草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

秋篠宮殿下ご夫妻へ不敬発言をした民主党の奢りを許すな!

2010年11月30日 | 政局

 民主党の国会議員は皇室に対して、尊敬の念を持たないのだろうか。国会の議会開設120周年式典で、こともあろうに、秋篠宮殿下ご夫妻に向かって、民主党のベテラン議員が不敬な言葉を吐いた。三島由紀夫は最後に守るべきものとして、天皇陛下を挙げていた。だからこそ、自刃するにあたって、迷うことなく「天皇陛下万歳」と叫んだのだ。しかも、秋篠宮妃殿下は会津ゆかりの方でいられる。会津藩士の子として生まれ、大阪市長を務めた池上四郎の曾孫にあたられる。それだけに、なおさら会津っぽとしては、激しい憤りを覚えてならない。民主党のやっていることは、内政外交ともまったく不誠実である。そして、極めつけは、今回の不敬発言だ。いくら権力を手にしたからといっても、いい気になるにもほどがある。自衛隊を私物化するような言論統制を布いたり、もはやメチャクチャである。自民党は一切の妥協に応じず、倒閣に立ち上がるべきだろう。間違っても連立政権など考えるべきではない。日本という国家のかたちを破壊しようとする企てを、断じて許してはならないからだ。国民とともに歩んでこられた皇室を冒涜するような政党は、一刻も早く倒さなくてはならないのである。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村     人気ブログランキングへ    

           ↑

     会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント (1)

迫りくる危機前にして昂りて斎藤史の歌口ずさむ

2010年11月30日 | 短歌

  暴力のかく美しき世に住みてひねもすうたふわが子守うた   斎藤史  

 歌人斎藤史は彼らの上官である父を通じて、2・26事件で刑死した青年将校と顔見知りであった。とくに、栗原安秀や坂井直とは仲が良かった。まだ多感な20代であったために、その行動と死に大きな衝撃を受けたのだった。暴力によって物事を解決するのは、あくまでも非常手段である。しかし、それが必要とされる時代もあるのだ。已むに已まれぬ思いを理解していただけに、そこに加われなかった寂しさが伝わってくる。女としてできることは、彼らが深い眠りに就けるようにと、朝から晩まで子守り歌を口ずさむだけなのである。異質な世界に属するかのように表現しながらも、どこまでも深く寄り添おうとする情念は、同伴者の域を超えている。時代はまたそのときに回帰しつつある。国は乱れ、迫りくる危機に身構えることすらかなわない。非常時には非常時に即した人間たちが、歴史の表舞台に躍り出てくるのである。  

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村     人気ブログランキングへ  

           ↑

     会津っぽに応援のクリックをお願いします 

コメント

逃げの一手で長州人からも嫌われる菅首相

2010年11月29日 | 思想家

 菅直人首相の思わせぶりの発言には、腹ただしさを通り越して、呆れてしまう。党首討論を受けて立つかのようなことを、マスコミを通じて発表しておきながら、そこに条件を付けてきたからだ。しかも、よりによって、千谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相を同席させるのが条件だというのだから、どうかしている。この二人は、尖閣諸島沖で中共船が巡視船にぶつかってきた事件で、失態を演じた責任者ではないか。二人とも参議院で問責決議案が可決されたのである。あらかじめ相手が拒否してくるのを見込んで、野党へ嫌がらせをしているだけだ。いくら野党慣れしていない自民党であっても、頭にきて当然だ。そこまで菅首相が無責任だと、もはや国民の多くが、解散総選挙を求めるようになるだろう。これまで民主党をヨイショしていた評論家連中も、恥ずかしくて言葉がないはずだ。真っ先に今飛んでゆくべき沖縄にも、菅首相は行く予定がないようだ。批判の矢面に立たされるのを怖がっているのである。現代の高杉晋作を気取っているわりには、あまりにもだらしない。俗論党の萩政府軍に一人でも斬り込もうとした、高杉のような情熱も持ち合わせていないのだろうか。これでは、同郷の長州人からも、毛嫌いされてあたりまえだ。私の知り合いの長州人などは、それこそ、くそみそにけなしている。  

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村        人気ブログランキングへ    

           ↑

     会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

中共と北朝鮮は一蓮托生の無法者国家だ!

2010年11月29日 | 政局

 中共に頼んでことを運ぼうとしても、そうは問屋が卸さないようだ。北朝鮮を教え諭すのではなく、かえって裏で糸を引いている可能性すらある。中共と北朝鮮は、一蓮托生の無法者国家なのである。日本のマスコミは、過大な期待を中共に抱いているが、裏切られるのは目に見えている。北朝鮮の無差別砲撃を受けて、黄海では米韓軍事演習が行われているが、六カ国協議を提案したりしているのは、あくまでも目くらましだ。前原誠司外務大臣などは、中共からのアプローチに満面の笑みを浮かべている。まんまと相手の思惑に踊らされているだけで、主体的な外交とはほど遠い。中共は北朝鮮の現体制を擁護しているのであり、真に平和を望んでいるわけではない。朝鮮半島での沈静化を目指す振りをする一方では、尖閣諸島に武装工作船を派遣して、日本に対する揺さぶりを続けており、侵略的姿勢を改める気配はない。朝鮮半島と尖閣諸島の両面作戦で、勢力の拡大を狙っている節すらある。沖縄県知事選挙で自民党沖縄県連の推薦候補が接戦を制した。沖縄県民も、ようやく中共の脅威に気づいたのだろう。平和憲法さえ口にしていれば、戦争に巻き込まれないという幻想はあっけなく潰えた。国を守るという気概が、今ほど求められる時代はないのである。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村       人気ブログランキングへ    

            ↑ 

     会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

今まさに祖国の危機なり 5首

2010年11月28日 | 短歌

 寝ぼけたる眼ひらけよ国の危機一途な思い幾人ありしや  

 若者が命ささげし日の丸を高く掲げて国を救わん 

 あまたなる若人ひしめく海に空に遠つ祖も今立ち上がる  

 かくまでに乱れたまいしこの国に乙女のごとき純情ありしや  

 盃砕き武者震いする若者よ命捨つる祖国ありしと

 

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村     人気ブログランキングへ  

            ↑

     会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

今こそ旅順攻略で倒れし者の精神に学ぶべきだ!

2010年11月28日 | 思想家

 国を守るという崇高な使命が軽んじられてきたのが、戦後の日本であった。その風潮を煽ったのが進歩的文化人であり、サヨクがかったジャーナリズムであった。戦って倒れた者たちを無駄死にだと決め付けてきたのである。そんななかで、一人気を吐いたのが福田恆存であった。『言論の自由といふ事』に収録された「乃木将軍と旅順攻略戦」で、旅順攻略戦で散華した将兵たちの死を、高く評価した。「ぺトンの強靭な防禦力、敵の優秀な兵器や物質的な優越、さういふものを一切知る事無く、或は敢へて無視して、無謀にも等しい反撃を強行した、その事の可否善悪は別として、それはそのまま当時のヨーロッパ列強に対して背伸びして力を競はうとする明治の日本の苦しい姿勢を物語るものです」。命を結果的に投げ出したからこそ、日本はロシアの植民地にならなかったのだ。ロシア軍将校の毛皮の外套と比べて、日本軍の軍服はあまりにも貧弱であった。しかし、それにもかかわらず、日本軍は突撃を繰り返した。乃木稀典が愚将だったからではない。それ以外の方法がなかったのだ。今の日本も危機に直面しているが、旅順攻略戦で散った者たちの精神を、私たちは思い起こすべきだろう。国のために死ぬことは尊いからだ。  

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村        人気ブログランキングへ    

            ↑

    会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント

民主党代議士になり下がった松崎哲久の才を惜しむ

2010年11月28日 | 思想家

 私が松崎哲久という名前を目にしたのは、中央公論社から出た『自民党政権』の執筆者としてであった。東大教授の佐藤誠三郎と共著であったが、保守派論客として、彗星のごときデビューであった。今から20年以上前のことである。期待していただけに、政治家に転身したと知って、ガッカリしたのを覚えている。最初は自民党から立候補して敗れたが、それであきらめればよかったのである。新党日本の政策を立案したのは了としても、再挑戦するために、タスキをかけて飛び回る必要があったのだろうか。個性ある学者は、人とうまくやっていけないのである。言わせてもらえば、小室直樹が政治家になったようなもので、トラブルメーカーになるのは必至だ。小沢一郎には可愛がられていたようだが、現実の政治と学問とはまったく別なのである。それに、松崎としては、自民党に戻りたかったのではなかろうか。サヨク政権を支えている自分が愚かに見えたに違いない。根っ子の部分で、自衛隊に馬鹿にされているという思いがあったために、傲慢に振舞ってしまったのだろう。スーパーエキセントリックが通用するのは学問の世界だけであり、政治家という人気商売に足を踏み入れたのが、そもそもの間違いなのである。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村       人気ブログランキングへ    

            ↑

      会津っぽに応援のクリックをお願いします  

コメント (1)

サヨク政権の一翼を担う民主党内のエセ保守派を嗤う!

2010年11月27日 | 政局

 売り言葉に買い言葉といわれるが、権力を持っている側が攻撃的になったのでは、まとまるものもまとまらないのが常だ。野党の鋭い舌鋒にいちやもんをつける意見もあるが、今日あたりの民主党の前原誠司外務大臣や岡田克也幹事長の発言は、あまりにも挑戦的で大人気ない。これでは野党がエキサイトしても、責めるわけにはいかない。野党時代に民主党は自民党政権を追い詰めるために、審議拒否とか色々と抵抗したが、それはすっかり忘れてしまったのだろうか。しかも、大言壮語しているわりには、綱領もない政党に所属していられるのが不思議でならない。京都大学で高坂正堯ゼミに所属していた前原外務大臣や、イオンの御曹司である岡田幹事長が、サヨクと一緒にどうして政権を担えるのだろうか。ようやく日本の国民も、民主党に騙されたというのに気がついた。そして、とくに許せないと思っているのは、サヨク政権に手を貸す保守派の政治家なのである。東京や大阪で日の丸デモが盛り上がってきているのは、民主党政権を打倒するために、普通の人たちが立ち上がったからだ。二人とも、そのことを甘く見ているようだが、保守派であれば、保守派の責務は果たすべきなのである。  

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村       人気ブログランキングへ  

            ↑

      会津っぽに応援のクリックをお願いします  

コメント

会津身知らず柿を詠む 5首

2010年11月27日 | 短歌

 冬ざれの会津盆地は暮れなずむ枝に残りし柿の実一つ

 渋抜けばほお張る子らの笑顔あり会津身知らず頬っぺとろける  

 会津柿夢二の心さいなみし人恋しさを慰めしとか  

 山峡の寒村なりせば会津柿たわわなりしは昔の賑わい  

 皇室に身知らず柿を献上す勢津子姫の会津なりし

 

 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村      人気ブログランキングへ  

           ↑

     会津っぽに応援のクリックをお願いします 

コメント

日本を守るために核の持ち込みを検討すべきだ!

2010年11月27日 | 政局

 中共と北朝鮮は一蓮托生なのである。中共の方が妥協的だと思うのは、とんでもない勘違いである。だからこそ、米韓の合同軍事演習が黄海で行われることに、クレームを付けてくるのだ。米国の原子力空母「ジョージ・ワシントン」が参加するということもあるが、中共は北朝鮮を自分たちの駒として利用してきた経過があり、見殺しにするわけにはいかないのだ。そもそも、日米と価値観を共有していないのだから、期待する方が無理なのである。そして、中共や北朝鮮が強気なのは、二つの国が核兵器を保有しているからだ。それに対抗するには、米国の核を日本に持ち込ませるべきであり、その使用にあたっては、日本が深くコミットするのである。現状でも、公海上で活動する第七艦隊の原子力潜水艦などには、核が配備されている可能性があるが、それを日本本土に常備するのだ。そうすれば、中共も北朝鮮も日本を侮れなくなる。通常の戦力では、日本はどこの国にもひけをとらないが、核となるとまた別なのである。米国がそれに乗ってこなければ、日本は独自に核武装をするしかないだろう。見せしめのために、無差別砲撃をしてくるような国家は、何をしでかすか見当がつかないからだ。それだけに、日本としては、あらゆる選択肢を考慮すべきなのである。  

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村        人気ブログランキングへ  

             ↑

       会津っぽに応援のクリックをお願いします

コメント