草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

後藤健二さんの解放はISISの決断一つだ!

2015年01月31日 | 安全保障

騒ぎ過ぎのマスコミも、ここにきて何を報道していいか分からず 、どうでもいいようなことを伝えている。しかし、後藤健二さんが解放されることはほぼ確実で、唯一障害として横たわっているのが、ヨルダン空軍パイロットの生存の確認である。ヨルダン政府としては、自国民を優先させるのはあたりまえだ。そのことで日本政府はとやかく言うべきではない。もし死んでいるとすれば、テロリストの死刑囚と後藤さんとの一対一の交換となるのではないか。現段階でも最悪のことは考えられるが、全てはISISの判断にかかっているのであり、日本政府やヨルダン政府を批判すべきではない。ヨルダン空軍のパイロットがどうなっているか、それを隠蔽しているISISこそが批判されるべきなのである。後藤さんについてのニュースは、最初は安倍首相を槍玉に挙げていたが、ネットでの安倍擁護の声が高まると、一転して後藤さんの命乞いとなった。日本政府の交渉を見守るのではなく、足を引っ張ることばかりしていた。出演している中東の専門家が落ち着いたコメントをしていたので、火の油を注ぐことにならなかっただけだ。情勢は悲観するようなものではない。長期戦になることは予想されたことであり、じたばたしても始まらないのである。日本という国家は、日本人である限り、思想信条を問わず、救いだす責任があり、今全力を傾注しているのだから。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いいたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

ISISの脅しに屈するなかれ!

2015年01月30日 | ネットの世界

ISISは情報戦で日本に揺さぶりをかけている。交渉は大詰めを迎えているが、ヨルダン軍パイロットの生存が確認されないと、ヨルダン政府としても最終判断ができないのではないか。ISISの自爆テロに加わった死刑囚の釈放にあたっては、そのパイロットが生きていることが前提なのである。もし死んでいるとすれば、ヨルダン政府が騙されたことになる。次々と条件を変えてくるのは、彼ら自身が軍事的に追い詰められているからではないか。イスラム世界でも孤立しており、組織としても解体寸前なのだろう。ここで忘れてならないのは、シリアやイラクとは戦争状態であり、西側の空爆にもさらされていることだ。まともに機能しているわけではないのだ。にもかかわらず、日本のマスコミは連日のように、ISIS寄りの報道をする。今日の段階でも「イスラム国」と未だに呼んでおり、真実を伝えていない。それらの報道をチェックしながら後藤健二さんの命をもてあそんでいるのに、愚かにもそれに加担しているのである。日本政府は最善を尽くさなければならないが、交渉の裏舞台はすぐには明らかにする必要はない。かけがえのない命を守るために、日本政府がどのような行動をするかは、日本国民から全権を委ねられているのであり、恐れずに前に進むしかないのである。ISISは自分たちの思い通りにならないのを知って、必ずや譲歩してくるはずだから。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

お花畑はテロリスト批判ではなく首相官邸前で大騒ぎ!

2015年01月29日 | 政局

最後まで気を緩めることはできないが、後藤健二さんの解放に向けた動きが進んでいる。その足を引っ張るかのように、首相官邸前で徹夜でデモが行われている。日本政府が全力で取り組んでいるのに、一体何を要求したいのだろう。わずか百人程度の人数にもかかわらず、マスコミは大きく取り上げている。精神科医の香山リカ、翻訳家の池田香代子らが呼びかけたのだそうで、日本政府に圧力をかけるのが目的なのだから、これまた手がつけられない。テロリストに抗議するプラカードは一つもなし。批判の矛先が見当違いなのである。マスコミがそこまで持ち上げるのは、後藤さんが同業者でジャーナリストだということもあるだろうが、あまりにも節操がない。日本人の多くは後藤さんが一日も早く解放されることを望んでいる。今の段階で静かに見守っているのは、テロリストであるISISとの交渉が難しいのを知っているからだ。連日のように首相官邸前では安倍首相を批判するデモが繰り広げられてきた。集団的自衛権行使容認や特定秘密保護法をめぐってのものであり、実際はそれと大差がないのである。憲法9条のお題目を唱えれば平和が維持される。テロリストの要求には従うべきだ。そんなことで日本の平和が保てるわけはない。太鼓を打って騒いだり、安倍首相を罵倒したりするだけの人間は、本心では後藤さんなどどうでもいいのである。批判のための批判をしたいだけなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

「テロに屈するな」とのネット言論が国民の支持集める!

2015年01月28日 | ネットの世界

日本国民が結束する。それだけでテロリストは手を出せなくなるのである。安倍首相憎しで世論を動かせると思ったマスコミも、ここにきて孤立しつつある。イスラム過激派のISISのお先棒を担いだ連中の名前を、私たち日本国民は忘れないだろう。冷酷無比に我が同胞を殺害した者たちを批判せず、日本政府を批判するというのは、テロリストに加担するだけなのである。今回もまた主戦場はネットであった。共産党の国家議員などは謝罪する羽目になった。テレビ朝日やTBSの報道番組も槍玉に挙がった。そのせいもあって、安倍政権の今回のテロ事件の対応を支持する国民が、各種の世論調査で6割を超えており、それが国民のコンセンサスとなっている。もしネットがなかったならば、逆な結果が出ていただろう。ネットは日本人の声なき声を代弁している。日々の生活に追われながらも、やむにやまれぬ思いを書き込むのである。いかにマスコミがセンセーショナルに報道しようとも、国民は冷静であった。これには日本敵視の中共の国民もビックリしたようで、日本の国民は侮れない、との声が上がっている。日本が国家として身構えるというのは、武力を充実するだけでなく、国民としての結束力があるかどうかだ。それを内部から崩そうとする勢力を許さない。そうした言論が主導権を握る日本は、まだまだ捨てたものではないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

ネットでの後藤さんの命乞いはテロリストの思う壺だ!

2015年01月27日 | マスコミ評

日本のマスコミの愚かさにはあいた口がふさがらない。イスラム過激派のISISに後藤健二さんが殺されないように、解放を願うネットの声が広がっていることを、読売新聞が伝えている。世界中でまだ一万程度しか賛同者がいないのに取り上げたのは、それを後押ししたいのだろう。しかし、それがどのような結果をもたらすかについては、あまりにも無頓着である。ヨルダン政府とともに日本政府は、ISISと交渉の真っ最中である。テロリストは日本の世論の動向を見ているのだ。もし、ネットで呼びかけるのであれば、テロに屈しないという意思表示でなければならない。すでにテロとの戦いでは、おびただしい犠牲者が出ている。ここは冷静に交渉を見守るべきなのである。現在進行中であるにもかかわらず、安倍首相の責任を云々してみたり、テロリストを喜ばせるような報道は、自主的に慎むべきなのである。情勢は楽観できなくても、絶望的ではない。いかなる国民であっても、日本という国家は見捨てないのである。自己責任だからと無視するわけにはいかないのだ。命乞いをしなくても、解放に全力で取り組んでいる。命が大事なのを十分承知しているからだ。日本のネット全体は健全であるが、安倍首相憎しの意見も一部にはある。日本政府に圧力をかける動きに結び付けば、交渉に影響を与えかねない。センセーショナリズムは許されないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

テロリストを勢いづかせるだけの安倍首相批判を嗤う!

2015年01月26日 | 安全保障

安倍首相を批判するのは自由である。しかし、今は同じ日本人が殺害されかかっているのである。静かにテロリストと日本政府の交渉を見守るべきではないか。何としてでも政局にしたい者たちは、難癖を付けるのに必死だ。尊い命が犠牲になったことについても、驚くなかれ過激派のISISを批判するのではなく、安倍首相をこき下ろしているのである。しかも、テレビでISISの声明文を取り上げないといちゃもんをつけている。今回のような非常時の場合には、全責任は日本政府にあり、安倍首相は孤独な決断を強いられる。京都学派の高山岩男の「平時には立派な、効果的な議会制民主主義も、非常緊急の重大な時機には逆転して無力となるのみならず、有害とさえなる」(『教育哲学』)という言葉が思い出されてならない。一部の日本の政治家やマスコミは、愚かにもISISの代弁者となって、難しい交渉の妨げになるような発言を繰り返している。国民が一致してテロと対決しなくてならないときに、その足を引っ張っているのである。そればかりか懸命に取り組んでいる安倍首相を辞めさせようというのだから、ピントがずれている。国論を統一し毅然とした対応をすれば、テロリストも手が出せないのである。ネットでもテロリストの側に立った書き込みがあるが、それが何をもたらすのか、考えたこともないのだろう。安倍首相憎しだけで、敵の敵は味方だと勘違いしているのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

テロリストに屈しない安倍首相を断固支持する!

2015年01月25日 | 安全保障

湯川遥菜さんが殺されたとすれば、イスラム過激派のISISを断じて許すことはできない。ネットを使って殺害を予告し、それを実行したわけだから、まともな人間のすることではない。もう一人の後藤健二さんについては、解放にあたっての条件として、ヨルダンに拘束されている仲間の釈放を求めている。もはや日本政府サイドの問題ではない。莫大な身代金の要求を取り下げてきており、今後はヨルダンとの交渉にかかっている。唖然とするのは、安倍首相をこきろろす政治家や言論人がいることだ。ISISがイスラム世界を代表しているわけではない。あたかもそうであるかのような発言をして、日本国民を混乱させている。この場に及んで、テロリストの暴挙を批判せず、安倍首相を攻撃することは、テロリストに加担することにほかならない。しかし、大半の日本国民は愚かではない。そうした政治家や言論人は、ネットなどにおいて集中砲火を浴びている。テロリストの言い分を聞かなかったことは、政治家として立派だ。それが第二、第三のテロを防ぐのである。一連の経過を振り返ってみると、湯川さんは早い段階で殺害された気がしてならない。イスラム過激派ISISが要求を変えたのは、日本政府が突っぱねたからばかりではなく、湯川さんがこの世の人ではなかったからではないか。犠牲者が出たことは残念ではならないが、テロとの戦いは国際社会全体の問題であり、日本だけが抜け駆けすることはできないのである。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

安倍首相の足を引っ張るのはISISに味方するのと同じだ!

2015年01月24日 | 安全保障

ネット言論は健全なのである。マスコミと結託した跳ね上がりがネットで大騒ぎをしても、大方はそれに同調しなかったからだ。かえって跳ね上がった勢力は、孤立を深めただけなのである。ISISイコールイスラムと決めつけたり、安倍首相の退陣を求めるなど、ピンぼけな意見を述べて、ネット上でさらされる者まで出た。日本が行った難民支援は、軍事力を行使しない我が国の唯一の選択肢であり、その部分でのアメリカとの協力は不可欠である。早い段階で日本人を拘束していたISISは、そのタイミングを狙っていたのではないか。安倍首相の失政と考えるのは、あまりにもうがった見方だ。いかなる人間であろうとも、日本人である限り、日本国はその生命を守るために全力を傾注する。無責任な評論家とは訳が違う。今の段階でも殺害を予告された日本人がどうなっているか、事態は流動的である。国があらゆるルートを通じてISISと接触を続けているのだろう。当面はそれを見守るしかない。難癖を付けて喜んでいるのは、安倍首相の足を引っ張りたいだけだ。テロとの戦いに日本国民が結束しなければならない。それを嘲笑するのは、日本と日本国民が嫌いなのだろう。これに対してネット言論が怯むことなく反撃しているのは立派だ。安倍首相が絶対なわけはない。しかし、テロに屈服せず、毅然と立ち向かう姿勢は高く評価されるべきなのである。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

ISISの殺害予告に対する安倍首相の孤独な決断を支持する!

2015年01月23日 | 安全保障

今はただ安倍首相の孤独な決断を支持したい。そこでは生命の尊重も、テロに屈しないということも考慮されているはずだ。身代金を払うか払わないかも、明言を避けるのはあたりまえだ。選択肢を自ら縛る必要はないからだ。いかに二人であろうとも、日本人である限り、思想や信条は問わず、日本という国家は、最善を尽くすべきである。日本を否定し、コスモポリタンを公言する者たちは、今回の事態をどう考えているのだろう。国家が国民を守ってくれるのである。だからこそ、私たちは国家に対して、できることをしなければならないのだ。最終的な結末は現段階でも予想がつく。それをとやかく論じるよりも、テロを撲滅する側に日本は参戦すべきであり、お花畑そのものである憲法9条を持ち出す愚かである。テロリストにとっては、敵か味方しかないのである。しかも、テロリストが言う味方とは、アメリカなどの西側すれば敵であり、中立の立場などはあり得ない。安倍首相がどのような決断をしても、国民の一部から批判されるのは目に見えている。最後まで裏舞台を公表することはないだろう。国民は冷静に対応し、イスラム過激派のISISに隙を見せるべきではない。本来であれば控え目に報道すべきであるのに、日本のマスコミはここぞとばかり大騒ぎをしている。安倍首相はそうした雑音に耳を貸すことなく、いかに孤独であろうとも、己の信じる道を進むしかないのである。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント

民主党岡田克也代表は伊東正義と池田勇人に学べ!

2015年01月22日 | 政局

民主党の岡田克也代表が自分の政治的なスタンスについて、宏池会に一番近いと発言している。念頭にあるのは、総理大臣のイスを蹴った会津っぽ伊東正義なのだろう。しかし、いくらハト派であろうとも、ならぬことはならぬを貫いたのが伊東であった。鈴木善幸内閣の時に外務大臣であった伊東は、筋を通すためにさっさと辞めたことがあった。日米同盟について、軍事的な面を隠そうとする鈴木に、腹がたったのである。あまりにも姑息過ぎるからだ。鈴木は尖閣諸島をめぐっても、最近になってへまをやらかしたことが明らかになった。宏池会で忘れてならないのは、池田勇人である。所得倍増を実現したことから、経済一辺倒だと思われているが、根っからの愛国者であった。昭和20年8月15日のあの敗戦のときに、天皇陛下に申し訳ないと、皇居まで出かけて行ったのである。特定アジアに気を遣っている今の岡田代表とは天と地ほどの開きがある。ハトとかタカとかで色分けすることが間違っている。経済政策の面でも池田は成長路線であった。緊縮財政とは雲泥の差なのである。例えそうであっても、本当に保守本流を受け継ごうとするのならば、一定の評価はできる。まずはそれを政策で示すべきだろう。小沢一郎あたりに付いて行った過去も反省すべきではないか。選挙制度をいじったために、自民党を出ざるを得なかったのが実情だとしても、そこで一言あるべきだろう。日本の政治のためにも、岡田代表の責任は大きい。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

               ←応援のクリックをお願いたします。


政治 ブログランキングへ

コメント