草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

ファーウェイを擁護するかのような産経の記事を嗤う!

2018年12月16日 | マスコミ評

ファーウェイ排除の動きが世界的に広がってきているが、そんななかで産経が驚くべき記事を書いている。保守系を名乗る新聞でありながら、15日にアップされた産経ニュースに「電子部品集積の関西経済にも影響」という見出しが躍っているからだ▼金儲けの次元の論じるべきではなく、日本の安全保障の根幹にかかわる問題であるにもかかわらず、すり替えの議論を展開している。ファーウェイと日本企業との取引が「18年は約6800億円に達する見込み」との数字を挙げるとともに、日本総研の石川智久関西経済研究センター長の「ファーウェイの経営が悪化すれば、日本で調達を増やすことは難しくなる。電子部品、機械メーカーが集積する関西経済にも影響する」とのコメントを載せている▼産経とて油断はならないのである。客観的な事実を指摘しているように見せかけながら、ファーウェイを擁護するような主張を展開しており、国民をミスリードしかねない。中共の意を受けた者たちは、朝日や毎日にとどまらないのである。どこにでも入り込んでいるのではないだろうか▼かつてソ連の協力者が産経にいて大騒ぎになったことがあったが、どの新聞の記事かというよりも、何が書かれているかを注視すべきだろう。誰が味方で、誰が敵であるかがはっきりせず、混沌としているのが今の日本である。冷静な目で判断し、吟味する力を養うしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

国の安全を守るために「至高の法」を容認した田中美知太郎!

2018年12月15日 | 安全保障

韓国を笑ってはいられない。日本も未曽有の危機に直面しているのであり、国の安全を守り抜くために、国民が一致団結しなくてはならない。アメリカと中共との対決はエスカレートしてきており、東アジアの情勢は日に日に厳しさを増している。それでいて改憲に向けた動きは遅々として進んでいない。今は亡き哲学者の田中美知太郎は、今のような状況になることを予想して警鐘を鳴らしていたのである▼「『国の安全が最高の法でなければならぬ』ということが、ローマ共和制の時代から言われているが、われわれの国民生活が全体的に脅かされるような場合には、この法がいっさいの法に優先し、憲法というようなものを停止させなければならないことになる。これは危険な至高の法であるが、このような非常時の生じないためには、かえってわれわれは平常の時に、自由の時代に、かかる至高法の存在を心にとめておかなければならないのである」(『直言、そして考察―今日の政治的関心―』)▼田中ですら、最悪の事態を想定し、カール・シュミット流の「国家緊急権」が伝家の宝刀であることを容認したのである。それを抜かないためにあらゆる手を尽くさなくてはならないが、現在の我が国を見てみると、悲観的になってしまう。平和ボケで危機意識が乏しいからである。アメリカに全面的に依存していた安全保障は、大幅な見直しを迫られている。中共や北朝鮮が核で日本を恫喝しているのに、対抗手段がなくなってきているのだ。日本の存立すら危ぶまれる事態になっているにもかかわらず、多くの国民はまだ気付いていないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

冬の只見線 5首

2018年12月14日 | 短歌

只見線電源開発かのときは首都東京の灯りともせり

山の雪川に青空映りけりゴトゴトと音たてにけり

雪の中埋もれし人の暮らしあり沿線に住む人はつつまし

君知るや盆地を走り山越えて越後までも汽笛は鳴れり

友あればぜひとも見せたい景色なり空の青と川の青とを

 

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

安倍内閣の移民政策は日本の国柄を破壊する暴挙だ!

2018年12月14日 | 思想家

日本の歴史や伝統を破壊すれば、二度とそれを再建するのは難しい。平成最後の12月を迎えて、日本人が拠り所とすべき価値観が、音を立てて崩れている。それで本当によいのだろうか。リベラリストがすぐに引き合いに出すハイエクですら、その著書『市場・知識・自由―自由主義の経済思想―』(田中真晴・田中秀夫編訳)において、伝統や慣習の大切さを説いていたのではなかったか▼「個人主義社会が機能的に働くために、これらの比較的小さい人間集団に劣らず非常に重要なのが、自由な社会において成長する伝統と慣習である。そのような伝統と慣習は、強制的であることなしに、可撓(かとう)的ではあるが常態においては遵守される諸規則を定着させ、それによって他人の行動が高度に予測可能にせられるのである。そのような規則の存在理由を理解するかぎりにではなくて、反対すべき確たる理由がないかぎり、規則に進んで従うことが、社会的交流の規則の漸次的発展と改善のための、ひとつの本質的な条件である」▼全体主義的な強制に対抗するには、それぞれの国家が国柄に従って運営されなければならない。それが否定されてグローバリズムに屈服することが問題なのである。安倍内閣が移民政策に舵を切ったことで、日本は国家として新たな試練に直面している。少子化を解決するためにはもっと別な処方箋があるのであり、外国人に頼るというのは本末転倒ではないだろうか。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント

中国人による靖国でのボヤ騒ぎを甘く見てはならない!

2018年12月13日 | 国際問題

いくら日本人が仲よくしよとしても、相手が敵視しているのだから、手の打ちようがないのである。ようやく多くの日本人が、世界は今もなお「暴力の海」であることを理解したのではないだろうか▼こともあろうに昨日、靖国神社で「南京事件に抗議」という旗を持ち、東条英機の名前を書いた紙を燃やした中国人の男が逮捕された。反日教育が徹底している中共や韓国の人間は、そうした行動が英雄的と思い込んでいるのだ。そうした人間たちには、手を差しのべても無駄なのである▼その中国人は「軍国主義を打倒せよ」と叫んだというのだから、笑止千万である。世界に例のない軍拡を行って、太平洋をアメリカと二分しようとしているのは、一体どこの国だろう。日本の固有の領土である尖閣諸島を実効支配するために、人民解放軍の船で領海侵犯をしているくせに、よくぞそんな言葉が吐けるものである▼日本人は平和ボケではいられなくなっているのだ。今年の漢字は「災」だという。不幸な出来事に備えるのを怠ってはならない。「暴力の海」というのはヤスパースが用いた言葉だが、世界は善意の人々ばかりではない。日本は早急に国家として身構えなくてはならないのである。それはイデオロギーの問題というよりも、深刻な危機が我が国に迫っているからなのであり、その現実から私たちは目を背けてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

 

コメント