草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨日の党首討論で「モリカケ」騒動は終わった!

2018年05月31日 | 政局

昨日の党首討論は「モリカケ」が終わったことを国民に知らしめた。朝日新聞は安倍総理を追いつめることはできなかったのだ。自分たちの駒となって動いてくれるはずの特定野党の間に、取り返しがつかない亀裂が入ったのである▼安倍総理に対して、枝野立憲民主党代表や志位共産党委員長は相も変わらず「モリカケ」であったが、玉木国民民主党共同代表は外交や経済問題について、安倍総理に果敢に論戦を挑んだ。片山日本維新の会共同代表も政治主導の問題点に関して言及し、「モリカケ」には一切触れなかった。もはや局面は変わったのである▼国民民主党全体が舵を切ったかどうかは分からない。しかし、玉木同代表が立憲民主党や共産党との違いを打ち出した意義は大きい。辻元立憲民主党国会対策委員長などは、かなりショックを受けていたようで、憤懣遣るかたない表情であった▼印象操作で政局を動かすのには無理がある。国民の支持を受けるには政策論争しかないのである。あまりにもこれまでが酷かったので、玉木同代表を見直したとの意見も、ネットからは上がった。野党がまともなことを口にすれば、それなりに評価するのがネットなのである。ともあれ朝日新聞は悔しいに違いない。駒だと思っていた人間から裏切られたのだから。今後も「モリカケ」を続けるならつぶれるしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

「モリカケ」で騒ぐ者たちは熱に浮かされた信仰の徒だ!

2018年05月30日 | 政局

日本国民の命がかかっている大問題を直視せず、朝から晩まで「モリカケ」で安倍総理の足を引っ張る特定野党やマスコミ。アポも取らず、岡山の加計学園に押しかける立憲民主党と国民民主党の国会議員。あまりにも国民を馬鹿にしている。それをわざわざ取り上げるマスコミもどうかしている▼共産主義と宗教とを同一視したのはレイモン・アロンであった。杉山光信の『モラリストの政治参加―レイモン・アロンと現代フランス知識人』のなかでは、アロンの『知識人の阿片』の文章に言及している「超越者ないし聖なるものが欠けているばあい、それは宗教とは認められていないが、多くの社会はいく世紀にもわたって神的存在の観念に無知でありながらも、今日の観察者が宗教について認めるものの考え方や感じ方、命令や献身を知っていたことが想起されよう」▼単純に物事を善悪で区別し、客観的な根拠もないのに責め立てるのは、まさしく信仰にほかならない。戦後70数年が経過しても、今なお我が国では共産主義のピエロがさまよっているのである。その者たちからすれば、目の前にある中共や北朝鮮の脅威はどうでもいいのだ。それよりも安倍総理の存在が腹立たしいのである。無知蒙昧なる信仰の徒を私たちが説得するのは難しいが、かけがえのない祖国を彼らに委ねるわけにはいかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

NHK放送センター近くでの切りつけ犯は韓国籍の男!

2018年05月30日 | 世相

去る18日に東京都渋谷区のNHK放送センター近くで、映像制作会社の職員が刃物で切りつけられた事件があったが、産経新聞の報道によれば、警視庁は今日中にも殺人未遂の容疑で韓国籍の男を逮捕する方針を固めた。その男は犯行翌日には「自分がやった」と出頭し「NHKの報道内容に腹が立ってやった」と話しているという。捜査の過程で不法滞在者であることが明らかになり、今回の件以前に入管難民法違反容疑で逮捕されている▼韓国での異常な反日の動きは、ここにきて無差別テロの様相を呈してきた。朝日新聞と一緒になって安倍叩きを行っているのがNHKである。それでも韓国の人たちから恨みを買うのだから、たまったものではない。日本のメディアにいちゃもんを付けたかったのである。米朝首脳会談が一旦は見送られることになったために、それが面白くなくて、NHKに嫌がらせをしたのだろう▼NHKは「暴力には屈しない」といった声明を出すべきなのに、それもしないだろう。韓国のこととなると、低姿勢に徹し事を荒立てたくないのである。日本のマスコミがどのように伝えるかも注目される。現実に犯罪が起きたわけだから、もはやお人好しではいられないのである。いうまでもなくその男を生んだのは、韓国での反日教育のせいである。私たち日本人は身構えるしかない。日本人に対しては、何をしても許されると思っているのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

「笑点」の落語家まで動員しての安倍叩きを嗤う!

2018年05月29日 | マスコミ評

習近平やプーチンのように独裁者とは別で、安倍総理が日本の舵取りをするのは、せいぜい2021年までである。それなのにマスコミの報道は常軌を逸している。安倍総理はよく耐えていると思う▼目下、ネットで話題になっているのは、日本テレビの「笑点」での安倍内閣叩きである。安倍総理や麻生財務相を笑いものにして、受けを狙っている。ネットはすぐに反応して、その動画を拡散して、逆に出演している落語家を笑いものにしている。「笑点」といえば、以前に台本ができているかどうかで、問題になったことがあった。台本作りには、10数名のベテラン作家が関係し、収録前に落語家と作家、ディレクターとの打合せが行われるいわれている。そこで例題としての回答案が示される。楽だからそれを拝借する落語家も当然いるだろう▼オールドメディアであるテレビ業界は、未だに教条的左翼の温床になっている。安倍総理を貶めようと必死なわけで、何も知らない落語家を通じて、自分たちの憂さを晴らしているのではないか。偏向番組はニュースやワイドショーにとどまらない。どのようにして番組がつくられているか、私たちは関心を持つ必要がある。日本が大変な危機に直面しているのに、政治に混乱をもたらそうとする勢力は、まさしく国民の敵と言っても過言ではない。安倍内閣を批判するなというのではない。もっと建設的な議論をすべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント (1)

丸山ワクチンが効くのは「樹状細胞」を活性化するから!

2018年05月28日 | 医学

丸山ワクチンをめぐっては、ガン治療薬としての効果について意見が分かれてきたが、多くの患者が使用してきた経過がある。日本医科大学の高橋秀美教授が去る19日、東京で開かれた講演会で「丸山ワクチンは、がんに対する免疫の鍵を握る、白血球の一種である『樹状細胞』を活性化することが分かった」と述べた▼この細胞を発見したアメリカの学者は、2011年度のノーベル医学生理学賞を受けており、ようやくここにきて丸山ワクチンがなぜ効果があるかが示されたことになり、がん患者にとっては朗報ではないだろうか。そういえば吉本隆明も、がんになったわけでもないのに、丸山ワクチンを注射していた、と聞いたことがある▼ゼリア新薬工業が「抗悪性腫瘍剤」としての認可を求めたのに対して、1981年に厚生省は不認可とした。しかし、その一方で異例の有償治験薬として供給することを認めたのだった。薬代も月3千円程度だし、副作用もほとんどないわけだから、厚労省も重い腰を上げるべきだ▼丸山千里博士によって発見されたがん免疫療法剤が丸山ワクチンである。副作用にさいなまれる多くのがん治療薬とは違うわけだから、早急に認可すべきではないだろうか。ここまで丸山ワクチンが無視されてきたのは、既得権益を守ろうとする勢力の壁が高かったからである。今回の高橋教授の画期的な研究成果によって、その壁を突き破ることになればよいのだが。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

安倍総理と加計理事長は会っておらず朝日のフェイク!

2018年05月27日 | 政局

だから言ったではないか。安倍総理は加計孝太郎理事長と会っていないと。いくら安倍総理が否定しても、「嘘を吐いている」と攻撃したマスコミや特定野党は恥を知るべきだ。重箱の隅を突くようなことしかできないから、特定野党の支持率は下がる一方なのである。一面トップでぶち抜いた朝日新聞や毎日新聞は、自分たちの報道がフェイクであったことを認めるべきだ▼加計学園の担当者が思わせぶりなことを言ったとしても、それを問題にすべきではない。構造改革特区で突破口が見出せないでいたので、ちょうとした話にも今治市や愛媛県が飛び付いたのだろう。中村愛媛県知事は「ありえない」とかコメントしているが、まったく裏も取らずに公表したことを、どうして反省しないのだろう。そのメモで世間を騒がせた責任を感じないのだろうか▼早い段階から本質を見抜いていたのは、加戸前愛媛県知事であった。伝聞の伝聞であったわけで、それを丸ごと信じた方がどうかしている。朝日新聞や毎日新聞は謝罪記事を出すべきだろう。地上波のテレビにいたっては「誰にも気付かれずに総理官邸に入れる」とコメントした識者もいた。そうでなくても、加計理事長は正々堂々と総理官邸に出入りしており、そこまでする必要など微塵もなかったのである。もう「モリカケ」はおしまいにしなくてはならない。もっと国会では論議すべきことがあるからだ。私たち国民も、マスコミや特定野党に踊らされてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

マスコミと特定野党の「反日」は常軌を逸している!

2018年05月26日 | 政局

マスコミと特定野党のやっていることは、我が国を貶めようとしているだけだ。相も変わらず「モリカケ」の追及ばかりで、日本が直面している危機から目を背けている。昨日は森友学園前理事長の籠池康典が保釈されたが、被告人を英雄扱いしているのには唖然としてしまった。詐欺罪の容疑を認めたから出されたのに、籠池被告は「国策拘留」とか口走って言いたい放題。それをマスコミと特定野党がバックアップするから、誤解する情報弱者も出てくるのである▼昨日の虎の門ニュースでも話題にしていたが、しばき隊の関係者がマスコミにもいて、それが必死になって騒ぎ立てているのではないだろうか。彼らは中共や北朝鮮の走狗であり、我が国が国家として身構えるのを阻止したいのだ。最近ではネットでも組織的な動きをしている。声なき声の保守派の言論を叩きつぶそうとしており、まさしく内戦の様相すら呈している▼古森義久などの話によると、朝鮮半島ばかりでなく、尖閣諸島での軍事衝突が避けられないとの見方が出てきている。それをまったく国会では論議せず、朝から晩まで「モリカケ」なのは、背後に反日国家が蠢いているからだろう。嘘を百回言うことで、真実になると思っている確信犯なのである。日本が日本であり続けるためにも、マスコミと特定野党の膿を出し切らなければならない。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

米朝首脳会談中止を受けて東アジアは一触即発の情勢だ!

2018年05月25日 | 国際問題

トランプ大統領が昨日、ホワイトハウスで記者会見し、6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を中止する考えを明らかにした。予想した通り、北朝鮮は世界中の人々の期待を裏切った。北朝鮮の核の脅威にさらされている我が国にとっては、最悪の事態である▼金正恩は核兵器を手放すつもりなどないのである。もはや瀬戸際外交は通用しないことを思い知らせなくてはならない。金王朝が崩壊するまで世界は圧力を強めるべきなのである。アメリカに残された最終的なオプションは軍事行動である。私たちは身構えなくてはならない。すぐに憲法改正は難しいわけだから、超法規的な決断でもって、危機を乗り切らなくてはならない▼陸海空の自衛隊の真価が問われるときでもある。臨戦態勢に突入していると思うが、予備自衛官の招集も準備すべきだろう。政治は「モリカケ」で騒いでいる場合ではない。政治的な争いを中止して、全ての政党は安倍内閣の政策に協力すべきだろう。何が起きても不思議ではないのである。かつてない危機のただなかに我が国はある▼ここまでくれば安倍総理を信頼するしかない。北朝鮮は腹いせに何をしてくるか分からない。まずは核ミサイルの攻撃と、日本国内での破壊工作に備えなくてはならない。戦後70年以上にわたって我が国は平和ボケに陥っていた。国民の生命と財産を守るために、現時点での万全を期すしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント (1)

今求められるのは安倍総理に続く真の保守政治家だ!

2018年05月24日 | 政局

今の日本丸の舵取りができるのは安倍総理しかいない。今年9月の自民党総裁選で三選を果たして、2021年までに憲法改正を実現するのがベストである。しかし、それ以降を展望することは困難である。フジテレビの平井文夫が危惧しているように、安倍以後を担う人材が今の自民党には見当たらず、野党も人材不足である▼戦後70年以上が経過して、我が国は安全保障政策で重大な転換を迫れている。残念ながらそれを理解している政治家は、ほんのわずかしかいない。その責任を果たそうとしているのが安倍総理である。だからこそ、護憲派から集中砲火を浴びているのだ。現状においては、安倍以後の政界がどうなるかはまったく見当が付かない▼国難に対処しようとする安倍総理に対して、後ろから石を投げるような政治家がいるようでは、自民党の将来はお先真っ暗である。石破茂や野田聖子あたりは安倍総理とは政策的に水と油である。暫定的に菅官房長官を推す動きも出てくるだろうが、長期政権となると無理だろう。平和な時代は誰がやっても同じであるが、我が国が直面している危機は、今後何十年にもわたって続くはずだ。誰が総理大臣になるによって、我が国の運命は左右されるのである。民主党政権のあの悪夢が再現されるようなことがあってはならない。第二、第三の安倍晋三出でよなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント (2)

マスコミと左派野党に冷水浴びせる名も無きネット民!

2018年05月23日 | ネットの世界

朝鮮半島情勢は急速に動いている。日本国民の命にかかわる大問題であるのに、マスコミと左派野党は相も変わらず、加計学園の問題で大騒ぎしている。中村愛媛県知事が公表したメモは、あくまでも伝聞でしかなく、捏造された疑いが濃厚である。それでもなお朝日新聞やNHKが血眼になっているのは、トランプに北朝鮮が追い詰められて大変なことになっているので、それを援護射撃するためではないだろうか▼昨日はネット民がNHKのディレクターが9条の会の集まりで講演をしていたことを暴露した。国民から受信料をもらって、公平中立を旨とするはずのNHKの番組制作者が、こともあろうに左翼活動家であったのだ。そのディレクターは「しばき隊界隈の大物」であることも暴かれた。シールズの関係者が出演していたのも、そうしたネットワークがあったからだろう。反社会的な組織に属する人間が番組をつくっているのだから、偏向報道がまかり通るわけである▼マスコミのフェイク報道を批判しているのはネット民である。いくらマスコミの大騒ぎが一過性に終わるのは、すぐに反撃をされるからである。マスコミと左派野党の目論見を見抜かなくてはならない。安倍総理の政治的なリーダーシップを削ぐためには、何でもありなのである。日本を守り抜けるかどうかは、名も無きネット民の力にかかっている。まさしく今が天王山なのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント