草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サヨクによる自衛隊のパトリオット配備反対デモを嗤う!

2012年03月31日 | 思想家

 平和、平和と口にすれば、平和がやってくると思うのは、ある種の信仰ではなかろうか。北朝鮮が弾道ミサイルを撃ってくるというのに、自衛隊のパトリオットの配備に反対するのは、戦後の日本人が平和惚けしているからだろう。沖縄ではデモ行進までして気勢を上げたそうだが、国民の安全を守ろうとしてくれている自衛隊を、公然と罵倒するのだから、とんでもない連中である。ソビエトが崩壊してからは、サヨクのスローガンは「グローバルな市民主義」に変わった。国家を否定することを、至上命題としているのだ。だからこそ、自衛隊の存在も気に入らないのである。しかし、彼らの非暴力は、あくまでも口先だけだ。勝田吉太郎は『思想の旅路』のなかで、ガンジーの主張した非暴力という立場は、生易しいものではない、ということを述べている。ガンジーは『わたしの非暴力』において、「無抵抗の意味は、しばしば誤解され、ときに歪曲さえしている。断じてそれは、非暴力の人は侵略者の暴力に屈すべきではない。侵略者の暴力に暴力をもって応えることはしないが、侵略者の不法な要求には、死を賭しても服従を拒否しなければならない。これが、無抵抗の本当の意味である」と書いているからだ。命が大切だから無抵抗なのではなくて、守るべき価値のためには、命を投げ出すことを厭わないのである。サヨクは自衛隊を罵倒しておきながら、それでいて、最後は助けてもらうつもりなのだろう。ただ単に命が惜しいだけなのである。だったら、デモなどすべきではないのだ。

 
政治 ブログランキングへ

              ←国防の任にあたる自衛隊を罵倒すべきではないと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

自民党の政権奪還は戦後政治を打破するための一里塚だ!

2012年03月31日 | 政局

 無駄を省けば予算が捻出できると、勝手なバラマキをやらかしたのは、一体誰だったのだろう。今になって、やっぱり消費税増税しかないから、と居直るのは、盗人猛々しいにもほどがある。野田佳彦首相は、新たなマニフェストを提示して、国民に信を問うのが筋ではなかろうか。それと同時に、小沢一郎を中心とするグループの動きも理解に苦しむ。消費税増税が国民への約束違反だと思うのならば、党内で揺さぶりをかけるのではなく、サッサと離党して、総選挙に追い込めばいいのだ。コップの中の争いに終始しているのは、政局の主導権を握りたいだけだろう。これに対して、天皇を元首として位置づけるなど、保守色を強めている自民党は、ようやく戦闘態勢に突入しつつある。江藤淳が『落ち葉の掃き寄せー敗戦・占領・検閲と文学』で指摘していたように、「どんな民族も他の民族の語り伝える物語を借用して、その枠のなかで生きることを肯んじようとしなかった」のに、世界で日本のみがそれを受け入れてしまった。そうした戦後の日本の歩みに対して、ノンと言う勇気が、政治の側にあるかどうかなのである。政権奪還にあたって自民党は、異常事態に対処できる法整備などの政策を、果敢に提示すべきだろう。日本人が「いつ自らの物語を語りはじめるのか」が問われているのであり、失われた日本の国柄を取り戻すために、政治が果たす役割は大きなものがあるからだ。

 
政治 ブログランキングへ

             ←国柄を取り戻すためにも民主党政権を倒すべきだと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

能無しの野田と自己保身の小沢が民主党を泥舟に!

2012年03月30日 | 政局

 消費税増税が日本の経済に対して、どのような影響を与えるかを論ずることなく、一度口にしたから、何が何でも突っ走るというのは、愚かそのものではなかろうか。今日の夕方、首相官邸で記者会見した野田は、ありとあらゆる形容詞を駆使して、自分のことを正当化しようとしていたが、その話しっぷりは、かつての竹下登と瓜二つであった。弁舌は爽やかにして、中身無しなのである。結局は、野田のレベルでは、経済のことはチンプンカンプンなのである。だからこそ、官僚の言いなりになるしかないのだ。しかし、いくら野田がダメであっても、小沢一郎を擁するグループがまともかというと、それもまた違う。小沢はすでに出番を逃してしまったのであり、今さら騒いでも、どうにもならないのである。小沢よ。お前は平成12年4月1日のことを、よもや忘れてはいまい。あの日の夕方、自自公連立政権は崩壊し、小沢自由党の離脱が決まったのだ。そこでショックを受けた小渕恵三首相は、脳梗塞で倒れ、帰らぬ人となったのではないか。あれから、日本の保守勢力は混乱に混乱を重ねてしまった。その一番の責任は、私は小沢一郎にあると思う。自社さ政権を批判したにもかかわらず、小沢がやったことは、それよりも酷かった。日教組と手を組んだのは、自民党ですらできなかったことだ。ともあれ、民主党は、小沢派であろうと、反小沢派であろうとも、どちらも使い物にならない。保守勢力の中核となるべき自民党は、右顧左眄する必要はない。民主党の内部崩壊は始まっているのだから。堂々と前に進めばいいのである。

 
政治 ブログランキングへ  

              ←民主党の内部崩壊は深刻だと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

福島県民への補償がスンナリ決定しほくそ笑む民主党政権!

2012年03月30日 | 災害

 福島第一原発事故の賠償として、福島県民200万人への補償が決まった。東京電力と福島県の端金で決着したというので、民主党政権はほくそ笑んでいるに違いない。しかし、今回の仕打ちは酷すぎるので、次の総選挙では、福島県内の小選挙区全てで、民主党は議席を失うことになるだろう。私は会津に住んでいるが、たかだか4万円の金を貰って、どうして嬉しいわけがあるだろう。金額の多寡もあるが、福島県民を愚弄しているのが許せないのである。それよりも、民主党政権は嘘を吐いてきたことを、どうして認めないのだろう。まずはそこからではないか。本当は危険が差し迫っていたのに、枝野幸男官房長官などは、安全であるかのようなコメントをしていた。おびただしい数の福島県民を被曝させておきながら、何の負い目も感じないのだろうか。だらしないのは会津方部の17市町村である。佐藤雄平知事をどうして吊るし上げなかったのだろう。何の抵抗もせずに手を出したとすれば、物もらいと同じではないか。これから4月に入ると、会津にも観光シーズンが到来するが、高速道路の無料も今月で終わりだ。そこに放射性物質の汚染であり、観光客が激減することは目に見えている。サヨクは東京電力をことさら狙い撃ちにしているが、もうここまでくれば民主党政権の責任であり、人災であったかどうかも含めて、司法の場で白黒をつけるべきだろう。

 
政治 ブログランキングへ  

               ←人の命や健康は金では償われないと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村  

コメント (1)

北朝鮮のミサイルで人的被害出る可能性に米国が言及!

2012年03月29日 | 安全保障

 いくらアメリカさんにおんぶに抱っこでも、あまりにも恥ずかしい。ピーター・ラボイ国務次官補は28日、米下院軍事委員会で証言し「北朝鮮が予定している長距離弾道ミサイルが発射されれば、破片が落下し、日本に人的被害が出る恐れがある」との懸念を示した。安全保障に関する重要な情報で、アメリカさんに日本が先を越されるというのは、実に情けない話である。それを真っ先に発表するのは、本来は自衛隊であるべきだ。しかし、今の民主党政権は、北朝鮮に気兼ねをしている。できるだけことを荒立てたくはないのだろう。菅直人前首相あたりが、在日から政治献金をもらっていては、正面切って批判もできるはずがない。軍事力を誇示するためには、どこに向かうか見当がつかない長距離弾道ミサイルを、北朝鮮は平気でぶっ放すのだから、周辺の国々が焦るのは、無理もない。自分たちが手を出さなければ、絶対に攻められない、と信じている非武装中立論者が、まだまだ日本にはいるが、よくよく考えてみると、まず中立と非武装が結びつくのが難しい。中立であるためには、一方に偏するわけにいかないし、一方の交戦国が日本の領土を軍事的に利用しようとする場合には、それを実力で排除しなければ、中立は保てないのである。今回は沖縄の方角だともいわれる。イージス艦などからのミサイルで、自衛隊は迎撃することになっているが、どの付近に落下するかについても、迅速に情報を伝えるべきだろう。問題は、国民の命と財産を守る気が、民主党政権にあるかどうかだ。

 
人気ブログランキングへ

              ←民主党政権は国を守る気概に欠けると思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (1)

今はまさしく「大道廃れて仁義有り」(『老子』)の不幸な時代だ!

2012年03月29日 | 思想家

 賢しらな心によってブログを書いてはいないか。それが一番私が気にかけていることである。名も無き草莽の民として、今の世に名誉や実利を求めるなどというのは、愚の骨頂であるからだ。仕事の合間の限られた時間を費やして、私のようなものがブログで意見を述べるのは、おこがましい話だが、保守民族派として、已むに已まれずパトスがあって、ついつい憤ってしまうのである。『老子・小川環樹訳注』の第18章に「大道廃れて仁義有り。慧智(けいち)出でて大為(たいぎ)有り。六親和せずして孝子有り、国家混乱して忠臣有り」という文章がある。道が衰えたからこそ、仁義の説が起こり、知識が行きわたると偽りがまかり通り、父母兄弟夫婦の仲が悪くなると孝行な息子が話題にされ、祖国が乱れると忠臣が登場する、というのである。その文の解釈は小川環樹に従ったまでだが、今の世はそうではないかと思う。満ち足りた時代であれば、政治のことが議論にならず、無為のうちに物事は推移するのである。「なるにまかせる」というのは、日本人特有のある種の達観であり、賢しらな心を排斥する日本主義と老子の思想は、あまりにも似通っている。日本人にも、老子の思想が脈打っているのではなかろうか。その点からしても、政治を熱く論ずるというのは、不幸な時代なのである。静かな暮らしを続けられる世こそが、私たちの目ざすべきユートピアであるわけだから。

 
政治 ブログランキングへ  

              ←大道廃れて国が乱れていると思う方はクイックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

掴み金で済まそうとする民主党政権と東電 10句

2012年03月28日 | 川柳

おいこらと金投げつけてすまし顔

金やるぞ小出しにするは悪代官

収束は言葉だけなり野田狸

ただちにと安全ですで事足りし

若者や子供が去りし春一番

マスコミも共犯なりし影電通

フクシマと口にできない差別あり

その場だけ誤魔化す手品民主かな

人の子も被曝させられ皆不安

イラ菅よ福島の子になぜわびぬ

 
政治 ブログランキングへ

               ←民主党政権と東電は国民を愚弄していると思う方はクリックを             

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

民主党をまとめきれない野田首相の唯一の選択肢は解散だ!

2012年03月28日 | 政局

 消費税増税について、民主党内でも意見の集約できないでいる。日本をどうするかよりも、権力闘争にばかりうつつを抜かしているのは、まさしくサヨクの特徴である。それでいて、前に進まない責任を野党に押し付け、マスコミに援軍を求めるあたりは、まるっきり言いがかりでしかない。自民党が消費税を政局の道具にしているのではなく、民主党内を一本化できないのが問題なのである。その根っ子の部分にあるのは、反小沢と小沢の対立の図式だろうが、平成5年に宮沢喜一内閣への不信任案が可決されたときから今まで、資金力に物を言わせて、小沢一郎はやりたい放題のことをしてきた。新生党から新進党、それから自由党を経て、鳩山由紀夫や菅直人の民主党に合流したのだ。自分の生き残りのためには、手段を選ばないのが小沢である。それに振り回されてきた政治家は、国民から信用を失うのはあたりまえだ。野田佳彦首相を始めとする現在の執行部は、小沢派を排除することができないので、自民党に擦り寄っている。しかし、政権が目の前に転がり込もうとしている自民党が、けんもほろろなのは当然だ。もう民主党内をまとめられないのだから、野田は伝家の宝刀を抜くべきだろう。そして、ガラガラポンにするのである。そうすれば、野田首相への評価も変わってくるに違いない。小沢を政界から一掃する意味でも、まずは勇気を持って決断することだ。

 
政治 ブログランキングへ

               ←もうここまでくれば解散しかないと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

中共や北朝鮮の浸透工作を阻止できるのは警察と自衛隊だ!

2012年03月27日 | 安全保障

 今、日本で一番危機感を抱いているのは、日本の守りについている警察官と自衛隊員だろう。あまりにもいい加減な民主党政権に、激しい憤りを感じているに違いない。このままでは日本が危ういことになりかねない、と歯がゆい思いをしているのではなかろうか。民主党はまったくデタラメである。中国共産党と独自のホットラインを持ったりするのは、売国奴でそのものではないか。さらに、菅直人前首相らが在日からの献金を受けても、政権与党だというので、まったくお咎めがないのだから、これまた異常である。中共や北朝鮮による対日工作によって、日本は日本でなくなりつつある。世界史をひもとくと、すぐに思い出されるのは、チェコスロバキアの悲劇である。1945年の春にナチスドイツの占領下から解放されたのに、わずか3年ほどで、チェコスロバキア共和国は、共産党によって政権の座から追われてしまった。軍隊、警察、官庁への共産党の浸透工作のために、手の打ちようがなかったのだ。それとまったく同じで、いかに中共が挑発的な行動を取ろうとも、サヨクが牛耳る民主党政権では腰砕けである。しかし、政権がどうあろうとも、警察や自衛隊員の多くは、何が正義であるかを、体に叩き込まれているはずだ。民主党政権はせいぜい1年ちょっとである。それまで耐え忍ぶしかないが、国民を弾圧するような事態が生じれば、日本という国家を守るためにも、自らの主張に忠実であるべきだろう。

 
政治 ブログランキングへ  

              ←治安の任にあたる者たちの責任は大きいと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (2)

原発事故がなかったかのように振舞うのが正常なのか?

2012年03月27日 | 災害

 危機は去っていないのに、私たちは日常性に埋没して、福島第一原発の事故を忘れようとしている。死の影に覆われているのに、原発事故そのものが存在しなかったかのように、福島の人々は日々の暮らしに追われている。いつか傷口が開き、血が吹き出すまで、他人事として処理するのだろう。昨日は福島第一原発2号機の格納容器内を工業用内視鏡で調べたところ、格納容器底部の却水の深さが60センチしかなく、堆積した核燃料の一部が水に浸かっていないことが分った。冷温停止状態というのは、まやかしでしかないのだ。また、汚水処理施設でも、配管のつなぎ目が外れたりして、約120トンの汚染水が漏れ出し、その一部が海へ流出したことも判明した。福島第一原発においては、毎日のようにトラブルが起きており、何とか応急処置でしのいでいるのだ。にもかかわらず、私たちは現実を直視する勇気がなくなり、ある種のあきらめが支配しつつある。原発事故を語ることも止め、瑣末な話題しか口の端に上らなくなっている。そして、原発事故の不安に苛まれる人たちは、世間から病人扱いをされている。何事もなかったかのように振舞うことが、正常だと思われているのだ。しかし、それはいつまで続くのだろう。日常性がすでに破綻しており、非日常に直面しているのを、見て見ないふりをしているだけなのだから。

 
政治 ブログランキングへ  

               ←原発事故の現実を直視しすべきだと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (3)