草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

防衛省のレーダー探知音の公表で韓国は反論の余地なし!

2019年01月21日 | 国際問題

本当のことを国際社会に明らかにすればいいのである。韓国に対してはもはや気兼ねなどすべきではない。韓国軍の駆逐艦が自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した証拠として、今日にも防衛省はレーダー探知音を公表する方針だ。これで韓国はぐうの音も出ないはずだ。それを岩屋毅防衛相がほのめかした途端、韓国側は大慌てである▼韓国の中央日報によると、韓国国防部などは「日本は公開するという警告音が韓国の駆逐艦広開土大王(クァンゲト・デワン)の追跡レーダー(STIR)から照射されたという時点の警告音なのかが確認されなければならない」と防戦に追われている▼嘘に嘘を重ねようでは、韓国は国際社会から孤立するだけである。日本側は小出しにして、少しずつ締め上げる作戦のようだが、ここで決着を付けた方がよい。韓国が「不適切な世論戦」と批判するのは、自分たちの分が悪くなってきたからだ。日本国内の韓国擁護の勢力も声が小さくなってきている。弁護の余地がなくなっているからである▼「諸国民の公正と信義に信頼して」という平和ボケでは、暴力の海を乗り切ることは難しい。これまでの日本であれば、韓国の無理難題に付き合ってやった。しかし、もはや日本国民も怒り心頭に発しており、一切の関係を断ちたいとまで思っているのだ。そこまで日本国民を怒らせたのは、いうまでもなく今の文在寅政権が日本への嫌がらせを止めないからなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

トランプの安全保障政策はアメリカのことしか頭にない!

2019年01月19日 | 国際問題

マティス国防長官の辞任劇は、我が国の安全保障にとっても由々しき問題であり、その衝撃は深刻なものがある。マティスがトランプにあてた昨年12月20日の書簡が公表されているが、それを読むと、今のアメリカがどこに向かおうとしているかが分かる▼マティスは「米国は自由世界の中で依然として必要不可欠な国家ですが、強い同盟を維持しなければ、そして、同盟国への敬意がなければ、我々は我々の利益を守ることはできませんし、市民と理想を守るという役割を効果的に果たすこともできません」(仮訳・尾内達也)とトランプを批判した▼トランプは同盟国との関係を再調整しようとしており、アメリカ一国の利益しか頭にないように思えてならない。それが今後のアメリカの安全保障政策を左右するようなことになれば、日本も他人事ではいられない。このままではアメリカは北朝鮮の核を容認しかねない。自分たちに届くミサイルさえ開発されなければ、それで矛を収めるのである。韓国からのアメリカ軍の撤退も時間の問題だろう▼日本は国民の生命と財産を守り抜くためにも、核武装する以外になくなる。対ミサイル防衛システムに多額の資金を投じるよりも、はるかに効果的で安上がりであるからだ。アメリカが容認するかどうかよりも、同盟関係が信用できなくなれば、それしか選択肢はないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

ちゃぶ台返しをする韓国は国際法無視のならず者だ!

2019年01月14日 | 国際問題

嘘に嘘を重ねる韓国とは、もうこれ以上対話をしても無駄である。ここまでくれば、我が国としては制裁措置を断行して、ぐうの音も出ないようにすべきだろう。韓国大法院のいわゆる「元徴用工」の判決に対して、日本側が日韓基本条約にもとづいて外交的協議を呼びかけたにもかかわらず、またも国際法を無視しようとしているからだ▼日韓基本条約で議論できなかった問題があるとして、逆提案をする可能性があるというのだ。中央日報が伝えたもので、破廉恥極まる暴論である。歴代の韓国政府が踏襲してきた立場を根本から否定しており、まさしく卓袱台返しである。そこまでされてもなお、韓国の面子を立てる必要があるのだろうか。文在寅が狙っているのは、日本やアメリカを敵視して、北朝鮮と一緒になることだろう。いざとなったら、北朝鮮軍を韓国に招き入れかねない。金正恩の走狗と化しているのだから、まともに対応する日本政府がどうかしているのだ▼国際法にのっとって正規な手続きを踏んでいても、相手が応じようとはせず、かえって高圧的な態度に出てくるような国家とは、付き合うメリットはない。自民党内の親韓派の国会議員は慌てているようだが、利権に群がるような連中の言葉など聞く必要はない。朝鮮半島とかかわるとろくなことがない。過去の歴史がそれを教えてくれている。韓国に引きずり回されるようなことがあってはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

中共が香港で国歌への侮辱を許さない条例制定を画策!

