草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

「不平をもった言論人」のフェイク報道を甘く見てはならない!

2017年07月31日 | マスコミ評

フェイク報道であっても、それを甘く見てはならない。今回の森友、加計の騒動は、それを私たちに教えてくれる。事実がどうあろうとも、そんなことよりも、言論戦で勝つか負けるかなのである。朝日やNHKなどのマスコミに対して、保守派の言論の力が試されているのである。深刻な事態になっているのは、保守派の言論人がまだまだ力不足であるのを物語っている▼エリック・ホッファーの『大衆運動』(高根正昭訳)では、その点を鋭く指摘している。「大衆運動は、ふつう支配的な秩序が信用を失うまでは発生しないものである。信用の失墜とは、権力の座にある人びとが大失敗をしでかしたり、悪弊をもっているために自動的に生じるのではなくて、不平をもった言論人の計画的な仕事の結果として生じるのである」▼ホッファーは現実を直視するのである。いかに体制派が無能であろうとも、言論活動が活発に行わなければ、なかなか権力の座は崩壊しないのである。マスコミは自分たちの嘘に気付いており、国民を煽る手段として森友や加計を利用したのである▼ネットによって事情は変わりつつあるとはいえ、嘘も本当になるマスコミの恐ろしさを無視してはならない。保守派の言論人が踏ん張るべきだろう。大学を過激派が支配していた時代であろうとも、林健太郎のように、それに対抗した保守派の教授たちはいた。勇気ある言論人の言葉が日本を安定させるのである。今こそ保守派の言論人が臆せずに論陣を張るべきときなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

核ミサイルの脅威に日本人は能天気であってはならない!

2017年07月31日 | 安全保障

「あらゆる大事件は不意に訪れるというが、これは真実かも知れない」(『安息日の前に』中本義彦訳)と述べたのは、エリック・ホッファーであった。その言葉がなぜか気になってならない。中共や北朝鮮の軍事的脅威が強まっているにもかかわらず、多くの日本人は能天気である。ありふれた日常性がこれからも続くと信じている。だからこそ、くだらない加計学園の問題で大騒ぎをするのである▼現実は甘くはない。日本人の頭の上でいつ核爆弾が破裂しても不思議ではないのである。北朝鮮の核ミサイルが東京に着弾すれば、都民の大半が一瞬にしてこの世から消えるのだ。中共は日本を攻撃するためために300基の核ミサイルを配備している。北朝鮮は日本を射程に入れたノドンやスカッドクラスのミサイルが200基以上で、そのうちの何発かには核兵器が搭載されている▼それに対抗すべき日本の現状は、あまりにも無防備に近い。ようやくシェルターの必要性が叫ばれるようになった段階である。もはや平和憲法なる理想を振りかざして、諸国民の公正と信義に信頼する時代ではなくなった。ある日突然の緊急事態に備えて、政治は最善を尽くさなければならない。歴史を紐解いてみると、予測された戦争などはなかったのであり、「あらゆる大事件は不意に訪れる」というのは真実を語っており、もはや能天気ではいられないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

前川喜平を信用する大衆は知と情と意のバランスを失っている!

2017年07月30日 | 思想家

長谷川三千子は『民主主義とは何なのか』において、大衆のエネルギーの爆発という点では、革命も戦争も一緒であることを指摘している。大衆の非合理性について長谷川は着目したのだった▼「ふつうの一人一人の生活においては、知と情と意がほどほどのバランスをとって生きているはずの人間たちが、『大衆』となった瞬間にそのバランスを完全に失って、『情』のみ、あるいは『意』のみにつき動かされて走り出す―その意味においては、それは確かにトクヴィルの言うとおり『精神の病理』と呼ぶほかはない現象であった」▼常識的な人間からすれば、加計学園の問題は、マスコミのフェイク報道が引き起こした騒動でしかない。嘘吐きの前川喜平を信用する人が多いという世論調査の結果は、日本人が精神的に病んでいるからだろう。抑制が効かなくなった民主主義の末路は全体主義である。それに対抗するには、長谷川が主張する理性の復権しかない▼「理性とは大声で語ることの内にあるのではない。本当の理性は『よく聞く』ことの内にある。自己を無にし、空にして他者の声を聞き、森羅万象の声を聞くこと―それこそが理性の働きの基本なのである」。長谷川が述べているように「民主主義の洪水」によって、日本という国家が破壊されようとしているのであり、日本人が理性的に対処できなければ、日本は滅びるしかないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

マスコミの単純な勧善懲悪に騙されてはならない!

2017年07月29日 | 思想家

マスコミのフェイク報道に惑わされてはならない。安倍首相が絶対であるわけではない。当然のごとく不満はある。それでも安倍首相を支持するのは、韓国のような混乱が起きることは、日本に悲劇しかもたらさないからだ。情報弱者の女性や老人の多くがかなり毒されている。マスコミの主張そのままに、問答無用な言い方をする。それは自らの人間としての自由を縛ることである▼左右の全体主義に屈することがなかった実存哲学者ヤスパースは、その名著『哲学十二講』(草薙正夫訳)のなかで、独善的な人間は真理を手にできないことを、明解に書いている▼「私共は自分で考えることによって真理に到達するのでありますが、しかしそれは私共があらゆる他の人々の立場に立って考えてみるという努力をたえず続ける場合においてのみいわれることなのです。私共は人間にとって可能であることを学ばねばなりません。たとえ他人の思想を拒むにしても、他の人が考えたことを真剣になって考えてみることによって、自己自身の真理の可能性の領域が拡がるのであります」▼一時的な感情に駆られて行動する者たちは、その先に何があるか考えたことがないのだろうか。これ以上の混沌は許されない。日本人同士で争っているときではないのである。日本を取り巻く国際情勢は緊迫の度を加えている。単純なプロパガンダに振り回されてはならない。違った意見にも耳を傾けるべきだろう。偏見は害毒しかもたらさないのだから。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

日本の政治の最優先課題は北朝鮮の弾道ミサイルの脅威だ!

2017年07月29日 | 安全保障

加計学園の獣医学部新設をめぐって、忖度があったかどうかで騒いでいるときではない。北朝鮮は昨日午後11時42分、弾道ミサイルを発射して、北海道西方の日本海に着弾させた。およそ45分間飛行したとみられており、またもや日本の排他的経済水域内である。高度は3500キロを超えたといわれており、ICBMであることはほぼ確実である。アメリカ西海岸のロサンゼルスも射程圏内に入ったといわれる▼北朝鮮は着々と弾道ミサイルと核兵器の開発を進めており、もはやアメリカ本土を核搭載ICBMで直接狙うまでになってきている。トランプ大統領が北朝鮮をこのまま放置すれば、それこそアメリカの安全が脅かされる事態になったのだ。日本にとってもそれはかってない危機である。「東京を火の海にする」とか金正恩は公言しているが、ICBMではなくても、スカッドやノドンを使用すれば、たった今でもそれは可能なのである▼日本とアメリカに残された時間は限られている。何度でもいう。座して死を待つことはできないのである。やられる前にやるしかないとの決断から、アメリカが軍事的なオプションを選択した場合には、日本も他人事ではいられない。加計学園などよりも、安全保障について国会の閉会中審査を開くべきである。それをやらずにマスコミや野党が安倍首相を引きずり下ろすことを優先させるのは、あまりにも常軌を逸している。現実に日本人の生命が脅かされているのである。最悪の結果にならないためにも、緊急を要するのは、間違っても加計学園の問題ではないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

怯むことなく安倍首相は憲法改正で乾坤一擲の勝負に出るべきだ!

2017年07月28日 | 政局

日本は今重大な危機に直面している。それは北朝鮮のミサイルや中共の軍事的な侵略が迫っているからだけではない。政界、官界、マスコミ界において、とんでもない動きが起きているからだ▼政界では安倍一強であった風向きが変わってきている。自民党内でも、石破茂のように公然と反主流派的な発言をする政治家が出てきた。官界では安倍内閣への官僚たちの反乱は始まっている。マスコミ界で反安倍のキャンペーンが徹底して行われている。そうした異常な事態に国民の側も混乱している▼とくに衝撃的であったのは、役所のメモ程度の文書が外部に流出して、それが安倍内閣攻撃の材料に使われたことだ。文科省の場合は事実との違いが明らかになってきたが、自衛隊の制服組が稲田朋美防衛相を窮地に立たせことは、まさしくクーデターと同じである▼安倍首相はここで弱気になってはならない。かえって攻めに転じるべきだろう。強力な挙国一致内閣を目指すのである。内閣改造で橋下徹、長島昭久らを入閣させ、憲法改正に向けて日本の維新の会、都民ファーストの会とがっちりと手を組むべきなのである。民進党内の保守派にも当然声をかけなくてはならない。一人でも多くの日本を守る政治家が結集しなくてはならない。政党の枠を超えて改憲勢力が結集することでしか、局面を打開することはできないのであり、安倍首相は乾坤一擲の勝負に出るべきなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

蓮舫の代表辞任でアベガーの朝日などが大打撃!

2017年07月27日 | 政局

今日の午後になって蓮舫が民進党の代表を辞めることになった。あれだけ安倍首相をこき下ろす者たちである。蓮舫にだって情け容赦のない仕打ちをするのは分かっていたはずだ。蓮舫は党内で四面楚歌であったのだ。アベガーの朝日などのマスコミにとっては、大打撃になることは確実だ▼内閣支持率をいかに下げても、これが限界である。ネットの反撃にされされる前に、逃げに転じるしかないのである。いかに報道しない自由を駆使しても、もはや挽回するのは難しいのである▼蓮舫の悲劇は、反日国家の傀儡である田原総一朗らのグループに接近したことだ。高野孟の紹介で北京大学に学んだことが政治家としての命取り取りとなった。台湾の大学で学び、自由を求める若者の輪に加わっていれば、事態はまったく変わっていたはずだ▼これからが日本国内の反日勢力の終わりの始まりであり。これは戦争と同じである。日本国内の中共の協力者が次々と暴露されるだろう。当然のごとく、そのなかにはマスコミ関係者も含まれる。間接侵略に国家としてどのように対処するか、まさしくそれが問われているのだ。祖国を売り渡した者たちを、断じて許してはならない。潮目は変わりつるあるのだ。フェイク報道がなぜ行われてきたかも、白日の下にさらされることになるのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント (2)

ネットで人気の青山繁晴がワイドショーに出演しかたっぱしから論破!

2017年07月27日 | マスコミ評

ネットで人気の青山繁晴がフジテレビのワイドショーの直撃LIVE グッディ!」に殴り込みをかけた。テレビの目に余るフェイク報道に、怒り心頭に発していたネット民からは、拍手喝采であった。青山の怒りの発言がネットで次々と拡散されている▼自民党の参議院議員である青山は、民進党の玉木が獣医師会から100万の献金もらっていながら、国会の閉会中審査で加計学園の獣医学部新設の質問に立ったことを厳しく批判した。玉木と同席しながらも、臆せずまくしたてたのである。金をくれた業界の代弁者として国会で追及することは、明らかに斡旋利得の法律に抵触する。安倍首相の忖度があったかどうかよりも、遥かに悪質ではないだろうか▼司会の安藤優子やキャスターの伊藤敦夫あたりは、多勢に無勢でさらし者にしたかったのだろが、青山の方が役者は上だったのである。玉木が守勢に立たされると、安藤は話題を変えて助け船を出した。あまりにも見え見えであった。いくら情報弱者の高齢者であっても、騙されていたことを理解したのではないだろうか▼マスコミ関係者の大半は認められたいだけであり、言論活動も糊口をしのぐ手段でしかない。マックス・ヴェーバーは『職業としての政治』(脇圭平訳)において「人間的に崩れてしまったジャーナリストがたくさんいても驚くに当たらない。驚くべきはむしろそれにもかかわらず、この人たちお間に、立派で本当に純粋な人が―局外者には容易に想像できないほど―たくさんいるという事実の方である」と書いている。青山もまた「立派で本当に純粋な人」なのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

加計ありきと忖度したのは前川で一校決定は獣医師会の要請!

2017年07月26日 | 政局

獣医学部の新設がなぜ加計学園に決まったかについて、24日、25日に衆参で行われた閉会中審査の論戦で明確になってきた▼小野寺五典議員の質問に対して、前川喜平は「安倍総理と友達だから加計だ思った」と答弁をした。前川と接触したとされる和泉洋人総理補佐官は、あくまでも規制改革の意義を説いただけであった。勝手に忖度したのは前川自身なのである。そして、京都産業大学については「具体的ではなかったから」と口を滑らしたのである▼浅田均議員と山本幸三地域創生担当相との質疑では、岩盤規制が文部省告示45号によるものであり、新たな獣医学部の新設は特区でしか認められなかったことが再確認された。しかも、山本地域担当相は「獣医師会から撤回が難しいなら一ヶ所一校にして欲しい」と働きかけがあったので、最終的に加計学園に決定したという経過を明らかにした。京産大学関係者も準備不足を認めており、それこそ一点の曇りもないのである▼にもかかわらず、マスコミや民進党などが騒ぐのは、安倍首相と加計学園の理事長が長年の友人であったことで、行政を捻じ曲げたとの印象操作をしたいからだろう。岩盤規制に賛成していたはずのマスコミは、倒閣のためには手段を選ばなくなっている。私たち国民は冷静に判断しなくてはならない。民主党政権を誕生させたときのような混乱が生じれば、ようやく立ち直りつつある経済も失速し、暗いトンネルの時代に逆戻りしてしまうからだ。二度と過ちは繰り返してはならないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

ワイドショーのフェイク報道に騙されやすいのは60歳以上の女性だ!

2017年07月25日 | マスコミ評

 情報の非対称性という言葉がある。情報がないために損をすることがある。中古車市場などはその典型である。事故車かどうかは見た目ではわからないからである。今の日本の政治の混乱は、ネットを利用しない、60代以上の女性がテレビのワイドショーを鵜呑みにしたからである。それしか情報源がないために、コメンテーターの口から出まかせに影響されて、出会い系バーの前川喜平すら英雄視するのである▼国会の閉会中審査での前川の支離滅裂な弁明と、加戸守行前愛媛県知事の理路整然とした話を比較すれば、誰の目にも一目瞭然である。NHKの国会中継も動画も見ないから、フェイク報道に振り回されるのである。それでも国民の割合からすれば多数派である。ネットを通じて様々な情報に接している若い人たちは、ワイドショーの嘘を見抜いており、各種の世論調査の結果にも反映されている。年代と性別とでまったく違うのである▼中古車一台の購入をめぐってであれば、笑い話ですむだろうが、日本の命運がかかっているのである。私たちは危機感をもってその現実を直視しなくてはならない。ここにきてようやく加戸発言を評価する発言と、コメンテーターから出始めている。それでも流れを変えるまでにはいたっていない。異常な状態かこのまま続けば日本はおしまいである。第二次安倍政権が誕生したことで、ようやく日本は落ち着きを取り戻しつつある。ワイドショーのフェイク報道に騙されてはならないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント