草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

中共や北朝鮮の全体主義国家を甘くみてはならない!

2016年11月30日 | 思想家

全体主義の国家を甘くみてはならない。自由とかに目覚めるのは、体制のタガが緩んでからなのである。とっくに崩壊していいはずの中共や北朝鮮が存続しているのを、誰が説明できるだろうか。中国共産党や金王朝への権限集中であっても、人々はそれに大規模な反乱も起こさず、言いなりのままである。逆に両国は世界中に工作員を潜入させ、自国の利益の確保に全力を傾けている。崩壊するどころか、攻勢に転じてきているのである▼ハンナ・アレントは恐ろしいことを私たちに教えてくれた。ナチスの犯罪について論じながら「言い換えると、犯された最大の悪は、誰でもない人によって、すなわち人格であることを拒んだ人たちよって実行されたことになります」(『責任と判断』ハンナ・アレント、ジェムローム・コーン編中山元訳)と書いたのだった▼今の中共や北朝鮮の人たちにもあてはまることではないだろうか。ノンというにはそれなりのものが必要なのである。アレントはカントの『判断力批判』の「思考することは自分自身との語らいである」との言葉を引用し、人間の自由がどんなものであるか問題にした。それを手にすることができなければ、全体主義に反逆することは困難である。抑圧されているという意識すらもないわけだから、分裂した自我に悩むこともないのだ。全体主義国家を甘くみてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

お花畑から朝日やNHKが抜け出せないのはムラ社会だからだ!

2016年11月30日 | 思想家

朝日やNHKなどのマスコミの多くが戦後の言論空間にこだわり続けるのは、ムラ社会から抜け出せないからである。尾高邦雄は『日本的経営』で独自の日本人論を展開している。マスコミ関係者が所属する組織に気兼ねするのも、集団主義のせいなのである▼「日本人のこれら諸集団への所属の仕方は、各集団にたいする我の所属がそれぞれ全人格的所属であるため、我に相当する小円は、家庭、学校、会社、労働組合、政治的派閥のような諸集団の円周にたいして、常にその内側に位置している。もとより、これらの諸集団が描く円周は、たがいに交錯しうるが、しかしいくらこれらの円周が重なり合っても、我の小円はいつもこれらの円周の内側にあるのである」▼集団主義は特殊主義であり、開かれた普遍的な社会とは異なるのである。所属する集団によって、主義主張まで束縛されるというのは、日本人以外には通用しないというのだ▼ようやくここにきて状況が変わってきた。ネット社会の到来によって、匿名で発言することができるようになり、集団主義からの逸脱が可能となってきた。今後どのようになるかは予測することはできないが、日本人が集団主義に埋没することなく、主体性を確保することが大事であり、「憲法9条擁護」のお花畑の戦後の言論空間が壊れつつあるのは、ネットの力が大きいのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

朴槿恵の早期退陣で朝鮮半島は大動乱の時代に!

2016年11月29日 | 国際問題

いよいよ朝鮮半島は大動乱に突入する。韓国の朴槿恵大統領が今日の記者会見で早期に辞任する意向を表明した。騒ぎがどんどん大きくなっており、手の打ちようがなくなったのだろう。しかし、いかに側近の疑惑が原因だったとしても、そこまで追い詰められるのは異常である。北朝鮮が背後にいるのは確実であり、統一に向けて武力を行使する危険性が高まってきている▼いかに北朝鮮が経済的に恵まれていなくても、核を持ち、スカッドやテポドンが実戦配備についている。このままでは北朝鮮が韓国に攻め込むことになるだろう。すでに「土台人」と呼ばれる多数の工作員が潜入している。それを鎮圧できる力が韓国軍にあるかどうかだ。単なる政変のレベルではないのである▼北朝鮮軍は約120万ともいわれ、韓国軍の6万6千の倍近い。軍人が多いということは、人海戦術も可能なのであり、ソ連軍が第二次世界大戦のスターリングランド攻防戦で、退却する者たちを機関銃で皆殺しにしたように、屍を越えて突撃することを命じるだろう。甘く考えるのは間違いなのである▼誰が味方か、誰が敵かを識別するのにあたって、朴槿恵はとんでもない間違いをした。日本を敵視して、北朝鮮や背後にいる中共に接近した時から、今回の事態は予想されていた。全体主義国家と立ち向かうのではなく、そこに屈服した段階で、韓国は滅びの道を選択したのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

日本の心を知るために小林秀雄の『本居宣長』を読む!

2016年11月29日 | 思想家

今頃から大晦日の夜まで、小林秀雄の『本居宣長』を読むようにしている。時間をかけてゆっくりと味わうのである。世俗とは別な世界がそこにはあり、日本人の魂に触れる思いがするからだ▼とくに、宣長の「よろづの事を、心にあぢはへて、そのよろづの事の心をわが心にわきまへしる、―わきまへしりて、其しなにしたがひて、感ずる所が、物のあはれ也」のくだりを解説する文章などは、小林ならではの天才的な直感の賜物のように思えてならない。あえて小林は「其しな」を「死」という言葉に置き換えることで、「死」はより切実な問題となるのである。小林が語らんとすることは、その引用文の解説に全て言い尽くされているが、それを理解できるまで、読み手は繰り返し、反復して読む以外にないのである▼「物のあはれを知る」ということについて、宣長は「むしろ認識を論じた」としながらも、小林は「この傾向は、彼が情と欲とを原理的には峻別するところに、特によく現れてゐた。實生活で情と欲とが、どんなに分ち難く、混り合つてゐようとも、求めるばかりで、感慨を知らぬ欲を、情と呼ぶわけにはいかぬ。欲は、物を得んとする行動のうちに、己を失ふが、情は、物を観じて、感慨を得、感慨のうちで、己に出曾ひ、己の姿を確める。宣長は、さういふ考へ方をしてゐた」と書いたのだった▼日本人を取り戻すためには、「物のあはれを知る」心ではないだろうか。小林の『本居宣長』なのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

ネット規制が行き着く先は人間が蟻塚の蟻になることだ!

2016年11月28日 | 思想家

ネットの世界で言葉狩りが行われている。どのような基準があるかは不明確である。民族差別的なことを理由にして、フエィスブックの使用に制限がかかったりしている。自由な言論空間が徐々に狭まってきているのである。人間の思考が水平化され、誰もが同じ通り一遍のことを書き、口にするのが望ましいのだろうか▼煩雑な作業にならないようにするために、人工知能が思いのままに人間の言論活動を制約する時代が確実にやってくる。そして、言葉を使えなくすることが、いつしか無意識の世界をも拘束するようになるのである。今年の流行語大賞の候補についても、特定のイデオロギーの人間が選んだこともあり、あまりにも国民の意識と隔たっていた。民進党代表の蓮舫に関するものは一切取り上げられなかった。違法人、二重国籍ほどネットを騒がせた言葉は、まったく無視されたのである▼ドストエフスキーの『地下室の手記』(江川卓訳)の主人公は「二二が四というのは、もう生ではなくて、死の始まりではないのだろうか、すくなくとも人間は、なぜかいつもこの二二が四を恐れてきたし、ぼくなどはいつまでもそれがこわい」と述べるとともに、「二二が五だって、ときには、なかなか愛すべきものではないだろうか」と苦言を呈したのである。言葉を制限するというのは、人間が蟻塚の蟻になり、疑問を呈することもできない水晶宮の住人に甘んじることなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

日本を守るためには韓国のように脇を甘くすべきではない!

2016年11月27日 | 安全保障

韓国がここまで酷いことになるとは想像だにつかなかった。検察当局が大統領という最高権力者や、その側近を血祭りに上げるのは、どこの国家であろうとも、絶対にしないことだ。それをやってのける韓国というのは、常軌を逸している。朴槿恵は批判されるようなことをしてきたが、それでも、一応は民主的な手続きで選ばれたのである▼反朴槿恵のデモを連日報道して、混乱することを喜ぶかのような日本のマスコミも異常である。北朝鮮や中共の走狗と化しているから、そんなことになるのだろう。韓国ばかりではなく、日本にも危機は迫っている。断じて韓国のようになってはならない。共同通信社の世論調査で安倍内閣の支持率が60㌫を超えているのは、日本国民は安定を求めているからだろう。安倍首相を支えなくては、大変なことになると思っているのである▼いうまでもなく、安倍首相は絶対ではない。本当の安倍信者はほんの少しではないだろうか。それでも蓮舫の民進党よりははるかにましだ。日本が韓国二の舞になってはならない。日本にも中共や北朝鮮の工作員が暗躍している。マスコミや学会にも食い込んでいるのではないだろうか。その点ではは韓国と変わりない。しかし、反日の言論に対抗しているのは、名も無き保守のネットである。ここで負けてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

韓国の騒ぎを鎮めることができるのは軍隊だけだ!

2016年11月27日 | 国際問題

いくら韓国の大統領の朴槿恵が酷くても、支持率4パーセントというのは理解できない。マスコミの多くが北朝鮮の意向を受けて動いているからだろう。北朝鮮の脅威と感じていないとしたら、韓国民はあまりにも愚かである。独裁者の支配に膝を屈したいのだろうか▼もし北朝鮮か韓国民の要請があったからとソウルに攻め込めば、アメリカは事態を放置するだろう。圧倒多数が北朝鮮に味方するのに、わざわざ犠牲を払ってまで防衛する必要はないからだ。それなのになぜ騒ぎを大きくするのだろうか。自分の首をなぜしめるのだろう。ここまで大騒ぎになると、韓国の民主化そのものに疑問を呈したくなる。金大中などの太陽政策は誤りであったのではないだろうか。反日の動きも結局は北朝鮮や中共を利しただけであった▼注目されるのは韓国軍の動向である。北朝鮮に扇動されたデモ隊が、騒乱状態を引き起こせば、ここぞとばかり、戒厳令を布告するはずだ。それを警戒しているからこそ、北朝鮮はセーブしているのだろう。韓国があくまでも自由世界に留まろうと思うのであれば、韓国軍が乗り出して、喧嘩両成敗しかないのである。それは朴槿恵を守ることではなく、韓国の自由を守ることなのである。その勇気があるかどうかである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

蓮舫が代表のままでは民進党は奈落の底に落ちるだけだ!

2016年11月26日 | 政局

野党第一党の党首が感情むき出しで、罵倒しかできないようでは、日本の議会制民主主義にとっても由々しき事態である。蓮舫は国民に悪印象しか与えない。それでも必死になってマスコミが擁護するから、それほど恥をかかなくてすんでいるのである。二重国籍の問題について嘘ばかり吐いているくせに、人のこととなると口汚く罵るのは、まさしくブーメランである▼テレビで豪邸を紹介するにいたっては、見当違いも甚だしい。そんなものを見せびらかす政治家は最低である。伊藤博文の大磯の滄浪閣は、建物が田舎の郵便局のようだと評された。原敬にいたっては、芝公園の古色蒼然とした手狭な家に住んでいた。座布団は丁寧につくろわれたつぎはぎだらけで、畳はすり切れていた。豪邸を誇らしげに公開するというのは、政治家のすることではない。テレビのアイドルのままで、日本の国政の舵取りはできないのである▼民進党もどうかしている。いくら蓮舫を押し立てても、支持率は少しも上向いてこない。このままでいいと思っているのだろうか。あまりにも情けない。TPPをめぐる論戦にしても、もっと舌鋒鋭く追及できるのに、言葉の揚げ足取りと審議拒否の繰り返しである。これ以上みっともないことを続けるべきではない。今民進党がなすべきは、蓮舫を代表の座から降ろすことである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント (1)

北朝鮮化が進む韓国は日本にとって他山の石だ!

2016年11月25日 | 国際問題

日本のマスコミは韓国の朴槿恵大統領が追い詰められていることを、連日のように大々的に報道している。日本もそうなる危険性があるのに、それについてはまったく触れない。今日の韓国は明日の日本なのである。朴槿恵がとんでもない人間であっても、デモなどの実力行使で辞めさせるのは、民主主義への挑戦以外の何物でもない▼明らかに北朝鮮のスパイが暗躍している。あらゆる分野で北朝鮮化が進んでいるのである。表向きは民主化であっても、その実は金正恩の独裁国家へ屈服なのである。韓国の軍隊がまともであるかどうかが、最終的に韓国の運命を決することになるだろう。このままでは日本も同じことになる。ちょっとしたことで、マスコミが大々的に書き立て、それに反する意見は一切無視されるだろう。日本も韓国と同じく騒然とした事態になるだろう▼日本の自由と民主主義を守るためにも、手をこまねいているわけにはいかない。独裁反日国家の走狗と化しているマスコミや政治家は、白昼のもとにさらさなくてはならない。今の報道はあまりにも偏向している。すでに多くの人がその情報を持っているはずだ。小出しにすればいいのである。これまでのように野放しにしておくべきではない。朝鮮半島の動乱は日本の動乱であり、日本人は一致して身構えなくてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

自衛隊を国軍にするために決起したのが三島森田両烈士だ!

2016年11月25日 | 思想家

三島由紀夫、森田必勝の決起のあの日から46年目を迎えた。戦後レジームの脱却は夢のまた夢で、未だにアメリカに押しつけられた占領憲法は改正されておらず、その弊害がより深刻になっている。自衛隊はアメリカ軍のコントロール下にあり、国軍としての独自性も権威も与えられていない。ようやく日本人は自分たちの不甲斐なさに気づきつつあるのではないだろうか。中共やロシアはもとよりアメリカですら、自国のことが最優先なのである。日本は真の独立を回復しないままに、滅びの道を歩んでいるような気がしてならない▼三島は「楯の会会員たりし諸君へ」のなかで、日本の大本を正すための機会が失われたことを認めつつ、なぜ少数者の行動になったかを切々と訴えた。「時利あらず、われわれが、われわれの思想のために、全員をあげて行動する機会は失はれた。日本はみかけの安定の下に、一日一日、魂のとりかへしのつかぬ癌症状をあらはしてゐるのに、手をこまねいてゐなければならなくなった。もっともわれわれの行動が必要なときに、状況はわれわれに味方しなかったのである」▼しかし、三島森田が死んで見せてくれたことで、私たち日本人は、命よりも大切なものがあることを確認したのではないだろうか。なぜ三島が死ななければならなかったのか。自衛隊を国軍とするその一言に尽きるのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント (2)