草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

安倍自民党が大勝しなかったのは消費増税への反発だ!

2019年07月22日 | 選挙

消費増税を政策に掲げて大勝するわけはないのである。昨日行われた参議院選挙の結果は、ほぼ予想した通りであった。自民党は3年前と比べて1議席上回ったものの、東北地方に限ってみると、議席を獲得したのは福島県と青森県にとどまった。それ以外の4県では野党統一候補に軍配が上がった。約1万から2万の差を付けられたのであり、共産党が独自候補を擁立しなかったことで、4つの県で自民党は苦杯を舐めたのである▼立憲民主党や国民民主党は共産党の言いなりになるしかないのである。これでは日本の政治は変わらない。憲法改正など夢のまた夢なのである。10月から消費税が10%になることで、景気が悪化するのは避けられない。近いうちに安倍首相は総選挙に打って出ることになると思うが、今回以上に厳しい選挙になるのは必至である▼もはや自民党は耐用年数が過ぎたのである。日本維新の会に期待するむきもあるが、規制緩和を推進するグローバリズムの政党であって、保守の受け皿になるのは難しい。安全保障や外交を正面から論じる戦う保守政党を立ち上げなくてはならない。安倍政権下であっても、なし崩し的に移民政策が進められている。それを阻止できなければ、日本はチベットやウイグルと同じような運命を辿ることになるだろう。自民党頼みではなく、今こそ新しい風を起こすべきときなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)

現実を直視することができる若者の一票が日本を変える!

2019年07月21日 | 選挙

もうこの辺で私たちは、戦後レジームという集団神話から解き放たれなければならない。平和ボケの自虐史観は、もはや通用しないのである▼竹山道雄は「人間はなまの現実の中に生きているのではなくて、彼が思い浮かべた現実像の中に生きている。若し彼がはげしい要求をもっていると、彼はこの現実像をただ要求にしたがって構成して、それをなまの現実とつき合わせて検討することを忘れてしまう」(『昭和の精神史』)と指摘していた▼こうあって欲しいと思う願望が「第二現実」を勝手につくりあげてしまうのだ。それは疑似宗教であり、現状を打開することにはならない。現実は厳しいのである。中共や韓国の言いなりになるのではなく、国益を重視する政治が今ほど求められているときはない。国際法を無視した韓国の暴挙に対して、国家として反撃するのは当然のことだ▼「第二現実」から抜け出すのが難しいのが高齢者である。偏向教育を受けたせいで、科学的な根拠にもとづくと信じ切ってしまっている。だからこそ、現実を直視することができないのだ。どこの政党に投票するかは自由だが、若い人が一人でも多く投票所に足を運び、一票を行使してもらわなければ、日本は変わらない。このままでは我が国は重大な危機に直面するだろう。我が国がどうなるかは若者次第なのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)

自民が優勢なのは国民が政治の安定を求めているからだ!

2019年07月20日 | 選挙

参議院選挙はいよいよ明日国民の審判が下る。消費増税という逆風にもかかわらず、自公で過半数を維持するのではないだろうか。これまでになく東アジアが不安定化しており、何が起きるかまったく予測が付かない。経済においても楽観は許されない。野党はできもしないことを並べ立ているだけであり、当面は自民党しかないというのが大方の国民の思いではないだろうか▼必死になって安倍首相へのネガティブキャンペーンを繰り広げるマスコミは、保守派ネットによって次々とフェイク報道が暴露され、朝日新聞やNHKは立場がなくなっている。それがどのように選挙結果に反映されるかも注目したい▼台風の眼になりそうなのは、NHKから国民を守る党とれいわ新選組である。どちらも1議席か2議席を獲得するとみられる。上級国民への反乱がNHKから国民を守る党の登場である。マスコミがこぞって持ち上げているれいわ新選組の場合は、野党の票を食うだけで、大勢に影響を与えることはないだろう▼残念なのは、与野党を通じて憲法論議が低調であったことだ。我が国は歴史的な転換点に立っている。いくら票にならなくても、それを議論しないというのは最悪である。自民党公認であるにもかかわらず、政見でまったく触れない候補者もいる。そんな不甲斐ない候補者であっても、野党よりはましなのである。今求められているのは政治の安定であるわけだから。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (4)

NHKから国民を守る党の登場は上級国民への怒りの爆発だ!

