草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

ファーウェイを擁護するかのような産経の記事を嗤う!

2018年12月16日 | マスコミ評

ファーウェイ排除の動きが世界的に広がってきているが、そんななかで産経が驚くべき記事を書いている。保守系を名乗る新聞でありながら、15日にアップされた産経ニュースに「電子部品集積の関西経済にも影響」という見出しが躍っているからだ▼金儲けの次元の論じるべきではなく、日本の安全保障の根幹にかかわる問題であるにもかかわらず、すり替えの議論を展開している。ファーウェイと日本企業との取引が「18年は約6800億円に達する見込み」との数字を挙げるとともに、日本総研の石川智久関西経済研究センター長の「ファーウェイの経営が悪化すれば、日本で調達を増やすことは難しくなる。電子部品、機械メーカーが集積する関西経済にも影響する」とのコメントを載せている▼産経とて油断はならないのである。客観的な事実を指摘しているように見せかけながら、ファーウェイを擁護するような主張を展開しており、国民をミスリードしかねない。中共の意を受けた者たちは、朝日や毎日にとどまらないのである。どこにでも入り込んでいるのではないだろうか▼かつてソ連の協力者が産経にいて大騒ぎになったことがあったが、どの新聞の記事かというよりも、何が書かれているかを注視すべきだろう。誰が味方で、誰が敵であるかがはっきりせず、混沌としているのが今の日本である。冷静な目で判断し、吟味する力を養うしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

百田尚樹氏は善良な保守派の期待を裏切るべきではない!

2018年12月04日 | マスコミ評

左右を問わずジャーナリストの品格が問題になっている。あくまでも学者はアカデミズムに属し、一般の人たちに理解してもらうためには、分かりやすく噛み砕く必要がある。それをするのがジャーナリストなのである▼安定した収入が保障される大手マスコミは、独自の社風があって縛りがある。その典型が憲法の議論が許されない朝日新聞である。その一方で、個々のジャーナリストは、よほど生活が安定していない限り、危険な誘惑が待っている▼マックス・ヴェーバーは『職業としての政治』(清水幾太郎訳)で、新聞記者特有の試練に言及しているが、それは今の世のジャーナリストや物書きにも該当するのではないだろうか。ヴェーバーは「新聞記者の生活は、あらゆる点において危険そのものである」と書いている。自らの信念が試される機会が多いからだろう。金によって転ぶこともあるし、名声を得たいがために時代に迎合する者もいる。それでもなおヴェーバーは「第三者には容易に解らぬほどの極めて多数の、価値ある純粋な人間が存在している事実こそ。驚くべきことである」との見方を示したのだった▼『日本国紀』を世に出した百田尚樹氏について、左翼ばかりではなく、保守派からも批判が出ている。期待した分だけ、裏切られたという思いがあるのだろう。保守派のネット言論のすごさは、百田氏にすら噛みつくことだ。もはやイデオロギーの問題ではなくして、人間としての誠実さがあるかどうかなのである。参考文献が提示されないばかりか、ウィキペディアからの引用疑惑も取沙汰されている。ここで百田氏は逃げてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

あらゆる権力を容赦なく批判するのがネット言論だ!

2018年12月01日 | マスコミ評

今の日本のジャーナリズムが振るわないのは、勧善懲悪の二元論にもとづく記事しか載っていないからである。これでは国民から読まれるわけがない。ジャーナリズムの草分け的な存在であった大宅壮一が『炎は流れる 明治と昭和の谷間』で面白いことを書いている▼「曲学阿世」について、封建時代とか独裁専制の国家では、権力に媚びるのがそう呼ばれるが、大宅は「現代のような〝大衆国家〟の時代、〝世論〟という名の支配する社会的ムードの支配する時代には、権力の質も変わってくる」というのだ。「〝権力〟が多元化する。問題はただ〝権力〟におもねるとか、反抗するとかいうことではなくて、いずれの〝権力〟の奉仕、もしくは反抗するかということにかかっている」と見方を示した▼いくら安倍内閣をマスコミが批判しようとも、マスコミもまた権力なのであり、それをこき下ろすことで、留飲を下げる国民は多いのである。革命を叫びながら、一方では豪邸に住むような代々木の官僚を痛罵することも、ジャーナリズムの大切な仕事である。安っぽい正義を嘲笑するからこそ、週刊新潮は売り上げを維持してきたのではなかったか。週刊新潮も含めて、安っぽい正義を振り回すようになったから、国民の購読意欲が湧かないのである。そこで登場したのがネットである。たとえ蟷螂の斧であっても、数が集まれば大きな力になり、あらゆる権力をチェックしている。ジャーナリズムが精彩を欠くのは、ネットのせいなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

国民の信頼裏切り犯罪者の温床となっているNHKを嗤う!

2018年11月09日 | マスコミ評

NHKの不祥事が次々と明らかになっている。国民の監視の眼が厳しく、闇に葬ることが難しくなってきているからだろう。最近になっても、「おはよう日本」のチーフプロデューサ―が女性のスカートの中を盗撮、佐賀放送局長が女性スタッフの入っていた風呂に侵入、札幌放送局のディレクターが音声データーをアレフに誤送信などで、国民の顰蹙を買っている▼1万人の職員で、これだけ不祥事が相次いでいるのは、NHK自体に問題があるからだろう。まず使命感の欠如がある。公共放送で、国民から受信料を取っているばかりか、血税まで投入されているのに、国益にそった報道よりも、特定国家を利することばかりを伝えている。日本を守り抜くという覚悟など微塵も感じられない▼前にも書いたことがあるが、国籍を問わず試験の成績だけで人材を取る一方、元藩主の子孫や、政治家の子供を採用しているのも腑に落ちない。単なる知識を競うだけの能力やコネでは、社会的な常識があるかどうかは判断することが難しいからだ。平成の初めまでは、時計代わりにテレビを付けている家庭が多かった。それが今では過去の出来事となりつつあるが、まだまだ影響力はある。犯罪者の温床にならないようにするために、NHKは抜本的に改革に取り組むべきだ。数々の不祥事で国民の信頼を裏切っているわけだから。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

NHKのアレフへのメール誤送信は間違いで済まされない!

2018年11月04日 | マスコミ評

NHkの札幌放送局が、こともあろうにオウムの後継団体のアレフ施設周辺の住民のインタビューのファイルをアレフ側にメールで流した。NHKは関係者の処分と真相を明らかにすべきである。アレフ側は、インタビューに答えた6人を特定でき、話した内容が把握したはずである。住民に陳謝して済ませる問題ではないのである▼NHKはそれが発覚した2日夜の「ニュースチェック11」で「アレフにもメールの削除をお願いしました」と報道しただけで、後は一切ノーコメントである。NHKは坂本堤弁護士一家殺人事件のことを忘れたのだろうか。TBSの関係者がオウムを批判する坂本堤弁護士のインタビュー映像を、放送前に見せたことがきっかけとなったのである。それと同じことをNHKはしたのであり、断じて許すことはできない▼和田政宗参議院議員によれば、NHKにはセキュリティーが高い独自のファイルシステムがあるといわれる。それを使用せずに一般向けシステムを使ったのは、緊張感がないからだろう。誤送信であったかどうかも含めて、NHKは国民に説明する責任がある。そうでなくてもNHKは、首を傾げたくなるような報道が目立つ。採用するにあたって、国籍を問わないということが背景にあるのではないだろうか。それでいて改革する気は微塵も感じられず、不祥事が次々と起きている。もはや看過できる段階ではなく、もはやNHKの解体を検討すべきときなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

NHKの受信料制度の見直し訴えた維新の会の馬場幹事長!

2018年10月31日 | マスコミ評

マスコミへの風当たりが強い。国民民主党の玉木雄一郎代表が新聞の軽減税率導入に異議を唱えたと思ったらば、今度は日本維新の会の馬場伸幸幹事長が昨日行われた衆議院本会議の代表質問で、NHKの受信料制度について取り上げた。スポーツ番組や娯楽番組にスクランブルをかけて受信料を下げるという提案であった。安倍総理は直接の言及を避け「値下げを含む受信料水準のありかたについて不断に検討を行ってもらいたい」と述べたにとどまった▼すぐに反応したのはネットである。スポーツ番組や娯楽だけでなく、NHKの全ての番組を有料にすべきとの意見が圧倒的であった。国会で問題にされるほどにNHKの根本が揺らいできている。公共放送局であって国営放送局ではない。放送内容も偏向が目立ち、どこの国のテレビか分からなくなってきている▼NHKの受信料は年間16,140円である。プラス衛星契約の場合は27,480円である。今年度のNHKの事業収入は7,168億円で過去最高といわれ、280億円の黒字となる見通しだ。自分たちの都合の悪い世論調査はしないのがマスコミである。現状の受信料制度を容認するような意見は少数派であることは明らかだ。馬場幹事長の発言は、国民の声を代弁している。もうここまでくれば、スクランブルにするか、NHKを解体するしか選択肢はないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

「おはよう日本」のプロデューサーまで逮捕されるNHK!

2018年10月26日 | マスコミ評

NHKの看板番組である「おはよう日本」の重藤聡司チーフ・プロデューサーが昨日逮捕された。同日午後、京王井の頭線の下北沢駅のエスカレーターで、20代の女性のスカートにスマートフォンを差し入れた疑いである▼元NHKの職員の和田政宗参議院議員によれば、NHKが職員採用にあたって学科試験ばかり重視するからだという。犯罪を起こしそうな人間を事前にチェックできないのである。NHK職員の年収は平均1千数百万ともいわれ、恵まれた暮らしをしている。その人間が東京都迷惑防止条例違反で捕まるのだから、世の中は分からないものである▼NHK職員の犯罪発生率は民間放送局と比べて格段に高い。戦後の日本のエリート教育の失敗が影響しているのではないか。受験競争を勝ち抜いた者たちは、教科書や参考書を暗記することにかけては引けは取らないが、自らを律するとか、正義とかの大事なものが抜け落ちているのではないか▼NHKの場合は公共放送を名乗っており、日本国家の命運を決しかねない放送局であり、それなりのプライドと、国家への忠誠心が求められる。職員採用にあたって、国籍を問わないというのは、どこの国のテレビ局かと首を傾げたくなる。海外向けの放送をする要員であれば理解できるが、外国人が大河ドラマや報道までも担当するのは異常である。規律が乱れるのは当然だ。公共放送という中途半端な立場ではなく、ニュースを中心に伝える国営放送か、さもなければ民間放送局にすべきだろう。多くの日本国民は今さらNHKに公平中立など望んでおらず、もはや解体するしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (1)

マスコミにおもねる政治からネットを活用する政治に!

2018年10月20日 | マスコミ評

政治家はマスコミにおもねることなく、自分の思っていることをどんどんやればいいのである。マスコミの集中砲火を浴びながらも、安倍内閣が続いているのは、時代が変わってきているからだろう。中村菊男は『政治家の群像』で「明治の政治家たちは、新聞などのマスコミの機関をある程度無視してもよかったのであるが、昭和になると、そうはいかなくなった」と書いている。マスコミを無視して政治を行えなくなったというのだ▼中村からいわせれば、それが顕著になったのは戦争中であった。「東条首相が築地の市場に早朝出かけていったり、あるいは早朝ごみための中に手を突っ込んだりするというような、そういうことを、総理大臣みずからしなければならなかったというところに問題がある」。先の戦争にしても、大新聞が「鬼畜米英」を煽ったことで大衆が熱狂し、それを政治家が無視できなくなったのである▼現在でもマスコミの影響がないわけではないが、新聞力は昔ほどの力はなくなった。若い人は新聞ばかりか、テレビも見なくなっており、信念をもって政治にあたれば、ネット言論が支持してくれるようになったのだ。ネットでは一方通行ではなく、国民参加型の議論が繰り広げられ、多様な意見に耳を傾けることができる。情報の量がまったく違うのであり、これからの政治家はネットをどう活用するかなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

危機を直視せず「冗談の種にする」マスコミを嗤う!

2018年09月24日 | マスコミ評

ネットとマスコミは対立しているが、最終的に軍配はネットに上がるのではないだろうか。現状を追認するだけのマスコミは、危機意識を持ったネットによって、冷笑され、フェイク報道を暴露されているからだ▼清水幾太郎の『現代思想入門』を手に取って、かつては左翼の側がマスコミを厳しく批判してしていたことを、改めて再認識した。清水がブンド全学連の同伴者であった時代であり、昭和34年に出版された、転向する以前の著書である。現代人はマスコミの影響下にあるとの見方を示したのだった▼「日々、新聞やラジオは、購読者や聴取者が直接に接触することを得ない多数の事件のうちから少数の事件を選び出して、これを彼等に示している。彼等の住む環境の構造を作って見せるのである。更に、マス・コミュニケーションは、これ等の事件の意味について一定の解釈を与える」と書いたのだった▼そこで清水はマスコミの限界を指摘した。「この顧客は思想的な方向へ進み出るのを避けようとする無意識的傾向の持主であることを考えれば、資本主義社会のマス・コミュニケーションが私たちの傾向を逆撫ですることは最初から不可能であるか、或は甚だ困難である」述べたのである。あくまでもマスコミは「心理の表面を動揺させる」ことしかできないからだ。差し迫った危機を、それこそ「冗談の種」にしてしまうのである。今は左翼ではなく、ネットの中心である保守の側がそれを問題視しているわけだから、時代は大きく変わったのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

秋葉原での反安倍騒ぎを大々的に報道する偏向マスコミ!

2018年09月20日 | マスコミ評

自民党総裁選最終日の昨日、秋葉原での安倍総理の演説会場でまたもや騒いだ連中がいた。マスコミはそれを大きく取り上げているが、あくまでも「極々一部」のことであった。自民党都連都政対策副委員長の広瀬まきがツィーターで日経LIVEを槍玉に挙げている▼「現地にいたので、この報道には違和感しかない。会場を囲み、殆どの方々は、演説を静かに聞き、演説の合間には拍手と応援の声。遠方にいた極々一部が、騒いで妨害。取材に行って演説が聞こえないなら、移動すれば。敢えて近寄り切り取る姿勢に、強い憤りを覚える」▼反安倍を叫ぶ者たちの近くにカメラとマイクを据え、安倍総理を怒っている国民が多いかのような印象操作をしようとしたのだ。ニコニコ動画で生放送を見ていたが、支援者の拍手と「頑張れ」の声しか聞こえなかった。会場の一部での出来事でしかなかったのだろう。演説会場に押し寄せてそんなことをするというのは、ワイマール体制下のドイツでナチスがやったことと一緒である▼今回はあくまでの自民党総裁選であったが、自分たちが支持しない候補者のところに押しかけて罵詈雑言を浴びせるのは、全体主義者の特徴であり、言論の自由への挑戦である。自分たちと違った立場であっても、それを主張する権利は保障されなくてはならない。こんなことが何度も繰り返されると、それこそ議会制民主主義が根底から崩れることになり、少数派の妨害を大々的に伝えるマスコミのフェイク報道を許してはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント