草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

菅政権擁護に必死なテレビ朝日と朝日新聞を嗤う!

2011年05月31日 | マスコミ評

 久しぶりにテレビを見たらば、ワイドショーに出演したコメンテーターの発言に唖然としてしまった。テレビ朝日であったから、そんなものかとも思ったが、あまりにも酷すぎる。スピーディなどの情報を隠し、福島県民を被曝させた責任を不問にして、菅直人首相を支持するかのようなことをヘラヘラ喋っていたからだ。菅首相や枝野幸男官房長官によって、福島県がどんなことになっているのか、考えたことがあるのだろうか。枝野官房長官の「ただちに健康に影響がありません」という言葉を信じて、福島県民の多くが、避難するタイミングを逸してしまったのである。さらに、もう一つ驚いたのは、asahi.comで流れた記事だ。フジテレビあたりの世論調査で、枝野官房長が次の総理候補のトップになったのを受けて、ここぞとばかりヨイショとしていたからだ。ふざけるにも限度がある。SPがいなければ、安心して歩けないくほど国民から恨まれている人間が、総理になれるわけがない。テレビによく出ているせいで、顔を覚えてもらっただけなのに、わざわざ取り上げるのはどうかしている。民主党政権の一員であれば、大目に見ようというのが見え見えだ。こんなことだから、テレビ朝日と朝日新聞は、国民から信用されないのである。

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (3)

被曝した国民を見殺しにしないために不信任案の可決を!

2011年05月31日 | 政局

 時には悪魔とも手を結ぶしかないのが政治家ではなかろうか。そうした冷めた心がなければ、局面の打開は難しいからだ。菅内閣への不信任案をめぐっては、自民党が民主党内の小沢派と組むことについて、批判があることもぎゅうぎゅう承知している。しかし、ここで勝負に出なければ、西岡武夫参議院議長ではないが、日本はとんでもないことになってしまう。思い通りにならないと、ヒステリーを起こし、喚きたてるような人間に、国民の命を託すわけにはいかないからだ。さらに、原発事故による悲惨な状況から脱却するには、まともな政治家が政権の一翼を担う必要がある。マックス・ウエーバーが主張するように、政治とは「国家相互の間であれ、国家内部においてであれ、権力の分け前にあずかり、権力の配分関係に影響を及ぼそうとする努力」(『職業としての政治』・脇圭平訳)であるならば、対小沢のことで、一時的に矛を収めることもやむをえない。キレイごとだけでは、国民は救われない。今権力を手にしなければ、放射能汚染地域からの住民の避難も進まないし、子供たちを守るための方策も絶望的だ。菅首相を退陣に追い込むことが悪であるかのように言い立てるのは、被曝した者の気持ちを理解していないからだろう。内閣不信任案が可決されるかどうかに、日本の命運がかかっているのである。  

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

菅首相に会津の起き上がり小法師は似合わない

2011年05月30日 | 政局

 ネットの産経ニュースで知ってビックリしたが、よりによって菅直人首相が、起き上がり小法師を持ち歩くのだけは、ありがた迷惑だ。福島第一原発の事故で、不安のどん底に突き落とした張本人のくせに、会津の民芸品を見せびらかすだけで、福島県民をおとなしくさせられると思ったらば、お門違いもはなはだしい。起き上がり小法師は、初市に家族の数よりも一つ余計に購入するのが、会津の風習である。家族が一人増えることは、大きな喜びであるからだ。しかし、今、福島県で起きていることはどうだろう。福島第一原発の周辺からは人影が消え、そうした無人地帯がどんどん広がっている。そこから50キロ以上も離れた福島市や郡山市でも、子供たちがいなくなっており、かつてのような活気が失われてきている。職場があるために、父親だけが残って、母親と子供が県外に引っ越すという家庭が続出している。家族そろって、夕餉の食卓を囲む光景は、もはや過去のことになりつつあるのだ。あのニヤニヤした顔でいくら媚を売られても、福島県民は嬉しくも何ともない。それよりも、菅首相には、さっさと退陣して欲しいのである。民主党政権に嘘をつかれて、被曝してしまった者たちの怒りは、当然のように菅首相に向いているのであり、堪忍袋の緒はとっくに切れているわけだから。

  人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (2)

官僚に丸投げする民主党政権のお粗末な原発事故調査委員会

2011年05月30日 | 災害

 冗談にもほどがあるのが、民主党政権が発足させる福島第一原子力発電所の事故調査・検証委員会なるものだ。法務省の検察官や省庁関係者がメンバーだというのだから、人を食った話である。検察官というと正義の味方のように感じるが、最近やったことといえば、民主党政権の不始末を隠蔽するのに手を貸しただけではなかろうか。そんなことをするよりも、週刊現代や週刊ポストが今週号で取り上げているような疑問に、正直に答えることが先決だろう。3月12日の朝、福島第一原発を菅首相が視察するにあたって、スピーディの情報が利用されていたという疑惑が、国民が一番知りたいことである。さらに、1号機への海水注入を中断させようとした菅首相の振る舞いは、本当に常軌を逸していたかどうかも、国民の前に明らかにすべきだろう。自分たちの不手際を表ざたにしないために、官僚を使って調査した振りをするというのは、どこまで国民を愚弄すれば気がすむのだろう。しかし、大新聞やテレビは民主党政権や東京電力に媚びへつらっても、一部の週刊誌は大胆に切り込んでいるし、ネットのブログでは、菅政権を不信任に追い込むべきだという意見が、大勢を占めている。谷垣自民党は、まずは党首討論で菅首相の不手際を徹底的に追及し、完膚なきまでに叩きのめすべきだろう。

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (2)

今こそ自民党は闘争心をむき出しにして政権を奪還せよ!

2011年05月30日 | 政局

 菅政権は死に体であるのに、もう一つ自民党は攻め切れないようだ。民主党内の造反を期待しているだけでは、相手を追い詰めることは難しい。やはり、谷垣禎一総裁が闘争心をむき出しにして、正面から激突する以外にないのである。そして、小泉純一郎元首相が言及したように、今回の福島第一原発の事故については、まずはこれまでのエネルギー政策の過ちを認めることが大切だ。これだけ甚大な被害が出ているわけだから、居直ることは許されない。それでいて、野党としての責務も果たすべきだろう。国民の命を軽んじる今の政治は、一日も早く終わらせる必要があるからだ。事態は刻々と深刻化している。枝野幸男官房長官が、大丈夫だといっていたことは真っ赤な嘘であったのだ。昨日も福島市にいる友人から電話があり、「どれだけ被曝しているか検討がつかない」と嘆いていた。国民の風当たりが強まったせいか、ようやく国も重い腰を上げて、学校の校庭の土砂を削ったりすることを奨励しているようだが、そんなことで子供の命が守れるのだろうか。放射能の高濃度汚染地帯である福島県は、見捨てられてしまったような気がしてならない。そうさせないためにも、自民党には不退転の覚悟で頑張ってもらうしかない。昨日の水戸市長選挙で自民系が勝利したように、国民の多くは菅内閣打倒を望んでいるわけだから。  

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (5)

菅内閣打倒なくして国民の命は守れない!

2011年05月29日 | 政局

 右も左も一致して菅政権を打倒すべきだろう。それは福島県民の切実な願いでもある。真実を隠蔽し、騙まし討ちをするようにして被曝させた政権を、どうして福島県民が信任できよう。モルモット扱いにする者たちを一掃しなければ、命を守ることなどできるわけがない。自民党が提出する内閣不信任案に対して、共産党が賛成すると聞いて、今この国が非常事態であることを痛感した。本来手を組むことがない者たちまでもが、一緒になって、菅政権にレッドカードを突きつけようとしているのだ。私たちは、一人ひとりの衆議院議員の投票行動を注視しようではないか。誰が国民の側に立ち、誰が国民を裏切るかがはっきりするからだ。原発を容認していたかどうかも問題ではあるが、ことここにいたっては、子供たちを死に追いやる政治を認めるかどうかだ。嘘か本当かは知らないが、線量計を日本国内に入れないように、税関でストップしているという話もある。それすらもやりかねないと思えるほどに、菅政権への不信は高まっているのだ。ここで不信任案が否決され、菅首相が高笑いをするような事態になれば、日本はもうおしまいである。そんなことになれば、残された選択肢は実力行使だけになってしまう。注目すべきは、どれだけの民主党代議士が賛成票を投じるかだ。  

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (5)

学校給食による内部被曝を最小限に抑えるべきだ!

2011年05月29日 | 医学

 子供たちの命を守ることを最優先すべきだ。地産地消にこだわるあまり、放射能に汚染された食べ物によって、内部被曝が拡大するのだけは阻止すべきだろう。茨城県の鹿嶋市が、学校給食に県内の食材を使用していないことが明らかになった。主に関西や四国の食材を使用しているのだという。それについては、賛否両論があるだろうが、勇気ある決定ではなかろうか。福島第一原発の放射能物質による汚染は、あまりにも深刻である。その影響を考えれば、何よりも先に考えなければならないのは、子供たちのことだ。学校給食について、どうして福島県では問題にならないのだろう。暫定的に決まっただけの基準値をオーバーしなければ、安全だといえるのだろうか。摂取制限が出たことのある野菜を食べさせても、健康に害がないのだろうか。さらに、注意しなくてならないのは、中途半端なことでは、かえって損害賠償を東京電力や国に請求するにあたって、ネックになることだ。福島県産の農産物全てについて、補償してもらった方が得策なのに、品目を限定されることで、損をするのは生産者ではないか。今後、内部被曝の検査が進むにつれて、学校給食が原因であったことにでもなれば、それもまた訴訟の対象になりかねない。福島県も各市町村も、今何をすべきかの優先順位を間違うべきではないだろう。  

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

荒みたる心の迷い 5首

2011年05月28日 | 短歌

  いささかの悔い残りたる青春の忘れえぬ人いくたりありや   

  いつまでも会津の野にてわび住まい時の移ろいさみしさの果て   

  いまもなお革命歌を口にせしさみしき老いを嘲りており   

  荒みたるこの世にありて憤り人の子ゆえに涙し流る  

  しみじみと会津の心思いたり滅びしことも正義なりせば  

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

実害と風評被害を混同させ賠償も口先だけの民主党政権

2011年05月28日 | 災害

 またまた嗤ってしまったのは、風評被害の定義である。民主党政権の「原子力損害賠償紛争審査会」が作成した指針によると、風評被害で賠償するのは、政府や自治体の出荷制限や自粛要請で損害を受けた農家や漁業者だそうだ。言葉の使い方が違っていないだろうか。ホウレンソウなどの出荷制限や自粛要請が出された段階で、それは実害ではなかろうか。どうしてそれを風評被害と言うのだろうか。風評被害というのは、根拠のない原因、結果によって引き起こされるわけだから、今回のように福島第一原発によってもたらされたものであれば、明らかにそれは実害だ。放射能物質が拡散し、それで野菜などが汚染されたのであり、いかに暫定基準値ではあっても、それをオーバーしたために、市場に出せなかったのである。風評被害というのは、そうではないはずだ。福島県西部の会津地方や、栃木県の那須などのように、観光地であるにもかかわらず、根も葉もない噂のせいで、観光客がガタ減りになったような地域が、東京電力や国を訴えるのが風評被害なのである。民主党政権は、できるだけ責任をとりたくないという意向が働いているせいか、できれば門前払いをしようという思惑が見え隠れする。会津に住む者にとっては、今の段階では風評被害で訴訟を起こすことになるが、事態が深刻になれば、次のステージに進むのはあたりまえで、二段構えで準備すべきだろう。

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント   トラックバック (1)

政治を刷新して国民の命と暮らしを守るべきだ!

2011年05月28日 | 政局

 いよいよ菅政権を打倒するときが到来した。東日本大震災への対応のまずさは、同じ民主党の小沢一郎にまで批判されており。このまま総理の座にとどまることは、さらなる悲劇をもたらすだけだ。今もっとも注目されるのは、内閣不信任案に民主党内からどれだけ造反者が出るかだ。解散を恐れるあまり、それを否決する票を投じれば、その民主党議員は国民を敵に回すことになるだろう。国民は菅政権の情報隠蔽と嘘に怒っており、いくら枝野官房長官が記者会見を行うとも、ほとんどが眉唾物だと思っている。また、ここで自民党の詰めが甘くて、その不信任案が否決されることになれば、国民は絶望的な気持ちになって、実力行使をせざるを得なくなるだろう。議会制民主主義の根幹が問われかねない。石川啄木に「ココアの一匙」という詩がある。「奪はれたる言葉のかはりに/おこなひをもて語らんとする心を」というのは、デスペレートなテロリストの心情である。原発事故はもはや制御不能な状態である。福島県は放射能汚染地帯として、全世界に知られるまでになってしまった。テロリストの出番をつくらないためにも、すぐにでも政権交代を実現しなければならない。この国の危機は深刻なわけだから。  

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします 

コメント