草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

鳩山が見習うべきは伊藤博文

2009年10月31日 | Weblog
 鳩山首相や民主党の若手が駄目なのは、歴史に学ばないからだよ。早稲田の雄弁会出身の政治家が活躍した時期があったけど、彼らは司馬遼太郎の『世に棲む日々』などを読んでいて、吉田松陰や伊藤博文を目標にしていたんだよね。鳩山がくだらない答弁しかできないのは、歴史が苦手な理科系だからではないの。伊藤博文は品川の英国公使館に放火した過激派だったんだけど、井上馨と一緒に渡欧し、開国論者になって帰国したんだよ。それって勇気がいることだったんだよね。昔の仲間に襲撃され、井上馨は半殺しの目に遭っているわけだから。普天間移転で苦渋の選択を強いられる鳩山も、やはり同じような気持ちだと思うよ。だったらば、伊藤博文のように前言を翻すことになっても、正直に語ればいいんだよ。党内のエセサヨクになんか気兼ねせずに。そうすれば、国民の不安感が一掃されるのだから。鳩山は想像以上に古い人間で、岩波新書なんかをありがたがって読んでいるんではないかな。だから「人間的な経済」とかいうように、わけのわからない言葉を連発するんだよね。
コメント   トラックバック (1)

田中秀征の鳩山批判

2009年10月30日 | Weblog
 今日の夕方、たまたまカーラジオをボンヤリ聞いていると、NHKのラジオで、細川政権の首席補佐官だった田中秀征が、ボソボソとしゃべっているんだよね。しかも、鳩山政権の目玉政策である「脱官僚」を話題にしているんではないの。どうせまたヨイショかと思ったら、さきがけで同志であった鳩山を手厳しく批判していたんでビックリ。日本郵政の社長人事で、元大蔵事務次官の斎藤次郎を据えたことに腹をたてていた。マスコミも持ち上げいる事業仕分けについても、「あんなことは官僚にやらせればいい」と一刀両断にしていた。官僚をはずせばいいというのではなく、一番大事なことで政治が主導権を握ればいいという意見なんだよね。鳩山は派手なパフォーマンスで国民の目をひくことばかり考えていて、足が地についていないから、その通りだと思うよ。田中は「行政の無駄をなくすという初心に返るべきだ」とも言っていたっけ。斎藤が表舞台に出てきたことで、財務省が主導権を握り、民主党の議員はまるでその配下のようだよ。仕事といえば予算を削るだけだから。これでは官僚制度を打破することは夢の夢でしょう。「脱官僚」ということでも、国民は騙されたんだよね。
コメント

火消しに躍起の鳩山首相

2009年10月30日 | Weblog
 普天間基地の移転をめぐって、鳩山首相や民主党はマッチポンプをやってしまったんじゃないの。それって悪質だよね。できもしないことを言い立てて、尻拭いができないんでは、どうしようもないよ。総選挙では、公約として「県外移転」を訴えて沖縄県民に幻想を持たせたわけだから、罪深いよな。住宅地に隣接しているために、長い時間をかけて日米双方が合意を形成してきたのに。選挙目当てで、左派の票が欲しくてリップサービスをしただけ。それで取り返しがつかないことになってしまったんだよね。そもそも陰の権力者の小沢一郎は、アメリカのポチとまで言われていた男だよ。危なくなると、すぐに背を向けるのは目に見えている。それを鳩山は見抜けなかったのかな。鳩山をはじめとして、議場の雛壇に並んだ連中の顔もさえないよね。菅なんかやつれているし、岡田は疲労困憊といった感じ。長妻なんか何かに怯えているみたい。鳩山の答弁も同じことの繰り返しで、見苦しいよね。うまく火消しができないと、鳩山内閣は火だるまになってしまうよ。反米感情が高まると誰も押さえようがなくなるんだから。
コメント

埴谷雄高と「自立する戦闘者」

2009年10月29日 | Weblog
民主党が政権をとり、エセサヨクが歓喜するさまをみて、嫌悪感を禁じえないよね。右であれ、左であれ、日本の変革を夢見た者たちは、挫折を余儀なくされるほど純粋であったのに。あまりにも酷すぎるんじゃないかな。鳩山は何をしようとしているのか、まるっきり分からないし。国民との約束も平気で破るよね。それでいて、権力を維持するのに汲々としているのは見苦しいし。社会主義組織(革命党)が強大化するにつれて、その大きさを保持するために戦闘力を失い、理論も失ってしまった、と埴谷雄高が嘆いていたっけ。「戦闘力の保持はより少数者に、そして、極端にいえば、より少数の極限であるたったひとりの自立する戦闘者にまで移りいったのが現代である」(『兜と冥府・象徴のなかの時計台』)とも書いていた。40年近く前のことだけど、社会主義組織も体制の補完物になり下がりつつあったんだよね。「たったひとりの自立する戦闘者」が今の日本にいるとすれば、鳩山政権打倒を叫ぶと思うよ。背信やいかさまを断じて許さないはずだから。埴谷のような思想家が、どこを見渡してもいなくなってしまったのは残念だよね。
コメント

政治の閉塞感と夢野久作

2009年10月29日 | Weblog
 鳩山由紀夫が首相となり、民主党が与党になって、世の中がなおさらつまらなくなったよね。自民党より嘘つきでひどいことがわかってしまったから。それってとんでもないことだよね。多くの国民は裏切られた気分ではないかな。ついつい夢野久作の「猟奇歌」の詩が口をついて出てしまうよね。
 
 闇の中に闇があり
 又闇がある
 その核心から
 血潮したたる

 自分より優れた者が
 皆死ねばいいにと思い
 鏡を見ている

 民主党に過大に期待した国民は、どうしようもないやり場のない怒りを、どこに向けるのだろう。そもそも、小沢一郎や鳩山にそれを求めたのが間違いだったんだよね。でも、もはや引き返すことはできないから、これから四年間にわたって閉塞感が支配することになるんじゃないかな。辺見庸もどこかで夢野久作のその詩を引いて、現代の危機は深刻であるとしゃべっていたっけ。政治がそれなりの役割を果たさないと、なおさら絶望的になるんだよね。
コメント

他人事のような鳩山答弁

2009年10月28日 | Weblog
鳩山首相というのは、ぼんぼんそのものだよね。金持ちの家に生まれれば、自己中心の我がままも許されてしまうんだよね。衆議院での代表質問に対しての答弁も、あまりにもちゃらんぽらん。いくら何でも国民は納得するはずがないよ。野党時代の延長で、奇麗ごとだけをよく並べ立てているだけ。本当であれば、国民に協力を仰ぐべきで、限られた予算しかないから、忍耐してくださいと頭を下げるべきだし。安全保障についても、沖縄の方々には迷惑をかけることをお詫びしつつ、東アジアの情勢が緊張していることを、正直に語るべき。国の最高責任者にもかかわらず、野党に転落した自民党に責任を転嫁したり、偽装献金問題では、鳩山自身が捜査対象になっているのに、東京地検が捜査中を連発したり。まるっきり他人ごとみたいだよね。ここにきて民主党に政権を任せて、失敗したという声が国民の間に広がってきているけれど、内閣支持率も、これから急落するんじゃないかな。
コメント

吉田松陰の大和魂

2009年10月27日 | 短歌
安政六年の今日、吉田松陰が処刑されたんだよね。民主党を中心としたエセサヨク政権の誕生によって、日本はまさに音をたてて崩れようとしているけど、内なる祖国を再建するためには、松陰のやむにやまれに大和魂という精神を受け継ぐべきだよね。明治維新と同じような状況になっているわけだから。憂国の歌三首。

 清らかな正気が天を突くような維新の雄たけび静寂破る

 栄達を望まぬ者の祈りには天は必ず恵み与えん

 松陰の気性激しき魂に奮い立たされ日の丸掲ぐ

 
 
コメント

味気なき鳩山の所信表明

2009年10月27日 | Weblog
 ただ淡々と喋るだけの鳩山首相。大臣席も、与野党の議員もウトウトとしている。そんなのってあるの。演説が終わると当時に、民主党の一年生議員が盛大な拍手をしてたけど、あれだって心からではないよね。あらかじめ言われていたから、手を叩いただけでしょう。内容も総選挙のときと同じで、奇麗事を並べ立てただけ。普天間などの重要な案件は、先送りをして結論を出せず、逃げの一手。それでいて「平成の無血革命」とかいう言葉を平気で口にする。よくよく考えるべきは、鳩山政権というのは、一体どこに向かうかということだよね。反官僚とか言っても、実際は元大蔵事務次官の斎藤次郎を抜擢したし。反米を気取ってみたかと思うと、一転してアメリカにペコペコしたり。方針がまったく定まっていないんだから、メチャクチャだよ。少数派に肩入れするかのような発言だって、空々しい限り。色々な意味でハンディがある人たちに同情するのはいいとしても、大金持ちの身分でよくぞそんなことを言えるもんだよね。だったら社会のために寄付すればいいんだよ。いかに民主党支持でも、あの鳩山の演説に感動した人はいないんじゃないかな。
コメント

鳩山由紀夫の大罪

2009年10月26日 | Weblog
 今まで野党だった政治家が、金について一番汚いことをしていたというのは、断じて許せないよね。そいつらが権力を手にしたんだから、何をするか分からないよ。そもそも清廉潔白でなくては、理想だって語れないわけだし。朝日新聞によると、鳩山首相の偽装献金は、母親から出ていたようだけれど、もしそうならば、すぐにでも首相を辞任すべきじゃないの。致命傷なわけだから。2億円近い脱税を見逃すことはできないでしょう。庶民であれば、100円のガム一個でも、盗めばすぐに逮捕されるんだから。大目に見るなんていうことになれば、暴動が起きてしまうよ。鳩山が首相にまでなれたのは、金がしこたまあったからで、金権政治家そのものでしょう。彼と戦って敗れた政治家は、主義主張ではなくて、単に金がなかっただけなんだよね。民主党や社民党には、偽サヨクがたくさんいるせいか、偽装献金を庇うための言論統制を強めているみたいだよね。国会のテレビ中継をさせないようにしたり、やることが見え見え。強権を発動しかねない。それってスターリンとか、ヒトラーと同じゃないの。このままでは日本は、5・15や2・26の時代に逆戻りだよ。血なまぐさい世の中になってしまう。それを防ぐためにも、鳩山首相は身を引くべきだよ。でなければ、歴史を繰返すことになってしまうから。

 草莽の
 祈りせつなり
 さかしらを
 撃たんとするは
 荒御魂かな
コメント

末期症状の鳩山政権

2009年10月25日 | Weblog
 鳩山由紀夫と民主党は、外交内政とも末期症状で目もあてなれない。いくらテレビメディアがヨイショしようとしても、もはや庇い切れるもんじゃないよね。最初から予想されたことだけど、あまりにも酷すぎる。東アジア共同体にしても、日本が少しでも主導権をとろうとすると、中国がいちゃもんをつけてくるだろうし。韓国だって黙ってはいないよ。どこの国も国益優先なわけだから。中国の脅威を肌身で感じているアセアン諸国からは、理想論には付き合いきれないとの猛反発の声が上がっているし、胡散臭い目でみられているよね。沖縄の普天間基地移転問題では、鳩山首相と岡田外相との意見がまるっきり違っていて、どっちを信用していいのかわからない。経済的には鳩山不況が現実味をおびてきているにもかかわらず、有効な手を打てずに月日を浪費してしまっている。失われた20年になりかねないよね。極めつけは鳩山首相の金にまつわる疑惑の数々。今の段階ではまだネットの世界にとどまっているけど、日を追うごとに反鳩山の声が高まってくると思うよ。
コメント