草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

菅首相は中継ぎに徹し本格政権は高市早苗で!

2021年08月08日 | 自衛隊
安倍前首相の辞任を受けて、側近であった菅首相は、批判されているほど無能であったわけではない。党内の親中派に遠慮することなく、アメリカや台湾との同盟関係を強化し、新型コロナ対策にしても、局面局面で、精一杯の努力をしてきた。派閥の領袖であるわけものないのに、ここまでよくぞやってくれたと思う。新型コロナで騒ぎ立てたマスコミや野党は、後の歴史家から裁かれることになるだろう▼とんでもない難問を解決した菅首相は、誇るべき我が国の指導者であるが、今は若手にバトンタッチし、保守の政治家の養成に努めるときではないだろうか。できれば総裁選への出馬を断念し、高市の後見人としての役割を担ってもらいたい。仮に勝負することになっても、高市を総務大臣以上の主要閣僚に抜擢し、日本で初めての女性総理大臣の道をつくってやるべきだろう▼世界は未曽有の危機に直面している。国際通で、安全保障にも明るい高市は、またとない人材である。彼女はお国のために身を捧げる覚悟をしており、絶対に孤立させてはならない。保守のネット言論がこぞって応援に回りつつある。今こそ自民党が真の保守政党に脱皮するチャンスであり、日本を守り抜くための高市は最後の切り札である。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

保守は大同団結して高市早苗を応援すべきだ!

2021年08月07日 | 政局
4月13日からブログの更新をストップした。もはや年齢的な限界を感じたからである。古希を前にして、時事的な問題にかかずらえわう時間が惜しかったからだ。コロナ騒ぎにも付き合う気がしなかった。誰もが避けられない死を直視することなく怯えているのは、日本人の死生観が薄なわれてしまったからだろう▼それ以上に残念であったのは、保守民族派の分裂抗争である。多様性を武器にして、左派は手段を選ばずに襲い掛かってきている。これに対抗するには、それなりの論理的な武装が必要になってくる。ともすれば今の日本の保守派は、情報が左派より優っていることを、得意げに語ってきた。しかし、それはあくまでも皮相的な事柄でしかない。西田幾多郎や柳田国男を読み、冷静に対処しなくてはならない。相手は感情を煽り立て、コモンセンスを否定しているのである▼高市早苗が総裁選に立候補する腹を固めたようだ。高市を押し立てて、政治の局面を打開しなくてはならない。保守民族派同士で、足を引っ張っているときではないのだ。もやは第一線で言論戦を挑むには、団塊に近い世代はあまりにも年老いてしまった。若手にバトンタッチをしなくてはならない。今後も時たま書き込むことしかできないだろう。日本という国柄は、争いを好まず、平和を第一としてきた。力でもってことを進めようとする勢力や、国家に対しては果敢に挑戦してきた。それが可能であったのは、声なき声の保守の基盤があったからである。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中共は新型コロナで火を付けて焼き太りを目指している独裁国家だ!

2021年04月13日 | 安全保障
新型コロナの発生を世界に知らせず、嘘を吐いてきた中共が。あたかも英雄のようにもちあげられるというのは。常識の許す範囲内を逸脱している。明らかに居直りであり、自分たちのしたことを隠蔽しているのである。そればかりか、南モンゴル、チベットやチベットでのジェノサイドを断じて容認することはできない。もはや他人ごとでなく、日本にも迫り切った危機なのである▼わが国中共との間では情報戦の真っただ中にある。少しも緩めることは絶対にできない。北京にある日本大使館に中国共産党委員が勤務していることが認められているのは。あまりにも平和ボケではないだろうか。情報がただ漏れるなってしまい、中共を利することになっているからだ▼中国共産党と近い日本共産党や立憲民主党、社民党はだぶだぶの第五列である。これでは日本を守り抜くことは守り抜くことはできない。早急に体制を整えるべきなのである。戦う前から白旗を掲げている者が多く、それをかき分けで前に進むしかない。菅内閣がどこまで対抗できるかは予想が付かない。地味に徹しつつも、最後は反撃するとの危機感があるのならば、まだチャンスは残されている。ここで諦めるのではなく安倍首相のような強い方針を打ち出せばいいのである。欧米も味方してくれていれており、ここでたじろぐ必要はないのであ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナ報道で不安感を煽りたてるだけのNHKは目に余る!

2021年04月12日 | 感染症
もはやNHKは存在する意味などない。昨日夜のニュースを見ていて、あまりの異常さに言葉もなかった。新型コロナの感染拡大を大袈裟に報道していたが、煽りに煽っているだけであった▼枝野幸男立憲民主党代表が「日本はワクチンの確保に失敗した」と報じていたのも、これまたビックリであった。まずは世界中で深刻な地域からワクチンが用いられるのであって、日本はそれとは事情が違うのである。にもかかわらず、政府の反論を紹介することなく、一方的に流すというのは、立憲民主党と示し合わせているからだろう。石川県でワクチンを二回接種したのに、感染者が出たという報道も、何も驚くに当たらない。そういう例は以前から報告されているからだ▼今私たちが知りたいのは、日本人が今後ワクチンを接種することで、どのような効果が表れるかである。実際の死亡者を見てみると、70歳以上が圧倒的である。65歳以上の多くの人がワクチンを打てば、急激に死亡者数は減少すると思うが、それは甘い見方なのだろうか。ゼロコロナなどというスローガンに同調し、あまりにも騒ぎ過ぎるマスコミが日本人を不安感に陥れている。それよりも確かな情報を国民に伝えるべきなのである▼NHKは、自分たちの既得権益を守りたいがために、安上がりの取材費で事をすませてしまっているのではないだろうか。さらには職員の国籍も公表できないのが今のNHKなのである。こんなことでは国民から受信料を聴取して、公共放送を名乗るべきではないのである。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福島第一のトリチウム処理水のタンク保管のリスクも問題にすべきだ!

2021年04月11日 | 原発
今我が国では言論戦とも呼べない言論戦が展開されている。マスコミや特定の野党などは感情論に終始しており、相手にする必要もない。トリチウムの処理水を海洋に放出することは世界中が行っていることであり、ことさら福島第一原発を問題にするのが異常なのである。どれだけ危険なものであるかをエビデンスで示すことなく、ただ風評被害を煽っているだけである▼細野豪志元環境相が主張しているように、タンク保管による大きなリスクについても目を向けるべきだ。タンクそのものが放射性廃棄物になる。台風や竜巻で水が流出する危険性がある。タンクの水漏れのチェックが危険な作業であり、これまでも転落死した作業員がいる。タンク増設で原子炉格納容器にある燃料デブリの置き場所がなくなる▼それらのことをどう考えるか、とくに反対の急先鋒に立っている枝野幸男立憲民主党代表は、細野元環境相の見方を否定するのであるならば、それなりの根拠を示すべきなのである。国民受けがするというだけで、政局に利用したいというのは、日本の政治を危うくするだけである。危機の時代にあっては、限られた選択肢のなかから苦渋の選択をしなければならない。現状を放置しておくことは断じて許されないのである▼新型コロナにしても、連日のように野党やマスコミが騒ぎ立てているのは、国民の不安感を煽り、それによって我が国が混乱することを望んでいるからだ。それを喜んで眺めている国家があることを、私たちは忘れてはならないのである。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする