草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

オールド左翼と同じ憲法擁護の山本太郎はシーラカンスだ!

2019年09月22日 | 憲法

やっぱり山本太郎は駄目である。護憲で政治ができるわけがないのに、オールド左派と大差ないのには呆れた。言っていることが日本共産党や立憲民主党と一緒である。日本共産党は口では護憲を訴えているが、本音は二段階革命論である。民主連合政府を打ち立てたならば、次は社会主義憲法を目指しているのである▼憲法をろくに学んでいない山本は、憲法制定権力という言葉も分からないだろう。憲法を否定する「法を破る力」としての革命権や抵抗権を認めているのである。法というのは順守されるのが原則ではあるが、時と場合によっては「法を破る力」を容認するのである。今の香港の若者たちは、デモが禁止されても街頭に出ている。それはまさしく違法行為であるが、中国共産党の独裁に屈するのが我慢できず、逮捕されるのを覚悟で闘っているのである。まさしく抵抗権の行使である▼山本はいい加減である。憲法9条を理由に自衛隊を武装解除させようとしているからだ。中共に尖閣諸島や沖縄が奪われてもよいのだろうか。毎日のように我が国の領海を侵犯しているのである。自衛隊を増強しなければならないときに、廃止縮小などはとんでもないことである。消費税を引き下げることには反対しないが、それだけで政権を取るのは無謀である。山本を支持していた者たちは徐々に離れていくに違いない。れいわ新選組はオールド左翼そのものであり、新鮮味がまったくないからである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

文在寅によって韓国は国全体が北朝鮮に拉致されるだろう!

2019年09月22日 | 国際問題

全体主義の方が巧妙であり、一般民衆を操る術を知っている。今韓国で起きている混乱は、長年にもわたって北朝鮮が行ってきた浸透工作が成功したからなのである。金王朝の指示を受けた「土台人」が一般民衆に紛れ込み、政官財やマスコミに人材を送り続けてきた成果なのである▼韓国の保守が昨日、ソウル中心部で数万人を集めたデモ行進をした。文在寅やチョ・グクの辞任を求めて気勢を上げたが、今の革命政権を打倒するのは難しい。文在寅は情け容赦ない弾圧をするだろう。それはかつての軍事独裁政権の比ではない。生きるか死ぬかの戦いであるのを知っているからだ。致命的であるのは、反日教育を受けた若者の多くが、北朝鮮の全体主義を脅威と感じていないことだ。香港の若者とはその点が大きく違う▼内田樹あたりが、韓国を進んだ民主主義国家のように述べているが、見当違いも甚だしい。韓国の議会制民主主義はあっけなく潰えようとしているである。カール・シュミットが『現代議会主義の精神史的状況』(樋口陽一訳)で書いているように、議会制民主主義が機能するには、公開の討論が根本になければならない。「前提としての共通の確信、よろこんで自ら説得される覚悟、党派の拘束からの独立、利己的な利害にとらわれないこと」が必要なのである。それを無視して多数派を獲得するために手段を選ばないのが全体主義であり、文在寅を大統領に選んでしまった韓国人は、国全体が全体主義の北朝鮮に拉致されようとしているのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

東アジアの緊張は高まっており警戒を怠ってはならない!

2019年09月21日 | 安全保障

我が国の防衛はアメリカ頼みでは駄目なのである。現在の法制度では、一旦緩急あれば必ず犠牲者が出る。それをあらかじめ想定して置かなくてはならないのである。自衛隊が災害出動で手が回らないのを狙って仕掛けてくる危険性すらある。政治的に追い詰められている国家ほど、軍事的な挑発をしてくるのだ。我が国を叩きのめし、全面戦争の一歩手前で休戦すればいいのである▼どこの国かあえて名前を出す必要はないだろう。我が国が備えをしているとは思われない。戦後70年以上も平和であったわけだから、どこかが攻撃してくるとは考えられないからだ。空か海か陸かは分からないが、緊張は日増しに高まっている。アメリカが軍事的にも経済的にも圧倒的な力を誇ったのは、70年代までであり、81年3月4日には、ワインバーガー国防長官がNATO諸国に対して「合理的な役割分担」を求めた。それは同時に日本にも向けられたメッセージでもあった▼あれから40年近くが経過した。しかし、我が国の防衛力は周辺国から後れを取っている。自主防衛とは名ばかりである。経済成長が鈍化したことで、GDP1パーセント以下では、装備を充実することはできなかった。我が国を攻撃する国家は通常兵器を使用するはずだ。やられてから反撃するしかない自衛隊は、切歯扼腕することになるだろう。死傷者が出た段階で、ようやく日本人自覚するに違いない。国際社会は未だに暴力の只中にあることを。動揺しないためにも、今求められるのは国民の団結である。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

危機の時代を迎え三島由紀夫の『行動学入門』を再読す!

2019年09月21日 | 思想家

令和の御代が危機の時代であることを、私たちは覚悟しなくてはならない。中共や北朝鮮の活発な攻勢によって、韓国までもが全体主義の手に落ちようとしているからだ。朝鮮半島が混乱すれば、我が国に飛び火しないわけはないのである。日本が国家として身構えることは当然であるが、私たち自身が平和ボケから脱却しなくてはならない▼朝鮮半島の問題に干渉するのではなく、非常時に備えて置くべきなのである。その精神的な支えとなるのは陽明学ではないだろうか。三島由紀夫の「革命哲学ととしての陽明学」(『行動学入門』に収録)を再読して、なおさらその思いを強くした▼三島は井上哲次郎が「日本に移入されてから一層めざましく発展し、中江藤樹、熊沢蕃山を始めとして、林子平、梁川星巌、大塩中斎、また西郷南洲、横井小楠、真木泉守、雲井龍雄、その他明治維新をいろどる幾多の偉大な星を、この思想は生んだ」(『日本陽明学之哲学』)と書いた文章を紹介し、自らも陽明学を行動の指針としたのである▼とくに三島は陽明学の「帰太虚」に着目した。このため大塩中斎(平八郎)の『洗心洞箚記(せんしんどうさっき)』を取り上げ、大塩の思想的核心部分に関して「太虚は永遠不滅であり不動である。心がすでに太虚に帰するときは、いかなる行動も善悪を超脱して真の良知に達し、天の正義と一致するのである」と解説したのだった▼危機の時代には危機の哲学が必要であり、それによって危機を突破するしかないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント

今頃森永卓郎に韓国が北朝鮮化すると言わせた週刊朝日!

2019年09月20日 | 国際問題

今頃になって週刊朝日が森永卓郎を使って、韓国が大変なことになっていると騒いでいる。森永が「韓国という友好的な隣国が消滅し、朝鮮半島全体が『北朝鮮化』する可能性はあります。現在のソウルは、平和に見えても、核シェルターをいくつも構築しており、『戦時下』にあるんです。日本だっていつ、(朝鮮半島の統一政府と)緊張状態になるかわかりませんよ」との見方を示したからだ▼何度も何度も書いているように、文在寅は韓国の赤化に向けて次々と手を打っている。反共の防波堤として、軍部が力を持っていた時代に、朝日新聞や岩波の月刊誌「世界」が韓国の「民主化」を応援するキャンペーンを張ったから、今回の事態を迎えたのである。金一族に付け入る隙を与えてしまったのだ。これには落ちがあって、「T・K生」の名前で1973年から88年まで月刊誌「世界」に執筆していた当人が、訪朝後に転向したのだった。理想の国家どころか、牢獄国家であることを思い知ったからだ▼北朝鮮との関係を強化して革命を起こそうとしていたのが文在寅やチョ・グクなのであり、その思いは今も変わらないはずだ。森永がいくら心配しても、文在寅は後戻りすることはない。毛沢東が述べているように、革命とは「銃口から政権が生まれること」なのである。ロシア革命もそうであったが、いくら少数派であっても軍隊を握った方が勝つのではないか。我が国が挑発したからではなく、最初から決まっていたことなのであって、文在寅が急に変わったわけではないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

コメント