草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

このままでは日本は中共の従属国家になり下がるしかない!

2019年10月07日 | 安全保障

何度でも何度でも言わなければならない。このままでは我が国は中共に呑み込まれてしまうと。香港で起きていることは、他人事ではないのである。韓国でも自由を守るための戦いが始まっているが、情勢はかなり厳しい。楽観は禁物なのである。日本人でありながら、中共の手先になって働いている者たちは、中共や韓国への批判を一切許さなくなっている。日本のマスコミの多くも、真実を伝えるよりも、中共に忖度している▼韓国が赤化されれば、朝鮮半島は中共の手に落ちることになる。周辺国が我が国を敵視する事態になれば、反中共の観点から台湾、インドネシア、ベトナムとのグループを形成しなくてはならない。何もしなければ、明らかに日本は中共従属国家になり下がるしかない。我が国が中共の挑戦に対して、どう身構えるかを検討すべきなのである▼サミュエル・ハンチントンは日本について、『引き裂かれる世界』(山本映子訳)のなかで「日本は、その文明の境界が国家の境界と一致している唯一の国だ」と指摘し、「自動的に助けにきてくれる家族がいない」と書いている。そのために「自分の文明の中に他のメンバーがいないため、メンバーを守るために戦争に巻き込まれることがない」との見方をしている。孤立無援であることで、どこの文明からも恨まれないのである▼世界がグローバル化しるなかで、日本はそれなりの役割を担うべきなのである。それが東アジアで唯一自由と民主主義の我が国の責任なのであり、全体主義に膝を屈してはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント

中共の覇権に対抗するために日米同盟の強化と軍備拡大を!

2019年10月07日 | 安全保障

このままでは我が国は中共の独裁政権に屈服することになるだろう。それは東アジアにおける唯一の自由と民主主義国家の消滅にほかならない。それをいち早く予言していたのがサミュエル・ハンチントンの『文明の衝突』(鈴木主税訳)であった▼ハンチントンは「冷戦後の重要な国際関係に中心的な舞台があるとすれば、それはアジア、とくに東アジアである」と書いたのだった。東アジアだけでも日本文明、中華文明、東方正教会文明、仏教文明、イスラム文明、西洋文明があることで「多極化する状況に特徴的な、流動性と不確実性にみちている」と指摘した▼とくに経済的に大きくなった中共は、先の大戦後ほとんどの隣国と一戦を交えたほか、今では東シナ海や南シナ海で覇権を確立しつつある。ハンチントンは、21世紀に入ってアメリカが安全保障問題での転換を余儀なくされることに言及し、中共の台頭を阻止するために「日本との同盟を結びなおし、その他のアジア諸国と密接な軍事提携をすすめる」か、さもなければ「中共の覇権と共存する」といった、いずれかの選択が迫られることを明言した▼前者を選ぶならば、いうまでもなく「日本は急速に軍備を拡大し、核兵器を入手し、他のアジア諸国からの協力を積極的に取り付けることが必要だ」との見方を示した。東アジアで中共がアメリカに取って代わりつるあるのだ。それに日米が対抗できないのならば、我が国は香港と同じような悲劇を味わうことになるのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)

北朝鮮が発射した弾道ミサイルを探知できない韓国を嗤う!

2019年10月03日 | 安全保障

共同通信がGSOMIAを破棄したことで困るのは、韓国ではなく日本だと書いていたが、それはフェイク報道だったことが明かになった。時事が伝えたところによれば昨日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことに関して、GSOMIAにもとづいて韓国の鄭景斗国防相が日本側に情報の共有を求めてきたからだ▼この弾道ミサイルに関しては、NHKも韓国軍の発表を大々的に報道していた。しかし、実際には自衛隊の方が正確な落下地点を把握しており、日本のマスコミは韓国の一方的な宣伝戦に利用されているだけなのである▼今回は潜水艦から発射可能なSLBMとみられており、韓国や日本の一部を標的にしたものと違って、日本全土が攻撃の対象となるばかりか、アメリカにとっても脅威となりかねず、トランプ政権の対応が注目されている。そこまで事態は深刻になっているのである▼鄭景斗国防相の発言は韓国軍の危機感の表れだとしても、我が国としては相手になどする必要などない。それによって我が国の探知能力が北朝鮮に漏れることも考えられ、韓国の要求に応ずるべきではない。韓国の保守派はソウルで大規模な反文在寅のデモを予定しているが、韓国民を分断して、北朝鮮に付け入る隙を与えるというのは文在寅の戦術であり、それにまんまと乗せられてしまっているような気がしてならない。よほどのことがない限り、韓国の日本敵視は続くと考えるべきで、絶対に手を差し伸べてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)

日本を敵視する韓国軍の暴発に備えて警戒を強化すべきだ!

2019年09月30日 | 安全保障

暴発する可能性が一番高いのが今の韓国軍である。文在寅は追い詰められており、起死回生の策として彼に残されているのは、我が国と一戦交えることである。そうすれが韓国民が激高して反日感情が高まり、支持率も一挙に回復することになるだろう。多くの識者は統一朝鮮が誕生した場合の脅威に言及しているが、危機は目の前に迫っているのである▼北朝鮮軍の一部も加わった韓国軍が巡視船や自衛艦を攻撃する事態が、明日起きても不思議ではないのである。自分が先に手を出しておきながら、韓国特有の宣伝戦で全て悪いのは日本と決めつけ、文在寅を英雄に祭り上げかねない。そうした危機が迫っているにもかかわらず、安倍内閣はあまりにも能天気である▼すでに韓国軍は反共の旗を降ろしてしまった。反日教育のせいもあって我が国を敵視している。大規模な戦闘にはならないにしても、交戦権を否定された自衛隊は、多くの犠牲者が出ることになるだろう。銃口を向けてくる者たちに対して、日本国民は一致結束しなくてはならない▼最後は自衛隊の諸君の双肩にかかっている。自由と民主主義を守り抜くためには、君たちの力が必要なのである。いくら安倍内閣であっても、危機的状況下では決断が鈍るだろう。イザとなれば超法規的行動も辞さない覚悟が求められるのである。戦争は断じて避けなくてはならないが、やられたら徹底的に反撃しなくてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント

東アジアの緊張は高まっており警戒を怠ってはならない!

2019年09月21日 | 安全保障

我が国の防衛はアメリカ頼みでは駄目なのである。現在の法制度では、一旦緩急あれば必ず犠牲者が出る。それをあらかじめ想定して置かなくてはならないのである。自衛隊が災害出動で手が回らないのを狙って仕掛けてくる危険性すらある。政治的に追い詰められている国家ほど、軍事的な挑発をしてくるのだ。我が国を叩きのめし、全面戦争の一歩手前で休戦すればいいのである▼どこの国かあえて名前を出す必要はないだろう。我が国が備えをしているとは思われない。戦後70年以上も平和であったわけだから、どこかが攻撃してくるとは考えられないからだ。空か海か陸かは分からないが、緊張は日増しに高まっている。アメリカが軍事的にも経済的にも圧倒的な力を誇ったのは、70年代までであり、81年3月4日には、ワインバーガー国防長官がNATO諸国に対して「合理的な役割分担」を求めた。それは同時に日本にも向けられたメッセージでもあった▼あれから40年近くが経過した。しかし、我が国の防衛力は周辺国から後れを取っている。自主防衛とは名ばかりである。経済成長が鈍化したことで、GDP1パーセント以下では、装備を充実することはできなかった。我が国を攻撃する国家は通常兵器を使用するはずだ。やられてから反撃するしかない自衛隊は、切歯扼腕することになるだろう。死傷者が出た段階で、ようやく日本人自覚するに違いない。国際社会は未だに暴力の只中にあることを。動揺しないためにも、今求められるのは国民の団結である。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

東国原の丸山穂高批判はオールド左翼と同じ平和ボケだ!

2019年09月16日 | 安全保障

 

芸能人であっても政治的は発言をした場合には、批判されてもしかたがないのである。テレビタレントとして名前が売れていたから、東国原英夫は宮崎県知事や代議士に当選できたのである。それなのに偉そうな発言をしているのが東国原である。N国党に入った丸山穂高をこき下ろすのは自由だが、「国是である平和主義を踏みにじる発言である」と述べたのには呆れた▼その言葉の意味がまず不明である。憲法9条があるからそう解釈するのだろうか。それとも専守防衛とか、防衛費はGDPの1パーセント未満というのが頭にあるのだろうか。丸山が韓国を刺激したのが気に入らないようだが、文在寅の韓国がどうなっているか認識しているのだろうか。文在寅は韓国の赤化を目指している。大統領就任以来、韓国国民を反日に煽ることで、自らの政権基盤を固めてきたし、これからはなお一層日本に対して強硬になるはずだ▼もっとも危惧されるのは、韓国軍による軍事的な挑発である。日韓とも核武装していないことで、局地的な戦いに限定されるから、第三次世界大戦になることは考えられない。だからこそ警戒すべきなのである。どのようにして国民の命を守るかは、政治の最優先事項である。東国原は平和ボケのオールド左翼の主張と変わりがない。北方領土や竹島についての丸山の問題提起は間違ってはおらず、今こそ突っ込んだ議論が求められているのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント

文在寅政権は我が国に戦争を仕掛けてくる可能性すらある!

2019年09月15日 | 安全保障

文在寅の韓国を甘く見てはならない。いつ倒されるかと恐れを抱いており、自分を守るためには何でもやりかねないからだ。対日強硬路線をこれまで以上にエスカレートさせるのは確実だ。我が国に戦争をしかけてくる可能性すらある。国内的には監視を強化し、意に添わない保守派を次々と逮捕するだろう。自由と民主主義は踏みにじられるのである▼エリック・ホッファーの『魂の錬金術エリック・ホッファー全アフォリズム集』(中本義彦訳)には、権力者の弱さに触れた言葉がある。「強者が弱者の真似を始めるとき、世界に大きな災禍がふりかかる。弾圧と粛清という強者の掌中にある無比の手段は、弱者が生き残るための絶望的な手段である」▼文在寅が主張する歴史問題云々は、あくまでも日本を批判するためであり、関係改善など念頭にないのである。自らの失政に目を向けさせないために、文在寅は反日を韓国民に焚きつけているのだ。韓国は赤化に向かって突き進んでいる。それを阻止できるかどうかは韓国民にかかっている。しかし、すでにマスコミ、警察、軍隊まで影響下に置かれている。唯一検察が抵抗しているが、チョ・グクを法務部長官に任命したことは、まさしく指揮権の発動である。スターリンや毛沢東がそうであったように、被害者意識が強く弱者を装う者たちほど残酷な権力者はいない▼これから韓国民は地獄を見ることになるが、我が国にとっても対岸の火事ではないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)

トランプのボルトン解任は日本の安全にマイナスに働く!

2019年09月12日 | 安全保障

トランプは商人であり、アメリカが儲かることが最優先である。国家安全保障担当のボルトンが一昨日に解任されたことで、アメリカはより孤立主義に徹するようになるだろう。トランプがツィッターで威勢のよいことを発信しても、見かけ倒しなのである▼北朝鮮が発射を繰り返す短距離ミサイルについて、今青森県と山口県で計画されているイージス・アショアで撃ち落すことは難しいといわれる。中共が中距離弾道ミサイルや巡航ミサイルで波状攻撃をかけてくれば、現状の対ミサイル防衛システムでは意味をなさない。期待のF35に関しても、あくまでも日本で組み立てるだけ。修理はアメリカに頼らざるを得ない。これもまた宝の持ち腐れになりかねない▼アメリカが核のシェアを応じてくれれば、ポラリス潜水艦を数隻日本に貸与してくれれば、抑止力は格段に強化されるが、そこまでアメリカはしないだろう。我が国は勇気ある決断をしなければならない。中共や韓国、北朝鮮などの特定国家の代弁者である日本のマスコミは、必死になって反対するのは目に見えている。今のままでは、他国が武力で日本を恫喝した場合には、私たちは膝を屈するしかない▼いくら日米安保条約があっても、ボルトンのようなタカ派がいなければアメリカも頼りにならない。トランプが糸の切れた凧のなるのは明らかである。我が国だっておちおちしていられないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント

小林よしのりが玉川徹を「ウルトラ左翼自虐史観」と批判!

2019年09月11日 | 安全保障

妥協をすれば頭を下げれば解決すると思うのは間違いである。文在寅が狙っているのは韓国の赤化である。もはや韓国を手助けする理由がなくなったのだ。それでもなおコメンテーターの玉川徹や青木理が韓国に平身低頭すべきだというのは、そう口にせざるを得ない何かが二人にはあるからだろう▼小林よしのりは玉川徹の韓国べったりの姿勢を「ウルトラ左翼自虐史観」とブログで批判している。我が国が強く出ることで、韓国が折れてくるのを待つべきで、こちらから歩み寄る必要などまったくない。安倍新内閣は、目の前の脅威となった韓国に対して、これまで以上に毅然たる姿勢を貫くべきなのである▼文在寅はチョ・グクを法務部長官にしたことで、独裁政治をさらに進めようとしている。検察改革というスローガンは一見まともに見えるが、自分たちがお縄にならないように、検察に影響力を行使したいのである。朴槿恵をスキャンダルで追い詰めた文在寅は、逆に追及される立場になっているが、司法を押さえれば誰も文句を言えなくなるからだ▼日本を主要な敵とし、北朝鮮の言いなりの文在寅は、我が国が交渉すべき相手ではない。そして同時に私たちは、日本国内に巣食う反日分子を一掃しなければならない。言いたい放題の玉川や青木への風当たりが強くなるのは当然のことなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント

室井佑月が言うように話し合いで中共を説得するのは無理!

2019年09月06日 | 安全保障

左右を問わず不甲斐なき日本人があまりにも多過ぎる。テレビのコメンテーターである室井佑月は、中共が攻めてきた場合には「『そういう野蛮なことはやめてください』と毅然としていうべき」とコメントした。話し合いのできる相手であれば、ウイグルやチベットの悲劇もなく、香港だって一国二制度が維持されたはずだ。いい加減なことを口にして、恥ずかしくないのだろうか▼憲法9条を擁護すると公言していた吉本隆明ですら、そんなへなちょこではなかった。「僕は、ただ逃げる平和主義とは違います。目の前でやられても黙ってみているなんてことはしない。人倫に反すると思ったら、同じように思っているやつと密かに語らって戦う。自衛隊がどうであろうと、そうなったら関係ない。僕はそうなりますよ」(『僕なら言うぞ!』)。左翼だってそこまでの覚悟が求められるのだ。ヘラヘラして解決する問題ではないのである▼保守派にもいい加減な物言いをする人がいる。宮家邦彦や和田政宗の発言にはガッカリした。香港の民主化勢力が過激になることを批判し、法律にのっとった行動を呼びかけているからだ。自由を奪われようとしているのに、仲間が次々と逮捕されているのに、法律を守れというのである。武器を持つか持たないか以前に、戦う気概があるかないかなのである。今の日本人はそこまで平和ボケだから、特定国家に付け込まれてしまうのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント