草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

花角氏の新潟知事選の勝利は佐渡市の票のおかげだ!

2018年06月11日 | 選挙

新潟知事選で花角英世氏が当選を果たした。これによって国政に影響が出ることはなくなった。特定野党と「アベガ―」の活動家が総力戦で臨んだにもかかわらず、一敗地にまみれたのである。今回とくに印象に残ったのは、花角氏が生まれた佐渡市の票である。新潟市でも予想以上に得票したが、それがなければどうなっていたか分からない。接戦を制したのは佐渡市民のおかげなのである▼安倍総理が必死に舵取りをしている日本丸は、荒波の中を航海している。目指す目的地に着けるかどうかは、ここ一、二年が勝負である。野党系が当選すれば、必ずや政局は混迷することになっただろう。そうでなくても、特定野党やマスコミは安倍総理の足ばかり引っ張っている▼新潟県は田中角栄の流れをくむ保守派が、公然と今の自民党に反旗を翻している。保守が分断されてしまっているのだ。それだけに自民党は劣勢に立たされてきた。そこに原発の問題である。与党系が惨敗しても不思議ではなかった。花角氏でなければ勝つのは難しかったと思う。佐渡市の票もあてにできなかっただろう。新潟県内の各市町村の票を見ながら、危うい選挙であったことを痛感した。事前の世論調査の結果などからは、若者が花角氏に投票することは予想されたが、それだけでは当選はおぼつかなかった。今はただ佐渡市民に感謝したい。我が国が救ってくれたのだから。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング


コメント (1)

新潟県知事選挙の勝利で「アベガーズ」に止めを刺そう!

2018年06月09日 | 選挙

いよいよ明日は新潟県知事選挙の投開票。断じて特定野党が応援する候補を勝たせてはならない。彼らは安倍内閣を倒すための突破口として位置付けている。共産党を含めた特定野党のトップが勢ぞろいするのは異様な光景である。新潟県民のことなどこれっぽっちも考えていないのだ▼ネットでは「北朝鮮が、工作に協力した日本人のリストを公表するぞ」と脅しをかけていると話題になっている。百田尚樹氏もそのことに言及している。新潟知事選挙で「アベガーズ」が必死なのは、それもあるのだろうか。人を動かすのは酒、金、女だといわれる。北朝鮮の協力者もいつかバレる。しこたま金を与えたのに、効果がなかったとなれば、快くは思われないのである。北朝鮮ゲートとして、近い将来大騒ぎすることになるに違いない▼選挙の方は大接戦だとみられているが、新潟の活性化を実現するには、自民、公明が支持する花角候補しかいない。新潟県民ではなくても、知り合いが住んでいるはずだ。電話をかけて一票、一票もぎ取ろうではないか。国難を乗り切るためには、まずは安倍内閣を盤石にしなくてはならない。北朝鮮の走狗と化した者たちに負けるようなことがあってはならない。自民党内での反安倍の動きも活発になってきている。今回の選挙結果によっては政局の流れは大きく変わってくる。最後の最後まで気を抜くことはできないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング


コメント

今の日本にとって何が大事か示した石垣市長選の結果!

2018年03月12日 | 選挙

森友学園をめぐる文書書き換えで政治が混迷するなか、石垣市長選挙で、自衛隊の誘致に賛成する現職の中山よしたは市長が三選を果たした。日本の最前線の島として、安全保障上の脅威を痛感しているからこそ、石垣市民は賢明な選択をしたのである▼日本のマスコミや野党は、安倍首相のスキャンダルの追及に躍起になっている。刑法上の問題はまったくないにもかかわらず、印象捜査だけで安倍内閣を打倒したいのである。森友学園と近畿財務局との間で価格交渉が行われていたことを、財務省の佐川宣寿前理財局長が国会で否定したために、辻褄が合わなくなって処理された疑いがある。近畿財務局のずさんな対応と、瑕疵を認めまいとするエリート官庁の驕りがあったのではないだろうか。いくらそれが発覚したとしても、安倍首相に嫌疑が及びことは考えられない▼自民党は政権与党としての責任からも、財務省の解体的出直しに着手するとともに、戦後教育の影響下にある官僚たちの意識改革に取り組むべきだろ。忠誠心なき者達が国家の中枢を担うというのは、混乱を引き起こすだけである▼一般の日本国民は、今何が大切かを知っている。政争にうつつを抜かしているときではないからだ。その点からも今回の石垣市長選での自公維新推薦の中山市長の勝利は、祖国日本を守り抜く決意の表明なのであり、私たちもその後に続くべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

陸自の配備進めるために石垣市長選では現職中山氏を!

2018年03月05日 | 選挙

沖縄県の石垣市長選が俄然話題になってきているが、現職の中山義隆氏が敗れるようなことになれば、喜ぶのは中共である。元自民党の県議が出馬したことで、保守分裂選挙になっており、陸上自衛隊の配備反対を主張する候補者が当選する可能性も出て来た▼中共と国境を接している最前線の石垣島は、日本防衛の戦略的な拠点である。石垣港には尖閣諸島周辺で警備にあたる海上保安庁の巡視船の碇泊地でもある。すでに海上保安庁は限界を超えており、覇権国家である中共は、尖閣諸島ばかりでなく、沖縄全体を自分たちの領土にしようとしている▼中共の侵略を阻止するための、陸上自衛隊の配備は、沖縄県にとっても死活問題なのである。あくまでも離島防衛に限定したものであり、規模も350人といわれている。それすらもできないのであれば、我が国はチベットやウイグルの道を歩むしかなくなる▼保守系というのは、公共事業などをめぐって必ず不満が出てくる。そこに手を突っ込んでくる勢力はどこにでもいる。民主主義国家は選挙が絶対である。そこで勝たなければ先に進むことができない。3月11日投開票の選挙結果を祈るような思いで見守るしかないが、今はただ石垣市民の良識を信じたい。我が祖国日本を守り抜くためにも、何が何でも中山氏を勝たせなくてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

安倍自民党を大勝させたのはネットと若者の力だ!

2017年10月23日 | 選挙

今回の総選挙はネットと若者が安倍自民党を押し上げた歴史的な総選挙であった。当初は単独過半数を維持するのが精一杯と思われていたが、実際は単独で280を超える大勝であった。あれだけテレビを通じて、安倍総理に対するネガティブキャンペーンが行われたにもかかわらず、日本国民の多くは安倍自民党に投票したのである。しかも、その中心はネットを利用する若者であった▼マスコミは民進党内左派の立憲民主党を大々的にバックアップして一大ブームをつくろうとしたが、それはあえなく潰えた。いよいよ憲法改正の論議に拍車がかかることになるだろう。民進党が右派と左派とに分裂したのは日本の政治にとってよかった。安倍総理は落としどころを考えており、公明党や希望の党、日本維新の会との話し合いを進めることになるだろう▼時代は変わったのである。劣化したマスコミの言いなりになるほど、日本国民は愚かではない。5年ほど前までは、ネットの影響力はごく限られていたが、今はまったく違う。単なる嫌がらせでしかない「モリカケ」がフェイクニュースであることを、早い段階から見抜いていたのである。北朝鮮の脅威も、切迫したものであることを理解していた。選挙最終日に秋葉原で示された、日本を守り抜こうとするエネルギーの爆発は、日本国民の危機感の表れであった。安倍自民党が大勝したことで、朝鮮半島有事に備えて、日本は国家として身構えることになったのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント (2)

若者は棄権せずに投票しよう!

2017年10月22日 | 選挙

昨日の秋葉原での盛り上がりは自然発生的なものであった。ネットを通じて怒れる日本国民が結集したのである。今日が投開票の総選挙の結果がどうなるかは予断を許さないが、安倍自民党が単独で過半数を制することができれば、一応は目標を達成したことになる▼安倍内閣に対して加えられるマスコミの誹謗中傷を跳ねのけて、それだけの議席を獲得するというのは、昔であれば絶対に考えられなかった。ネットが普及して、マスコミのフェイク報道が暴露されることによって、日本国民の意識も変わってきたのである▼情報の非対称性とはよくいったものである。テレビしか見なければ、ワイドショーのフェイク報道に騙されてしまう。様々な情報が飛び交うネットを利用すれば、嘘か真かを検証することが可能なのである。10代から30代までの若者が圧倒的に自民党支持である。彼らはネットが中心である。テレビが中心の60代以上とは生活スタイルが異なるのである▼シールズを若者の代表であるかのようにNHKや朝日新聞は大々的に報道したが、若者の多くは、その背後に共産党がいることをすぐに見抜いた。共産党系の全労連の車を使用していたのを、ネットが暴いたからである。不甲斐ない団塊の世代は、日教組から受けた教育によって、思考停止状態に陥っている。これに対して若い世代は日本を取り戻そうとしているのである。それとは別な考えの若者もいるとは思うが、まずは自分たちの意見を反映させるために、投票所に足を運ぶべきだろう。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント (1)

未曽有の危機に対処するためにも安倍一強の政治を!

2017年10月21日 | 選挙

日本は今未曽有の危機に瀕している。政治が混乱している場合ではないのである。安倍一強を批判する人たちがいるが、それは間違っている。安倍自民党に権限を集中し、超法規的な処置を含めて託す以外にない。有事が迫っていることを私たちは肝に銘じるべきだろう。烏合の衆でしかない希望の党や立憲民主党は問題外である▼高山岩男は『教育哲学』において、危機的な状況下で、どのように対処すべきかを提言している。「事態が一刻の猶予も遅延も許さぬという急迫した場合、あるいはこのような状況が続くことが予想される場合にあっては、平常時の民主政治的方法は役には立たず、その限界に直面するのである。この方法では国家も死に至り、民主政体も何もなくなってしまう危険性がある。このような急迫した重大事態に際しては、どうしても平時の民主政治的方法とは違った別個の方法を臨時採用する以外に手はない。非常緊急の切迫した切り抜ける方法、このような事態に対応して効果を発揮する方法―これを工夫し実行した古典的模範例は、政治的天才ローマ人が共和制時代に採用したディクタトールの制度、すなわち『独裁官』の制度である」▼内乱とか戦争とかに突入すれば、平常時のやり方では通用しない。特定の個人や党派に権限を集中させて、国難を突破するしか手はない。もちろん、それは一時的なものであって、決して恒久的であってはならない。今回の総選挙で安倍内閣が圧勝すれば、日本は国家として身構えることができる。一票でも多く自民党へなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

立憲民主党代表の枝野幸男は原発事故のA級戦犯だ!

2017年10月20日 | 選挙

マスコミはあのときも報道しない自由を駆使した。2011年の東京電力福島第一原発事故のときに、枝野幸男がやったことを、今も福島県民は忘れてはいない。重要なことを一切伝えなかった。しなくてもいい被ばくをさせた張本人である▼官房長官であった枝野は何度もテレビに出演して「ただちには影響がありません」を繰り返し述べたのではなかったか。まったく情報が入ってこなかった福島県民は、何を信用してよいかわからなかった。とくに、浜通りや中通りの人たちは、逃げ惑うしかなかったのである。スピーディを隠蔽し、もっとも危険だったときに、福島県民はそのまま放置されたのである。民主党政権であったことで、後手後手に回ってしまったのだ▼自分たちが野党になったならば、まるで責任がなかったかのような口ぶりである。あのとき政権の中枢にいた者たちは、責任を取って政治家を辞めるのが筋ではないか。それが何と今ではスター扱いである。立憲民主党が今回の選挙で議席を伸ばすなどということは、絶対にあってはならない。菅内閣の有力な閣僚が勢ぞろいではないか▼偏向報道をするマスコミに騙されてはならない。明後日の投票日には自民党以外に選択肢はないのである。もう一度私たちは思い起こすべきだろう。原発事故で枝野が何をしたかを。当時の民主党政権は福島県民の命を虫けらのようにしか考えていなかったのだから。「まっとうな政治」とはよく言ったものである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

今回の総選挙で日本を貶める勢力を一掃すべきだ!

2017年10月20日 | 選挙

日本が国家として一歩踏み出すのが来る22日の総選挙の投票日である。是が非でも改憲勢力で3分の2を確保しなければならない▼林房雄が『大東亜戦争肯定論』で仏教の言葉である「入山」と「出山」に言及していた。「人に道を説くためには、まず山に入って仏に問い、おのれ自身に問う時間と修業が必要である。シャカもツァラトゥストラも『出山』して教えを説くまでには、長い『入山』の期間をもった。民族にも『入山』が必要なのだ。日本民族はいましばらく歴史の舞台から退き、『入山』して天に問い、おのれ自身と対話する資格と権利がある。あわてることはない。再び山を下る時が10年後であるか20年後であるか、それは知らぬ。今は熟慮の時だ。自己充実の時だ」▼『大東亜戦争肯定論』の初版上巻は昭和39年、下巻は昭和40年に世に出た。あれから50年以上の歳月が経過し、ようやく安倍内閣のもとで日本を取り戻しつつあるのだ。私たち日本人が山を下る時が到来したのだ。今回の総選挙で問われているのは、外国勢力の手先になるのではなく、日本派の政治家であるかどうかである。戦後の長きにわたって否定されてきた日本の歴史を、私たち一人一人が思い起こさなければならないのである。東京裁判史観の呪縛に囚われて、日本を貶める勢力を一掃しなければならない。今回の一票は百年に一度あるかないかの、それこそ重要な一票なのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

選挙妨害を容認する朝日新聞は「赤旗」と一緒だ!

2017年10月19日 | 選挙

昨夜の安倍総理の池袋での演説でも、予想した通り妨害する者たちがいた。朝日新聞が後押しするから、そんなことになるのである。相手の言論を封じるというのは、共産党とナチスがやってきたことである。黙って相手の意見を聞くことができないのが、全体主義者の特徴なのである▼嫌がらせがあまりにも酷すぎるので、安倍支持派もプラカードを掲げて対抗処置に出た。テレビ朝日やTBSの偏向を批判する文言には笑ってしまった。安倍総理に怒りの声を上げているのが国民の多くであるかのような印象操作を、もはやテレビ局はできなくなったからだ。彼らが騒ぎ出すと、囲むようにしてそのプラカードを差し出すのである▼朝日新聞は共産党の機関紙の「赤旗」と大差がない。言論戦において追い詰められているので、暴力すらも認める論調になっているのである。審判が下る22日になれば、国民の民意は示されるのである。今のままではその結果すら容認しないのではないだろうか▼暴力的な相手に反撃をすれば同類になってしまう。公職選挙法にのっとれば、明らかに違反なわけだから、警察が取り締まるべきなのである。組織的な選挙妨害が公然と行われるのは異常である。それを肯定する朝日新聞は何を根拠にしているのだろう。自分たちが論破されるのが癪にさわるのだろう。天下の朝日新聞も地に落ちたものである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント