草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

危機を直視せず「冗談の種にする」マスコミを嗤う!

2018年09月24日 | マスコミ評

ネットとマスコミは対立しているが、最終的に軍配はネットに上がるのではないだろうか。現状を追認するだけのマスコミは、危機意識を持ったネットによって、冷笑され、フェイク報道を暴露されているからだ▼清水幾太郎の『現代思想入門』を手に取って、かつては左翼の側がマスコミを厳しく批判してしていたことを、改めて再認識した。清水がブンド全学連の同伴者であった時代であり、昭和34年に出版された、転向する以前の著書である。現代人はマスコミの影響下にあるとの見方を示したのだった▼「日々、新聞やラジオは、購読者や聴取者が直接に接触することを得ない多数の事件のうちから少数の事件を選び出して、これを彼等に示している。彼等の住む環境の構造を作って見せるのである。更に、マス・コミュニケーションは、これ等の事件の意味について一定の解釈を与える」と書いたのだった▼そこで清水はマスコミの限界を指摘した。「この顧客は思想的な方向へ進み出るのを避けようとする無意識的傾向の持主であることを考えれば、資本主義社会のマス・コミュニケーションが私たちの傾向を逆撫ですることは最初から不可能であるか、或は甚だ困難である」述べたのである。あくまでもマスコミは「心理の表面を動揺させる」ことしかできないからだ。差し迫った危機を、それこそ「冗談の種」にしてしまうのである。今は左翼ではなく、ネットの中心である保守の側がそれを問題視しているわけだから、時代は大きく変わったのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

秋葉原での反安倍騒ぎを大々的に報道する偏向マスコミ!

2018年09月20日 | マスコミ評

自民党総裁選最終日の昨日、秋葉原での安倍総理の演説会場でまたもや騒いだ連中がいた。マスコミはそれを大きく取り上げているが、あくまでも「極々一部」のことであった。自民党都連都政対策副委員長の広瀬まきがツィーターで日経LIVEを槍玉に挙げている▼「現地にいたので、この報道には違和感しかない。会場を囲み、殆どの方々は、演説を静かに聞き、演説の合間には拍手と応援の声。遠方にいた極々一部が、騒いで妨害。取材に行って演説が聞こえないなら、移動すれば。敢えて近寄り切り取る姿勢に、強い憤りを覚える」▼反安倍を叫ぶ者たちの近くにカメラとマイクを据え、安倍総理を怒っている国民が多いかのような印象操作をしようとしたのだ。ニコニコ動画で生放送を見ていたが、支援者の拍手と「頑張れ」の声しか聞こえなかった。会場の一部での出来事でしかなかったのだろう。演説会場に押し寄せてそんなことをするというのは、ワイマール体制下のドイツでナチスがやったことと一緒である▼今回はあくまでの自民党総裁選であったが、自分たちが支持しない候補者のところに押しかけて罵詈雑言を浴びせるのは、全体主義者の特徴であり、言論の自由への挑戦である。自分たちと違った立場であっても、それを主張する権利は保障されなくてはならない。こんなことが何度も繰り返されると、それこそ議会制民主主義が根底から崩れることになり、少数派の妨害を大々的に伝えるマスコミのフェイク報道を許してはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

朝日新聞が思いのままに政治を操る時代は終わった!

2018年09月11日 | マスコミ評

朝日新聞が8、9日に実施した世論調査の結果でも、安倍内閣の支持が不支持を上回った。支持政党の支持率でも、自民党の41%にたいして、立憲民主党や国民民主党は、それぞれ5%、1%しかない。「自民党総裁に誰がふさわしいか」という設問でも「安倍さん」39%、「石破さん」27%という数字であった▼多くの国民は安倍自民党を頼りにしているのであり、特定野党にそっぽを向いているのだ。この結果にガッカリしているのは、朝日新聞の関係者だろう。自分たちのペンで安倍内閣を打倒し、安倍総理を退陣に追い込めると思っていたのに、内閣支持率は一時的には下がったものの、以前のように回復してしまったからだ▼ネットがなかった時代には、朝日新聞の報道がフェイクであるかどうかを検証するすべはなかった。ネット社会の到来によって、間違ったことやミスリードをすれば、即座に批判される。かつては朝日新聞が知の権威であった。国民を教え諭すかのような書き方をして、権力的な関係を押し付けてきた。そして、自分たちの意のままに政治を動かせると過信していた。それが音を立てて崩れ落ちており、感動的な場面に私たちは立ち会っているのだ▼なぜ自分たちが孤立しつつあるのか、朝日新聞の関係者が気付かないはずだ。ネットに書き込む普通の人々の賢明さに学ぶべきなのである。今ではもう遅すぎるが。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

劇団の子役に発言させる「池上彰スペシャル」を嗤う!

2018年09月09日 | マスコミ評

地上波テレビの嘘を次々と暴いているのがネットである。去る7日のフジテレビの池上彰スペシャル「池上彰×子供×ニュース痛快疑問」に出演した子どもの正体が暴露され、目下、大炎上中である▼池上の解説を聞いた小学生が「やっぱり日本も自分の考えていることをちゃんと言った方がいいと思います」と安倍総理を批判したが、劇団「ひまわり」の子役であることが判明。あらかじめ台本ができていたのでは、との疑惑が持ち上がっている。ネットの力恐るべしである▼小学生で政治のことを語るのは無理であり、ほとんどの場合は親の影響を受けているのではないだろうか。一般人を装って発言させたとしたら、偏向報道そのものではないか。池上の主張を正当化するためにも、ヤラセが常態化しているのではないだろうか。安倍外交をアメリカ追従と決めつけるのは、トランプと胸襟を開いて話ができるのは、世界で安倍総理くらいしかおらず、日本が独自の外交を展開しているのを認めたくないからだろう。単なる嫌がらせでしかない▼子供に言わせるというのも最悪である。元NHKの職員ということで、やたら本を出し、テレビに引っ張りだこであるが、ここらが限界ではないだろうか。池上ごときに振り回されてはならないのである。子供まで使って世論をリードしようとしても、メッキはすぐに剥げるのだから。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

押し紙がなくなれば朝日新聞の販売部数は3割減に!

2018年09月06日 | マスコミ評

いくら新聞が社会の公器を自称しようとも、押し紙を続けている以上、正論など吐くべきではない。ABC協会の最新のデータによれば、朝日新聞の販売部数は670万部といわれるが、そのうちの約30パーセントが押し紙だといわれる。それだけの新聞が読まれることもなく、古紙に出されているのだ▼折込チラシの料金も、広告料金も、何を基準にして算定しているかといえば、新聞社が公表している販売部数である。それが嘘であるのならば、まさしく詐欺ではないだろうか。そんなことを自分たちがしていて、どうして他人を責めることができるだろう。膿を徹底的に出さなければ、新聞離れはより深刻になるだろう。ホテルなどでタダの朝日新聞や読売新聞などがばらまかれているが、捨てるよりはましだからだろう▼押し紙の分がなくなれば、朝日新聞などは大きなダメージを受けるのは必至だ。部数がガタっと減れば、販売収入や広告代も激減する。経営的に成り立たなくなるのは目に見えている。宅配制度というのがそもそも問題なのである。毎日届けるためにはコストがかかる。それが新聞代にも上乗せされてきた。読みたい新聞を身近なコンビニで買えばいいのである。日々の情報はネットで十分であり、解説や論説が素晴らしければ手に取られるわけで、読者が判別する時代が到来したのだ。それに未だに気づかないのが新聞業界なのである。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (1)

中共に媚びを売るオールドメディアに今こそノンを!

2018年09月01日 | マスコミ評

今こそ勇気をもって発言するときである。オールドメディアに支配された戦後の言論に風穴があきつつある。ネットを通じて真実が明らかになりつつあるからだ。日本が戦争をする国にならなければ平和は維持されるとか、どこの国も日本を攻めてこないとかいう寝惚けた議論は、もはや通用しない。尖閣諸島を自国の領土のようにふるまう中共は、海警の船を中共軍のコントロール下に置いた。尖閣諸島ばかりか、沖縄までも自国の領土として主張している▼最近になって中共国内の人権弾圧も次々とネットで暴露されている。民衆を虫けら同然のように扱う公安警察の仕打ちを見て、憤りを覚えない人はいないだろう。2015年7月9日以降、中共が行った人権派弁護士への仕打ちは常軌を逸している。その何人かは未だに消息不明であり、家族も過酷な生活を強いられている。中国共産党を批判すれば、すぐに「国家転覆罪」が適用され、収容所にぶちこまれるのだ▼我が国で人権とか平和とか叫んでいるグループのほとんどは、中共国内での人権弾圧や、ウイグルやチベットでの民族浄化について、まったく声を上げない。逆に日本が国家として身構えるのを邪魔する始末だ。名も無き日本国民が立ち上がらなくては、近い将来日本は全体主義国家中共に跪くことになるだろう。それで本当によいのだろうか。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

関西生コントップの逮捕を報じない偏向マスコミを嗤う!

2018年08月31日 | マスコミ評

日本のマスコミは仕事をしていない。ニュースとして流れないことは、情報弱者にとっては、存在しないことと一緒なのである。ネット民でなければ、関西生コン執行委員長の武健一容疑者が逮捕されたことを知らないはずだ。マスコミはニュースにしない自由によって、日本国民をミスリードしようとしているのだ▼武容疑者が捕まったのは、自分たちの組合の加盟業者に仕事を出すように、生コン調達を担う商社の関係者を脅かしたからで、同様なことが公然と行われていた可能性がある。立憲民主党の辻元清美幹事長の選挙母体ともいわれている。関西生コンから政治献金を受けていた政治家は、記者会見を開いて説明する責任があるだろう。武容疑者は暴力団とのつながりも取沙汰されており、その人物がトップの団体から資金提供を受けていたとすれば、それだけでも大問題ではないだろうか▼ここまでマスコミが酷いのは、関西生コンと自分たちが癒着しているからだろう。森友学園をめぐっては、関西生コンが応援している地方議員が最初に火を付けたといわれている。関西生コンの応援団には、マスコミが重宝がっている「文化人」も名前を連ねている。自分たちの目論見が崩れるのを恐れているのである。いくら隠そうとしてもネット民は騙せない。マスコミが火に油を注いでいるから連日大炎上である。フェイク報道しかしないオールドメディアに未来などないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

石破茂を必死になって応援するオールドメディアを嗤う!

2018年08月29日 | マスコミ評

自民党の総裁選をめぐるマスコミの報道は異常である。安倍憎しがまずあって、石破茂を持ち上げるのに必死である。これに業を煮やした自民党の総裁選挙管理委員会は昨日、新聞や通信各社に「公平・公正な報道を求める」文書を送付した▼経済や安全保障政策に関して、何一つ政策を示せない石破であるにもかかわらず、マスコミはまともな政治家であるかのように扱っている。それに騙される国民もいくらかいるわけで、無党派層では石破を支持する声が多い▼石破の主張は単純そのものである。防衛オタクといわれていたわりには、朝鮮半島の情勢を楽観視しており、自衛隊の手足を縛っている憲法の改正は後回しでもよいと思っている。消費増税を推進する立場であり、財務省の言いなりである。ことさら「モリカケ」にこだわるのは、反安倍のマスコミのキャンペーンを意識しているからだろう▼ここにきて特定野党の支持率は頭打ちで、立憲民主党も国民民主党もジリ貧である。安倍総理を倒すためには石破しかいないのであり、マスコミは憲法に自衛隊を明記することだけは絶対に阻止したいのである。ネットがなかったならば、自民党総裁選をめぐる情勢は変わっていただろう。石破に関するマイナスの情報が氾濫することもなかっただろう。マスコミを信用しない国民が増えてきている。新聞もテレビも、もはやオールドメディアなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (2)

あくまでも自分たちの非を認めたくない朝日新聞を嗤う!

2018年08月22日 | マスコミ評

上から目線で、自分たちだけが正しいと思っている朝日新聞は、自分たちの非を認めたくないのだろう。とんでもないことを朝日新聞はやった。日本語サイトの英訳ページの吉田清治慰安婦強制連行証言虚偽訂正記事をグーグルで見ることができないように、検索を回避するメタタグを埋め込んだのである▼そこまでして自分たちを守ろうとするのだから異常である。誰でも間違いはある。それを認めたくないのが学歴エリートの朝日新聞なのである。日本がどうなろうとも関係がないのだ。地上波のテレビや大半の新聞は、このことをまったく報道しない。ネットだけで炎上しており、それもまた異常である。朝日新聞に国家国民のことを考える記者はいないのだろうか▼政治ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」で指摘されているように、今回のことはあくまでも日本語サイトの英訳でしかなく、朝日新聞の英語サイトでのことではない。世界の人に真実を知ってもらわなくては、韓国や中共による反日プロパガンダの火を消すことはできない。朝日新聞が真実を世界に発信すれば、「慰安婦問題」ももっと違った展開になったはずだ。遅きに失したとはいえ、すぐに英語サイトに訂正記事を載せるべきだろう。それもできないのであれば、夏目漱石が入社した天下の朝日新聞もおしまいである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

「国民の敵」ではないと泣き言を言う朝日新聞を嗤う!

2018年08月20日 | マスコミ評

そこまで傲慢なセリフをよくぞ吐けるものである。朝日新聞の18日付夕刊の「素粒子」はネット民を中心に多くの国民から失笑を買っている。「報道は『権力の敵』であっても、『国民の敵』ではない。だからこそ、権力は報道と国民の対立をあおる。国民の知る権利を嫌うがために」。まさしく上から目線ではないだろうか。マスコミが一つの権力であることの自覚がない。公平な情報を伝達することよりも、特定のプロパガンダに与することを正当化しているだけだ▼「従軍慰安婦」や「靖国神社への総理参拝」をめぐる火種を、中共や韓国の特定国家に御注進して、それで日本国民が迷惑していることへの反省はないのだろうか。日本という国家と日本国民を貶める記事を書いた朝日新聞こそが、まさしく「国民の敵」ではないだろうか。自分たちのフェイク報道を批判した安倍総理が憎くて、それで必死になって「モリカケ」で騒いだのではないか▼ここにきて被害者面するのは、購読部数が激減して経営的にも立ちいかなくなっているからだろう。あえて「『国民の敵』ではない」と弁明しているのは、心当たりがあるからではないだろうか。日本共産党の機関紙と大差のない新聞を誰が読むだろう。ネットを通じて誰もが情報は自由に手に入れることができる時代が到来したのだ。朝日新聞、岩波書店、NHKによる言論空間の支配は壊れつつある。泣き言を言えば言うほど、自らの愚かさを天下にさらすだけなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント