草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

「君子は豹変す」ではなく平気で二枚舌を使う橋下を嗤う!

2012年05月31日 | 政局

 コロコロと態度が変わるのが民主党の専売特許だと思っていたらば、橋下徹も同類のようだ。理由にもならない理由を並べて、大飯原発の再稼働を容認するにいたっては、まさしく裏切りではないだろうか。私と意見を異にする石原慎太郎の方が、はるかに誠実である。だからテレビ芸人はダメなのである。脱原発を主張し、今の民主党政権と一戦交えるようなことを口にしながら、最終的にはこのざまなのである。「君子は豹変す」という言葉があるが、それは「立派な人というのは、誤りを指摘されたならば、すぐに間違いを改める」という意味なのである。しかし、橋本はそうではない。あくまでも期間を限定しての再稼働だとか言って、前言を翻さずに、言い訳に終始している。そんないい加減な政治家に国民が期待したのは、テレビに出ていた、ただそれだけではないか。今でも語り草になっているのは、原発事故が発生して間もなくは、次の首相候補の世論調査で、官房長官の枝野幸男が上位にランクされたことだ。官邸のスポークスマンとして、一日に何度もテレビ出ていたから、国民が親近感を抱いたのだ。人気などと言うのは、そんなものなのである。橋下だって、その例外ではなかろう。劇場型政治を自作自演し、かろうじて人気を維持してきたのだ。化けの皮が剥がれるのは時間の問題であった。テレビに出演するだけで時の人になるのは、大宅壮一ではないが、日本の総白痴化が進んでいるからだろう。

 
政治 ブログランキングへ  

              ←政治家の二枚舌は許せないと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (1)

国政の停滞に終止符を打つために今こそ解散総選挙を!

2012年05月31日 | 政局

 ここまで追い詰められれば、野田佳彦首相に残されているのは解散総選挙しかない。政治生命をかけるとまで公言している消費税増税についても、民主党内ですらまとめきれていない。野党自民党は、消費税増税に賛成する条件として、小沢一郎との決別を主張しているが、そこまで譲歩する勇気はないだろう。そこに中共大使館の一等書記官のスパイ疑惑である。農林水産省が推し進めていた、対中共輸出促進事業に深く関与していたことが明らかになっており、大きな火種となることは避けられそうもない。国民の審判を仰ぐことで、局面を打開する以外に、もはや手の付けようがないのである。それでも、解散総選挙を先延ばしにすることだけは党内も一致しており、民主党は衆議院での数の力を頼りに、何とか政権の座に踏みとどまりたいのだろう。しかし、このまま展望がない状態が続けば、自己保身のための権道政治だと批判されても、弁解のしようがないはずだ。尾高朝雄は『法哲学』のなかで「多数は民主政治における力であるが、その力が絶対なのではなく、そのさらに上には、いかなる数の政治も踏み越えることが出来ない政治の矩がなければならぬ」と書いている。政治の目指すべき模範とは、国家国民のためということであり、一党一派の利害を優先させることではない。日本の議会政治が本当の意味で機能するかどうか、それが今問われているのである。

 
政治 ブログランキングへ

              ←もはや解散総選挙しかないと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (3)

札付きの中共のスパイと接触していた民主党関係者を嗤う!

2012年05月30日 | 安全保障

 民主党政権というのは、やっぱり中共の傀儡であった。中共大使館の一等書記官がスパイを働いていたにもかかわらず、民主党関係者が頻繁に接触していたことが明らかになった。筒井信隆農林副大臣は機密の漏えいを否定しているが、その一等書記官は農林省ぐるみの対中共ビジネスでも、中心的な役割を果たしていた。人民解放軍の総参謀本部第二部に所属するスパイでありながら、かつては松下政経塾の一員であった。これでは政権中枢の情報も筒抜けだったはずだ。福島第一原発の事故発生時、中共があらゆるルートを通じて、自国民の帰国を呼びかけたのも、事態が深刻であるのを知っていたからだろう。そこまで中共とずぶずぶであるわけだから、民主党政権がアメリカの支援を断るのは当然だ。それで迷惑を被ったのは、私たち日本国民なのである。日本国民にとっての唯一の救いは、警察と自衛隊が民主党政権に支配されていないことだ。自国の利益を損ない、国家を売り渡すような政権に対しては、治安当局といえども、服従を拒否すべきだ。そして、自分たちの知りえた情報を暴露し、日本国民の決起を促すのである。産経ニュースによると、石原慎太郎が昨日、外国特派員協会での講演で「尖閣問題で中国におどおどしていたら、そのうち五星紅旗の6番目の星は小さな日の丸になるかもしれない」と語った。このまま中国共産党と友党の政権が続くようでは、日本の未来は真っ暗闇なのである。

 
政治 ブログランキングへ

               ←中共に対して身構えるべきだと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村    

コメント (1)

本物のお笑い目指して河本準一はもっと芸を磨くべきだ!

2012年05月30日 | 世相

 生活保護を不正に受給するというのは、犯罪以外の何物でもない。しかし、テレビ業界では、そんなことはどうでもいいらしい。母親がその犯罪に手を染め、息子としてそれに手を貸していた「次長課長」というお笑いコンビの河本準一が、昨日は日本テレビ系のバラエティ番組に出演し、ガッツポーズまでして、健在ぶりをアピールした。反省しているというよりも、居直っている感じである。河本と同じ吉本興業に属する「キングコング」の梶原雄太の母親も、不正に受給をしていたことが明らかになっており、彼らにとっては、法律を犯すことなど屁の河童らしい。これをめぐっては、ネット上でも、河本擁護の工作員が「2ちゃんねる」に書き込みを行ったり、それを追及している自民党参議院議員の片山さつきに矛先を向けたりしていたが、そこまでするというのは、吉本興業をめぐる闇が深いからではないか。芸人になっても、最初は売れないのが通り相場である。売れっ子になるまでの間、どのように面倒を見ているのだろうか。河本一人ですまなかったわけで、そこも問題にすべきだ。関西はお笑いの本場である。私のイメージからすれば、借家暮らしで、何とか糊口をしのいでいるのが芸人である。テレビに出演することで、高級車を乗り回し、高級マンションに住み、それでいて母親の面倒はみないというのは、単なる悪徳成金でしかない。それよりも、河本は芸を磨くべきだろう。ガッツポーズをするようでは最低ではないか。

 
政治 ブログランキングへ

              ←生活保護の不正受給は許せないと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村  

コメント (2)

国会事故調でしどろもどろの答弁に終始した佐藤雄平を嗤う!

2012年05月29日 | 災害

 ユーストリームがなければ、福島県知事の佐藤雄平の愚かさも伝わらなかっただろう。電力労組の応援によって民主党の公認候補として参議院に当選し、それから県知事に転身したのが雄平ではなかったか。だからこそ、前知事の佐藤栄佐久が反対していたプルサーマルの導入に対して、ホイホイと受け入れたのではなかったか。いくら新しい知事になっても、経産省の保安院などは、津波対策などでハードルが高くなることを予想していた。それだけに、わざわざ福島県に真意を確認したほどだ。しかし、雄平は勝手にハードルを下げてしまったのである。国会事故調に雄平が参考人として招致されたことで、そのとんでもない事実が明らかになった。スピーディを隠したことや、福島県の子供たちが現在も被曝していることに関しても、意味不明な答弁に終始した。知っていて当然のことも、口ごもってばかりいた。そして、返答に窮するたびに、後ろにいた県の職員にアドバイスを求める体たらくであった。前首相の菅直人の答弁も度し難かったが、無能な指導者のときに、原発事故という最悪のことが起きてしまったのである。猛省を促したいのは、福島県内のマスコミである。知事としての資質よりも、雄平と一緒に酒を飲んだとかのレベルで、簡単に籠絡されたことを恥じるべきだ。昨日と今日の二日間、国会事故調がユーストリームによって中継されたことで、国から県までの民主党の犯罪が誰の目にも明らかになったと思う。


政治 ブログランキングへ

               ←佐藤雄平は無能だと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (3)

原発事故の真実伝えなかったマスコミは民主党政権と同罪だ!

2012年05月29日 | マスコミ評

 高倉健の「唐獅子牡丹」の歌ではないが、「白を黒だと言わせること」を平気でやらかすマスコミのいい加減さを、今になって多くの日本国民が思い知ったのではなかろうか。ここにきてようやく福島第一原発事故の全貌が明らかになりつつある。この間日本のマスコミがやってきたことは、まさしく民主党政権の広報機関であった。国民に真実を知らせる努力は皆無に近かった。唯一真実に迫ろうとしたのはネット言論だけであったが、ネット上では民主党政権を擁護する工作員との間で、激しいバトルが繰り広げられた。菅が引きずりおろされることは、民主党にとって一大打撃であるからだ。そして、それは現在も継続中である。昨日の国会事故調をユーストリームで見ていた人は、前首相の菅直人が糾弾されているのを、目のあたりにしたはずだ。しかし、それをNHKを始めとするどこのテレビ局も生中継しなかったし、マスコミの手にかかると、まったく違う代物になってしまうのだ。いくら菅が醜態をさらしても、それを国民に伝えることはしないのである。初期の段階からあらゆる情報が入っていたにもかかわらず、それを国民に公表しなかったことに関して菅は「知っていても裏付けがなければ発表を差し控えた」と弁解した。それはいうまでもなく、民主党政権による報道管制を認めたようなものだ。そうした方針に、マスコミも横並びで協力したのである。国民を騙した点では、マスコミは民主党政権と同罪なのである。

 
政治 ブログランキングへ  

               ←マスコミの責任は大きいと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

ブラック芸人擁護を嗤う 10句

2012年05月28日 | 川柳

焙り出せ生保をもらう臭い奴

芸人がコメンテーター芸はなし

金持ちて品性なくて芸なくて

まきぞえをくらって怒る西の人

吉本がテレビを支配何してるん

すぐばれるオカンで儲けアカンとね

堅気ではなれないのですアホ芸人

悪いことしていないといい目に涙

悪党になりきれぬまま終わってる

嘘ついてもらっていつか裁かれて 


政治 ブログランキングへ  

                ←ブラック芸人は糾弾されるべきと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村  

コメント (1)

命がけで原発事故と闘っていた吉田所長らを罵倒した菅直人!

2012年05月28日 | 災害

 菅直人を英雄にしようとした一部のサヨクは、今日の国会事故調をどう思っただろう。福島第一原発で必死に立ち向かっていた吉田昌郎所長らを、あろうことか、首相であった菅は罵倒したのであり、とんでもないことをしたのだ。東京電力が撤退しようとしたことなどなかったのに、あたかもそれ阻止したのが菅であるとか言った連中は、一体どう弁明するのだろう。現場の吉田所長らは命を投げ出してまで、国民を守ろうとしたのである。同盟国であるアメリカの援助を、国家の主権を盾にして、官邸が拒んだことも、まさしく理解に苦しむ。日米安保条約は何のためにあるのだろう。中共に媚びる民主党政権でなければ、もっとましな対応ができたはずだ。メーカーであるGE関係者を、アメリカ政府の力を借りて日本に招致していれば、事態は変わっていた可能性もある。そこまで批判されているのに、菅の態度はふてぶてしかった。脱原発を叫べば批判を逃れられると思っているのだろう。マスコミがまともに扱ってくれなくても、ユーストリームを通じて、菅が参考人として呼ばれた国会事故調をアクセスできた意味は大きい。そのおかげで私も菅の答弁を聞くことができた。これまでであれば、菅のこととなると、民主党擁護の工作員がわいてくるのが常であった。しかし、これで真相が明らかになったことで、今後は雲行きが変わってくるのではないか。国会事故調のメンバーに対して、私は心から敬意を表したい。

 
政治 ブログランキングへ  

              ←菅元首相は無責任だと思う方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村  

コメント (1)

危機に対処するのはイデオロギーではなく日本人の良識だ!

2012年05月28日 | 思想家

 私がサヨクを毛嫌いするのは、すぐにイデオロギーを振り回すからだ。21世紀に入って勢いを得ているグローバリズムも、それとまったく変わらない。いずれも客観性を装った独善主義でしかない。小林秀雄が「政治は、私達の衣食住の管理や合理化に関する実務と技術との道に立還るべきだと思います」(「政治と文学」)と書いていたように、本来の政治というのは、イデオロギーを振り回すことではない。日本が今不景気なのは、需要と供給のバランスが崩れて、それでデフレになっているからであり、新たに需要をつくればいいだけだ。私が自民党の国土強靭化基本法案に賛成するのも、理にかなっているからである。原子力発電をどうするかについても、文明論をやらかすよりも、損得勘定を考慮に入れて、これまで日本人が培った良識で決めればいいのだ。民主党政権が度し難いのは、やるべきことをせず、「原発を開発した人類が悪い」といった議論にすり替えて、責任を逃れようとしている点だ。イデオロギーで解決することなど、この世には何一つない。高い理想を掲げるのが政治ではなく、どうやって飯を食べていくかが政治なのである。「コンクリートから人へ」というキャッチフレーズも、耳触りのいいある種のイデオロギーであった。ここらでもう私たちは、目下の危機に対処するための、実務と技術に専念すべきだろう。それがコロンブスの卵でもあるわけだから。

 
政治 ブログランキングへ

              ←イデオロギーより日本人の良識だと思う方はクリックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

景気回復のために自民党の国土強靭化基本法の早期成立を!

2012年05月27日 | 経済

 近いうちに東日本大震災級の地震が首都圏などで起きると言われているのに、手をこまねいていいわけがないだろう。マスコミは大部分が財務省の言いなりとは聞いていたが、やっぱり予想した通りであった。自民党の国土強靭化基本法案に対して、まず今日の読売新聞が反対の火の手を上げた。自民党内を混乱させようと、党内に反対論があるかのような記事を書くとともに、「旧来型の公共事業が目立つ」とこきおろしている。東京の首都高が耐用年数が過ぎているというのに、それを放置しておいていいのだろうか。高速道路の整備を悪と決め付けるのは、現状を理解していないものの、ためにする嫌がらせでしかない。その法案の一番のメリットは、雇用の拡大が図られる点だ。日本人の性格からしても、働く場所さえあれば、必死になって汗を流すのである。そうすればGDPだって増大する。最初の言いだしっぺは、藤井聡京都大学大学院教授であり、自民党はそれを法案化し、実現に向けて邁進しようというのである。10年間で200兆円を投下する一大プロジェクトで、そのための特別公債も発行される。今の民主党政権では、東日本大震災の復興・復興も進んでいない。さらには次なる危機に備えての機能分散も手つかずだ。雇用の確保もまったく頭にない。それだけに、自民党は勇気を持って国土強靭化基本法案の成立に全力を傾けるべきだろう。

 
政治 ブログランキングへ  

              ←国土強靭化基本法案に賛成する方はクリックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント (1)