草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

明日からの高速道路(東北地方)無料措置見直しを嗤う!

2011年11月30日 | 観光

 今日は磐越自動車道で新潟市に出かけてきたが、料金所で「東北地方無料措置見直しのお知らせ」というチラシを手渡された。東日本大震災にともなう無料措置について、法改正にもとづいて見直しをするというもので、ETCのあるなしにかかわらず、全車種が毎日無料となる区間、ETC限定で、休日などが無料となる区間の二つが地図に書き込まれていた。東北道の場合は、南は福島県の白河から青森県の下田百石までは、全車種が毎日無料となる。しかし、いわきJCTから新潟中央ICまでの磐越自動車道では、そうした処置が講じられるのは、福島県の西会津ICまでで、それから先の新潟県は、ETC限定で、休日などが無料となる区間である。民主党は総選挙のときのマニフェストで、高速道路の無料化を掲げていたのに、結局はこのざまである。今回の無料措置によって、東北自動車道のうちの白河IC以南は、料金を徴収されるわけで、川口ICからそこまで利用すると、片道4250円かかり、往復で8500円である。これでは福島県に車で観光客が来るはずがない。本当であれば、民主党政権は、主な高速道路を無料にすべきであるのに、それを行わないばかりか、小手先だけで国民を騙そうとしているのである。しかも、福島県内の中通りや浜通りの高速道路は、かなり放射性物質で汚染されたままだ。このままでは、観光会津も風前の灯である。

 人気ブログランキングへ

              ←民主党政権は嘘吐きだと思う方はクイックをお願いします

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
 にほんブログ村

コメント

本当に福島第一原発は危機を脱したのだろうか?

2011年11月30日 | 災害

 マスコミが民主党政権の御用聞きをしているから、本当のことが国民に伝わらないが、一番危惧されているのが、福島第一原発の4号機である。倒壊の恐れが取り沙汰されており、予断を許さない状況が続いているのではないか。もし燃料貯蔵プールが壊れることになれば、大変な量の放射性物質が漏れ出す。そうなれば、福島県は言うに及ばず、東京にだって住めなくなってしまう。少しは補強工事が行われたようだが、まだ万全ではないだろう。不安をことさら煽るつもりはないが、野田佳彦首相などは、あくまでも他人事であり、東京電力のせいにすることばかり考えている。国民の生命や財産が危険にさらされているのだから、一民間企業に任せておくことはできないはずだ。非常時であれば、国が前面に出るのはあたりまえだ。近いうちに、東日本でもう一度大地震が起きるともいわれている。まだまだ日本は、原発事故の危機から脱したわけではなく、そこから抜け出せないでいるのだ。先の大戦のときと同じように、やたらと精神論を振り回す人たちがいるが、もはやそんな段階ではなく、今求められているのは、冷静な現状把握であり、最悪の場合にどうするかのリスクマネージメントではないか。責任回避しか頭にない、統治能力なき民主党政権にそれを望むのは、無い物ねだりだろうが。

 人気ブログランキングへ

              ←民主党政権ではリスクマネージメントは無理だと思う方はクイックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

民団の言いなりで日本を破壊しようとしている民主党政権!

2011年11月29日 | 政局

 民主党というのは、民団に頭が上がらないようだ。産経新聞によると、今日開かれた党規約・代表選挙規則検討委員会(座長・細川律夫前厚生労働相)で、外国人の党員・サポーターによる代表選投票権の廃止を決めるはずだったのが、結論を持ち越したのだという。政権与党の民主党の代表を選ぶのは、今の段階では、一国の総理を選ぶことである。野党であれば許されても、政権与党はまた別なのである。しかも、国民主権の観点からも、民団を始めとする外国人にコミットさせるのは、大変に問題がある。そこまで考えが及ばないのが民主党であり、そこでスンナリ決められないのが、今の民主党の体質なのである。各種選挙で応援をしてもらっているからだろうが、あまりにも異常である。日本人が日本人としての責任で、日本という国家を動かすべきだ。間違っても、国の主権を外国人にゆだねてはならない。国の命運が決まるかも知れない決定に、外国人が加わるというのは、危険この上ない。そうでなくても、日本は周辺の諸国から狙われているのだ。中共の軍事的挑発、韓国の竹島不法占拠、北朝鮮による日本人拉致事件は、今なお継続中なのである。民団の助けを借りて政権を手にした民主党は、彼らの言いなりになるしかないのだろうが、あまりにも嘆かわしい。

 人気ブログランキングへ

             ←日本という国家の主権者は日本人だと思う方はクイックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

福島を応援している人たちを裏切ったセシウム米の発覚!

2011年11月29日 | 災害

 「あくまでも風評被害ですから、放射性物質は検出されていませんから」と福島県はPRしていた。それが嘘であることが、福島市の大庭地区に続いてまたまた明らかになった。私が知っている限りでは、保守派の人に多いのだが、福島産の米を食べて応援してくれている人たちへの裏切りではなかろうか。サヨクであれば最初から敬遠するだろうが、それこそ窮状を見かねて、善意の輪が広がっていたのである。しかし、それにも前提がある。安全なもの以外は出荷させるべきではないからだ。福島県は徹底して検査を行うべきであったのに、それを怠った責任は重大である。昨日になって福島県は「伊達市の旧小国村と旧月舘町の農家3戸の新米から、国の暫定規制値の倍以上の1050ベクレルが検出された」と発表した。しかも、一部は流通したとみられている。それを受けて福島県は出荷の自粛を要請したが、あまりにもいい加減ではなかろうか。福島産米の信用を取り戻すためには、全県レベルでもう一度検査をやり直すしかないだろう。できるだけ穏便に住ませようという姑息なことは、絶対にすべきではない。福島県は福島産米のPRには全力で取り組み、沖縄にまで出かけて行ったりしているが、それ以前にやるべきことがあったのだ。このままでは福島の農業は壊滅である。

 人気ブログランキングへ  

             ←このままでは福島の農業は壊滅すると思う方はクイックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
 にほんブログ村

コメント (2)

今最優先すべきは福島第一原発関係者の健康管理だ!

2011年11月28日 | 災害

 最前線で指揮を取っているトップが病気で倒れるというのは、よほどのことだと思う。福島第一原発の吉田昌郎所長が体調を崩して、急きょ入院することになった。12月1日付で退職するのだという。心労がたたったのだろうか。どんな病気に罹ったのだろうか。個人のプライバシーに関わることだから、それはさて置くとしても、、国民に不安を与えないためにも、現状がどうなっているかについて、民主党政権は包み隠さず公表すべきだろう。本当に収束の目途が付いたのだろうか。しかし、そんなであれば、余裕ができて、吉田所長も病気にならなかった気がする。目下、福島県は放射性物質の汚染をどうするかで手一杯で、発生源の福島第一原発には、それほど目が向かなくなっている。首相官邸や東京電力本社の指示に従わずに、独断で海水注入を継続したことで、より最悪の事態が防がれたともいわれているが、吉田所長は人間としての能力の限界を超えていたに違いない。心身ともに消耗してしまったのだろう。3月11日の原発事故発生時から8ヶ月以上が経過した。いくらピンとはりつめた糸でも、限界というものがある。吉田所長以外にもバタバタと倒れるようなことがあれば、深刻なことになってしまう。これからは今で以上に、現場で頑張っている人たちの健康管理を最優先させるべきだ。

  人気ブログランキングへ

              ←福島第一原発の関係者に声援を送りたいと思う方はクイックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
 にほんブログ村

コメント

政治家が旨とすべきは頭山満が説いた「沈勇沈才」だ!

2011年11月28日 | 思想家

 今の日本の政治家がダメなのは、その場を取り繕うことしかできず、腹が据わっていないからだろう。葦津珍彦は『大アジア主義と頭山満』のなかで、杉山茂丸が頭山と初めて会ったときのことを、かなりのスペースを割いて紹介している。それを読むまで私も知らなかったが、同じ筑前出身にもかかわらず、杉山は玄洋社創立には参加しておらず、後から加わった組であった。血気盛んな杉山に向かって頭山は「才は沈才たるべし。勇は沈勇たるべし。孝は至孝たるべし」と教え諭したのである。何事も出たところ勝負で、無念を晴らすようでは、かえって悪い結果を招くので、「平生無私の観念に心気を鍛錬し、事に当たって、沈断不退の行いを要とす」という心構えを説いたのである。この話に感銘を受けて、杉山は頭山の同志となったといわれるが、日頃から政治家は、心を鍛えておかなくてはならないのであり、今の野田佳彦首相のように、弁解に終始したり、逃げ回るのは、最低の部類に属するのである。そういえば、西村真悟も、民社党委員長を務めた父西村栄一を回想した文章のなかで、「父は、毎朝30分ほど目をつぶって静座をしていた」(『真悟の憂國』)と書いていた。政治をするのは人間であり、無念無想の境地を理解できないようでは、歴史に名をとどめる大政治家にはなれないのである。

 人気ブログランキングへ

             ←今の政治家は頼りないと思う方はクイックをお願いします           

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
 にほんブログ村  

コメント

日本を変えるのは橋下徹のようなエネルギッシュな行動力だ!

2011年11月27日 | 選挙

 大阪のW選挙は今日、投開票が行われた結果、大阪市長に大阪維新の会代表の橋下徹が、大阪府知事に大阪維新の会幹事長の松井一郎がそれぞれ当選した。民主党や自民党を向こうに回して戦いを挑んだ、橋下のエネルギッシュな若さに期待したい。父親のことをとやかく批判する向きもあるが、あくまでも親は親であり、子供は子供なのである。京都守護職時代の会津藩も、きれいごとで、治安の任にあたったのではなかった。配下に新選組を置くとともに、任侠の世界にも手を伸ばしたのだった。そうでなければ、尊攘派の浪士を取り締まることができなかったからだ。関西という土地柄は、昔からそれが普通であったのだ。しかも、父親とは別な人生を歩んでいるわけだから、応援してやるのが人間ではなかろうか。橋下を私が評価するのは、国旗や国歌に対しての、筋の一本通った考え方である。日本に今一番求められるのは、明確な国家観である。終盤戦になって、石原慎太郎東京都知事が応援に駆けつけてくれたことで、なおさら橋下のスタンスは明確になったのではないか。政治家として橋下が完璧なわけではない。しかし、新しい世代にバトンタッチしなくては、今後の日本は成り立たないのであり、いくら大変であっても、橋下に頑張ってもらうしかないのである。

 人気ブログランキングへ  

             ←日本を変えるのはエネルギッシュな行動力だと思う方はクイックを

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

コメント

サイバー攻撃の問題で中共に抗議一つできない民主党政権!

2011年11月27日 | 安全保障

 中共が日本に対してサイバー攻撃を行っているのが見え見えなのに、来月に予定されている野田佳彦首相と中共首脳との会談で、捜査協力を要請するのだという。中共国内に発信元があるからということだろうが、ピントがかなりずれている。産経新聞の小森義久さんの記事によれば、実行犯については、人民解放軍総参謀部第3部指揮下の青島や済南にある部局であることが特定されている。それなのに、どうして抗議をしないのだろう。民主党政権の土下座外交は、国益上何のプラスももたらさないし、かえって誤まったメッセージを出しかねない。日本の政府機関や防衛省と関係の深い民間企業を狙うことで、間接侵略の拠点作りをしているのだから、頭を下げて捜査協力を要請することではないはずだ。軍事関係の中枢を破壊される事態になれば、武力行使も辞さずという意見がアメリカでも高まっている。民主党政権のように、中共の鼻息をうかがうような外交では、少しも圧力をかけたことにはならない。そうでなくても日本は、徐々に中共の勢力圏に呑み込まれようとしている。抗議一つできないのでは、なおさら甘く見られるに違いない。日本の安全保障などは、民主党政権にとってどうでもよいことなのだろうが、それでは国民の生命財産は守れないのである。

 人気ブログランキングへ

             ←中共に抗議すべきだと思う方はクイックをお願いします

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
 にほんブログ村

コメント

東北の被災地を考慮せぬ玄葉大臣のチャーター機利用

2011年11月26日 | 政局

 玄葉光一郎外務大臣については、私は入閣時から問題視してきたが、やっぱりやらかしてしまった。権力者の驕りから出たことだろうが、日帰りで中共を訪問するのに、わざわざチャーター機を使ったのだった。1200万もかけて、なぜそんなことをする必要があったのだろう。東北地方の仮設住宅には、ようやく石油ストーブが入り始めた段階で、まだ全戸には行き届かない。1200万程度であっても、ストーブの購入費にあてれば、かなりの数になるのではないか。いくら政権に居座っていられるのが、後わずかだとしても、あまりにもどうかしている。そんな玄葉外務大臣のことについては、日刊ゲンダイが取り上げただけで、それ以外のマスコミは黙殺である。そして、NHKなどは、日米地位協定の運用改善を大々的に報道し、玄葉外務大臣の功績にしようとしている。しかし、運用の点で前進したとはいえ、アメリカの軍人や軍属を日本の法律で裁くのが難しという点では、何ら変わってはいない。それをお土産にすれば、アメリカ軍普天間基地の移設に関して、沖縄県の協力を取り付けられると思うのは、あまりにも短絡的だ。国民目線が第一と言いながら、民主党政権のやることは全て、日本国民の感情を逆撫ですることばかりであり、玄葉外務大臣もまたその一人なのである。

 人気ブログランキングへ

              ←民主党政権には任せられないと思う方はクイックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
 にほんブログ村

コメント

セシウム米検出を受けて福島県知事は謝罪会見をすべきだ!

2011年11月26日 | 災害

 佐藤雄平福島県知事は、今すぐ記者会見をして謝罪すべきだろう。先に福島県の米の安全宣言までしたわけだから、そうするのが筋だろう。福島市の大波地区の米から放射性セシウムが検出されたのは、一戸の農家にとどまらずに、次々と拡大している。これまで154戸の農家のうちの34戸が終了した段階で、最初に見つかった農家以外の5戸で、国が定めた玄米の暫定規制値(1キログラムあたり500ベクレル)を超えたのである。しかも、それが表沙汰になったのは、自分たちが食べる米が安全かどうかを、JA新ふくしまに調べてもらったのが発端であった。県の検査では判明しなかったのである。さらに、大波地区だけですまない可能性もある。これからは福島県も私たち県民も、「風評被害」という言葉を、安易に使うべきではないだろう。現実に実害が出ているのであり、かえって消費者からは、隠蔽工作のキャンペーンと思われかねない。放射性物質の汚染によって、福島県東部は、住むこともはばかれるような状態になっている。同じ福島市の渡利地区などは、即刻避難すべきであるにもかかわらず、判断が先送りされているのは、セシウム米同様に、県がしっかりしないからだ。どうして、命を守ることを最優先にできないのだろう。佐藤知事は今こそ腹を括るべきなのである。

 人気ブログランキングへ

            ←米の安全宣言をした福島県知事は謝罪すべきだと思う方はクイックを

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
 にほんブログ村

コメント