草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

南スーダンで自衛隊が攻撃されて喜ぶのは民進党ではないか!

2016年09月30日 | 国際問題

今日の衆議院予算委員会の質疑を聞いていて、民進党のくだらない質問に辟易した。とくに酷かったのは辻元清美であった。南スーダンにいる自衛隊の安全について「もし犠牲者が出たなら、辞任するつもりがあるか」と安倍首相に迫った。医務官が何名同行しているかも答弁させた。脆弱であることを世界に公表してしまったのだ▼安倍首相を煙たく思っている国家があれば、工作員を南スーダンに潜入するか、さもなければ南スーダン人を使って、自衛隊に攻撃を仕掛けてくる可能性がある。辻本自身がそれを望んでいるから、そんなことを平気で口走るのだろう。政局に利用したいのである。あまりにも軽率過ぎる▼南スーダンでは人口の約4分の一にあたる280万人が飢餓に苦しんでいる。子供たちは性的な暴力にさらされ、1万5千人もの子供たちの多くが武装グループに徴用されている。その現状を見かねて国連が乗り出したのである。自衛隊は危険な任務であることを承知で、現地に派遣されたのである▼国際貢献の最前線に日本人が立つことで、日本に対する評価は変わってくる。自衛隊と同じ国連の指揮下にある外国の軍隊が、もし武装した勢力に襲撃を受けた場合に、さらには邦人の保護が必要になったときに、みすみす手をこまねいて見ているわけにはいかない。安倍内閣は堂々とその議論をすべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫を追い詰めるために日本と台湾のネット民が結束!

2016年09月30日 | マスコミ評

台湾は自由アジアの友人であり、日本にとってはかけがえのない同盟国である。台湾では蓮舫について「津波と嵐の中に発足、北京留学、議員に着任、すぐ防衛予算を減らし、中国製装備を採用するように強制し、中共の味方は昭々たる!蓮舫の誠信、人柄、そして過去の『黒歴史』相次ぎ曝露され、厳しい試練には直面すべき!きちんと説明しないと恐らく年底辞任と見込む」と報道している▼☆Chris*台湾人☆ さんがツイッターで書いたもので、日本と違って台湾のマスコミの方が真実を伝えている。台湾人にとっては日本の民進党は「偽民進党」であり、台湾人を裏切った蓮舫は「女馬英九」なのである。▼中共に屈しない勇気がある台湾に日本も学ばなくてはならない。日本が国家とし身構えるならば、中共だって簡単には手を出せないのである。かつて日本のマスコミは、民主党の機関紙となって、政権交代を実現させる原動力となった。鳩山由紀夫を大政治家と絶賛し、原発事故対応での菅直人を英雄にしようとした▼その嘘を見破ったのはネットであった。蓮舫の嘘もばれたのに、今のところはマスコミは伝えない自由を駆使することで、必死になってかばっている。それもまたネットの力で打ち破られることになるはずだ。台湾からも次々とネットを通じて情報が入ってくる時代なのだから、いくら擁護しても無駄なのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫で嘘吐き民主思い出す 10句

2016年09月29日 | 川柳

蓮舫で嘘吐き民主思い出す

国籍はどうでもいいと花畑

あからさま蓮舫擁護の国ありし

パスポート二つ使った疑惑あり

物笑いその場しのぎの蓮舫は

ミーハーで政治の言葉身に付かず

出直せばいいのをごねて墓穴掘る

蓮舫の疑惑を隠す都政かな

ネットでは蓮舫のギャグ広まれり

蓮舫を持ち上げるのは朝日かな

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫をかばうような獅子身中の虫を自民党は排除せよ!

2016年09月29日 | 政局

蓮舫の嘘がマスコミでまったく報道されない。NHKをはじめとして、二重国籍の問題などどこ吹く風である。それここれも自民党がだらしないからである。幹事長に抜擢された二階俊博は自他とも認める親中派である。そうでなくても自民党内には獅子身中の虫である親中派がかなりいる。それが蓮舫と裏でつながっているのではないだろうか。マスコミが取り上げざるを得ないように、徹底して蓮舫を追い詰めなければ、日本の政治は根本から揺らぐことになるだろう▼いかに自民党が巨大与党であっても、それを過信してはならない。日本を侵略しようとしている国家に、媚びへつらうような勢力が、日本の中枢を握るような事態は断じて避けなければならない。日中国交回復が実現したのは、昭和47年のことであった。あれからパンダブームが起きたりして、中共を批判するのをためらう風潮が支配的になった。それが今日のような事態を生む土壌になったのである▼自民党がしっかりしなければ、日本は中共の属国になるしかないのである。日本維新の会の「蓮舫法案」に頼るのではなく、国会の論戦の場で蓮舫を追及すべきなのである。蓮舫ごときがマスコミでちやほやされているのは、中共の影響力が日本の各方面に及んでいるからだ。それを排除する力が安倍自民党にあるかどうかなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金子みすずの言葉を手前勝手に解釈する蓮舫を嗤う!

2016年09月28日 | 政局

後ろめたいからこそ金子みすずの「みんなちがって、みんないい」の言葉をあえて口にしたのだろう。今日の参議院本会議で民進党代表として安倍首相への質問に立った蓮舫は、まともな論戦を挑めなかったばかりか、自分が被害者であるかのような語り口であった▼国籍をめぐる発言が嘘だったことが暴露されて、本来であれば恥ずかしくていられないのが普通だ。この場に及んで逃げ切ろうと必死なのである。誰からも信用がなくなるようなことをしておきながら、自己弁護に終始するのは、あまりにも愚かである。防衛や安全保障は国家が中心になっており、政治権力を手にする国会議員が、二重国籍であってよいわけがない▼金子みすずには「だれがほんとを」という詩がある。「だれがほんとをいうでしょう、/わたしのことを、わたしに。/ よそのおばさんはほめたけど、/ なんだかすこうしわらってた。」傷つきやすかったために、多くの人のまなざしを気にしたのである。真実を語ってくれる人を探し出そうとしたのだ。もはや蓮舫に向かって忠告をしてくれる政治家は、民進党内にはいないはずだ。蓮舫自身が判断する以外にないのである。手前勝手な解釈で金子みすずを利用すべきではない。「みんなちがって、みんないい」としても、致命的な嘘を吐いたり、法律に違反した政治家は、自ら身を引くしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊に感謝するのは日本人として当然のことだ!

2016年09月28日 | 政局

今が非常時でないと思っているから、そんなことで批判したりするのである。昨日の安倍首相の所信表明演説中に自民党の国会議員が一斉に立ち上がって拍手したのは、自衛隊の諸君に感謝してのことであって、どうして謝る必要があるのだろう。厳しい安全保障環境のなかで、命を賭けて国家のために頑張っている者たちを、励ます意味でもそれは自然なことなのである。自民党が巨大与党であることから圧迫感があったとしても、国民に危機を知ってもらうためにも、それなりの意義があったと思う▼朝日新聞などのマスコミは、早速それを取り上げて批判したが、民主党政権の鳩山首相のときも同じようなことがあったのに、一言も難癖をつけなかぅたのだから、批判のための批判なのである。「政治の本来の面目は平常時よりもむしろ非常時に発揮せられる」(『教育哲学』)と述べたのは高山岩男であった▼非常緊急の事態に直面した場合に、それをいかに切り抜けるかは国家にとって大問題なのである。そこでは当然のごとく国民の一致が求められるのである。圧倒的な国民が自衛隊を支持していることを形で示したかったのだろう。朝日新聞などはそれが気に入らなかったのである。北朝鮮がいつ日本にミサイルを撃ち込んできても、中共がいつ日本を侵略してもおかしくない。今のような非常時にあっては、あの程度のパフォーマンスは許されるべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫の嘘を徹底追及しない自民党の甘ちゃん政治家を嗤う!

2016年09月27日 | 政局

アメリカは違う。お互いに言いたいことを口にして、それで国民に判断を任せるわけだから。クリントンとトランプのテレビ討論が行われ、それが日本でも大きく報道されている。お互いが痛いところを攻撃して、一歩も怯まなかった。まずクリントンが確定申告を公表していないトランプを批判すると、即座にトランプが反応して、彼女が削除したメールを公開するように迫った▼それと比べると日本はどうだろう。蓮舫のことを記事にするのを、多くのマスコミがためらっている。何を恐れているのだろう。国民の前に事実を事実として、まずは伝えるべきではないだろうか。自民党もだらしない。これから攻めるのかどうか分からないが、もっと危機感を持って蓮舫を追い詰めるべきだろう。アメリカの大統領候補は二人とも、政治が権力闘争であることを知っている。絶対に情けなどかけないのである▼二代目、三代目が中心の自民党では、修羅場をくぐり抜ける度胸もないのだろう。きれいごとを言っているときではないのである。水に落ちた犬は打たなくてはならない。魯迅ではないが人を噛むような犬であれば、手加減してはならないのだ。蓮舫のような政治家を追い詰めなければ、きっと後悔するはずだ。政治家は甘ちゃんでは務まらないのである。政治とはあくまでもカール・シュミットが述べていたように「敵は誰か」なのだから。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「平和運動」の欺瞞性を厳しく批判した田中美知太郎!

