草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

左翼全体主義の脅しに屈してしまえばアメリカの未来はない!

2021年01月18日 | アメリカ

言論の自由を守ることこそが民主主義の根幹である。デモクラシーという言葉は、民衆による支配を意味する。一部の権力者によって物事が決まるのではなく、民衆の多数決によって政治が運営されていくのである。その場合に民衆が様々な意見に接することができなくては、民主主義は機能しないのである▼アメリカで起きているリベラル派による保守派への言論弾圧は、民主主義に逆行する暴挙であり、断じて許すことができない。それを容認する日本のマスコミの劣化も、あまりにも嘆かわしい。不正選挙を批判することが、どうして暴動をそそのかすことになるのだろう。トランプ支持者を「陰謀論」でこきおろしているが、嘘やでたらめを相手が口にしているのであれば、言論の場でエビデンスを示してやればいいのである。それこそがメインストリーム・メディアの使命ではないだろうか▼リベラルを名乗る者たちは、極左を異常に恐れ、少数派の暴力を容認ししている。アメリカがアメリカでなくなっている原因として、エリック・ホッファ―は「卑劣な侮辱や脅しを耐え忍んでいる何百万というアメリカ人たちの信じられない臆病さによるところが大きい」(「われわれが失ったもの」中本義彦訳)と書いている。アメリカ人が今問われているのは、自由と民主主義を守る勇気があるかどうかなのである。

コメント

今のアメリカの左翼は手段を選ばないレーニンの信奉者たちだ!

2021年01月17日 | アメリカ

アメリカの混乱の背景に根強い人種差別があるのは否定できないが、それ以上に恐ろしいのは、バイデンを押し上げた者たちが依拠するレーニンのイデオロギーであり、今のアメリカは、国家崩壊の瀬戸際まで追い詰められているのだ▼永井陽之助は『戦史と戦略』のなかで、レーニンについて鋭い分析を行った。永井は「彼の革命理論では、国内社会を、敵と味方にわかつとき、非合理的な心理的、政治的要素を無視しえないことを十分考慮にいれた。さらにボルシェヴィキの革命行動において、目的のためには一切の手段がゆるされること、まさしく『恋愛と戦争のみでなく、革命においてもすべてがゆるされる』ことを確信した」と書いたのである。レーニンによって「欺瞞と虚言、デマからテロ、殺人行為まで、扇動と宣伝、暴力の技術として体系化された」ことで、野蛮と非道が正当化されたのである▼アメリカの左翼が不正選挙を行っても平然としていられるのは、自分たちの目的を達成するためには、あらゆることが正当化されると信じているからだ。「扇動と宣伝」を駆使して、白も黒にしてしまうのである。それにお人好しの平和主義者、ヒューマニストは騙されるのである。アメリカ国民が立ち上がり、軍が動かなければ、アメリカは革命政権の手に落ちることになるだろう。ボルシェヴィキの革命行動を粉砕するには、それなりの覚悟が求められるのである。

コメント

大統領就任式のため動員された軍を信用できないCNNを嗤う!

2021年01月16日 | アメリカ

アメリカ軍の兵士たちは、民主党や極左のために、アメリカ国民に銃を向ける勇気はないのである。バイデンの大統領就任式のためにワシントンには2万人を超える軍隊が配備についているが、CNNなどは連邦議会でごろ寝している州兵の写真を大々的に取り上げ、ぶざまな醜態と報道した。メインストリーム・メディアは軍隊を信じていないから、いつ自分に銃が向けられるかと恐れているのだ。トランプを必死になって弾劾しようとするのは、アメリカ軍への影響力を恐れているからなのである▼北一輝の『国家改造原理大綱』の一文は正鵠を射ているのである。「奈翁ガ保守的分子ト妥協セザルシ純革命的時代ニ於テシタルクーデターハ議会ト新聞ト大多数ガ王朝政治ヲ復活セントスル分子ニ満チタルヲ以テ革命遂行ノ唯一道程トシテ行ヒタル者。又現時露国革命ニ於テレニンガ機関銃ヲ向ケテ妨害的勢力ノ充満スル議会ヲ解散シタル事ニ見ルモクーデターヲ保守的権力者ノ所為ト考フルハ甚タシキ俗見ナリ」▼北は「クーデター」という言葉を使ってはいるが、例外的な状況下においては、断固として軍隊の武力を行使することを主張している。誰が大統領になろうとも、今のアメリカの混乱を収拾するためには軍隊に頼らざるを得ないが、中共との仲が取り沙汰されているバイデンの側に付くかどうかなのである。

コメント

軍隊に守られなければ大統領に就任できないバイデンを嗤う!

2021年01月15日 | アメリカ

1月20日(現地時間)のバイデンの大統領就任式を前にして、ホワイトハウス周辺はアメリカ軍の車で一杯になっている。まさにアメリカが全体主義国家になってしまったかのようだ。不正選挙で勝利したバイデン陣営は、もはや警察の力だけでは対応できなくなっているのだ▼アメリカ軍の関係者の投票先は圧倒的にトランプであったといわれる。兵士たちの心境は複雑なものがあるのではないだろうか。とくに東アジアの最前線では、中共と対峙していたわけで、大統領がトランプからバイデンに代わることで、安全保障政策が一変することには、かなりの抵抗があるはずだ▼それこそバイデンが8000万票を超えるアメリカ国民に支持されているのであるならば、ワシントンはバイデン支持者で溢れかえるのが普通ではないだろうか。そうした歓迎ムードが皆無なのは、正統性のない大統領であるのを多くのアメリカ国民が知っているからだろう▼無理に権力をもぎ取るには、軍隊を動員するしか手がないのである。その行き着く先は監視社会の強化であり、反対派を収容所にぶちこむことだ。アメリカ国民の怒りを恐れているのはバイデン陣営なのである。だからこそ、日頃毛嫌いしている軍隊の力を借りてまで、自分たちの身の安全を確保したいのである。

コメント

バイデンの大統領就任後もアメリカの分断は深まり混乱は続く!

2021年01月14日 | アメリカ

不正選挙によって大統領の座を追われるトランプを、完膚無きまでに叩き潰そうとするのは、自分たちがやったことがあまりにも理不尽であることを、バイデン陣営が認識しているからだろう。トランプの大統領としての任期は20日までである。その日からバイデンがアメリカの最高権力者の座に就くのである。にもかかわらず、一体何に怯えているのだろう▼もっとも衝撃的であったことは、アメリカ軍の最高幹部の面々が、バイデン次期大統領への結束を呼び掛ける文章を軍全体に通知したことだ。軍の武装蜂起を恐れているバイデン陣営が要求したことは明らかである。彼らに踏み絵を踏ませたのである。アメリカ軍すらも分断が進み、大統領就任式にあたっては、トランプを支持する軍人は警備から外すように指示が出ているともいわれる▼国家緊急権を発動せず、軍を用いることがなかったトランプは、ホワイトハウスを去る決心をしたにもかかわらず、極左にそそのかされた民主党は、彼の息の根まで止めようとしているのだ。それはあまりにも異常であり、多くのアメリカ国民が近いうちに立ち上がることになるに違いない。それはトランプのためではなく、自由と民主主義を守るためである。アメリカ合衆国修正第2条では、悪しき政府を打倒する抵抗権、革命権が認められている。アメリカの混乱は今後も続き、バイデンは早期に退陣を余儀なくされるだろう。

コメント