草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

日本を敵視している北朝鮮を利するような言動は慎むべきだ!

2017年04月30日 | 政局

日本を核攻撃すると北朝鮮が公言しているのに、それに備えようとする一連の動きを批判するのは、平和ボケから抜けきれないからだろう。橋下徹はソウル市民が冷静だということで、日本の過剰反応だとしている。橋下は何が言いたいのだろう。目前に迫った韓国の大統領選挙で、確実に北朝鮮の傀儡の大統領が誕生するのである。そこにのこのこ出かけて行って、安倍内閣の足を引っ張る神経が理解できない▼アメリカからきたデープ・スペクターとかいうテレビ芸人も、同じようなことを口走っているが、デープの場合は、仕事を継続してもらうために、テレビ局にリップサービスをしたのだろう。日本が危機になればなるほど、敵を利する者たちが騒ぎ始める。背後にどのような人間関係があるか、これから透けて見えてくるはずだ▼核やミサイルの攻撃に備えて日本国民が一丸となれば、北朝鮮だって手が出せないのである。何もしないで、北朝鮮に媚びていれば、逆に情け容赦なく攻撃されるのである。自衛隊だって、日本が核攻撃をされて東京が焦土と化す事態になれば、それこそ戦闘機に片道しか燃料がなくても、反撃のために敵地攻撃を敢行するに違いない。ここで日本人はヘラヘラしてはいられない。座して死を待つことだけは断じて避けなくてはならない。やられたらやる返す位のことを考えておくべきなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

北朝鮮に核を放棄させるためにも日本は優柔不断であってはならない!

2017年04月30日 | 政局

時間が経てば経つほど日本は深刻なことになるのではないか。今回が最後のチャンスであり、北朝鮮に核を放棄させないと、何時の日か日本人が大量殺戮の犠牲者となりかねない。日本海のカールビンソンが展開し、圧力を強めているのは、日本の安全保障上も避けては通れないことなのである。自衛隊の護衛艦が防御にあたるのは、同盟国として当然のことである。これに恐れをなしたからこそ、北朝鮮は6回目の核実験を行なえないのである▼マキアヴェリの『政略論』(永井三明訳)に「弱い国家はつねに優柔不断である。決断に手間どることはつねに有害である」との言葉がある。マキアヴェリは決断することの重要性を主張した。「私はものごとをあいまいにしておくということが国家活動にとって害毒を流すものであり、わがフィレンツェ共和国に災厄と屈辱を与えてきたことをいくどとなく思い知らされてきたのであった」と書いたのである▼安倍首相は今回のような危機に備えて、集団的自衛権の行使容認に踏み切った。もしそれがなされていなければ、米国は日本の防衛のために、重い腰を上げることはなかっただろう。米国と共に北朝鮮の脅威に備えることが可能になったのは、安倍内閣になって日本の政治が動いたからである。危機であればあるほど、政治は英断をもって決定しなくてはならないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

北朝鮮による核攻撃を未然に防がなければ日本は最悪の事態に!

2017年04月29日 | 安全保障

昨日行われた国連の安保理閣僚級会合で、ティラーソン米国務長官は「北朝鮮による日本の韓国への核攻撃の脅威は現実のものだ」と述べたという。産経新聞が伝えたもので、産経以外のマスコミは大きく報道していないが、日本人の生存が脅かされる事態になっているのだ▼米国がタイミングをみて先制攻撃をしなければ、広島、長崎の悲劇を繰り返されるだろう。圧力をかけても核兵器やミサイルを放棄しないのであれば、実力を行使するのは当然である。北朝鮮の反撃を恐れる意見があるが、犠牲者を最小限にとどめなくてはならない。戦わずして屈服させるのがベストであるが、悠長なことを言ってはいられないのである▼朝日新聞流の「一発だったら間違いかもしれない」との平和ボケは、日本人の命をどう考えているのだろう。核攻撃の脅威が迫っているにもかかわらず、それに目をそむけようとする者たちは、現実を直視する勇気がないのである。北朝鮮がまともな国だと思っているのだろうか▼今日の北朝鮮のミサイルの発射にともなって、地下鉄や新幹線がストップした。これに言いがかりをつけるのは、本末転倒もはなはだしい。危機を煽っているわけではなく、いつ攻撃されるか分からないから、万全を期すための処置なのである。日本の平和を守り抜くためには、血を流す覚悟が必要があり、それが今私たち日本人に求められているのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント

籠池泰典と小林よしのりは人騒がせなエセ保守だ!

2017年04月29日 | 思想家

籠池泰典や小林よしのりはエセ保守である。籠池は安倍首相の昭恵夫人を利用して、度々財務省に圧力をかけたのは確かである。ところが自分の立場がなくなると、今度は一転して、野党やマスコミを味方にして、英雄気取りで昭恵夫人をぼろ糞に批判する。漫画『がきデカ』の主人公であるこまわり君と一緒だ。森友学園騒動を引き起こした当事者は籠池自身なのであり、犯人を追い詰めたら、何のことはない、自分がその犯人であったという落ちである▼小林も不思議な男である。保守ブームに便乗して漫画を売りまくったと思ったら、今度はテロ等準備罪に反対する立場を主張している。保守では考えられない変節である。その前提があまりにも陳腐なのには、苦笑を禁じ得なかった。日本で大規模なテロが起きることは絶対にありえない、と言い切っているからだ。新法よりも水際で喰い止めればいいのだそうだ。想像力が欠如した小学生レベルの議論である▼そもそも保守はイデオロギーではない。常識に裏打ちされた人間のコモンセンスに根差している。鈴木成高が書いているように「いまだテストされない未知のものよりも、仮令不完全であるにしても、すでにテストされた既知のものを択ぶという精神」(『保守ということ』)なのである。自己の利益のために振りかざす者たちは、もともと保守とは無縁であり、エセ保守といわれても仕方がないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
クリエーター情報なし
ラピュータ
コメント (2)

朝鮮半島をめぐる楽観論は希望的観測でしかない!

2017年04月28日 | 安全保障

私たちが手にできる情報は限られている。それでも不吉な予感はなぜかあたるのである。北朝鮮をめぐっての政府の動きは、これまでとはあまりにも違っている。危機が現実のものになりつつあるからだ▼ついに朝鮮半島有事が発生した場合に備えて、大量の難民が日本に入ってくることを想定して、本格的な検討に入ったことが明らかになった。避難民が日本海を船で渡ってくれば、そこに北朝鮮のテロリストや工作員が紛れ込む危険性があるからだ。一旦は隔離し、身元や所持品を調べる必要がある。そのための臨時の収容施設をどこにつくるかで、日本海側のいくつかの港を選定し、その近くに設置することになっている▼政府も次々と手を打っているのである。楽観論は禁物である。航空母艦が三隻に以上にならなければアメリカは武力を発動しないとか、そこまで金正恩は愚かではない、といった議論は、あくまでも希望的な観測でしかない▼1955年にアイゼンハワーは「戦争において唯一、不変な要因は、戦争においては、すべてが可変的で不確実で、予測不可能だということである。つまり、それこそ人間性という要因にほかならない」と述べた。永井陽之助が『現代と戦略』で引用した言葉だが、多くの予期しえないことが起きるのが戦争である。その備えを怠れば命を失うのは日本国民なのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
クリエーター情報なし
ラピュータ
コメント

テロ等準備罪に反対するお花畑の自称ジャーナリストを嗤う!

2017年04月28日 | マスコミ評

北朝鮮の工作員によるテロが懸念されているのに、テロ等準備罪にテレビのコメンテーターらが反対しているのは、日本の国民の安全などどうでもいいからだろう。岸井成格、金平茂紀らのいつものメンバーである▼北朝鮮による日本人拉致もテロであり、何人かの人間が共謀したことは明らかである。未然に防止できなかったのは、法的に整備されていなかったからである。是が非でも今国会で成立させなければならない。国際的なテロ活動の活発化を受けて、国際組織犯罪防止条約が発効し、すでに世界で187の国や地域が締結をしている。未締結の国は日本以外では、南スーダン、ソマリア、フィージーなど10ヶ国である。世界の常識は日本の常識ではないのである▼日本が締結するにあたっては「重大な犯罪を行うことの合意」「組織的な犯罪集団への参加」を処罰する法律が必要になってくる。日本がそれを整備しなければ、外国の捜査機関との協力に支障が出る。あくまでも対象は組織的犯罪集団である。4年以上の懲役・禁固に該当する罪で、組織的犯罪集団の関与が現実的に想定されるものに限定される。具体的な計画や準備行為が前提であり、無制限に適用されるわけではないのである▼世界中の国々がテロの標的になっている。日本でもオウムによるサリン事件が起きている。備えあれば憂いなしなのである。東京などがテロの舞台となり、多くの犠牲者が出た場合に、田原や岸井、金平はどう弁解するつもりなのだろう。お花畑にもほどがある。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

空母いぶき コミック 1-4巻セット
 
小学館
山川健次郎と乃木希典―「信」を第一とした会津と長州の武士道
 
長崎出版
コメント

不倫より暴言よりも命かな 10句

2017年04月27日 | 川柳

蓮舫の嘘を許した民進党

愚痴こぼす松原仁も離党組

国籍を問わない党は売国奴

北の核日本全てが射程なり

共産の九条守れは平和ボケ

いつの間に敵地攻撃世論なり

不倫より暴言よりも命かな

蓮舫と山尾辻元人気者

フェイクは朝日毎日東京か

マスコミの嘘は次々暴露され


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

季刊 日本主義 No.37 2017年春号 特集・明治維新150年――「北の維新」再考
 
白陽社
コメント

米中による北朝鮮攻撃のシナリオができているのではないか!

2017年04月27日 | 安全保障

米国は必ず北朝鮮を攻撃するだろう。すでにシナリオはできており、タイミングを待っているだけではないか。巡航ミサイルや爆弾の母と呼ばれるモアブを用いて、金正恩を抹殺するとともに、ミサイルや核の関連施設を破壊するに違いない。カールビンソンや原子力潜水艦が日本海に入っているのは、そのための準備なのである。しかし、地上軍の投入は限定的なものとなるだろう。せいぜい特殊部隊にとどめるのではないだろうか▼そこで登場するのが中共軍である。北朝鮮との国境には10万以上が展開している。共産主義体制の転覆を望まない中共は、自分たちの傀儡政権をつくるために介入することになるだろう。習近平は金正恩を排除する点では、トランプと利害が一致しているからだ。今の北朝鮮にとって味方になりうるのは唯一ロシアである。プーチンの出方次第では、そのシナリオ自体が成立しなくなる可能性もあるが、北朝鮮を擁護するメリットは限られている。遠巻きにして眺めているしかないだろう▼朝鮮半島で有事が起きるのを前提にして、日本は最善の策を講じなくてはならない。麻生副総理もコメントしているように、マスコミが報道している以上に、朝鮮半島情勢は切迫してきている。全ては数日で解決するだろうが、想定外のことが起きるのが有事である。政府は最悪の事態を想定すべきであり、日本国民は結束して危機に備えるべきなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

季刊 日本主義 No.37 2017年春号 特集・明治維新150年――「北の維新」再考
 
白陽社
コメント

「茶の間の正義」を振りかざすだけの野党とマスコミを嗤う!

2017年04月26日 | 政局

野党とマスコミは、ここぞとばかり今井雅弘前復興大臣の問題で安倍内閣を攻撃しているが、さっさと辞めさせられた人間を、ことさら深追いすることもないだろう。現職大臣が失言したとしても、それで責任を取ったのだから、一件落着ではないか。テレビが騒ぎ立てるのは魂胆があるからだ。野党にエールを送りたいからだろう。もはや自民党でなくなった国会議員の不倫を大々的に取り上げるのも、安倍内閣の支持率を下げたいためなのである▼まさしく山本夏彦の本の題名である「茶の間の正義」ではないだろうか。「正義は国を滅ぼす」(『やぶから棒』)と言い切った山本は、政治の裏表を見抜いていた。通り一遍の正義を振りかざす者たちは、庶民に媚びているのである。沖縄を出しにした者たちは、今度は東北を出しにしようというのだ。東北人の一人としては迷惑である。これ幸いとはしゃいでいる蓮舫は、間もなく大ブーメランを食らうことになるだろう▼暴言や不倫疑惑の類は、与党ばかりの専売特許ではないのである。そこで泥仕合になれば、困るのは一体誰なのだろう。アパホテルから始まって、森友学園、そして、今では大臣の暴言や不倫疑惑の追及に躍起になっているのが野党である。当然のごとくマスコミも大々的にキャンペーンを繰り広げているが、いくら笛を吹いても国民は踊らずである。山本の冷めた見方が、日本人全体の意識となっているからだ。学習が足りないのは、野党やマスコミなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

やぶから棒―夏彦の写真コラム (新潮文庫)
 
新潮社
コメント

だらしない野党に助けられているだけの自民党では駄目だ!

2017年04月26日 | 政局

野党も駄目だが、自民党もどうかしている。今村雅弘復興大臣の発言は、まったくの弁護の余地がない。安倍首相が不快感を示し、更迭を決断したのは当然である。東日本大震災の被害に関して、二階派のパーティで「東北でよかった」と講演のなかで述べたのだから、あまりにも東北を馬鹿にしている。佐賀県の人間のようだが、東北は人住まぬ地と勘違いしているのではないだろうか▼マスコミは自民党を一強と見ているが、実際はそれほどではない。たまたま野党がだらしないので、助けられているだけだ。安倍内閣の大臣にしても、金田法務大臣、稲田防衛大臣などは、国会の論戦を見ていると、ハラハラする場面が目立った。岸田外務大臣にしても、安倍首相のような危機意識が感じられず、官僚的な物言いに終始している。頼りになるのは、安倍首相以外には麻生財務大臣や菅官房長官くらいである▼自民党にはたくさんの国会議員がいるが、当選回数に合わせて、順送りで大臣にするというのは、危機の時代には通用しないのである。大臣の資質を論じるにあたっては、学歴は大した参考にならない。今村復興大臣は東大法学部を出ている。東北人を平気で蔑視するのは、自分の言っていることの意味が分からないからだろう。エリート必ずしも大政治家ではないのである。自民党に人材がいないわけではない。安倍首相は誰を選ぶかにあたって、もっと目利きになる必要がある。首相としての任命責任を免れることはできないわけだから。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

季刊 日本主義 No.37 2017年春号 特集・明治維新150年――「北の維新」再考
 
白陽社
コメント