2016年09月27日 | 安全保障

もはや沖縄県での基地反対闘争は抗議のレベルを超えて、暴力行為がまかり通る騒乱状態になっている。東村高江でのヘリパッド建設を阻止しようとする過激派は、勝手に道路で検問を行ったり、警察官や防衛省の関係者に殴りかかったりしている▼中共の侵略の危機が目の前に迫っているのに、それをまったく無視して、混乱を引き起こすようなことをするのは、日本の安全保障上からも断じて許されるべきではない。ネットでは過激派の傍若無人な行動がアップされているが、産経新聞以外のマスコミは、蓮舫の問題と同じようにまったく報道しない▼田中美知太郎は『直言、そして考察―今日の政治的関心』において平和運動の欺瞞性を厳しく批判した。「『平和を!』というようなことを言いさえすれば、他にどんな悪事をはたらいていても、わたしたちはひとかどの道徳家になれるし、なにか高尚な気持になることもできるのである。それは念仏をとなえることが、あらゆる罪からわれわれを救うのにも似ていると言えるのかもしれない」と述べるとともに、「他を非難すれば、誰でも道徳的に高揚された気分になることができるというのは、いったいどういう道徳なのだろうか」と皮肉ったのである▼ヘリパッドの建設を妨害するためには手段を選ばないのは、過激派が道徳的にも荒廃しているからだろう。それで喜ぶのは反日国家だけなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫の二重国籍がトップニュースにならないマスコミを嗤う!

2016年09月26日 | 政局

民進党の代表である蓮舫の疑惑はトップニースであるべきだ。臨時国会が開会してこれから論戦が始まるのに、それを不問にしてまったく報道しないマスコミは、常軌を逸している。いろいろな見方があってもよいが、自分たちが伝えなければ、なかったことにできると思っているのだろう。これに怒り心頭に発しているのがネット民である。▼自分で嘘を平気で吐くような政治家を誰が信用するだろう。蓮舫はこれから追い詰められるし、追い詰められなくてはならない。これが自民党であれば袋叩きにされただろう。これから日本維新の会が二重国籍の問題を追及するから、マスコミも無視するわけにはいかなくなる。自民党だって隠し玉を持っているはずだ。蓮舫をいくら擁護しようとしても、事実は全て明らかになってしまったのである▼蓮舫は大声を張り上げて、安倍内閣へ敵愾心を露わにしている。自分のことを棚に上げてよく言えるものだ。そこまで居直るのであれば、証人喚問の場で堂々と申し開きをすればいい。民進党の自浄能力のなさは最悪である。代表戦のやり直しを主張した民進党の国会議員は20人いる。国民から総スカンされる以前に行動を起こさなければ、同じ穴の貉である。明日からは蓮舫は守勢一方に立たされる。マスコミがどこまで弁護できるか見ものである。ネット民の方がまともなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金融庁や財務省に白旗を掲げた日銀に髙橋洋一がレッドカード!

2016年09月26日 | 経済

日本の経済学者の意見はほとんど傾聴に値しないが、浜田宏一と髙橋洋一の発言だけは別である。去る21日の日本銀行の政策決定会議に関しての髙橋の意見は辛辣である。金融緩和をもっと進めるべきだと髙橋が主張するのは、インフレ率の目標であった2パーセントに達していないからである。金融緩和には雇用の確保という目的がある。完全雇用の失業率2・7パーセントに近づける努力をすべきなのである▼マネタリーベースから、目標を長期、短期の金利目標に設定し直したことを捉えて、髙橋は「今回の日銀は、金融政策の枠組みを変えたが、その中身をみると、金融緩和はしていない。やり方を変えますと言いながら、何もやらなかったわけだ」と厳しく批判している。大胆な金融緩和の方針が揺らいだ背景としては、日銀、財務省、金融庁による三者会合の場がつくられたことを指摘している▼マイナス金利は国民のためにはなっても、メガバンクには収益減になる。金融庁はその擁護者なのである。安倍首相の積極財政を支えることになる国債の発行の拡大は財務省が嫌っている。この場に及んで日銀が金融庁や財務省に白旗を掲げたのである。2年でインフレ率2パーセントの達成は消費増税が障害になったのであり、これをきっかけに円高基調になれば、日本経済が悲惨なことになるのを髙橋は危惧しているのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加