草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

日米安保条約においても日本は米国と対等であるべきだ!

2014年02月28日 | 安全保障

 やっぱり米国は日本よりも中共の方がいいのだろうか。大東亜戦争に突入したときと同じく、米国は中共と組んで日本を締上げるつもりなのだろう。日本は米国に軍事的に支配されており、武力で衝突することはあり得ない。しかし、反米の攘夷の運動が起これば、それを根絶やしにしようとするに違いない。日米安保条約そのものが問題なのである。仮に米国がどこかの国と戦争をしたとしても、それに逆らうことがきないからだ。日本の国益に反することであっても、容認するしかないのだ。それ以上に忘れてはならないのは、日本防衛の義務が明確にされていないことだ。日本の領土である尖閣諸島に、中共は軍事的な圧力をかけてきている。本来であれば、横須賀に基地がある第七艦隊が前面に立つべきではないか。そのために日本は思いやり予算を払っているのである。今のオバマ政権は、中共と一戦交える気などさらさらない。真面目に日本の防衛を考えるならば、もっと手の打ちようがあったのに、傍観者を決め込んでいる。防空識別圏まで勝手に設定して、いつ攻めてくるかわからない相手と、どうして話し合いができるだろう。日本は主権を回復する意味でも、神社新報社で出版された『新しい時代に向けてー敗戦後の綜括』でも書いているように、「万が一にも米国が、日本の意思に反して、不法な開戦をした時には、即時米軍の撤収をもとめて、日本が中立する権利を行使し得るやうに条約を改める」べきである。いつまで経っても米国の言いなりのままでは、いつか日本は大変な目に遭うだろう。今こそ主権国家としの意地を見せるべきだ。将来の日本人のためにも。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←日本とアメリカは対等な関係であるべきだと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

コメント

自分の国を悪く言って特定アジアの代弁をする「天声人語」を嗤う!

2014年02月28日 | マスコミ評

 今日の朝日新聞の「天声人語」は、恥ずかしげもなく特定アジアの代弁をしている。それを書いている人間は、本心からそう思っているのだろうか。それとも敗戦から今まで続いてきた戦後の言説空間のなかで、自分の居場所を確認しているだけなのだろうか。他人が言ったことを寄せ集めただけのコラムでしかないが、日本が特別だとの意識を持っているとか、戦後秩序を壊してアメリカに楯突いているとか、NHKを名実ともに公営放送にすべきであるとか、いずれも特定アジアの言い分ではないだろうか。それをそっくり何のためないもなく文章にするあたりが、普通の国民とはずれている。本来であれば、東アジアの不安要因となっている中共をたしなめ、広島や長崎への原爆の投下を反省しないアメリカに対しては、人道的な見地から批判し、そして、NHKについては国営放送にすることを提案すればいいのだ。今の「天声人語」が面白くないのは、目の前の危機的な状況を直視することなく、抽象論に終始しているからだ。それも手垢に汚れた日本悪者論であり、国家権力を批判することが仕事だと勘違いしている。あくまでも戦後の言説空間を守ることを社是としてきた朝日新聞らしい。しかし、そうした決まり切った主張を繰り返すだけでは、もはや国民をリードすることはできない。朝日新聞に代表されるマスコミの権威が失墜したのは、閉ざされた戦後の言説空間が暴露されたからだ。そのお先棒を担いできた朝日新聞の責任は、徹底的に追及されなくてはならない。さらにもう一つは、ネット時代に突入してからは、情報を集めるツールが向上したことだ。いくらデマを流そうとしても、国民はもう騙されないのである。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←朝日新聞は特定アジアの代弁者だと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

コメント

神の生み給う大八洲にこだわる保守とナチスでは根本的に違う!

