草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

キャンディーズの歌に励まされた陰鬱な内ゲバの時代

2011年04月22日 | プライベート

 大学時代にキャンディーズのファンだった身としては、自分のことを顧みないで、田中好子が、55歳になっていたとは知らなかった。死亡記事を見てビックリした。時間は日々過ぎているのを痛感させられた。しかし、スーちゃんと呼ばれていた彼女は、嫌味のない溌剌とした色気というか、清純さというか、それは新鮮そのものであった。学園では中核と革マルとの内ゲバが行われ、何度も凄惨な場面を目撃した。そんな陰鬱なかでも、「もうすぐ春ですね」という歌が聞こえてくると、なぜか救われた気がした。グループが解散したのは、昭和53年のことだったいうが、私の身近には、わざわざ後楽園まで出かけて、最後の公演を堪能してきた知り合いもいたから、結構熱狂的なファンも多かった。その頃の私はまだ結婚する前で、会津に戻ってきていたが、まともな職にもありつけず、その日暮らしといった感じであった。三人のうちでは、どちらかというと伊藤蘭の方が好みだったのは、大学の後輩がランちゃんの私生活のことを話題にしていたので、ついつい興味を覚えたのだと思う。青春の残り火が燃え尽きていなかった、遠い遠い昔の出来事である。あの当時とは違って、極左が流行らなくなってしまった。しかし、政界や学界、さらにはマスコミ界にもぐりこんだ連中が、日本の解体を目論んでいる。日本に本当の春が来るのは一体いつになるのだろう。

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

今年もまた会津の地から保守派の言論を発信

2011年01月18日 | プライベート

 還暦までほぼ一年となり、健康に気遣う年になってしまったが、この国のことを考えると、やむにやまれぬ思いがこみ上げてならない。とくに、地方は経済的に深刻の度を増しており、すぐにでも景気対策を講じなければ、それこそ焼け野原である。さらに、三島由紀夫ではないが、この国の経済界は、金儲けしか頭になく、国柄を次々と壊すことに手を貸している。中共の膨張主義に対しても、危機感を抱くのではなく、歓迎している節すらある。政治の面では、メルトダウンが進み、サヨク政権の誕生が、そこに拍車をかけている。本来であれば、救国戦線を結成し、サヨクを排除し、国家としての体面を取り戻し、歴史と伝統を踏まえるべきであるのに、その道筋は果てしなく遠い。しかし、ネットを通じて、声なき声の国民が、それこそ素手で戦っている姿に、感銘を覚えてならない。そうした一人ひとりの力が結集されて、この国は守られているのである。今年もまた、草深い会津の地にあっても、臆することなく、保守派としての言論戦を挑みたいと思っている。戦いはこれからが正念場なのである。  

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村     人気ブログランキングへ

           ↑

     会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (1)

真夜中に独りぼっちでたおやかな大和心の歌口ずさむ

2010年10月09日 | プライベート
 還暦を目の前にして、健康に心もとない身であるのに、私は已むに已まれぬ気持ちでキーボードをたたいている。友もリタイヤする年になり、未来に対する希望というよりも、今では漠然とした不安感の方が強い。ここ何ヶ月かは、日帰りでの上京も控えるようにしている。それだけに、本当は文学老年でいたいのだが、あまりにも世の中がデタラメなので、政治的なことがブログの中心になってしまう。それでも、最近は夜中にふと覚めると、虚無というか、目の前にある闇に言葉を失うことが度々だ。そんなとき私の胸に去来するのは、塚本邦雄、吉井勇、寺山修司といった歌人たちのことだ。三人三様であるが、心にしみわたる言の葉を、私たちに残してくれたからである。草莽というと、いかつい志士を連想しがちだと思うが、実際はそれとは裏腹で、繊細でたおやかな大和心なのであり、それを象徴するのが、塚本邦雄の歌なのである。  

  こころざし滅ぶ 處女(をとめ)の床の邊にわがわすれける朱鞘(しゅざや)のナイフ



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村        人気ブログランキングへ 
             ↑
     会津っぽに応援のクリックをお願いします
コメント (1)

胆石の手術で痛感した家族の絆

2010年08月18日 | プライベート

胆嚢を摘出するために、会津若松市の竹田総合病院に入院した。交通事故で担ぎ込まれたことはあったが、全身麻酔というのは、私にとっては初めて。それだけにチョッピシ不安もあったが、現代の医療技術にはビックリした。絹田俊爾医師が執刀したが、腹腔鏡下手術であったために、臍ともう一箇所に穴を開けただけで、傷がまったく残らなかったからだ。今のところは後遺症もまったくないが、そこで痛感したのは、日本人の家族の絆の強さであった。

二、三年ほど前から胸焼けがしてならなかったが、二ヶ月ほど前に、会合で天婦羅を食べたら、胸焼けがして我慢ができないほどだった。それが気になったし、若い頃に十二指腸潰瘍をやったこともあるので、7月21日に知り合いの開業医のところに出かけて胃カメラの検査を受けた。胃そのものは問題がなかったが、エコー検査で胆嚢に石が見つかった。「痛くなったらば、手術した方がいいですよ」と言われたので、気になってネットで調べてみた。すると、右の背中がこったり、胃に不快感があったりするのは、胆石の症状だというのを知った。

このままにはしておけないと思って、その日のうちにその開業医に電話をかけ、竹田総合病院を紹介してもらった。翌日7月22日午後には、外科の絹田医師の診察を受けて、最初は8月7日入院で、9日に手術という日程が決まった。それまでに、CTやMRAなどの検査をして、準備をすることになった。簡単な手術だからと最初は高をくくっていたが、2週間も間があると、神経が過敏になってきた。そこに病院から電話があって、日にちが早まることになり、4日入院で、5日手術ということになった。どうせなら早いほうがいいと思っていたので、すぐに飛びついた。

入院の当日は、大部屋だったこともあり、どんな人がいるのかとついつい見渡してしまった。誰も口を開くことがなく、重苦しい雰囲気があった。黙っているのもつらいので、いつもの通り、ついつい取材してしまった。その方は退院間近で、職場に復帰する意気込みに燃えておられた。大病をされたにもかかわらず、めげるそぶりはまったくなかった。二人で打ち解けて話をしていると、廊下側のベットの人が、割りこむようにして会話にまざってきた。そして、「絹田先生の腕はたいしたもんだから、心配しなくてもいいですよ」と声をかけてくださった。腸閉塞で病気で戦っておられるのに、それよりも私のことを気遣ってくださったのだ。

気が楽になったせいもあって、その夜はぐっすりと眠れた。手術の当日は、朝から点滴が始まったが、針が太かったことを覚えている。正午には手術室に入ることになっていたので、午前10時半には妻と娘、さらに義理の妹がやってきて、心配そうな顔をしていた。「頑張って」と妻に手を握られたときは、映画に一シーンのようであった。日頃家族を大事にしてこなかっただけに、いじらしく思えてならなかった。しかし、そのムードはすぐに吹き飛んだ。一般病室にいる間に、鼻から胃に管を通されたのが苦しくて、顔がゆがんでいたからだ。それでも、看護師さんから「手術室まで歩かれますか」と聞かれると、「自分で行きますから」と大口をたたいたが、手術室のドアを開けると、女医さんがそこに立っていられて、「よろしくお願いします」と頭を下げられた。

それからすぐに手術台の上に上げられたが、背中に麻酔をされた瞬間に眠ってしまい、目が覚めたときには、全てが終わっていた。石は2個あったが、コレステロールのポリープも除去された。手術室から処置室に運ばれるのを記憶しているから、タイミングよく麻酔が切れたのだろう。妻たちが入ってきて「成功だったですよ」と教えてくれたが、もうろうとしてはっきりはしなかった。時計を持っていなかったので、何度か目を覚ましたが、朝になるのが待ち遠しくてならなかった。絹田先生も顔を出されて、励ましてくださった。管がはずされていたので、自由に寝返りをうつことができた。

次の日のお昼から食事が出された。前々日の夜9時から絶食だったので、食べるのに時間がかかったが、それでもぺろりとたいらげた。そして、午後には一般病室に戻ったが、その日の夜、高熱が出たのには気落ちしたが、腹腔鏡熱というのがあるそうで、水枕で一晩ほど過ごしたが、たった一度の騒ぎで終わった。

それ以降は順調で、8月10日には退院することができた。今日は外来で絹田医師から診察を受けたが、何の問題もないと太鼓判を押された。それにしても、「単孔式腹腔鏡胆嚢術手術」を行った絹田医師を中心とするスタッフには、心から感謝したいと思う。それと同時に、胆石で悩んでいる人は、信頼できる医療機関と相談し、最善をつくすべきではないかと思った。

さらに、地元の病院で手術をして感じたことは、病人を支える家族の絆の太さである。親子関係が希薄になったとかいわれるが、実際はそうではない。老いた親を見舞う子どもたちは、懸命に尽くしているし、夫に寄り添っている健気な妻というのは、見ていても神々しいものがあった。作家の城山三郎は、晩年に妻の寝巻きの紐をつかんで眠りに付いたという。それと変わらない光景が目の前で繰り広げられていたのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
                      ←会津っぽに応援のクリックをお願いします                                  

 人気ブログランキングへ
コメント (1)