草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

危機に対応できない現行の憲法を変えようとしない枝野を嗤う!

2020年01月31日 | 感染症

だから立憲民主党を支持できないのである。危機に直面しているのに、既存の憲法や法律で手足を縛れというのだろうか。多くの国民が枝野幸男の一言に失望したに違いない。今回のコロナウイルスによる新型肺炎の対応が後手に回ったのは、明らかに「緊急事態条項」がないからである。それを承知していながら「人命に関わっている問題を憲法改正に悪用しようとする姿勢は許されない」と枝野はうそぶいたのである▼「緊急事態条項」があれば色々な意味で果断に対応することができる。それを検討しようともしないのは、責任ある政治家として怠慢ではないだろうか。立憲というのであれば、なおさら法律を整備するのが筋なのである。立憲民主党が国会の論戦で取り上げるのをためらったのは、「緊急事態条項」を持ち出されることを恐れたからなのである▼それと比べれば、国民民主党の玉木雄一郎の方がはるかにまともだ。2月7日に予定されていた指定感染症の施行を2月1日に前倒しすることになったのは、去る1月30日の段階で菅官房長官に申し入れをしたことも一因なのである▼日本政府の足を引っ張るような野党は必要ない。「人命が関わっている」からこそ、政治は勇気ある一歩を踏み出すべきなのである。

コメント

今こそ政治指導者に権限を与え国民が一致協力すべきときだ!

2020年01月31日 | 感染症

予想されたこととはいえ、危機が現実のものとなってきた。新型のコロナウイルスの世界的な拡大を受け、ようやくWHOが「緊急事態」を宣言した。厚生労働省は昨夜の段階で三重、京都に続いて、東京でも新たに感染者が確認されたと公表した。これで国内では14人目となった▼パニックにならないようにするためには、日本政府が超法規的な処置を講じても国民の生命を守る覚悟を示す必要がある。ことここにいたって、法律をつくる時間的な余裕はなく、政治指導者に権限を集中する以外に手はないのである。政治的な争いも一時停止し、国民が一致して行動しなくてはならないのである▼高山岩男は『教育哲学』において、政治的な天才であったローマ人の「独裁官」について触れている。ローマ人は平時には行政の最高長官を2人置いて、権力が集中するのを防いだ。ところが緊急事態になると、1人の「独裁官」(任期は半年以内)を選出した。高山によると、ローマ人は「既成の法律に縛られざる絶対権限を一時委譲して、独裁官に危機突破の手腕を存分に発揮させ、国民は一致協力してこの困難の克服に努力した」というのである▼民主主義では事態を収拾できない場合には、そこに活路を見出す以外に方法はないのであり、その勇気が政治指導者にあるかどうかなのである。

コメント

日本では悪魔ウイルス大威張り 10句

2020年01月30日 | 川柳

おぞましやインバウンドは色褪せし

桜止めコロナウイルス騒ぎ立て(特定野党)

中共に媚び売る政治情けなし

日本では悪魔ウイルス大威張り

危ないと言ったネットの通りなり

マスコミも政治も同罪平和ボケ

インフルと同列ならず恐ろしや

緊急の法律なくてパニックに

超法規やればやったで批判され

待ったなし憲法改正民救う

 

 

 

 

コメント

日本政府は超法規的な処置を講じても国民の生命を守るべきだ!

2020年01月30日 | 感染症

日本政府が武漢市からの観光客を入国させたことが大失態であった。それを阻止していれば、今のようなことにはならなかったと思う。奈良県の観光バスの運転手やガイドの場合は、彼らと長時間にわたって接触したからである。国の指導でそれを避けることもできたはずだ▼今後感染者がどれだけ増える可能性があるのか、厚生省は国民に情報を公開すべきである。中共からの観光客が減少しているのはかえって好都合である。感染者が接触した人たちに関しても、徹底した調査をすべきだろう。とくに観光バスはかなり広域的な動きをしており、宿泊施設やパーキングエリアについても、関係者の健康状態を把握すべきである▼インフルエンザと大差ないということを口にする識者がいるが、それはとんでもない間違いである。現段階では感染源は武漢からの観光客であり、対応を誤らなければ拡大を阻止できるのである。ここ2週間が勝負である。我が国は危機の只中にある。杓子定規で国民の命が失われるようなことはあってはならず、日本政府は超法規的な処置を講じても国民の生命を守るべきだ。政治が法を破ることについては批判もあるが、被害を最小限にとどめるためには、国家緊急権の発動として、戒厳令に近いことも必要になってくるのである。

コメント (1)

今の武漢市はカミュの『ペスト』の舞台「オラン」より深刻だ!

2020年01月29日 | 感染症

今回のコロナウイルスによる新型肺炎の拡大は、習近平ら中共の全体主義政権が引き起こした人災である。それにWHOまで加担したばかりか、日本政府までもが中共に忖度し、武漢からの観光客を野放しにした結果、日本国内で日本人が感染する事態にまでなったのである。悲惨なのは武漢市をはじめとして、湖北省の都市が外部から遮断されていることだ▼カミュの『ペスト』(宮崎嶺雄訳)は、アルジェリアの要港オランが舞台になった小説だが、知事か差し出した「ペストチクタルコトヲセンゲンシ シヲヘイサセヨ」という公電で閉鎖されたのだった。閉じ込められることの恐怖を、カミュは小説のテーマにしたのである▼「この瞬間から、ペストはわれわれすべての者の事件となったということである。それまでのところは、これらの奇怪な出来事によって醸された驚きと不安にもかかわらず、市民各自ふだんの場所で、ともかく曲がりなりにもめいめいの業務を続けていた。しかし、ひとたび市の門が閉鎖されてしまうと、自分たち全部が、かくいう筆者自身までも、すべて同じ袋の鼠であり、そのなかでなんとかやっていかねばならぬことに、一同気が付いたのである」▼オランはあくまでも小都市であり、食べ物を確保することはできた。武漢市は東京都に匹敵する大都市である。地獄のような惨状にならなければいいのだが。

コメント (1)

危機に対処できない安倍内閣に引導を渡すのはコアな支持者だ!

2020年01月28日 | 祖国日本を救う運動

安倍首相の「コアな支持者」が離れようとしている。今の段階ではまだとどまっているが、それなりの受け皿ができたならば、背を向けることになるのではないか。期待した分だけ裏切られた反動が大きいのである。虎ノ門ニュースの百田尚樹氏、有本香氏らの発言はその典型である。憲法改正が進まないことについては「安倍首相のおれおれ詐欺」と批判している▼ネット保守イコール安倍信者ではない。百田氏らは習近平の国賓待遇での訪日にも反対しているばかりでなく、コロナウイルスの新型肺炎の対応をめぐって、後手後手に回っていることでも怒っているのだ▼ネット保守が反安倍に回ることは、ある意味では予想されたことであった。「コアな支持者」が怒り心頭に発しているというのは、日本の政治が変わる前兆ではないだろうか。今の段階では跳ね上がりに思えるかも知れないが、いつの時代にあっても、変革者として登場するのは、高杉晋作や吉田松陰のように、已むに已まれぬ思いから決起した者たちなのである▼すでに自称左翼はシーラカンスでしかなく、大衆の情念をつかむことができない。百田氏らのような暴れん坊は常軌を逸しているかもしれないが、危機に対処できない我が国を立て直すには、まともなやり方ではもう通用しないのである。

コメント

新型肺炎対策で安倍内閣を追及できない野党にはガッカリした!

2020年01月28日 | 感染症

昨日の参議院予算委員会の質疑を見ていると、野党の不甲斐なさが改めて浮き彫りになった。これまで同様に、野党の質問は桜を見る会などに多くの時間を割いていた。立憲民主党の江田憲司や黒岩宇洋は同じことの繰り返しであった。コロナウイルスによる新型肺炎で、世界中が大変なことになっているのに、それにはほとんど触れずじまいである▼口が裂けても中共のことを批判したくないのだろう。なぜ入国制限の議論をしないのだろうか。国民の命などどうでもいいのである。水際で食い止められず、このままでは日本でも大変なことになるのは確実だ。安倍内閣に対して不信感が高まっているのである。徹底的に追い詰めることができる材料はそろっているはずだ▼産経新聞の記事によると、香港大の梁卓偉・医学院長は「25日現在、武漢市だけで2万5000人を超え、潜伏期の感染者も含めると約4万4000人に上る可能性があるとする試算結果を発表した。今後、感染者は重慶や北京、上海、広州などで急増した後、4、5月ごろにピークを迎える」との見方を示した。日本もパンデミックになる危険性が高まっているのだ。厚生省は未だに楽観的な見通しをホームページに掲載しており、あまりにも対応が生ぬるい。それを追及しない野党などもはや必要ないのである。

コメント (1)

新型肺炎から国民の命を守るため政治は指導力を発揮すべきだ!

2020年01月27日 | 感染症

日本政府が武漢市にチャーター機を出すことになったのは、ネット民が声を上げたからであり、それを安倍首相も無視することができなかったのである。いくら保守的といわれながらも、是々非々で臨むのがネット民なのである▼現段階では水際で食い止めることができたかどうかは判断ができない。日本でもパンデミックになった場合に、都市を封鎖するといったことが手っ取り早いといわれているが、非常事態を想定した法律は整備されておらず、パニックになることは必至である▼会津松平藩の祖であった保科正之公は、山崎闇斎の協力を得て『伊洛三子伝心録』を世に出した。そこに朱子の師であった李延平の言葉が紹介されている。「李先生教人、大抵令静体認大本未発時気象分明、即事応物、自然中節、此乃亀山門下相伝指訣」▼田尻祐一郎の『山崎闇斎の世界』では「李先生が人に教えるのは、静の中に、感情として表れる以前の気象である『中』を体認してはっきりとさせることであり、そうあってこそ変転して止まないあれこれの事物に応じて、一つひとつぴったりした『節』に当たることである。これが、先生が亀山門下として受け継がれた精髄である」と訳している。政治指導者は物事を決定するにあたって、日頃から冷静な判断ができるように、心を制御しておく必要があるのだ。場当たり的な決断は絶対に許されないのである。

コメント

武漢市などの邦人の保護のためにチャーター機を飛ばすべきだ!

2020年01月26日 | 感染症
日本政府は国民の命を守る気がないのだろうか。あれほど口を酸っぱくして言ったにもかかわらず、中共からの入国を厳しくしなかったことで、日本国内でも深刻な事態が起きつつある。日本では人から人への感染は起きていないと厚生省は楽観的な情報を流しているが、そんなことでいいのだろうか。インフルエンザと同じように考えているのではないだろうか▼コロナウイルスの新型肺炎によって、武漢市だけでなく、中共の都市が次々と封鎖されており、対象人口は4千万人を超えているのである。今もっとも危惧されるのは、武漢市を含む湖北省の邦人の健康状態である。すでにアメリカ政府は、チャーター機を検討しており、中共政府との話し合いに入ったと伝えられる。日本政府も傍観しているときではない。1千名以上いるとみられる邦人を保護する意味でも、一刻も早くチャーター機を飛ばすべきだ▼安倍首相が優柔不断であるのは、外務省や厚生省の情報を信じたからだろうが、あまりにもお粗末である。今回もまたインテリジェンスのなさを露呈してしまった。不安を煽ろうとして日本政府を批判するのではない、やるべきことをやらないから問題にしているのである。
コメント (1)

新型肺炎でパンデミックになっているのに無能極まる日本政治!

2020年01月25日 | 感染症

今の安倍内閣は中共に媚び過ぎである。コロナウイルスによる新型肺炎でパンデミックになっているのに、武漢への渡航制限が出たのは昨日のことである。すでに武漢は封鎖されており、対応が後手後手に回っている▼24日から春節で多くの人間が日本に入ってきている。もはや打つ手は残されておらず、ただただ神に祈るだけである。これほどまでに安倍内閣が無能だったとは、予想もしなかった事態である。野党や野党で、桜を見る会で騒いでいるだけである。武漢の赤十字病院では、遺体が床に放置されており、中共当局の発表よりは、はるかに深刻な事態になっていることを物語っている。私たちは自己防衛するしかない。人混みのなかに行かないとか、マスクをするとかは最低線のことである▼アメリカ財務省は、安全保障上の観点から、対米投資を規制する対米外国投資委員会の届け出を免除する「ホワイト国」を公表したが、そこに日本は含まれなかった。昨年秋に改正外為法を成立させたにもかかわらず、アメリカからは信用されていないのである。日本の財界が中共とズブズブであり、スパイ防止法もないのだから、そうした措置が講じられても、現状ではどうしようもないのである。中共に媚びる政治に待ったをかけなくてはならない。それが私たちの命と暮らしを守ることに直結するのだから。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)