2019年07月16日 | 選挙

いよいよ参議院選挙も終盤に突入し、残すところ後わずかになった。今回の選挙戦がいつもと違っていたのは、NHKから国民を守る党が比例に4人、選挙区に37人候補者を擁立したことである。政見放送で公然とNHKを批判する政党が登場したことで、多くの国民はビックリしたのではないだろうか。金を払わなければNHKが見れないようにする「スクランブル放送」を政策の柱に掲げており、各種の世論調査によれば、議席を獲得する可能性すら出てきた▼国民から受信料をもらいながら、国からのバックアップを受けながらも、伏魔殿化しているのがNHKである。日本で唯一の公共放送局を名乗りながら、外国人の職員が何名いるか公表していない。自分たちの楯にするために、大名の子孫や国会議員の子弟などが優先的に採用されているともいわれる。職員の平均年収は住宅や保険などの手当を加えると、1800万近くに達するとみられている▼本当のことを暴露されてしまって、NHKは立つ瀬がなくなってしまっている。そんなNHKを弁護するのが共産党である。豪邸に住む不破哲三のようなトップは上級国民であり、自分たちの主張を代弁してくれるNHKを守りたいのだろう。NHKや代々木官僚は、リベラルや左翼を口にしているくせに、実際は特権的な地位に縋りついているのだ。いよいよ我が国でも上級国民への反乱が始まったのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (2)

集団による選挙妨害を許せば議会制民主主義は崩壊する!

2019年07月15日 | 選挙

日本第一党は今年前半の統一地方選挙に候補者を擁立したが、敵対する勢力から嫌がらせを受けた。明らかに公職選挙法違反であるにもかかわらず、警察は見て見ないふりをした。参議院の選挙応援でマイクを握る安倍首相に対しても、演説させないようにする選挙妨害が相次いだために、ようやく警察は重い腰を上げようとしている▼日本第一党であろうと、れいわ新選組であろうと、選挙戦での言論活動は守られなくてはならない。暴力革命を主張する中核派の活動家ですら、杉並区議会議員に当選することができるのだ。NHKから国民を守る党にしても、政見放送で持論を展開できるのは、我が国が全体主義国家ではないからだ▼すぐに行うべきは、悪質な妨害者の徹底的な排除である。拡声器の使用は許されるはずはなく、横断幕を掲げ組織的な野次をした時点で、その場から遠ざけ、従わない場合は公職選挙法違反で逮捕すべきだ。ナチスが突撃隊をつくったのは、共産党から集会を防衛するためであった。ワイマール体制下の警察がしっかり取り締まらなかったことで、街頭で極左と極右が激突する事態が生じたのである▼我が国がその二の舞を演じてよいのだろうか。とくに中共や北朝鮮、さらに韓国などは、日本人の分断を策している。暴力によって自分たち以外の言論を圧殺するというのは、全体主義者の手口であり、断じて容認するわけにはいかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (8)

ネット民のおかげで中盤になって勢い盛り返す自民党!

2019年07月14日 | 選挙

恐るべきはネットの力である。共同通信が12、13の両日に行った全国電話世論調査で、参議院選挙での比例代表の投票先で自民党が31・0%となった。これに対して立憲民主党は7・2%にとどまった。先月26、27の両日の数字より自民党は2・2ポイント上昇した。立憲民主党は1・8%の減となった。共同通信を始めとしたマスコミがこぞって自民党を攻撃しても、ほとんどの国民は影響されなかったのである▼「老後資金2000万問題」に関しても、国民は冷静さを取り戻しつつある。連日のようにテレビや新聞が煽り立てたにもかかわらず、争点だと思うが46・1%で、思わないが46・9%となったからだ。前回調査では争点だと思うが50%を超えていた。選挙戦に突入してから、年金を争点化することへの反発が強まったからだろう▼今回の参議院選挙はネットとマスコミとの熾烈な戦いの場となっている。反安倍のネガティブキャンペーンが効力を発揮しないのは、ネットが冷水を浴びせるからである。ネットに結集する声なき声の国民は、マスコミの嘘を次々と暴いている。だからこそ、自民党に勢いがあるのだ。最後まで気を抜くことはできないが、自民党が比例で支持が拡大するというのは、予想に反して善戦していることを意味する。野合することしか能がない野党には、レッドカードを突きつけるしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)

自民党が東北の1人区で圧勝すれば憲法改正も夢でない!

2019年07月13日 | 選挙

参議院選挙はこれからが終盤戦である。中村菊男が「わが国の選挙運動において、それが白熱化するのは運動期間中の後半期にはいってからである。選挙運動が最高潮に達するのは終盤の5日間であり、もっとも精力の集中せられるのが投票日の前日前夜である」(『政治学の基礎』)と書いていた。いくら各種の世論調査が発表になっても、最後の最後まで、各候補者は気を抜くことはできないのである▼今回自民党が勝つかどうかは、東北6県の1人区がどうなるかにかかっている。これまでは自民党を離れた者たちと革新系が手を結び、保守の牙城であっても、自民党候補を破ることができた。小沢一郎、渡部恒三、鹿野道彦に勢いがあったからである。しかし、世代交代が進んでおり、自民党がどこまで攻勢に転じるかである▼共産党も含めた野党共闘ということで、保守的な層の反発を招いている。もし自民党が6議席全てを獲得すれば、憲法改正も夢ではないのである。逆に1議席か2議席にとどまるのであれば、非改選を含めて、かろうじて自公が過半数を制したとしても、敗北にほかならない。公示になって以降、安倍首相が何度も東北に足を踏み入れているのは、そうした理由があるからだ。東北で自民党が力を回復することになれば、改憲に向けて、日本の政治が一歩踏み出すことになるのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (3)

祖国を守るために若者よ選挙に行こう!

2019年07月11日 | 選挙

いくら仕事が忙しくても
若者よ選挙に行って一票を
ウイグルやチベットでの
想像に絶するジェノサイドを
香港の人々の悲痛な叫びを
君は知っているか
すでにマスコミの大半が
敵の手に落ちてしまった今
名も無きネット民が頼り
祖国を守りぬくために
大事なのは君の一票だ
若者よ選挙に行こう

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (3)

若者の大半が支持している自民党に「いきほひ」がある!

2019年07月09日 | 選挙

いくら自民党に不満があっても、今の野党に投票する気にはならない。大方の日本国民はそう思い始めているのではないか。平成24年の衆議院選以降、安倍自民党は国政選挙で4回も勝利を収めてきた。いくら自民党が政権の座に長くあったとはいえ、普通であれば、一回くらいは取りこぼしがあるものだ。今回の参議院選挙で憲法改正が選挙の争点となっているのは、参議院で3分の2を獲得できる可能性がまだ残っているからだ▼政治学者の丸山真男は『歴史意識の「古層」』において「つぎつぎになりゆくいきほひ」という日本人の特徴を指摘した。倫理とか思惑とかが通用しない「いきほひ」を問題にしたのである。丸山とて「支配的な旋律」としては、日本にもたらされた大陸渡来の儒・仏・老荘などや、維新以降の西洋世界からの輸入思想であったことを認めている。しかし、日本人の古層の歴史意識が「ときには、ほとんどわれわれの意識をこえて、旋律全体のひびきを『日本的』に変容させてしまうのである」との見方を示したのだ▼20代の自民党支持率は7割に達しているのに対して、不支持が多いのは60代だといわれる。「いきほひ」を代弁するのは若者であり、それに抗するのは高齢者という図式は、いつの時代にもあてはまる。「いきほひ」は自民党に味方しているわけだから、これからラストスパートをかければ、大きな流れができるのではないだろうか。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (4)

安倍首相の韓国への制裁が参議院選挙の与党の追い風に!

2019年07月08日 | 選挙

安倍首相は韓国に関して、半導体材料の輸出管理を強化し、ホワイト国からも除外した。そこまでされると思っていなかった韓国は大慌てである。これに異議を唱える立憲民主や共産などの野党は、国民から総スカンであり、参議院選挙で惨敗することになるだろう▼あくまでも今回の制裁は、応募工判決をめぐってではなく、韓国が北朝鮮やイランに半導体材料を横流ししていた疑いがあるからだ。我が国が国際社会から批判されるいわれはなく、いくら韓国がWTOに提訴しても無駄なのである。北朝鮮やイランにおいて、大量破壊兵器につくるのに使用されていたとしたら、大問題ではないだろうか。韓国に媚びることしか念頭にない野党は、日本国民の命などどうでもよいのである▼当初は消費増税や年金が争点となるとみられていたが、ここにきて我が国の韓国への対応がクローズアップされてきた。これまでの韓国の仕打ちに対して、日本国民は怒り心頭に発している。国家として反撃に転じた安倍首相の勇気を多くの日本国民が支持している。東アジアは混迷を深めているだけに、我が国は国家として身構えることが求められているのである。平和ボケしていた日本国民の意識も変わりつつある。憲法改正を一日も早く実現するためにも、是が非でも参議院選挙で与党を圧勝させなくてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (3)