2019年01月14日 | 国際問題

今の中共は国家主義である。YOMIURIONLINEによれば、一国二制度で自由な言論が守られるはずの香港で「中国国歌や、侮辱する替え歌に刑罰を科す」という条例の制定が見込まれているからだ▼共産主義であれば、国家はあくまでも過度的な存在でしかない。マルクスは『共産主義者宣言』(金塚貞文)においても「労働者は祖国をもたない。もっていないものを、奪うことはできない」とまで書いている。しかし、中共は国家を最優先にしているのである▼中共に親近感を抱いている日本の左翼は、国歌としての君が代を歌わないことを当然のように思っているが、それが中共では許されないのである。いくら香港の民主派が反発してみても、中共に組み込まれた現状では、それを阻止するのは困難である。国歌のメロディーや歌詞を少し変えただけでも処罰され、最高で禁固3年、罰金5万香港ドルの罰則が設けられるのである▼我が国が中共の支配下に入れば、確実に自由な言論は認められなくなる。東アジアでの覇権を目指す中共は、軍備を着々と増強しており、我が国の独立と主権を守り抜くためには、防衛力を増強して抑止力を高めるべきだろう。平和ボケから抜け出せなければ、日本もまた香港のようなことになってしまうのである。子や孫のためにも、それだけは断じて避けなくてはならない。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

無法者の韓国に日本国民は怒りの声を上げるべきだ!

2019年01月10日 | 国際問題

文在寅の新年にあたっての発言を聞いて、多くの日本国民は怒り心頭に発したはずだ。国際法をまったく無視して、日本を悪者にするためには手段を選ばない。それが文在寅の韓国なのである。いわゆる「元徴用工」への日本企業への賠償を命じる韓国大法院の判決を、こともあろうに文在寅は支持したのである▼そこまで馬鹿にされたわけだから、日本は韓国と断交すべきだし、強力な制裁を加えなければならない。朴槿恵の時代から韓国の日本叩きは異常であったが、北朝鮮の傀儡である文在寅はそんなものではない。常軌を逸しており、いくら韓国国民であっても、自分たちが孤立しつつあることに気づきつつあるのではないか。しかし、もはや遅い。治安を担当する警察や、国防の第一線に立っている者たちも腑抜けになってしまっており、韓国は終わったのである▼ここまで韓国を付け上がらせたのは、多くのマスコミが韓国を糾弾する者たちを「排外主義者」と決めつけたからだ。ヘイトスピーチ法なるものを成立させた政治家にも責任がある。もっと早い段階で日本人が怒っていたなら、韓国だってここまではできなかったはずだ。やられたらやり返すべきであり、黙っていることは認めたと同じなのである。おとなしくしていては駄目だ。無法者の韓国に日本国民は怒りの声を上げるべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

常軌を逸した韓国に日本は弱腰であってはならない!

2019年01月08日 | 国際問題

韓国は今やっていることは常軌を逸している。自分たちがとんでもないことをしでかしたにもかかわらず、日本を悪者に仕立て上げようとしている。韓国軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に、あろうことか火器管制レーダーを照射してきたのである。日本が再発防止を求めたのは当然である▼絶対に非を認めないのが韓国である。自分たちのしたことを棚に上げて、逆に日本に謝罪を求めてきたのである。そこで真相を明らかにするために、自衛隊は哨戒機の映像を公開したのだった。黒を白にしたいのが韓国である。日本側の映像をパクって反論の動画を7ヶ国語で作成し、あろうことか「日本は人道主義的な救助作戦の妨害行為を謝罪し、事実の歪曲を直ちに中断せよ!」と訴えている。もはや反日国家そのものではないだろうか▼これには日本国内の韓国に媚びる勢力も言葉を失ってしまった。いくら何でも日本を批判することはできず、両国とも冷静に対応すべきだと言葉を濁すだけである。解せないのは日本政府の弱腰である。すぐにでも強硬な処置を取るべきなのに、検討ばかりしていている。韓国べったりの自民党の国会議員は多い。安倍首相が決断しなければ、韓国の宣伝攻勢に圧倒されかねない。交戦権もない我が国を馬鹿にしているのである。相手がこちらを敵として認定し、あらゆる手段を通じて抹殺しようとしてきているわけだから、即座に反撃すべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

韓国側の動画でも自衛隊機は低空飛行をしていなかった!

2019年01月05日 | 国際問題

いくら反日の教育を受けた韓国の国民であっても、文在寅政権のいい加減さに気付きつつあるのではないか。韓国軍の駆逐艦から海上自衛隊のP1哨戒機が火器管制レーダーの照射を受けたことを問題視する日本側に対して、韓国国防省がまともな反論ができないからだ▼当初は照射そのものを否定していたはずなのに、いつの間にかP1哨戒機が異常接近したからということになり、昨日あたりは「レーダー照射をされたら回避行動を取るべきなのに、哨戒機は再接近するという常識外の行動に出た」と難癖を付けている▼反論が二転三転しても、絶対に自分たちの非を認めたくないのである。韓国国防省が公開した動画にしても、韓国側が撮影した映像はわずか10秒程度で、P1哨戒機は低空飛行をしておらず、韓国軍の駆逐艦の真上も飛んでいない。日本側の主張を覆す反証にはなっていない▼そこまでされているわけだから、我が国が韓国に手を差し伸べるべきではない。日韓の外務省レベルでは妥協策を探っているようだが、ここは突っぱねるべきだ。政治というのは敵味方の区別にほかならない。相手が日本を敵とし認定しているのだから、日本が国家として身構えるのは当然だ。日本を悪者にすることで政権基盤を固めたいのが文在寅政権であり、甘い顔をすればするほど付け上がるのが今の韓国なのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

日本と敵対することで自ら墓穴を掘っている韓国を嗤う!

2018年12月28日 | 国際問題

韓国に気兼ねなどする必要はない。韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したことは、日本を甘く見ているからであり、下手な妥協などすべきではない。読売新聞によると、防衛省は近くP1哨戒機が撮影した映像を公開するというが、小出しにせずに、どんどん情報を発信すればいいのである▼毅然とした対応をしなければ、同じことが繰り返される可能性がある。すでに韓国軍は北朝鮮の影響下にある可能性も否定できず、我が国としても警戒を怠ってはならないのである。我が国が強気に出ることは、韓国民に対して警告を発することでもある。いくら韓国内のマスコミが誤った情報を流そうとしても、韓国軍が自衛隊に敵対的な行動をしたという事実は、断じて消し去ることはできず、それが何を意味するかを、韓国民も思い知らされることになるからだ▼日米韓の同盟関係に亀裂が入っているのを知れば、いくら能天気でも危機感を持たざるを得なくなる。文在寅が愛国よりも民族を優先させることで、北朝鮮との関係強化に舵を切った結果、もっとも重要な自由と民主主義が失われようとしているのだ。それで本当に良いのだろうか。歴代の韓国政府の反日教育によって誤った日本観を抱いているとしても、日本と対決すればするほど、自分たちを追い詰めるだけである。そのことになぜ韓国民が気付かないのだろうか。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント (1)

中国人による靖国でのボヤ騒ぎを甘く見てはならない!

2018年12月13日 | 国際問題

いくら日本人が仲よくしよとしても、相手が敵視しているのだから、手の打ちようがないのである。ようやく多くの日本人が、世界は今もなお「暴力の海」であることを理解したのではないだろうか▼こともあろうに昨日、靖国神社で「南京事件に抗議」という旗を持ち、東条英機の名前を書いた紙を燃やした中国人の男が逮捕された。反日教育が徹底している中共や韓国の人間は、そうした行動が英雄的と思い込んでいるのだ。そうした人間たちには、手を差しのべても無駄なのである▼その中国人は「軍国主義を打倒せよ」と叫んだというのだから、笑止千万である。世界に例のない軍拡を行って、太平洋をアメリカと二分しようとしているのは、一体どこの国だろう。日本の固有の領土である尖閣諸島を実効支配するために、人民解放軍の船で領海侵犯をしているくせに、よくぞそんな言葉が吐けるものである▼日本人は平和ボケではいられなくなっているのだ。今年の漢字は「災」だという。不幸な出来事に備えるのを怠ってはならない。「暴力の海」というのはヤスパースが用いた言葉だが、世界は善意の人々ばかりではない。日本は早急に国家として身構えなくてはならないのである。それはイデオロギーの問題というよりも、深刻な危機が我が国に迫っているからなのであり、その現実から私たちは目を背けてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

日本を敵視する韓国に対して断固たる処置を取るべきだ!

2018年12月07日 | 国際問題

ようやく韓国の国民も、日本を怒らせたことに気付き始めているようだ。5日付の朝鮮日報のコラムでは、条約に司法が口を出したことを揶揄した。産経新聞が伝えたもので、すでに日韓基本条約で解決したことを蒸し返し、反日を過熱させた責任は、全て文在寅政権にある。韓国最高裁の決定を受けて、日本企業の資産差し押さえを実行してみればいいのである▼これまでの条約や法をまったく無視して、日本を敵視しているわけだから、こちらとしても日本国内の韓国の資産の差し押さえをはじめ、日韓請求権協定にもとづく仲裁委員会設置要求、大使召還、ノービザの停止を粛々と行えばいいのだ。韓国に輸出している部品をストップさせることも検討すべきだろう▼困るのは韓国であって日本ではない。国際的にも韓国は孤立している。北朝鮮への融和政策に対しては、どこの国も冷淡である。日本を批判することで、自分たちが利益を得られると思ったらば大間違いなのである。日本としては断固たる姿勢を貫かなくてはならない。韓国への妥協は日本を売ることに等しい。自民党の和田政宗参議院議員は「速やかに打つべき処置を実行すべき」と述べているが、これまでのような生温い対応では韓国を付け上がらせるだけだ。相手が敵視しているのに、握手する馬鹿はどこの世界にもいないからである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント