草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

米朝首脳会談で米国は安易な妥協をすべきではない!

2018年06月12日 | 国際問題

米朝首脳会談が今日の午前9時(日本時間午前10時)から始まる。どんな結末になるか世界は固唾を呑んで見守っている。今はトランプ大統領に期待するしかない。安倍総理は直前まで情報交換をしており、日本側の意向を無視することがないよう祈るだけである▼北朝鮮の核兵器廃絶をめぐって米国は安易な妥協をすべきではない。それが実現するまでは、圧力を解除してはならず、徹底的に追い詰めることなしには、金正恩朝鮮労働党委員長を屈服させることは難しいからだ。拉致問題についても、トランプ大統領が取り上げれば、必ずや進展があるはずだ▼金正恩委員長を交渉の場に引っ張り出したのは、日米が結束して対応したからであり、まさしく安倍外交の成果である。最終的には我が国は日朝首脳会談で決着を付けることになる。いくらお人好しの日本人であっても、核ミサイルで脅されていては、日本人拉致被害者が原則全員帰国しなくては、手を差し伸べて経済援助をすることなどできない▼北朝鮮は何が大事かを胸に手をあてて考えるべきだ。我が国との関係を強化すれば、あっという間に豊かな国家に変貌する。飢えに苦しむ民衆はいなくなる。金王朝も崩壊せずにすむ。米朝首脳会談に引き続き、すぐにでも日朝首脳会談が実現されなくてはならない。金正恩委員長は安倍総理と虚心坦懐に話し合うべきなのである。北朝鮮にとっての得策はそれしかないのだから。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

天安門事件から29年 5首

2018年06月04日 | 国際問題

天安門自国の民を殺戮す悪逆非道人民の名で

ロシアより早く若者決起せし自由の雄叫び今も忘れず

人権を口にしたがる者たちが恐れをなして支那批判せず

暴虐の嵐はいつか過去となる民の力を知るは天なり

覇道たる中共は今日本を虎視眈々と狙っているなり

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米朝首脳会談中止を受けて東アジアは一触即発の情勢だ!

2018年05月25日 | 国際問題

トランプ大統領が昨日、ホワイトハウスで記者会見し、6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を中止する考えを明らかにした。予想した通り、北朝鮮は世界中の人々の期待を裏切った。北朝鮮の核の脅威にさらされている我が国にとっては、最悪の事態である▼金正恩は核兵器を手放すつもりなどないのである。もはや瀬戸際外交は通用しないことを思い知らせなくてはならない。金王朝が崩壊するまで世界は圧力を強めるべきなのである。アメリカに残された最終的なオプションは軍事行動である。私たちは身構えなくてはならない。すぐに憲法改正は難しいわけだから、超法規的な決断でもって、危機を乗り切らなくてはならない▼陸海空の自衛隊の真価が問われるときでもある。臨戦態勢に突入していると思うが、予備自衛官の招集も準備すべきだろう。政治は「モリカケ」で騒いでいる場合ではない。政治的な争いを中止して、全ての政党は安倍内閣の政策に協力すべきだろう。何が起きても不思議ではないのである。かつてない危機のただなかに我が国はある▼ここまでくれば安倍総理を信頼するしかない。北朝鮮は腹いせに何をしてくるか分からない。まずは核ミサイルの攻撃と、日本国内での破壊工作に備えなくてはならない。戦後70年以上にわたって我が国は平和ボケに陥っていた。国民の生命と財産を守るために、現時点での万全を期すしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

全面屈服を避けるためにジタバタしているのが金正恩だ!

2018年05月09日 | 国際問題

米朝首脳会談が本当に実現するのだろうか。トランプはリビア方式による核兵器の即時全面破棄であり、金正恩が望んでいる段階的ということは認めない。さらに、生物化学兵器を含めてともいわれる。産経新聞によると、一昨日から昨日にかけて、遼東省大連で習近平と会談した。今後の対応を協議したとみられる。中共に縋るしかなくなっているのである▼アメリカや日本などの国際社会による圧力によって、金王朝は崩壊寸前まできており、このままでは白旗を掲げるしかなくない。それを阻止するには、中共に支えてもらう以外にないのである。北朝鮮の体制が変わることは、習近平にとっても困ることである。民衆の自由を奪うような全体主義国家は、世界中でわずかである。第二の毛沢東を目指す独裁者は、金王朝が倒れるようなことがあれば、明日は我が身なのである▼全面屈服を強いられるのであれば、米朝首脳会談を取りやめた方が得策である。その辺のところを二人で話し合ったのではないだろうか。南北和解ムードというのは、あくまでも表面的なことでしかない。北朝鮮の非核化について、アメリカは一切の妥協を許さないのであり、それを拒むのであれば、残された選択肢は戦争しかない。刻刻と東アジアの情勢は変わってきている。私たちは限られた情報から読み解くしかないが、この先どうなるかは、神のみぞ知るなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本が国家たることを望んでいるのがトランプだ!

