草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

早大に総合優勝をもたらした猪俣英奇の会津魂

2011年01月04日 | 大学駅伝

 もっぱら読書にうつつを抜かす年末年始であったが、去る2、3日に行われた東京箱根往復駅伝だけは、無視できなかった。往路の最終区間である5区の箱根の山登りで、早稲田の走者として、会津高校を出た猪俣英奇が出場したからだ。同じ福島県出身で、それこそ山の神様とまで評される東洋の柏原竜二に追い抜かれて、二番目でゴールインしたとはいえ、差はわずか27秒。翌日の復路では力に優る早稲田が総合優勝を達成したが、猪俣の会津魂が栄冠をもたらしたのだった。しかも、猪俣は、スポーツ選抜で早稲田に入学したのではなく、一般試験で合格したのである。勉強も頑張ったようだ。今回、早稲田でエントリーされた選手10人のうち、何と4人が佐久長聖である。いずれも高校時代から有名だった選手ばかり。それと比べると猪俣は、これまで縁の下の力持ちに徹してきた。4年生になってようやくめぐってきた箱根というのも、泣かせるではないか。柏原が後ろから迫ってきたときに、驚いた様子を見せるわけでもなく、ニヤッと笑ったという。これからが勝負だという思いがあったからだろう。相手がハイペースで追いかけてきたのを計算した上で、必死に食いついたのだった。久しぶりに会津高校の後輩の活躍に魅了されてしまった。会津魂をもってぶちあたれば、何も恐れることはないのである。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村       人気ブログランキングへ

           ↑

        会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加