草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

麻生太郎は名宰相

2009年03月30日 | Weblog
 麻生太郎は、後世の歴史家から名宰相と呼ばれるかも知れない。北朝鮮のテポドンの発射に対して、毅然たる処置をとることを、自衛隊に命じたからだ。イージス艦やパトリオットを配備することは当然のことだ。国民の生命と財産を守るのに躊躇すべきではない。仮に今回日本が北朝鮮のなすがままになれば、国民はもっと重大な危機にさらされることは明らかだ。「東京を火の海にする」と公然と口にする北朝鮮に対しては、力を示すしかないからだ。国の安全は最優先事項である。小沢民主党は、それについてコメントらしいコメントもせず、自公政権の打倒ばかり叫んでいる。与党とコンセンサスをつくり、防衛の最前線に立つ自衛隊員を励ますわけでもなく、まるで他人事である。それだけで民主党政権は願い下げだ。平和憲法があるだけで、戦争に巻き込まれない、との考えが、どれほどおめでたいかも、日本人はテポドンで学習したはずである。日本国憲法はアメリカの占領軍の手によるものであり、それに甘んじてきたことが異常なのである。「世界を動かしつつある崇高な理想」というお題目によって、自国の安全を保持するための武力すら否定しては、国民を守ることはできない。とくに「ならずもの国家」が存在する限り、理想論ではすまないのである。テポドンが日本列島の方角に発射されるのに、民主党内に巣くう旧社会党崩れ、社会民主党で一定の力を持つ北朝鮮擁護派はどんな気持ちでいるのだろう。日本の国内に被害が出たならば、どう言い訳をするのだろうか。麻生太郎はアメリカの指示によってでなく、日本一国の意思で、ロケットの破壊命令を出した。韓国は遠回しにそれを牽制する発言をしている。日本が軍事的な手段に訴えることを宣言したに等しいからだ。アメリカも、日本のお手並み拝見というところだろう。日本は専守防衛に徹しつつも、侵略には毅然と立ち向かうことを世界に表明したのである。麻生太郎の勇気ある決断を、国民の一人として断固支持したい。
コメント

詩「豪傑」のパロディー

2009年03月29日 | Weblog
 知り合いが中野重治の「豪傑」という詩を、諷刺詩につくりかえ、それをメールして寄こした。悪徳政治家をこきおろした内容で、ついつい腹を抱えて笑ってしまった。民主党代表の小沢一郎も、今では、国民から悪徳政治家と思われているのではなかろうか。やはりケジメだけはつけないと。

 「悪徳政治家」

昔悪徳政治家がいた
札束を数えるのを好み
嘘をつき
臆面もなく
金をためるのに秘書を使った
後ろ指をさされるとベロを出した
追い詰められると泣いて見せた
弁護は取り巻きにしてもらった
彼が求めたのは権力と金
つらくなるとマスコミを利用した
恩を感じることはなかった
あとで恩義のある人を裏切った
いくらでも裏切った
それからおのれも裏切られた
生きのびた仲間はみな悪党になった
悪党は目つきが悪く
たかる声はまだ遠くまで聞こえた
彼は金権利権の申し子であり
そしてやがて追放された
そして人は その悪徳政治家のことを
二度と思い出すこともなかった
コメント

民主の黄門様出番なし

2009年03月28日 | Weblog
小沢一郎、渡部恒三は、そろって田中派の出身です。いわば利権の中枢にいたんですよ。それでいて今は民主党ですから、頭を抱えてしまいます。しかもですよ、つい先日までは、この二人は正義の味方だったんですよ。小沢は救世主扱いされていましたし、恒三も水戸黄門気取りで印籠を振り回し、自民党を悪役に仕立てて「これが目にはいらんか」と大見得を切っていたんですから、笑ってしまいます。それでいて、小沢の件が発覚すると、恒三は途端に弱腰になり、印籠も出さずじまいでオロオロするばかり。小沢と恒三も同類ということなんでしょうね。小沢が西松建設だと、恒三は○○建設だといわれていますが、噂だけだとしても、火の無い所に煙はたちませんからね。ついつい詮索してしまいます。前回の総選挙では、恒三は運動員が捕まっていますから、本当は大きな口をきけないのに、何を勘違いしたんですかね。あのキャラですから、黄門様を演じてみたかったんでしょうね。

 

 

 
 
 
 
 
コメント

裸の王様小沢一郎

2009年03月24日 | Weblog
 小沢一郎の民主党代表続投のニュースにはガッカリした。これでは民主党政権は100%難しくなった。小沢はやっぱり裸の王様だった。本人が気づいていないだけ哀れだ。人の意見を聞くかどうかは別にして、側近で助言してくれる人は、誰も居なかったのだろうか。前原や岡田がチクリと批判していたが、面と向かったものではない。小沢の口から出てくる言葉は「政権交代」だけである。西松建設が多額の献金を小沢側にしていた。しかも、ダム建設にからんでの疑いが持たれている。それへのコメントは一切なし。あたかも自分が被害者であるかのように装っている。臆面もなく、嘘を嘘で固めるのは、小沢流なのだろう。そんな民主党が権力を手にしたらば、自民党どころではない。くわばら、くわばら。
コメント

小沢の不動産疑惑が本丸

2009年03月22日 | Weblog
小沢一郎をめぐる金脈については、週刊現代で報道されていたこともあって、ようやく表沙汰になったが、問題はこれからだ。東京地検がいくつかの証拠を手に入れたにもかかわらず、政治資金規正法の立件だけで終われば、小沢の反撃がはじまって、司法の独立性が危うくされかねない。自らの非を認めないばかりか、公正な捜査を妨害するのだから、尋常な連中ではない。東京地検は、小沢の不動産取得をめぐる疑惑にまで踏み込んで、本丸に迫るべきだ。これからが正念場なのである。今国民の多くは、東京地検の捜査が厳正に行われることを期待している。悪がまかり通ることになれば、日本は救いがたい国になってしまし、それだけは断固として阻止しなくてはならないからだ。
コメント

罠にはまった小沢一郎

2009年03月13日 | Weblog
小沢一郎は罠にはまったのではないか。週刊新潮や週刊文春までもが、捜査が小沢にまでは及ばない、といった推測を書いた。立花隆あたりも、同様な見方をしていた。あらかじめそれを聞かされていた小沢は、これは勝てる、と勘違いをしたのだろう。しかし、事実はそれとは違っていた。西松以外の建設会社の名前まで出てくる始末である。一億円以上の金が動いたことも立証されつつある。マスゴミを動員して、派手に検察批判をすれば、相手が弱気になると、高を括っていたのだろうが、徐々に小沢の周辺に捜査の手はのびつつある、もはやじたばたしても駄目である。検察はここまでくれば、不退転の決意で小沢の悪事を暴くだろう。国策捜査ではない、というのを天下に示さなければ、司法への信頼は揺らぎかねないからだ。勝算があっての捜査であったろうが、小沢がさっさと退陣してしまえば、深追いは難しかったに違い。マスゴミの意見に振り回された小沢が愚かなのである。前回に続いてもう一度言う。小沢一郎は哀れであると。
コメント

哀れな小沢一郎

2009年03月05日 | Weblog
政治家として、小沢一郎は息の根をとめられようとしている。許せないのはマスゴミである。もっと早くから小沢を批判して、立ち直らせるきっかけを与えるべきだったのに。反自民という一点で、無骨な小沢を利用してきた。もちあげるだけもちあげておいて、裸の王様にしてから、最終的に物笑いにしたのは、お前らマスゴミの連中ではないか。昨日までは、小沢をかばった振りをして、権力の謀略論をまことしやかにささやいていたくせに。それこそお上の検察から情報がリークされると、我先にと飛びつく。偏差値だけでマスゴミに入った輩の、愚かな習性ではないか。小沢は、断固排除されるべき政治家だ。しかし、ここにきてこてんぱにされると、あまりにも哀れである。同じ東北人として同情を禁じえない。小沢は金丸信が追い詰められた時点で、一度死んだ政治家だ。息を吹き返したのは、マスゴミがバックに付いたからだ。マルクスの言葉ではないが、一度目は悲劇だが、二度目は喜劇である。あれほど畏れられていた小沢が、今日の段階で、誰からも相手にされなくなったのだから。もはや嘲りの対象でしかない。これまで私は、政治家としての小沢を、一貫して批判し続けてきたが、川に落ちた犬をなぶりものにする気にはならない。
コメント

民主党から小沢を排除せよ

2009年03月04日 | Weblog
 だから言ったではないか。小沢一郎は過去の人だと。なのに、民主党の国会議員はそれに耳を貸すこともなく、小沢を担いで政権交代を実現しようとした。そのツケが今回の公設第一秘書の逮捕劇なのである。小沢が金に汚いのは今に始まったことではない。それは誰もが知っていたではないか。ゼネコンとの腐れ縁は、金竹小時代からのことであり、驚くことでもない。たまたま、西松建設でボロが出ただけなのである。民主党の国会議員だって、大部分は小沢を良くは思っていないはずだ。反乱を起こせないのは、勇気がないからだ。政権交代を叫ぶ野党の代表がダーティーなのでは話にならない。勇気ある民主党の諸君は、小沢を排除すべきだ。そうすれば、かえって国民の支持の輪が広がるだろう。小沢ごときに振り回される政治は、もうこりごりだ。
コメント