草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

菅首相は放射能汚染地域からの住民の大移動を決断せよ!

2011年04月30日 | 思想家

 今日本で起きているのは、多くの国民の命が危険にさらされていることもあり、それはまさしく戦争と同じなのである。だからこそ、例外状況のなかで、国民を救うために緊急権が発動されなければならない。カール・シュミットが『政治神学』のなかで述べているように、「例外状況において決断を下す者」が真の政治指導者なのである。菅直人首相は、国民に向かって、どれだけ今回の福島第一原発のトラブルが危機的なものであるかを公表するとともに、それを除去するために何が必要かを決断すべきである。それができないのであれば、政権を野党に渡すべきだ。平時であれば、選挙という民主的な手続きにのっとって処理すればいい。しかし、例外状況下では、政治指導者が孤独な選択を迫られるのである。今一番課題となっているのは、放射能物質によって汚染された地域から、住民を一日も早く移動させることだ。生活の場を追い出されるわけだから、波風が立つのはあたりまえだ。財産権の侵害や移動の自由の制限など、法理論的にも難しい面がある。それでも、このままにしておくべきではない。戦後の日本は平和惚けして、緊急事態を想定してこなかったが、国家は国家としての責務を果たすべきであり、政治指導者は、その責任を一身に背負うべきなのである。  

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (1)

「頑張ろう」の精神主義では立ち向かえない原発事故への対応

2011年04月30日 | 災害

 本当のことを知らされなくて不安なわけだから、福島県民がいくら「頑張ろう」と励まされても、元気が出ないのはあたりまえだ。それよりも、民主党政権には、一刻も早く、今後の生活がどうなるかについての見通しを示してもらいたい。今のままだと、大東亜戦争中のように、B29爆撃機に竹槍で戦うとするのと、まるっきり変わりがない。極端な精神主義であり、少しでも弱音を吐くと、卑怯者呼ばわりされかねない雰囲気すらあり、あまりにも異常だ。驚いてしまうのは、福島産農産物の安全性が力説されていることだ。監視を強化すべきであるにもかかわらず、安全神話を勝手につくりあげている。それでは逆に、福島産農産物の信頼が損なわれるだけだ。昨日、小佐古敏荘東大教授が辞職届けを出した。福島第一原発をめぐる政府の対応に、付いて行けなくなったからだろう。これまた精神主義で、健康被害が懸念されている子供たちのことを、まったく無視するかのような決定に、少しでも良心があれが、異議を唱えたくなるのは当然だ。ここまで事態が深刻になると、「頑張ろう」という言葉は空々しくしか聞こえない。民主党政権が今すべきなのは、放射性物質の危険性を正直に語り、住民の避難を円滑に進めることではないか。

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (2)

山峡の沼にひっそりと咲く会津の鏡桜は今が満開

2011年04月29日 | 会津100選

 喜多方市山都町沼ノ平地区にある鏡桜である。オオヤマザクラで、別名エゾヤマザクラともいわれる。樹齢は約100年とか。今日のお昼過ぎに愛用のデジカメで撮影した。時おり霧雨が降るあいにくの天気であったが、ほぼ満開。まるで仕掛け花火のように、どこまでも雄大であった。それでも、絶頂期はつかぬまの出来事。沼の岸辺には小さな波紋が広がり、散り急いだ桜の花が水面に色を落としていた。ソメイヨシノと比べると、ややピンクがかった色であるが、華やかさというよりも、どことなくゆかしさがあった。その途中、急勾配の坂を車で上っていると、眼下に虹がかかっていたので、一瞬見とれてしまい、その後に運命的な出会いをしたので、シャッターを押す手が震えてしまった。山峡の地にひっそりと咲く桜は、風雪に耐えてきた会津人の生きざまと似ており、共感を覚えてしまう。今日からゴールデン連中が始まったが、花の命はそれほど長くないだろうから、ぜひ今が満開の鏡桜を堪能してもらいたい。

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

飯舘村の悲劇は民主党政権による人災そのものだ!

2011年04月29日 | 災害

 民主党政権があまりにも調子のよいことを言って、福島県民を騙してきたから、ことここにいたって大変なことになっているのだ。心痛んでならないのは、飯舘村のなかでも、もっとも放射線量が高いといわれる地区に、45人の幼稚園児と小中学生がとどまっていることだ。大部分の子供たちは、福島市の温泉地などに避難したといわれるが、やっぱり取り残された子供たちがいたのである。福島第一原発から30キロ圏内でもないわけだから、放射能物質で汚染されているとは、考えられなかったからだろう。民主党政権は、早い段階から、スピーディーによって放射能物質の拡散予測が可能だったわけで、それを公表していれば、今になって混乱することはなかったはずだ。つまり、飯舘村で起きていることは、民主党政権が引き起こした人災なのである。ヤスパースは「政治的自由は、万人の運命を決定するようなことが公開的におこるように要求する。そういうことは公開的に熟慮されなければならない。決断は準備されなければならない」(『哲学の小さな学校』・松浪信三郎訳)と書いているが、情報の公開を拒み続けてきた民主党政権の責任は重大であり、もはやここまでくれば、計画的避難がスムーズに進むように、菅直人首相自身が飯舘村に出向くべきだろう。

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (2)

大岡昇平の『花影』の読後感 5首

2011年04月28日 | 短歌

 脆い花仇花なりし人の世の散りにし後の匂いぞかなし 

 吉野にはあらず会津の鄙びたる閑散たりし桜並木ぞ 

 葉子という夢二の妻の名前なり花影踏みし男ありしか 

 デモ前に読みふけりたる小説は『花影』なりし人目忍んで 

 死ぬ前に乱れぬように身支度し覚悟かためし頬のうす紅

人気ブログランキングへ ←会津っぽに応援のクリックをお願いします 

コメント

福島第一原発で指揮する吉田所長の勇気と誠実さに期待!

2011年04月28日 | 災害

 最前線の現場で復旧に携わっている東京電力職員、協力会社の従事者は、それこそ死に物狂いなのに、民主党政権は、口ばかりさしはさんで、彼らの言い分に耳を傾けようとしない。そればかりか、自分たちの保身にばかりこだわって、東京電力叩きを行っているのである。ブログ「ぼやき」のなかで、青山繁晴が福島第一原発を取材したことを取り上げていた。昨日放送の「アンカー」で流されたものだが、そこに登場した東電執行役員でもある吉田昌郎所長の言葉は、重みがあり説得力があった。日本人全ての命がかかっているだけに、プレッシャーもあるはずだが、淡々とした語り口であった。そして、工程表通りに進むかについては、吉田所長は「私が率いてるメンバーでできることはもう、一生懸命やるつもりですけれども、やはりそこに、色んな形でサポートしていただくということがあって始めて成立する工程だと思っています」と語っていた。菅直人首相や枝野幸男官房長官、さらには、東京にいる東電関係者よりも、誠実そのものではないか。大変な危機であることを意識しているから、オールジャパンというか、世界の知恵というか、それを結集する必要性を訴えているのだ。危機的状況は去ったわけではないだけに、最前線の指揮官の労苦には頭が下がってならない。  

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (1)   トラックバック (1)

会津平の夜桜さみし 5首

2011年04月27日 | 短歌

 酔いつぶれ迷いつぶれて花の下うりざね顔は一夢限りか  

 夜桜は遠くにありて手招きす死者の涙でボンヤリかすむ  

 大地踏む足音砕く死の灰が会津平に襲いかからん  

 あどけなき子らのピンクの唇にかすかな震え花もざわめく

 電飾もなき桜らこそしおれたる身にふさわしき笑みをたたえん

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

子供守るため郡山市が校庭の土を除去する作業に着手

2011年04月27日 | 災害

 民主党政権がやっていることは、マスコミを利用した言論の封殺である。福島第一原発についても、自分たちに都合の悪い情報を、出させないようにしている。そして、断片的なことをテレビで発表させ、国民を煙にまいている。さらに、すり替えも巧妙に行われている。経済産業省内に原子力安全保安院があるにもかかわらず、その辺のところをぼかして、自分たちの責任回避に必死だ。人災であったことを隠すには、それしかないからだろう。そうした民主党政権の怠慢を尻目に、子供たちを守るために、郡山市は小学校、中学校、保育所などで校庭の土を除去する作業に着手した。できることは何でもしようというのだ。福島第一原発から60キロ離れていても、そこまで追い詰められているのだ。放射生物質を測るにあたっても、地面から1メートルのところではなく、地面から1センチのところで測っている。土の上で遊んだり、運動したりする子供のことを考えてのことだ。もはや民主党政権任せでは、危険極まりないからだ。しかし、国民の多くは、福島第一原発が小康状態を保っていると思っているのではなかろうか。まだまだ放射能は漏れ続けているのに。  

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします 

コメント

民主党内の争いではなく今こそ国民が決起すべきときだ!

2011年04月27日 | 

 一度手にした権力を手放したくないために、民主党内でまたもやゴタゴタが始まった。選挙互助団体なわけだから、菅直人首相を失脚させようというのは、当然の成り行きである。しかし、もう一つパッとしない。これまでも本気で喧嘩する気がなくて、単なるガス抜きで終わっているように、見せかけの可能性が強いからだ。最終的には野合するしかないので、一度や二度は大声を張り上げても、すぐにしぼんでしまうのである。嗤ってしまうのは、福島県選出の民主党国会議員である。福島市や郡山市が大変なことになっているのに、政府に文句一つ言えない。福島第一原発のトラブルによって、そこに住めなくなるかもしれないのに、よくぞ悠長に構えていられるものだ。そのなかでも老醜をさらしているのは、平成の黄門様を自称している渡部恒三代議士である。国民を騙した張本人である菅首相をかばって、居直っている始末だ。同じ会津人として恥ずかしい限りだ。このままでは、国民が実力行使をすることになるだろう。今のような無政府状態は看過できないからだ。薩長の野望を打ち砕こうとした雲井龍雄は「題客舎壁」という漢詩をつくってから、京都を離れ、戦乱の世に身を投じた。今こそその志を継ぐときではなかろうか。  

 斯の志を成さんと欲して あに 躬(み)を思わんや 

 骨を埋む 青山 碧海の中 

 酔うて宝刀を撫し また冷笑し 

 決然 馬を躍らして 関東に向う               『雲井龍雄』田宮友亀著より  

 

人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (1)

原発事故発生時から大混乱だった民主党政権の間抜けぶり

2011年04月26日 | 災害

 やっぱりサヨクのやることはそんなものである。3月11日の震災当日の夜に、清水正孝東電社長が自衛隊機で名古屋から東京に戻ろうとしたらば、それをUターウンさせたというのだから、嫌がらせでしかない。東電の最高責任者と菅直人首相が一緒になって、危機に対処すべきなのに、その相手を遠ざけたのだから、とんでもないことだ。あげくの果てに。清水社長のために自衛隊機を用いたというので、自衛隊関係者を非難するというのは、筋違いもはなはだしい。出動命令を出したのは政府関係者のはずだから、そこを問題にすべきだし、結果的に、初動体制がつまずくことになった責任はどうするのだろう。自動車を利用するとしても、高速道路はストップしていたはずだ。そんなドタバタ劇からしても、初動体制の時点から、政府と東電の連携がうまくいっていなかったのだろう。今になって枝野幸男官房長官あたりが、鬼の首をとったように騒ぎ立てる神経が理解できない。サヨクというのは、内心では混乱を喜んでいるのではなかろうか。東電はそこまで足蹴にされているのだから、真実を国民に言うべきだろう。福島第一原発を収束させるロードマップも、どうせ菅直人首相あたりに恫喝されて、付け焼刃でつくったのだろうから。

 人気ブログランキングへ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (1)