福島第一で過去最大の放射線量記録!

2012年06月28日 | 災害

 福島第一原発は過去の出来事ではなく、現在も進行形である。政治が迷走して、権力闘争に明け暮れているのが、あまりにも嘆かわしい。読売新聞によると、東京電力は昨日、1号機の原子炉建屋地下で、過去最大の放射線量となる毎時1万300ミリ・シーベルトを記録したという。とうてい人間が作業できる環境ではなく、今後はロボットに頼るしか手がないといわれる。野田佳彦首相が昨年12月16日に事故収束を宣言したのは、あくまでも目くらましでしかなかったのだ。それを前提にして、避難者の帰宅や、農産物、海産物の出荷解除が行われたりしているが、本当にそれでよいのだろうか。私にはそうは思えない。廃炉に向けた動きが遅々として進んでないからだ。さらに、4号機の壁が傾いているともいわれ、危機を脱したわけではないのである。消費税増税をめぐる論議を否定するつもりはないが、それ以上に国民の命を忘れるべきではないだろう。マスコミはこぞって、増税路線を突っ走る野田首相を褒め称えている。そして、福島第一原発の現実から目をそむけさせるために、あえて嘘を吐いた野田を不問にしようとしている。何度でも言うが、福島県東部には、今もなお多くの人たちが取り残されているのだ。とくに深刻だといわれる福島市渡地区の住民は、国や県の方針が定まらないために、そこに住み続けるしかないのであり、政治が統治能力を取り戻さなければ、迷惑をするのは私たち国民なのである。


政治 ブログランキングへ

              ←福島第一原発からは目が離せないと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村  

コメント (1)

民主党政権を倒せるのは西田がいる参議院自民党だけだ!

2012年06月27日 | 政局

 私だけでなく、保守民族派の有力なブログが消費税増税に反対している。年収500万の世帯で、年間12万円の負担増が見込まれる。それを認めれば、日本の経済はとんでもないことになってしまう。民主党政権を解散・総選挙に追い込むために、自民党があえて可決に回ったとすれば、それは見通しが甘かった。しかし、反転攻勢の余地はある。いくら消費税増税法案が衆議院で通ったとしても、「景気条項」はそのままだ。三橋貴明氏が述べているように、「景気条項」の「名目3%、実質2%」という経済成長を、実施にあたっての最低条件とすべきだろう。さらに、スンナリ賛成に回っ衆議院とは違って、参議院の自民党には、ファイティングスピリットがある。西田昌司などは、デフレ下の消費税増税には絶対反対であり、ここ一番というときに頼りになる。谷垣禎一総裁が駄目であっても、西田らが吼えれば政局は動くのである。今回の民主党内の造反劇についても、私は眉唾だと思っていた。ここまでくれば、もはや徹底抗戦しかない。参議院自民党がどこまで頑張るかよって、日本の命運が左右されるのだ。予想した通りで、小沢一郎は離党する勇気もないし、逆に民主党執行部も、厳しい処分を見送る公算が強まっている。賛成から反対に転じてもよいから、何が何でも民主党を政権の座から引きずり下ろすべきだろう。


政治 ブログランキングへ

             ←参議院自民党に期待するしかないと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

会津坂下町の銘酒「飛露喜」を飲みて 5首

2012年06月27日 | 短歌

酔いどれも悲しかりしか会津人命の果ての銘酒なりせば

越後へと向かいし街道坂下なる酒蔵ならばうまし酒かな

敏という義秀の妻が生まれしは坂下の商家過日の栄華

切れ味を堪能せしは都人鄙びし我は盃で飲む

安酒に慣らされし我「飛露喜」飲む上等なれど心騒がず

 
政治 ブログランキングへ  

               ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村  

コメント (1)

増税法案採決で何でもありの民主党をPRしたマスコミを嗤う!

2012年06月27日 | マスコミ評

 今回もまたマスコミは民主党に協力した。テレビも新聞も、すぐに小沢新党が結成されるかのような報道であった。実際には消費税増税法案に、民主党から57人の反対が出たものの、新党について小沢一郎は、判断を先送りした。最初から念頭に置いていなかったのである。それをすれば、解散・総選挙が現実味を増す。選挙に弱い小沢グループをまとめるには、最善の策ではないからだ。今後の焦点は、民主党執行部が厳正な処分をできるかどうかだ。優柔不断な野田佳彦首相に、それを求めるのは無理だろう。民主党政権へ国民の風当たりが強くなっているときに、マスコミが何でもありの民主党をPRしただけなのである。一定程度のガス抜きにもなったわけで、国民の関心も与党民主党内の抗争に目が向けられ、自民党などの野党の影が薄くなる一方だ。マニフェスト違反の消費税増税を行うにあたって、全党一致ということになれば、国民への裏切りになるが、党内を二分すれば、それなりにもんだことになり、面目も保てるのである。嗤ってしまったのは、今日になってまたまたマスコミが、小沢による新党の可能性に言及していることだ。あまりにもあっけない幕切れであったので、危機を煽りたてたいのだろう。無能な民主党政権のやることは、せいぜいマスコミを利用したパフォーマンスでしかないが、マスコミを利用する点では、民主党は手慣れたものである。

 
政治 ブログランキングへ  

              ←民主党とマスコミは一体だと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村  

コメント (2)

自民党が頼りなければ新たな保守政党を旗揚げすべきだろう!

2012年06月26日 | 政局

 小沢一郎の田舎芝居だと思っていたが、やっぱりそうであった。最初から新党など考慮していなかったのだ。民主党内に消費税増税に反対する勢力があることを印象付ける。それだけでよかったのだ。分裂してしまえば、総選挙にまっしぐらということになる。それを避けたいのは、野田佳彦首相も、小沢一郎も呉越同舟なのである。まんまとはめられたのは、自民党の谷垣禎一総裁である。わざわざ歩み寄る必要性などなかったのに、早期の解散総選挙に追い込めると、単純に考えたのだろう。離党しないと小沢が明言しているわけだから、野田だって、深追いして処分するはずはない。自民党の長老グループは、財務省などの策略に引っかかり、消費税増税のお先棒を担いでしまった。それに乗ってしまった谷垣も、愚かとしか言いようがない。野党が増税に賛成して自分の首を絞めるなどというのは、前代未聞ではなかろうか。国民の世論は、いつの時代であっても、増税には慎重である。しかも、デフレ下でそんなことをすれば、日本の経済はメチャクチャになってしまう。それにしても、谷垣はお人好し過ぎる。もはや頼りになるのは、参議院自民党だけであり、西田昌司や山本一太に期待するしかない。そして、国民に見限られた民主党政権を倒せないのであれば、私たち保守派が大同団結して、自民党に取って代わる政党をつくるしかないだろう。

 
政治 ブログランキングへ

              ←今の自民党は頼りないと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村  

コメント (1)