草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

中国共産党が打倒されなければ日本の独立は維持できない!

2021年04月03日 | 国際問題
中共の属国に日本がなるのを阻止するためには、守りに徹するのではなく、逆に攻勢に転じるべきではないか。軍事的に対抗するのも一つの手ではあるが、それ以上に効果があるのは、中共国内で抑圧されている民衆と連帯するとともに、ウイグル、チベット、南モンゴルの後ろ盾となるべきなのである。そんなことを語ろうものなら、多くの人に嘲られるだろうが、それ以外の方法では、日本の独立を守り抜くことは難しいのである▼今の中国共産党が打倒され、民衆の手に権力が移行することでしか、凶暴な覇権国家に対抗する術はないのである。かつて大陸浪人といわれた人たちが辛亥革命を支援したように、中国人の民衆の側に立って活動する勇気が求められているのだ。「中国革命」が成功するかどうかが、我が国の命運を決めるのである▼中共の人口は14億に迫っている。軍事力の増強も著しい。しかし、漢人であっても恵まれているのは、1億にも満たない一握りであり、ジェノサイドによって抹殺されようとしている人たちも、何かのきっかけで立ち上がるはずだ。いくら人権問題で制裁を課しても、中共の姿勢を改めさせることは難しい。民衆がゼネストを行い、サポタージュして蜂起するような事態にならなければ、抑圧は強化されるだけなのである▼いかに中共であっても一枚岩ではない。民主派の民衆との連絡を強化し、内から壊すことを考えるべきなのである。中共とて世界の情報をせき止めることはできない。蟻の一穴天下の破れということが起こりうるのであり、それに私たちは協力し、支援を惜しむべきではないのである。
コメント

日中友好で得したのは中共であって日本ではなかった!

2021年03月03日 | 国際問題
日中友好ムードが高まったのは、田中角栄が北京を昭和47年9月29日、北京で周恩来と日中共同声明を発表してからであった。それを受けて我が国は、昭和54年から平成30年にかけて約3兆円を超える政府開発援助を中共に実施したのである▼日本の論壇も大半がその動きを歓迎し、抵抗したのは、右では福田恆存、左では吉本隆明くらいであった。福田は我が国が中華民国の台湾との国交断絶を批判し、後になって後悔することになることを予言した。吉本は毛沢東思想を硬派スターリン主義と位置づけ、それに振り回される左翼思想の劣化を嘆いたのである▼この二人は物事の本質を見抜いていた。国際社会から台湾を孤立させることに手を貸した日本は、今では台湾を同盟国として遇するようになった。覇権国家としての中共の脅威が高まっており、日本の安全保障上、台湾が重要な存在であることに気が付いたのである。硬派スターリン主義の中共は、ウイグル、チベット、南モンゴルで、ジェノサイドや人権弾圧を行っている。習近平が実権を握ってからは第二の毛沢東を目指しており、民衆の命など虫けらのように扱っている▼今こそ我が国は対中外交を改めなくてはならない。台湾との関係はさらに強化しなくてはならない。我が国の国益を考える上でも、卑屈になる必要はなく、中共による反日キャンペーンには徹底的に反論しなくてはならない。約半世紀にわたる中共との友好関係で、一体誰が得をしたのか。私たちは今こそ反省すべきなのである。
コメント

自由を蹂躙された香港の悲劇は日本にとって他人事ではない!

2020年12月03日 | 国際問題

中共のような全体主義国家が力を持つのは、法を無視したテロルがまかり通るからだ。独善的なイデオロギーを掲げ、それを理由にして民衆を弾圧するのである。逆らう者たちは収容所に入れられ、思想教育を施される。そこで抵抗すれば、待ち構えているのは死なのである▼香港の民主活動家が次々と懲役刑に処せられている。一国二制度を容認し、香港の民主主義を尊重するという約束は、まやかしでしかなかった。黄之鋒氏、周庭氏らへの不当な仕打ちは断じて許されるべきではない。中共による静かな日本侵略は始まっており、それを阻止しなければ、今日の香港の悲劇は明日の日本の姿なのである▼自由な言論活動が規制され、中国共産党に異論を唱える者は、容赦なく牢獄につながれるのである。そんな国に日本がならないためには、私たちは国家として身構えなくてはならない。一日も早く自衛隊は国軍にされるべきであり、警察の公安警備も強化しなくてはならない。自由アジアの最後の砦は日本なのである。台湾との間にも、安全保障の取り決めを締結し、相互の依存関係を強めなくてはならない。力には力で対決するしかないのである。ここで膝を屈してしまえば、我が国は属国化され、中共によって自由と民主主義は蹂躙されてしまうのである。

コメント

中共の属国にならないためにもスパイ防止法の制定は急務だ!

2020年09月08日 | 国際問題

内モンゴルがどうなっているか。知りたいと思っても、情報が限られている。日本のマスコミは無視している。チベットやウイグルだけでなく、中共は内モンゴルでも同化政策を行おうとしている。モンゴル語を使用できなくし、自分たちの言語を押し付けようとしているのだ。そんな野蛮なことをする者たちを、私たちは許してはならない▼ネットでは、罪もない少女を逮捕する香港警察の様子が拡散されている。もはや他人事ではないのである。中共による日本属国化に向けた動きが加速しており、政治家やマスコミ関係者にも、その影響力が及んでいる。それを阻止するためにはスパイ防止法が必要だが、日本国憲法では「諸国民の公正と信義に信頼する」と書かれており、国家として身構えること自体を否定している。これでは日本国民の生命と財産を守れるわけがない▼侵略者は弱いところを攻めてくる。尖閣諸島は、安倍政権下で平和安全法制が通過したことで、中共の野望を打ち砕くことができた。間接侵略に対抗するには、様々な方策を講じなくてはならない。日本派の国会議員も育てなくてはならない。衣の下に鎧ではなく、あからさまに鎧が見えてきているのである。内モンゴルまでもが全体主義の軍門に下ろうとしているのだ。私たち日本人が何をすべきかは明らかではないだろうか。

コメント

トランプの追い上げが急で11月の大統領選は混沌としてきた!

2020年08月18日 | 国際問題

アメリカの主要マスコミがこき下ろしているにもかかわらず、11月のアメリカ大統領選でトランプが再選される可能性が出てきた。アメリカ国民は、リーダーシップのある指導者を求めており、東アジアでの覇権を目指す中共に対して、毅然とした対応を取ることを望んでいるのだ▼対立候補のバイデンは、民主党政権のクリントンやオバマと同じような対中政策を口にしている。それでは中共を利するだけであり、多くのアメリカ国民が気付き始めているのだ。CNNの委託を受けた世論調査会社の調べによると、バイデンとトランプの支持率は、それぞれ50パーセントと46パーセントである。誤差の範囲にまで迫ってきているのだ▼グローバリズムによって世界が豊かになるというのは、とんでもない幻想でしかなかった。とくに欧米における格差社会の進行は、それを物語っている。無法者国家中共が強大になったのは、欧米や日本が生産の拠点を中共国内に移したからなのである。トランプを排外主義者とか決めつけるのは間違っている。リベラルを主張する者たちは、口では民主主義の大切さを説いても、実際は既得権益に守られているのである。トランプ政権の誕生は、名も無き民衆がホワイトハウスを握ることであった。そうした時代の趨勢に逆らうことは、誰もできないのである。

コメント

志位和夫のツイッターによる口先だけの中国共産党批判を嗤う!

2020年08月17日 | 国際問題

日本共産党の志位委員長は、ツイッターで、中共による香港の民衆の弾圧を問題にした。本当の共産主義ではないとの観点からの、口先だけのポーズであった。体質的に日本共産と中国共産党は一緒である。幹部は誰一人として、民主的な手続きによって選ばれておらず、一握りの党官僚が全てを決めるのである▼中国共産党が行っている秘密警察を使って、民衆を収容所にぶちこむというのは、共産主義とは無縁なことなのだろうか。レーニン主義に立脚すれば、それで展望が拓けるのだろうか。国家の廃絶を主張しながら、過度的な段階として、プロレタリア独裁を認め、階級の敵と名指しされた者たちの命を、虫けらのように扱ってきたのが共産主義なのである▼よくスターリンを批判するのに、レーニンの言葉が持ち出される。「市民は一人のこらず裁判や国の統治に参加しなければならない。われわれにとって重要なことは、勤労者の全員を一人のこらず国家の統治に引きいれることである」(大月版『レーニン全集』27巻、134頁)。レーニンとて、前衛党の指導的役割を認めているわけで、単なる理想論を述べたにとどまるのである。20世紀の歴史的な実験は失敗したのであり、そこから学ぼうとしない者たちには、未来などないのである。

 

コメント

ファシスト国家の中共が香港の民主派活動家の周庭氏を逮捕!

2020年08月11日 | 国際問題

中共が香港の民主派活動家を相次いで逮捕している。「国家安全維持法」容疑であり、周庭氏も例外ではなかった。中共の一国二制度というのは詭弁であったことが明らかになった。今日の香港、明日の台湾、そして、明後日の日本なのである。共産主義を名乗りながら、その実はファシスト国家と大差ないのが中共なのである。その現実を私たちは直視しなくてはならない▼国家を否定するはずの共産主義において、「国家安全維持法」という法律が成立すること自体が異常である。それでもなお中共を弁護する者たちは、ファシストと同類なのである。シモーヌ・ウェーユは、スターリン主義国家のソ連を「他のいかなる国家にもまして抑圧的な、資本家的でも労働者的でもない国家が支配している」(『抑圧と自由』石川湧訳)と批判した。それはまさしく中共にもあてはまる。第二の毛沢東を目指す習近平は、民衆を鉄鎖に縛り付け、秘密警察によって反対派を一掃し、収容所にぶちこむことで、自らの権力を保持しようとしている▼ウイグルやチベットばかりではなく、同じ漢民族に対しても弾圧の手を緩めることはないのである。民衆の味方として登場した者たちが、もっとも民衆を軽蔑し、平気で虫けら扱いにするのである。香港の民主派を応援するために、今こそ私たちは声を上げなくてはならない。他人事ではなく、日本の未来をも暗示しているからである。

コメント

習近平の国賓来日反対を主張する自民党の保守派を支持する!