2014年02月27日 | 思想家

 日本の保守をナチスと同一視する議論がある。しかし、大事なことが抜け落ちてはないか。ナチスには万世一系の天皇陛下はおられない。また、国土を離れては日本民族はありえないのである。国境を人為的に線引きしようとしたナチスとは、天と地ほどの差がある。そこを鋭く突いたのは葦津珍彦であった。室伏高信や坂井隆治の『余が闘争』の翻訳を用いながら、昭和15年11月の「日本の神道とナチス精神」のなかで、その違いを論じていた。日独伊三国同盟が結ばれたすぐ後のことである。ヒトラーは国土を神聖なものとは考えていなかった。ヒトラー自身が「ゲルマン民族が一気に南方のもっとも有利な平野に移住し、其処の劣等な諸民族の有する原料の中に、最初の技術的補助手段を獲ていたならば、彼等の裡に仮睡せる文化創造力は、彼のギリシャ人に於けるが如く正に花々しく咲き誇ったことであろう」(坂井訳)と書いていた。ナチスは国家より民族を優先させる思想であり、民族の弱肉強食によって、国土の変転を正当化しようとした。これに対して葦津は日本の特殊性を強調することで、ナチズムを批判したのだ。「日本の古典に従えば、日本民族は祖神の子であると共に、日本の国土も亦祖神の生み給う所である。日本に於ては、国土と民族とは共に神の生み給う所なのであり、共に神の子であり同胞である。日本民族は大八洲に住みてこそ、真の日本人なのであり、この嶋に住みてこそ、日本的文化が生まれ得ると云う考えて発展して来たのである」。特定アジアやアメリカの一部は、今の日本をナチスと同一視したいようだが、そもそも根本的に相容れないのである。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←日本の保守はナチズムとは相容れないと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

コメント

「慰安婦像」を容認する一部日系米国人の発言を大きく報道する朝日新聞!

2014年02月27日 | 国際問題

 そこまでやるから、朝日新聞は特定アジアのために存在するといわれるのである。アメリカのロサンゼルス郊外のグレンデール市に設置された「慰安婦像」をめぐって、またもや在米日本人や日系米国人の足を引っ張るような記事を書いている。去る25日夜に行なわれた市議会の一般市民陳述で、一部の日系米国人らがその像を擁護する発言をしたというのだから、ややこしい。見出しが「慰安婦像をめぐり在米住民に溝」というのも、あまりにも思わせぶりである。圧倒的多数の日系米国人や在米日本人は、その像に異議を申し立てている。これに冷水を浴びせようと、あたかも真っ二つの意見があるかのように伝えているのだ。グレンデール市が集めた陳述人であり、とくに韓国系アメリカ人が多い地域であるだけに、そこに住んでいる日本人も、異論を唱えるのは勇気が要るのである。それも理解せずに、「慰安婦像」を正当化したいために、朝日新聞ならではの偏向報道である。朝日新聞が自分たちででっちあげたのが「従軍慰安婦」の問題であり、それが否定されるのが我慢ならないのだろう。朝日新聞のなかにも、少しはまともな記者がいるはずだが、これでは信用をどんどん失うだけだ。日本人を悪者にして、それで溜飲を下げているのが中共や韓国である。それに対して、言うべきことを主張しなければ、日本は国際社会から誤ったイメージを持たれかねない。そうなれば日本への風当たりはなおさら強くなる。自分たちを守るためには手段を選ばない朝日新聞は、日本国民全体を敵に回す覚悟ができているのだろうか。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←朝日新聞は特定アジアの代弁者だと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

コメント

支那大陸からのPM2・5で日本人の健康に影響も!

2014年02月26日 | 健康

 福島県は放射能で大変な目に遭ったと思ったらば、今度はPM2・5である。今日は会津地方でも、一日の平均濃度が国の暫定指針である1立方メートルあたり70マイク・ログラムを超えている。午前10時現在で、会津若松市では1時間当たりの平均値が1立方立法メートルあたり81マイクロ・グラム。外に出ても靄がかかった状態になり、注意が喚起される事態になっている。中共ではそれが400マイクロ・グラムを超えるそうだから、もはや人間が住める環境ではない。それが日本にまで風に流されてやってきているのだ。全国的に会津若松市と同じなのである。多くの日本人の健康が不安にさいなまれているのだ。PM2・5は呼吸器系疾患を引き起こす微粒子物質であり、日本全体に嫌がらせをしているようなものだ。そんなことをする国がまともなわけがない。中共で暴動が起きてあたりまえだ。経済成長にかこつけて、民衆のことはどうでもいいのである。それで「共産主義」とか口にするのはおこがましい話である。選挙もせずに一党独裁で幹部はやりたい放題。利権を焦っては、そこで儲けた金を海外に隠し、いざという時には逃げ出そうとしているのだ。しかし、そんな国を持ちあげてきた日本のサヨクやマスコミは、恥ずかしくはないのだろうか。原発事故も深刻だが、PM2・5だって甘く見ることはできない。「遠くの神様はありがたい」といわれるが、ここまでされると、疫病神でしかない。日本にはマレビト信仰というのがあって、毎年定期的に祖霊が常世からやってきて、人々に祝福をもたらしてくれる。しかし、禍をもたらすだけの疫病神に対しては、それを撃退することを考えるべきだろう。健康がそこなわれるのは最悪なわけだから。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←今の中共は日本に害悪しかもたらさないと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

コメント

TPP交渉でアメリカに膝を屈しなかった安倍首相は日本派政治家だ!

2014年02月26日 | 政局

 日本の保守派が結束して危機に対処しなければ、日本という国家の存続は難しくなるだろう。それほどまでに日本は、大変なことになっているのだ。目先の利益しか追求しようとしないアメリカは、TPP交渉において大幅な譲歩を日本に迫ってきている。これに対して、コメなど農産物の重要5品目の関税保護を目指す日本は、あくまでも抵抗する構えだ。安倍政権の交渉力は高く評価されるべきだと思う。ここで簡単に妥協してしまえば、日本農業は壊滅することになるからだ。昨日閉幕したTPP交渉の閣僚会合では、新たな妥結期限や次回の会合時期には触れなかった。日本は長期化に持ち込むべきであり、交渉離脱も検討すべきだろう。いくらアメリカから脅かされても、ここで屈服してはならない。それでいて、安倍政権は集団的自衛権の行使を容認することにしている。経済分野ではアメリカと衝突しても、安全保障面では絆を強化しようとしているのだ。そのしたたかな外交手腕は、戦後の日本政治に欠けていたものだ。安倍首相はリーダーシップを発揮して、明確な国家意思を世界に示しているのである。当然のごとく風当たりも強くなる。中共やその影響下にある朝鮮半島は、執拗に日本への嫌がらせを続けている。交渉力を身に付けた日本を牽制する意味で、アメリカのなかにも日本バッシングに加担する動きがある。今のところは安倍首相は日本派としての本領を発揮しているが、それを今後も貫けるようにするためには、日本派がまとまって、日本国内のアメリカ派や中韓派と対決していくしかないだろう。そして、安倍首相を支える自民党内の日本派は、田母神俊雄さんに投票した新しい保守との結びつきを強めるべきだろう。日本が生き残っていくためには、国家として身構えるしかないのである。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←TPP交渉で安易な妥協はすべきではないと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

にほんブログ村       blogramで人気ブログを分析

コメント

アメリカに頼っていては中共の軍事的脅威には対抗できない!

2014年02月25日 | 安全保障

 アメリカを頼りにするのが間違いなのである。アメリカを一つの国家として考えるのも、もうやめた方がいい。韓国系のエゴが通ってしまう国なのである。英語を話せない者たちでも、アメリカ国籍を取得できるのだ。これまでは中共の裕福層がカナダに逃げ出していたが、カナダ政府から待ったがかかったことで、アメリカに流れていくといわれる。アメリカは様々な民族がひしめいている。統一した国家意思を発揮できるかどうかも、心もとないのが実情だ。それを裏付けるかのように、アメリカは世界の警察官の役割から降りつつある。陸軍の兵力の大幅削減が日程にのぼってきている。国防総省は「より小規模で能力が高い軍」を目指すとしているが、それは「撤退」を「転進」と言いかえるのと同じで、経済的に行き詰まっていることもあって、世界から軍隊を撤収するということなのである。陸軍の兵力は現在の52万人から45万人程度まで削減されるわけで、いくら口では「アジア重視」と言いながらも、やっていることは別である。中共が東アジアで覇権をめざしているのには、そうしたアメリカの動きと無縁ではないのだ。しかし、日本のマスコミやサヨクは、そうした現実を直視しようとしていない。かえって安倍政権の安全保障政策の足を引っ張っている。日本が自前で防衛力を整備すべきであるのに、「安倍首相は戦争ができる国家にしようとしている」と批判している始末だ。戦争を阻止するためには、相手が攻めてこれないようにしなくてはならない。そこで大きな意味を持ってくるのが軍事力なのである。自分たちが手を引くのであれば、アメリカは日本に肩代わりを求めるのが筋だ。そうではなくて、日本が中共の勢力圏に入るのを容認するのであれば、日本人は自由を擁護するために、血を流す決意を示すしかないのである。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←中共の侵略を阻止するには防衛力の整備が急務だと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

にほんブログ村       blogramで人気ブログを分析

コメント

TPP交渉でも指導力のなさを露呈したオバマ政権を嗤う!

2014年02月25日 | 経済

 一月の時点でオバマ政権は日本はずしを目論んだものの、それもかなわず、かえってTPP交渉への参加各国から批判されているようだ。中共や朝鮮半島の言いなりになっているくせに、経済的には自分たちの国益を優先させ、日本の市場を席巻しようとしているのである。損得勘定から言えば、TPPは日本にはほとんどメリットがない。アメリカ流のグローバリズムをプロパガンダにして、自分たちに有利にしようとしているだけだ。安倍政権は国民との約束もあって、譲歩するにしても限度がある。最後まで綱引きをして、まとまらなければ決裂もよいのではないだろうか。とくに、アメリカが強行に迫っているのは、農産物についてである。アメリカの思惑は見え透いている。関税を日本に撤廃させて、自分の国の農産物を押し付けようというのだ。それによって、日本農業が壊滅しようとも、そんなことはおかまいなしなのである。さらに、保険や金融にまで進出し、最終的には日本の医療制度も解体しようとしている。これに対して、日本の政治はあまりにも弱腰であった。民主党が政権をとっていたときにも、アメリカに尻尾を振っていたし、安倍政権になってもそれは変わらない。しかし、自民党は国政選挙で公約に掲げたわけだから、最低でも日本の農業が生きていけるような妥協案を模索しなくてはならない。それができないのであれば、席を蹴るしかないのである。日本はアメリカを同盟国だと思って、それなりに尊重してきた。にもかかわらず、アメリカは自分のことしか考えない。これでは交渉参加国も怒るのはあたりまえだ。TPP交渉に参加する時点で、日本はアメリカへの義理を果たしたのである。日本以外は新興国が中心であり、ある種の保護が必要であるのは言うまでもない。今後どのような結果がでるかは、全てオバマ政権の出方にかかっているのである。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←TPP交渉の決裂もやむをえないと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

にほんブログ村       blogramで人気ブログを分析

コメント

中共に媚びて習近平を「シージンピン」とルビを振る朝日新聞を嗤う!

2014年02月24日 | マスコミ評

 日本のマスコミは特定アジアに気を遣い過ぎである。朝日新聞などが習近平の読み方を、支那語の発音の「シージンピン」とルビを振っているのは、日本人であることを止めたいからだろう。その点を鋭く突いたのが竹田恒泰氏である。日本人だから「しゅうきんぺい」差し支えがないし、その方が日本人多くが覚えやすいはずだ。朝日新聞は一体どこの国の新聞なのだろう。尖閣諸島で中共にクレームを付けず、「戦争ができる国家にしようとしている」とかいちゃもんを付けて、逆に安倍政権を牽制している始末だ。日本のインテリは外国には頭が上がらなかった。儒教が生まれた先進地であり、日本のインテリはそれを学ぶことから出発したからだ。しかし、日本にだってつわものはいた。その典型が山崎闇斎である。朱子を絶対視し、本まで朱の色にした闇斎は、それでも愛国者であったからだ。闇斎が弟子たちに向って「今中国が、孔子を大将とし、孟子を副将として、わが日本に攻めよせてきたとしよう。このとき、わたしの門下で孔孟の道を学んでいる諸君は、一体どうするか」と質問をしたのだった。返答に窮する弟子たちに闇斎は「孔子と孟子を捕虜にして日本への恩を返すのだ」と言ってのけたのである。朱子学者にしてその気概があったのである。国学者の本居宣長や平田篤胤であればなおさらである。しかし、今の朝日新聞は、ただただ中共に平身低頭するのみなのである。これでは国民から馬鹿にされるのも仕方がない。外務省にだってチャイナスクールと呼ばれる連中がいて、それが日本の外交を担ってきたのだ。もうここらで日本を第一にする人たちが国を動かすべきだ。アメリカ様にも気を遣うのも一緒である。悪者である日本を懲らしめてもらいたいのだ。自分の足で立とうとしない典型が、朝日新聞に代表される日本のインテリなのである。

 

政治 ブログランキング

 

                      ←朝日新聞は特定アジアの代弁者だと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

にほんブログ村       blogramで人気ブログを分析

コメント

夕映えに立つ磐梯山麓 5首

2014年02月24日 | 短歌

春浅き会青橋より仰ぎ見し磐梯山麓夕映えに立つ

古事記から会津の地名起こりしかオオビコノミコトの伝説ありし

青津なる古墳がありし阿賀川のいにしえびとの眼差しを背に

青津より磐梯山へ向いたる川にそい流れにそいて越より会津へ

忘られし古代のロマン闇なりし問う人もなしあづみ族かな

 

 

政治 ブログランキング

 

                                    ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

にほんブログ村       blogramで人気ブログを分析

コメント