2018年04月20日 | 国際問題

安倍総理とトランプとの日米首謀会談の行方が気になる。あのときに全てが決まっていたんだ。そういう大変なことが議論されているのである。セクハラや買春の騒動に目を奪われているときではない。米朝首脳会議を前にして、日本側は北朝鮮の全面的な核の放棄と拉致被害者の救出でアメリカに要望したとみられるが、もしかすると金正恩が大幅に妥協することも考えられる。東アジア情勢は流動的なのである▼世界が固唾を呑んで見守っているのに、日本維新の会の以外の野党は、安倍総理が何をやろうとしているかに関して、国会の場で質すこともせず、逆に国会をストップさせ、麻生財務大臣の首を取ろうと必死である。それに呼応するマスコミもどうかしている▼今回の日米首脳会談は、戦後70数年にわたって続いてきたぬるま湯から、日本人が脱却する分岐点になるのではないだろうか。トランプが我が国に望むのは、東アジアで軍事的な覇権を狙う中共を抑えるために、日本が国家としての力を備えることである。アメリカ一国では手に負えないことを熟知しているからだ▼私たちにとっては一大チャンスである。同盟国であるアメリカが、我が国の真の意味での主権回復を後押しするのである。憲法改正の機は熟しつつある。それを阻止しようとする勢力は、反日国家を利するだけであり、まさしく国民の敵なのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝鮮半島有事に備えて急接近する中共と北朝鮮!

2018年03月29日 | 国際問題

東アジアの情勢は緊迫の度を増している。今回の習近平と金正恩との会談で確認されたのは、中共と北朝鮮との結束の確認である。未だに中共は北朝鮮の後ろ盾であり、最後まで見放すことはないのある。間違っても一方的に北朝鮮が譲歩するということではない▼金正恩が非核化への意思を示したといわれるが、それには前提条件がともなうのである。あくまでも「半島」の非核化であることに注目しなければならない。遠回しながら、アメリカ軍が韓国に持ち込んでいる核にも言及しているからだ。北朝鮮は朝鮮半島の統一を目指しており、それを阻んでいるアメリカ軍の撤退を求めているのである。韓国でも反米ムードは広がってきている。機は熟しつつあるとみているのだ。非核化は手順を踏んでの段階的なものであり、そんな茶番に我が国は騙されてはならない▼ここにきて北朝鮮が中共に急接近したのは、トランプとの交渉に自信がないからだろう。アメリカは明らかに勝負に出てくる。すぐに核を廃棄することを要求し、それが受けいれられなければ、開戦を決断する可能性がある。それに金正恩は怯えているのである。我が国としては、アメリカとの同盟関係を強化して、朝鮮半島の危機に備えなければならない。今安倍内閣を倒せば、我が国の政治は混乱し、反日国家の思うつぼになる。国民の命を守るためにも、安倍首相を先頭にして国家として身構えるべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大国の横暴で日本はかつてない危機を迎えている!

2018年03月24日 | 国際問題

森友学園で日本の政治が混迷している間に、大国であるアメリカ、中共、ロシアの横暴が目に余る。世界中が破局に向かって突っ走ろうとしているかのようだ。我が国が国家として身構えることができなければ、奈落の底に突き落とされるのは必至だ▼アメリカは自由貿易体制が自国の利益と合致しないのを知り、保護貿易に舵を切ろうとしている。我が国にも鉄鋼やアルミニュウムに25%の関税を課すことになった。まさしく日本経済は風前の灯なのである。安倍首相は除外国にしてもらうためにも、トランプへの働きかけを強化すべきだろう。トランプに物を言えるのは、日本の政治家では安倍首相しかいないからである▼今回の決定は強国化の道を目指す中共をけん制する意味合いもあり、アメリカは勝負に出たのである。東アジアの安全保障上の危機も、日ごとに高まっていくに違いない。アメリカによる北朝鮮への先制攻撃ばかりか、中共との軍事的な全面衝突もあり得る。にもかかわらず、日本の政治は機能を停止している。永井陽之助が恐れていたような「大衆民主主義の危険は、政治に過度の大衆の情動と非合理的な圧力が介入してくることであって、冷静明快な少数者の決定という、いついかなる政治社会でも不可欠の指導原則のおかされやすいからである」(『平和の代償』)という事態が生じているからだ。日本人は目を覚まさなくてはならない。党派を超えて結束して危機に対処すべきときなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮への屈服は韓国民が自由を失い奴隷になることだ!

2018年02月27日 | 国際問題

このままでは韓国は北朝鮮によって統治されることになる。文在寅は金正恩の傀儡でしかない。「米国は北朝鮮との協議の条件を引き下げる必要がある」と述べるにいたっては、もはや言葉が出ない。北朝鮮の核の保有を認めることは、韓国が屈服し自由と民主主義を失うことである▼田中美知太郎が『市民と国家』で「ギリシア人にとっては、自由は多くの場合、奴隷となって他の支配をうけるということの否定であった」と書いている。そして、デモクリトスの有名な言葉を引用した。「民主国で貧乏暮らしをしている方が、王侯のもとでしあわせと呼ばれるような生活をしているよりも、はるかに望ましい。それは自由の人であるか、それとも奴隷であるかという相違なのである」▼今の韓国は同じ民族であることを優先させるあまり、物事の本質が見えなくなっている。日本を悪者にして国づくり進めた結果、独裁国家の金王朝に呑み込まれる寸前である。自由を一度失ってしまえば、もはや後の祭りなのである▼今の韓国にとっては、日本が敵国であり、北朝鮮が友好国なのである。ことの重大さに気付くのは、北朝鮮の支配下に入ってからだろう。物も言えなくなるような監視社会。そこでは人間の根源的な欲求である自由は許されないのである。韓国民は本当にそれでよいと思っているのだろうか。

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

 

 

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平昌オリンピックの英米の報道に猛反発の韓国を嗤う!

2018年02月12日 | 国際問題

反日を国是とすることが間違っているのだ。韓国の平昌オリンピックの開会式で、韓国が大恥をかいた▼その一つは英紙のタイムズによるもので、南北選手団が掲げた半島旗について、「独島(ドクト、日本名竹島)は日本所有した島」と報道したことである。もう一つはアメリカのNBCで、そこで解説者が「日本は1910年から45年まで韓国を支配した国だが、全ての韓国人にとって発展過程で日本が文化や技術、経済的にも重要なモデルになった」と発言したことだ▼これは日本政府がいわせたわけではない。かえって我が国は「羹に懲りて膾を吹く」までになっており、こと韓国に関しては低姿勢を続けてきた。現在もそれに大きな変化はない。国際社会が韓国に事実を突きつけたのである▼思い当たる節があるから韓国は大慌てなのだろう。竹島は戦後のどさくさの1952年、韓国が侵攻して、現在に及んでおり、まさしく法の支配を無視した暴挙であった。敗戦前までは韓国は日本であった。だからこそ、日本としてあらゆる援助を惜しまなかったのは確かである。逆に日本から考えれば、我が国は外来文化が朝鮮半島を通じて渡来したことを、一度たりとも否定したことはない▼どこの国であろうとも自国中心の考え方を持つのはしかたがない。しかし、それにも限界があるのだ。日本憎しであれば全てOKの今の韓国は、あまりにも異常なのである。

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮にすり寄る文在寅と日米同盟強化の安倍首相!

2018年02月11日 | 国際問題

韓国民は自らの意思で日本やアメリカとの同盟関係を弱体化したのである。平昌オリンピックの開会式直前に行われた海外貴賓を対象にしたレセプションで、文在寅は思わぬしくじりをした▼それに先立つ歓迎行事にアメリカのペンス副大統領が現れなかったからだ。レセプションの会場もわずか5分で出て行ったのである。しかも、メインの自分の席に座らることはなかった。韓国が期待したアメリカと北朝鮮の接触は実現しなかった。ペンス副大統領は、北朝鮮の微笑外交の手助けをする韓国に不信感を抱いており、政治ショー化するオリンピックが許せなかったのだろう▼融和ムードは、北朝鮮に大陸間弾道弾の開発のための時間を与えることに危惧しているのだ。そうしたアメリカの反応に、韓国の中央日報は困惑の色を隠さない。ここにきてようやく失敗したことに気付いたのである。圧力をかけようとする国際社会の意向を無視して、南北統一にこだわる韓国は、ならず者国家の弟分とみられているのだ▼安倍首相は立派であった。己の立場を明確にしたからである。一貫して変わらぬ日米同盟の結束力を強調し、軍事的な抑止力を強化することで、北朝鮮の核やミサイルによる恫喝に対抗しようとしている。相手の口車に乗せられて、言いなりになっている韓国に対して、安倍首相は国民の命を守り抜く決意を表明したのである。どちらが政治指導者として優っているかは明らかである。

 

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加