草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

平和惚けで国民は守れない

2009年04月06日 | Weblog
 日本のマスコミは、相も変わらず「戦争反対で」通用すると思っているから、平和惚けこのうえない。朝日新聞などは「日本が攻撃されたわけでもないのに騒ぎすぎだ」という外国人特派員の意見をわざわざ紹介している。あまりにも意図的な世論誘導で見え透いている。自国の領空をミサイルが通過したにもかかわらず、「平気な顔をしていろ」という神経が理解できない。日本の安全保障の見直しを提言する位の危機感があってしかるべきだろう。今回の北朝鮮のテポドン二号のミサイル発射をめぐっては、韓国だって警戒態勢を強めていた。ノンビリしていたわけではない。さらに、人工衛星の打ち上げに失敗したわけで、日本にミサイルの一部が落下することも当然想定された。自衛隊がパトリオットやイージス艦などを動員して警備にあたったのも、過剰なものではなく、予想された被害を最小限にくいとめるための処置であった。麻生首相は国民に平静さを呼びかけながらも、果敢に対応したことは評価されるべきだろう。これによって北朝鮮も、日本をいかに恫喝しても、それをはね返す底力があることを思い知ったはずだ。
コメント

核の傘か核の保有か

2009年04月05日 | Weblog
北朝鮮から発射された弾道ミサイルが、本日午前、日本の領空を通過した。北朝鮮は核の小型化に成功しており、これによって運搬手段も手にしたことになる。国家の安全保障上、日本は重大な脅威にさらされることになった。戦後思想界をリードした進歩的文化人の意見では、平和国家に脱皮すれば、攻めてきたり、脅かしたりする国は世界中に存在しないはずであった。その言葉を信じた日本人もかなりいたのである。これから北朝鮮は、核を一つの政治的なカードとして使ってくるだろう。日本が毅然とした対応をするには、それなりの防衛力の整備が求められる。アメリカ軍を2万人程度、首都圏に駐留してもらったらどうだろう。東京に核ミサイルが撃ち込まれれば、当然彼らも巻き添えになるから、アメリカも躊躇することなく、戦術核で反撃をするはずだ。いくら北朝鮮指導部でも、そこまでの覚悟はないだろう。核の脅威に対抗するには、名実ともにアメリカの核の傘に入るか、自前で核を持つかのどちらかだ。その難しく苦渋に満ちた選択をどうするかが、これからの日本の政治の大きなテーマなのである。
コメント

日本の安全は自衛隊が頼り

2009年04月04日 | Weblog
 自衛隊が誤った情報を出してしまったことを、新聞やテレビのマスゴミは、鬼の首でもとったようにはしゃいでいる。それによって、北朝鮮が核を搭載できるミサイルを開発していることから、目をそむけようとしているのではないか、と勘ぐってしまう。これまで予想できなかったことが起きているのであって、いくらか差し引いて考えてやるべきだろう。今回の場合は、ちょっとした変化も見逃すまいとして、神経質になりすぎたのだと思う。アメリカの傭兵ではなく、「国軍」としての意地もあって、自分たちで第一報を流したかったのだろう。その労を了としたい。国家の緊急事態なのに、政府の揚げ足取りに終始するマスゴミは、一体何が目的なのだろう。自衛隊は、軍隊として認知されることなく、これまで日陰者扱いをされてきた。この場に及んで自衛隊の頼り無さをあげつらうならば、その責任はあげてわたしたち日本国民にある。戦後、屈強な軍隊をつくることに日本人は反対し続けてきた。だからこそ、憲法も改正されないまま、今日に至ったのである。明日以降も、この緊張状態は続く。日本の国民の生命と財産を守るためにも、自衛隊は胸を張って国防の任にあたってもらいたい。国民の多くが頼りにしているのは、陸海空の自衛隊なのだから。
コメント

北朝鮮の核への対抗策

2009年04月04日 | Weblog
 北朝鮮が小型の核を開発し、ミサイルにそれを取りつけて、東京を標的にする。今回のミサイル実験が成功すれば、今後、核による脅しが公然と行われるだろう。北朝鮮は、すでに何発かの核は持っているとみられている。軽量化と運搬手段の整備によって、いつでも発射ボタンを押せるからだ。いくら日米安保条約が締結されていても、アメリカがどこまで守ってくれるかは心許ない。日本の国民を守るために、軍事的な抑止力をどのように整備すべきか、政府はすぐに検討に入るべきだ。核弾頭一発で東京は壊滅してしまう。被害は甚大なものになるだろう。広島、長崎の比ではない。防御的な先制攻撃も考慮されるべきだし、これまでのタブーを捨てて、核を保有するメリットとデメリットも議論すべきである。戦後民主主義は、世界の国々が平和を望んでいるというのを前提にしていた。しかし、そんな呑気なことを言っていられなくなった。日本の危機が顕在化しつつある今、日本は、国家として重大な決断を迫られているのである。
コメント

やっぱり哀れな小沢一郎

2009年04月03日 | Weblog
 小沢一郎とそれを支持する勢力は、こともあろうに北朝鮮の挑発行為が行われようとしているときに、国を挙げてそれに対処しようとするのではなく、またまた政局を弄んでいます。しかも、自らの金権腐敗を頬被りし、それを批判する民主党の心ある政治家に対しても、組織的に電話をかけたり、手紙を出したりで、脅迫的なことをしています。いかに自由民主党であっても、そこまでしたのは聞いたことがありません。自由がないから「民主党」と言われても仕方がありません。小沢は、悪党に徹して、和製スターリンになりたいのでしょうが、実際はそれほどの度胸があるわけでもなく、本心は自己保身に汲々しているだけですから、哀れなことではないでしょうか。

          空元気いつまでもつの小沢一郎

  
   
コメント

小沢への辞めないでコールは謀略

2009年04月02日 | Weblog
 小沢一郎に民主党の代表を辞められて困るのは自民党だから、小沢への辞めないでコールは、きっと国家権力を利用した自民党の謀略なんでしょう。小沢に居座られれば、民主党の議席は確実に減りますから、いくら何でも辞めないでコールをするわけはないですよね。民主党の候補者のなかには、小沢と一緒のポスターを張り出すのを嫌って、別な人間と撮ったポスターをつくったり、掲示板に何も貼らずに様子見を決め込んだりで、小沢のことを疫病神視していますし、選挙の神様というのも、もう過去のことです。本音は一日も早く代表の座をおりて欲しいんですよ。それを口にできないのが悲劇です。知り合いの新聞社の政治部の記者が言っていましたよ。嘘かホントか知りませんが、小沢を良く言う人間は、民主党にはほとんどいないと。金をしこたまもらっても、交通違反で切符を切られた程度だと居直る小沢擁護は、いくら何でも小沢の足を引っ張るだけですしね。
コメント

時代遅れの土建屋政治家を許すな

2009年04月01日 | Weblog
 西松建設というと小沢一郎ですが、東北で一番公共事業を取っているのは、大手の鹿島建設ではなく、西松建設同様、準大手の○○○建設だとか。さてさて、○○○建設というと、どんな政治家が思い浮かぶかというと、旧田中派に属した民主党の大物政治家といわれますから、それにはビックリします。それが本当ならば、政権政党の自民党が、東北では形無しということになります。そういえば、その大物政治家は与野党を通じて人脈があるようで、野党でありながらも、力はあるようです。道路をつくった、橋を架けたというのが自慢の大政治家ですから、選挙になると建設会社がフル回転ですし。小沢擁護で騒いでいる人たちも、○○○建設は気になるようで、徹底して捜査すれば、自民党の政治家の名前が挙がってくると期待しているむきもあるようですが、藪蛇になるんではないですかね。もちろん、時代遅れの土建屋政治家は、自民党であれ民主党であれ同じですから、手心を加えるべきではないですが。
コメント