2020年07月08日 | 国際問題

「諸国民の公正と信義」に信頼するのではなく、日本自らが国家意思を示す時代が到来したのである。国際社会に向かって、言うべきことは言わなくてはならないのである▼自民党の外交部会と外交調査会は6日に行われ、習近平の国賓来日の中止を求める決議案について協議した。毎日新聞の電子版が報じたもので、中共による「香港国家安全維持法」の制定を受け、これに反発する保守派が採択をしようとしているのに対して、二階派議員が異論を述べた▼発言者27人のうち、反対・慎重は5人にとどまったが、最終的には中山泰秀部会長に一任し、「中止」の文言を残したうえで、表現を微調整することになった。保守主義を掲げる自民党ですら、親中派議員はかなりの数いるのだ。今中共が香港などで行っていることは、ヒットラーやスターリンに匹敵する人権侵害であり、断じて許されるべきことではない▼残念でならないのは、自民党の保守派の議員以外には、面と向かって中共を批判する勢力がないことだ。与党の一翼をなっている公明党は、未だに習近平の国賓訪日にこだわっている。互恵平等の関係を築くためにも、卑屈になるのは間違っている。国家として言うべきことを言うべきなのである。中国共産党によって抑圧されている人たちの側にこそ、私たちは立たなければならないのである。

コメント

国家安全法の施行で香港はウイグルやチベットと同じ悲劇が!

2020年07月02日 | 国際問題

中共による香港での国家安全法施行は、人類の英知に対する挑戦である。習近平は第二の毛沢東を目指し、独裁者になろうとしている。そんなことが許されてよいのだろうか。ウイグルやチベットに対して同じように、香港の民衆への弾圧は徹底的に行われるだろう。去る30日に全人代で可決された国家安全法は、反政府的行動の取り締まりに関して、国家分裂、政権転覆、テロ活動、外国勢力との結託の4種類の活動を犯罪行為と定め、最大で終身刑を科すという内容である▼企業やグループも対象とされ、違反すれば罰金ばかりか活動停止が命令される。違反者として認定されれば、いかなる選挙にも立候補できない。疑いが持たれる人物の監視、電話盗聴が認められる。香港の永住者、非永住者の双方に適用され、外国のNGOや報道機関への管理も強化されることになったのである▼ヤスパースは「自由世界は自分自身の欺瞞的状態を認識と批判にゆだね、これを改善してゆく可能性をもっています」(『根源的に問う』武藤光朗・赤羽竜夫)と述べているが、自己を絶対化するのが共産党の一党支配なのである。香港の民衆を見捨ててはならない。私たち一人ひとりが声を上げなければならない。そして、独裁国家の中共の侵略にも身構えなくてはならない。今日の香港、明日の台湾、明後日の日本なのであり、危機は目前に迫っているのである。

コメント

トランプ憎しで反議会主義者の暴力をも容認する民主党を嗤う!

2020年06月15日 | 国際問題

米国で起きているトランプへの抗議行動を、民主党はバイデン大統領選挙の勝利に結びつけようとしているが、そういった思惑はあまりにも危険である。黒人が白人警察官に殺害されたことへの怒りは、もっと奥深いものがあるのに、民主党が米国の分断を煽ってしまったことで、取り返しがつかなくなっているからだ▼略奪や「警察はいらない」とのスローガンは、過激派の合言葉である。「金持ちは泥棒である」「警察は権力の手先」という言葉によって正当化されてしなうのだ。ソレルが『暴力論』で書いているように、大衆の革命的な暴力行使は「直接的な生」であり、それは議会主義の否定へと結びつくのである。既存の政党が民衆の要望を実現してくれないからとの理由で、白昼堂々と暴徒が乱暴狼藉をするのである。理性的な見方を否定して、むき出しの「生の本能」を爆発させるのだ▼議会主義が危機に瀕しているからこそなおさら、それをぶち壊そうとする者たちを民主党は利用すべきでない。いつの日か自分たちも標的になるのであり、どうしてそれが理解できないのだろう。もっとも戦闘的なのがサンディカリズムやアナーキズムである。一度火が付けば、消すことは容易ではないのだ。民主党のトランプ憎しが米国を混乱させているのである。

https://www.youtube.com/watch?v=NDS5J0S-BHE

      ↑

(続)⑤笠井尚氏の会津の本を読む 山口弥一郎の『東北民俗誌会津編』

コメント