草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

民主政権誕生を憂いた短歌7首

2009年08月31日 | 短歌
日本国崩壊するを望みたるコメンテーター生あくびする

餌と呼ぶただそれだけのマニフェスト攻撃されても平気の平左

今頃に政策を問うマスコミよあれほど民主持ち上げたくせに

化粧顔庶民目線を連発す国を救わん覚悟もなしに

由紀夫でも鳩山なれば願い下げたどたどしくて日本語話せず

小沢さえいれば民主は独り勝ち独裁者にひれ伏すガールズ

国守る気概もなくて政治家が香水の匂いまき散らしてる








コメント

「大衆の反逆」の愚行

2009年08月31日 | Weblog
 民主党による政権交代というのは、日本が奈落の底に落ちることだよ。日本人は愚かな選択をしてしまったもんだよね。先の戦争がそうであったように、そうした愚行はこれまでも何度も繰り返されてきたけれど、今回はあまりにも深刻だよね。自民党が絶対ではないけれど、この国を牽引するための人材は、豊富に揃っていると思うよ。にもかかわらず、今度の衆議院選挙では大敗を喫してしまったんだから、ガッカリしたよね。予想されたこととはいえ、民主党の候補者は、ほとんどがまったくのずぶの素人だよ。オルテガ・イ・ガゼットの「大衆の反逆」そのものじゃないかな。オルテガが言おうとしたことは、国家を統治する能力もなく、そのための努力もしていないのに、それでいて国家の支配者になろうとする大衆を批判したんだよね。それが現実のことになったんだから、もはや手が付けられないよね。官僚主義批判も、エリートへの恨みがあるようだし。自民党が提案してきた公務員制度改革では、キャリア制度も廃止されるから、それを推進することが大事なのに。何かするとエリートを罵って自己満足している。そんなことでいいのかね。テレビでみのもんたあたりが官僚を批判し、識者ぶっているのを見ると、寒気がしてしまうよ。みのだって特権階級だから、そんなことを言える立場ではないんだけどね。こうなったらば、国を思う者たちが結束しないと。これからが天下分け目の決戦なんだから。

 
コメント

国を思う短歌(続)6首

2009年08月26日 | Weblog
かの人もこの人も皆言葉なく仮面かぶりて口ごもりたる

安定の世をくつがえす風吹きて嬉々とせし一群れの闇

怒りなく小沢ファッショの策動に刃向かいもせず国は瓦解す

侘び住まい辺境の地に独りあり動乱の世の幕開け悲し

聖者なく預言者もなく未来なく滅びの門に民あふれけん

クーデター忘れられたる昭和期の軍靴の音が遠方より









コメント

外交音痴の民主党鳩山由紀夫

2009年08月24日 | Weblog
 民主党の大躍進は、もはや遺憾ともしがたいようだが、鳩山由紀夫の現実感覚のなさは、日本をとんでのない方向に引っぱっていくだろう。破局に向かって日本はひた走っているかのようだ。それを少しでも批判すれば、民主党支持者は、まともな論戦を避けて罵倒するだけである。かつての日本のファシストがそうであったように。アメリカに核を持ち込ませないという鳩山の発言は、まさしく常軌を逸している。アメリカの核の傘の下にあるからこそ、日本は北朝鮮からの核攻撃を抑止できるのだ。それを失えば、日本に残された選択は、核武装しかなくなるではないか。そうでなければ、北朝鮮の核の恫喝に、屈しろとでもいうのだろうか。日本を核で攻撃すれば、それ相応の報復が予測される。だからこそ、北朝鮮ですら手が出せないのである。アメリカの核が日本にあるかも知れないという暗黙の圧力で、北朝鮮は日本を脅かすことができないのである。そうした現実を認識することなく、とんでもない発言を繰り返す鳩山に、日本国の首相の資格があるのだろうか。
コメント

国思う短歌5首

2009年08月24日 | 短歌
国滅ぶこの悲しみは戊辰にて敗れしものの悔しさにも似て

保守党の国柄守る勢力が駆逐されしは不覚の一念

長州が孤塁を守る雄々しさは救国の旗振りつづけんと

夏が来ぬみちのくの地を旅しても救国の憂い深まるばかり

会津にて白虎の心しみじみと嗚咽の声が耳朶をうちたり





コメント

革マル派のネオ・ファシズム論に共感

2009年08月22日 | Weblog
 反帝、反スタの革マル派と共闘するつもりはありませんが、彼らが機関誌「解放」のなかで、これから誕生しようとする民主党政権を、小沢一郎が独裁的な権限を握るネオ・ファシズム政権と定義しているのは、間違ってはいないと思います。黒田寛一亡き後の革マル派が、他に先駆けて鳩山由紀夫を首班とする民主党政権との対決姿勢を鮮明にしたことは、それなりに評価できます。世の人たちが、こぞって同じ方角を向くというのは、一番危険なことですから。それに抵抗する側にこそ、正義がある場合が多いのです。それと比べると、日本共産党は、建設的野党を目指しているそうですが、ちょっとばかし、今度できる民主党政権を甘く見ている節があります。小沢一郎は、権力へのこだわりが異常です。自民党内での抗争に敗れると、さっさと離党し、延命策として新党を考え、そのプロパガンダとして、政治改革を唱えたのです。その先にあったのは「小さな政府」の実現でした。しかし、小泉純一郎がそれを政策の目玉にすると、それと正反対の「生活重視」のスローガンを掲げるようになりました。小沢という政治家は何でもありで、権力を奪えばそれだけでいいのです。もはや、民主党政権誕生が避けて通れなくなったようですから、今こそそれなりの決意を固めておくべきでしょう。ネオ・ファシズムとどのように戦うか。
コメント

衆愚政治を嗤う

2009年08月22日 | Weblog
 日本人もここまで愚かになったものかと、ただただ嗤うしかありません。ワイドショーのコメンテーターあたりの、いい加減な発言に触発されて、国を誤らせるのですから。嗤ってしまうのは、マニフェスト選挙といわれながらも、国民の多くは、高速道路の無料化や、子供手当てに賛成しているわけではないことです。それでは、なぜ民主党なんでしょう。政策ではなく、政権交代という言葉が独り歩きしているだけです。そして、よくよく考えてみると、今の民主党を実際に動かしているのは、西松問題で政治家を辞めるべきだった、小沢一郎なのです。小沢が選挙の采配を奮っており、鳩山由紀夫はお飾りに過ぎません。一番馬鹿を見るのは、民主党の左派ですが、自分たちの居場所がなくなるのは確実です。でも、小沢独裁政治のお先棒を担いだ責任は、後になって糾弾されるでしょう。国を思う人たちは、この危機にたじろぐことなく、結束してことにあたらなければなりません。共産党も建設的な野党になるなどと戯言を言うのは、戦術的な誤りです。ファシズムは、一見改革派の装いで登場し、衆愚政治の行き着く先であるのを、忘れてはなりません。民主党は、政権を獲得するすぐに、比例を大幅に減らす衆議院の定数削減を行おうとします。それさえ仕上げれば、少数派を閉め出せるからです。党派を越えてそれを阻止しなければ、小沢独裁政治の暴走を止めることはできません。ファシズムの危機が刻々と迫ってきている今、次のステージの戦いの準備をしなければなりません。日本という国を愛するが故に。
コメント

民主党の政権交代狂想曲

2009年08月22日 | Weblog
どうでもいいわけがないのに
どうでもいいような選択をする
時代の閉塞感がそうさせるのだろう
まいってしまうよな
以前にも国民は熱狂したっけ
アメリカと戦争をしろと
理性は簡単にねじ伏せられた
今回もまったく同じだ
国民は政権交代に熱狂している
みんながそう言うから
同じことを口にしただけ
どうでもいいわけがないのに
どうでもいいような選択をする
そしてこの国は滅びるんだろう
面白くない季節が
長い長いトンネルが
これから始まる
つまんない時代が
目の前にぶら下がっている
コメント

民主党への政権交代は愚かな選択・短歌4首

2009年08月22日 | Weblog

崩れ行く祖国よ日本慟哭の潮の如く死者は嘆けり

大義なき国は滅びん今まさに亡国の民いずれに彷徨う

貧しくも国の大本守りたる日本の心を誰ぞ知るらん

銃口で国を転覆せんとする暗き時代をまさに迎えん














コメント

反民主党川柳13句

2009年08月20日 | Weblog

愚かさを競うだけなり民主フィバー

鳩菅も小沢もおりて呉越同舟

意味もない横文字だけで政権交代

民主党名乗ればそれで赤絨毯

国旗などなくせばいいいと切り張りに

センスなき野次飛ばす党に政権が

嘘ならば大きい方が喜ばれ

国守る気概もなくてハイお詫び

中国の属国がいいと真顔にて

官僚を批判しながら助けられ

政治家は愛嬌だけとポーズ決め

品がなく罵るだけの人多し

自由なしそれでもよければ民主党














コメント