草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

国民の命を守るよりも「桜を見る会」が大事な特定野党を嗤う!

2020年02月18日 | 感染症

保守派のネット民が安倍首相を批判しているのは、非常事態への対応が生温いからである。憲法に緊急事態条項がないことで、場当たり的になってしまっていることを問題視しているのである。昨日の国会の論戦を聞いていると、特定野党は安倍内閣を打倒することが目的で、またもや「桜を見る会」ばかり取り上げている▼今すぐ実行すべきである中共からの入国禁止については、特定野党は一言も口にしていない。所属の国会議員がブログで話題にはしているが、自分たちの主張として訴えているのではない。国民の命などどうでもいいのである。新型コロナウイルスの感染がより深刻化するのは、いよいよこれからである。電車、バス、タクシー、船などの利用を控えることを政府は呼びかけているが、そこまでしなければないないほどに、今我が国は危機を迎えているのである▼安倍首相の優柔不断が許されてしまうのは、特定野党が不甲斐ないからなのである。平時しか想定していない憲法下にあって、国会がまったく機能していないことを、私たち国民は見せ付けられたのである。もはや憲法改正は間に合わない。日本を救うのは、政府による断固とした超法規的措置しかないのであり、それに私たち国民も協力すべきなのである。

コメント (1)

国民の命無視して桜かな 10句

2020年02月17日 | 川柳

国民の命無視して桜かな

危機なのに桜見る会騒ぎ立て

辻元は武漢肺炎口にせず

偉そうな野党政治家ブーメラン

どうでもいい国会論戦阿保らしい

「非常時」の言葉タブーで腰砕け

人権にこだわる野党打つ手なし

審議拒否朝日毎日応援団

国会を止めて騒いで満足す

安倍政治倒せぬ野党ビジョンなし

 

 

コメント

国家が危機に陥ったときには法を停止することを説いたルソー!

2020年02月17日 | 感染症

危機なのに危機であることを認めたくない安倍首相は、自らの責任を放棄しているのではないか。政府が昨日、新型コロナウイルス感染症対策専門者会議を開催したが、感染の状況を「国内発生早期」から「国内感染期」に警戒レベルを上げるのを見送った。そんな会議で決めるのではなく、安倍首相自身が決断し国民に直接語りかけるべきだ▼ルソーは『社会契約論』(井上幸治訳)の「独裁制」において、非常事態に対応するには、権限の集中しかないことを強調している。「法のもつ硬直性は、それが事件のなりゆきに順応することを妨げ、ある場合には、法を有害なものにしることもあり、また国家が危機に陥ったときには、法によって国家の滅亡を招くこともありうる」と指摘するとともに、「政治制度を確固たるものとしようとして、制度のもたらす効果を停止する権限まで、取り去ってしまってはならない」と書いている▼安倍首相が官僚や野党の顔色をうかがうようであってはならない。法による歯止めが利かなくなると大問題だというのは、愚かな立憲主義であって、政府の足を引っ張るだけなのである。今は法律論をしているときではない。国民の命を守れるかどうかの瀬戸際に立たされているのであり、結果責任で政府があらゆる手段を講じるべきなのである。

コメント (1)

中共に媚び官僚の言いなりの安倍内閣に支持基盤の保守が反発!

2020年02月16日 | 感染症

安倍内閣の支持率が急落した。共同通信社が15、16日に実施した全国世論調査によると、支持率は41・0パーセントで、前月より8・3ポイント下落した。不支持も46・1パーセントとなった。安倍内閣を支持していた層も、新型コロナウイルスの感染に関して、中共に気を使いすぎていることに、反発を示したのだと思う。武漢市にとどまらず、中共全土からの入国を禁止しなかったことで、支持基盤の保守の信頼を失ったのである▼霞が関の官僚の頭の中にあるのは、法律をどれだけ順守するかである。危機的な状況を打開することに関しては、政治が指導力を発揮すべきなのである。安倍首相が決断できなければ、物申すことができる政治家が何人いるかである。自民党内の保守派が異論を述べても、安倍首相は意に介さず、習近平の国賓での来日を実現したいようである▼保守派に担がれた割には、簡単にグローバリズムに屈してしまったのが安倍首相なのである。もはや軌道修正は困難である。自民党の総裁としての任期も無制限ではない。私たちは保守を名乗る政治家の再点検をしなくてはならない。目の前の危機については安倍内閣を叱咤するにしても、新しいリーダーを世に出さなくてはならない。日本を守り抜くためには坊ちゃんでは駄目であり、乱世に強い政治家が求められているのである。

コメント

自分の命を守るため外出を控え薬と食料を確保して置くべきだ!

2020年02月16日 | 感染症

加藤厚労相が昨日夕方、「感染経路が見えなくなってきた」と記者会見で語ったのには腹が立った。あらゆる手段を講じたにもかかわらず、水際対策が功を奏さなかったのであれば分かるが、中共からの入国を禁止しなかったことで、今回の事態はすでに想定されていたのである。手の打ちようがないのであれば、一体国民はどうすればいいのだろう▼新型コロナウイルス感染症によって、我が国はめちゃくちゃになるのではないか。そうした危機を乗り切るには、政府がリーダーシップを発揮し、ここ2カ月程度で封じ込めなければならない。一時的に経済活動に影響が出たとしてもやむを得ない。各種会合の禁止、できるだけ外出を控えるという呼びかけを徹底すべきである。いうまでもなく中共からの入国は、今日にでも全面的にストップするのは当然である▼ここまで事態が深刻になれば、政府としても、特定の地域を封鎖するとか、個人の自由や人権を制限することも決断しなくてはならない。私たちがすべきことは、医療崩壊に備えての薬の確保や、流通が混乱する前に食料をストックすることである。一人ひとりが命を守る努力をするしかないのだ。我が国は戦争に突入したのと一緒である。政府は戒厳令を同じ布告を出すべきであり、私たちは息をひそめて耐えるしかないのである。

コメント (2)

安易に医療機関で診察を受けるのではなく電話で相談すべきだ!

2020年02月15日 | 感染症

今日の「正義のミカタ」(朝日テレビ放送)で木村もりよ氏が「安易に医療機関で診察を受けることは医療の崩壊につながる」と語ったことは重要である。政府はテレビなどを通じて、新型コロナウイルスに感染した疑いのある人は、「帰国者・接触者相談センター」に相談することを周知徹底させるべきである。すでに各都道府県が設置しており、医療の専門家が電話で応対し、アドバイスをすることになっている。全国的に感染が拡大しているわけだから、各都道府県とも人員を増やして対応すべきである▼感染者が病院で立ち入るだけで、院内感染のリスクが高まる。免疫が落ちている重病患者や高齢者はそれで命を奪われる。病院の入り口で体温を確認するいった処置は、今すぐ実施すべきである。ここ2、3日のテレビなどの報道で、不安に思っている国民が多いと思う。未だに医療機関の大半はその準備ができていない。防護服はもとより、マスクや手袋も不足しているのではないか▼医療崩壊を阻止するために、同センターが中心になって感染者を振り分け、重症者から先に治療するのが望ましい。医療現場の一角が崩れれば万事休すである。そうならないようにするためにも、政府は背水の陣で臨むべきなのである。

コメント (1)

未曽有の危機が的中した今となっては政治の空白は許されない!

2020年02月15日 | 感染症

未知のウイルスによって我が国が危機であることを、去る1月21日から連日指摘してきた。専門家でもない一庶民であっても、なぜか不安を感じて警鐘を乱打せずにはいられなかったのである。エリック・ホッファーは「未曽有の状況下で知識や経験が役立たないとき、無知で未熟な者のほうが状況にうまく対処できる。未知のものや未使用のものは、いわば不適応の状況に対して特別の適応性を示すからである」(『魂の錬金術全アフォリズム集エリック・ホッファー』中本義彦訳)と書いている。下手な知識がない分だけ、一庶民の方が警戒心は旺盛なのである▼ようやく安倍首相も気づいたようである。「今後も、何よりも国民の命と健康を守ることを最優先に、やるべき施策は躊躇なく決断し、実行してまいります」と今朝になってツイートしたからである。政治的な空白をつくることは得策ではなく、安倍支持か不支持という問題ではなく、どうやって私たちが未知のウイルスとの闘いに勝利するかなのである▼今不安でならないのは、感染経路が把握できない事態になってきていることだ。政府ができることは全て実行に移さなくてはならない。満員電車の危険性が取り沙汰されているが、徹底した消毒を実行するとともに、ラッシュ時を避けるような工夫を企業に求めるべきだろう。移動の禁止も検討する必要がある。政府は国民の命を守るために最善を尽くすべきなのである。

コメント (4)

新型のウイルス退治国挙げて 10句

2020年02月14日 | 川柳

危機なのに安倍倒せとは虚しけり

小沢寄り変な連中大騒ぎ

新型のウイルス退治国挙げて

安倍政治とって代わるは真の保守

自民党残念ながらよりまし論

国防の危機に野党は出番なし

感染で選挙できぬと嫌がらせ

真の保守出てくるまでは我慢かな

ネットでも外国勢力侮れず

憲法の制約民を見殺しに

 

 

コメント

加藤厚労相が新型コロナウイルスの感染拡大の可能性を認める!

2020年02月14日 | 感染症

何度でも言う。中共全土からの入国を禁止していれば、もっと違った展開になっていたのである。今日も東京で新たに2名の感染者が見つかった。加藤厚労相の昨日の発言は、政府のこれまでの見解と異なっており、新型コロナウイルスについて「感染が拡大することは否定できない」との言い方は、あまりにも無責任である。多くの国民は政府を信頼していたのである。今になってそれはないだろう。手洗いやマスクで布防ぐことができるのか、何をすればよいのかを、国民に周知徹底させるべきではないか▼未知のウイルスであり、ワクチンもいつになるか分からない。加藤厚労相は「医療体制の整備」とか述べているが、それこそ開業医のレベルまで、防護服や手袋を配布した形跡がない。今のままでは深刻な事態を迎えるのは目に見えている。開業医のもとに感染者が押し寄せてくれば、手が付けられなくなってしまう。医師や看護師は次々と感染し、武漢市のような医療崩壊になりかねない▼武漢市においても、当初の感染者数は限られていた。それがあっという間に広がったのである。パンデミックを阻止するには、大規模なイベントや集会は中止するとともに、病院や介護施設では入り口で体温をチェックすべきである。日本がどうなるかはここ2週間が勝負である。むやみに恐れる必要はないが、政府がやるべきことを断行し、それに国民が一丸となって協力しなくてはならないのである。

コメント (2)

今我が国はパンデミックになるかどうかの瀬戸際に立っている!

2020年02月14日 | 感染症

今我が国はパンデミックになるかどうかの瀬戸際である。すでに感染経路がはっきりしない感染者が出てきている。水際の防衛線は突破されてしまったのである。防衛省は昨日付で医師や看護師の資格がある予備自衛官に招集をかけた。最悪の事態が迫りつつあるのだ▼ここで怯んではならず、政府はいかなる超法規的な措置な策を講じても、国民の命を守らなくてはならない。日本国内での感染は広がっていると見るべきで、検査体制が整うにしたがって、その全貌が明らかになってくるはずだ。感染者が多数発生した地域については、移動制限などによって、徹底的に封じ込めるべきである。政府が果敢に決断するしかないのである▼私たち国民が肝に銘じるべきは、未知のウイルスとの闘いであるということだ。治療法も確立されておらず、自然界のものか、人間が手を加えたものかも判明していない。風邪に似た症状だといわれるが、パニックになって医療機関に殺到しないように、重症者と軽症者との選別が大事になってくる。疑いのある人は、まずは電話で保健所に連絡して指示を受けるというシステムを確立すべきである。医療崩壊を阻止するには、それしか手がないからである。新型コロナウイルスとの闘いは新たな局面を迎えており、挙国一致でこの危機を乗り越えなければならないのである。

コメント (1)