草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

危機に直面したとき日本人が結束するのは「天皇危し」の一言だ!

2015年11月30日 | 思想家

▼何をもって保守というのか分からなくなっている。最後に拠り所にすべきは天皇陛下ではないだろうか。なぜ三島由紀夫が自決寸前に「天皇陛下万歳」を叫ばなくてはならなかったか。東大全共闘との討論会でも、その点で一致すれば共闘するとまでなぜ口にしたのか。日本が日本であり続けるためには、守るべき価値として天皇陛下の存在が不可欠なのである。吉本隆明も三島の死を論じたなかで「残念なことに、天皇制の不可解な存在の仕方を無化し、こういうものに価値をおくことが、どんなに愚かしいことかを、充分に説得しうるだけの確定的な根拠を、たれも解明しつくしてはいない」と書いた。▼橋川文三だって三島との論争に勝ったかのような扱い方をされているが、そうであれば晩年の彼の哀れな姿はどう説明するのだろう。戦後民主主義の虚妄に賭けるという丸山真男と、橋川が同列であったはずはない。日本がこれから危機に直面すれば、やっぱり人々は天皇の名のもとに結束するのではないか。それが三島のいうように文化的かどうかは分からないが、日本人が先祖にすまないと思うのは、祖国が蹂躙され平和が破られるときであり、そこでは自民党のためでもなく財界のためでもなく、日々私たち日本人の先祖の霊に祈りを捧げておられる、天皇陛下のためなのである。▼三島が異常な人間であったのではない。死んでみせることで、予言者として日本人の魂に訴えたのである。外敵に備えるには天皇陛下しかおられないことを。政治家がその原点を見失っているのであれば、名もなき者たちがそのことを訴えるしかないのである。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

あまたなる人の眼差し枯れ木かな

2015年11月30日 | 俳句
お題「今の気持ちで一句。」に参加中!

柳津からの帰り、七折トンネルを抜けた所の枯れ木が、無性に気になってなりませんでした。きっと多くの人が一瞥したに違いないと。会津盆地が広々と見渡せる場所であるだけに、自然と目に飛び込んでくるからです。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

平成の世の攘夷である移民難民反対の声を無視するなかれ!

2015年11月30日 | 政局

 平成の世にあっての攘夷とは移民や難民を受け入れないことであろう。幕末において西洋人に斬りかかったりしたのも、神国日本を守るためであったが、平成の世にあっても切迫した危機感が国民の一部にある。幸いにも日本は、周囲を海で囲まれていることで、かろうじて民族としての一体感を保ってきた。それは治安のよさにも結び付いており、これまでは平和な生活を満喫してきた。
 しかし、国際化が進み、とくに近年になって朝鮮半島や中共からやってくる人々が増えるにつれて、街の雰囲気も変化してきている。異質な人たちをどこまで許容できるのか、摩擦を生じないようにする対策はあるのか、差し迫った課題はあまりにも多い。人道上のことだけではないのである。難民の流入で頭を抱えているヨーロッパが難しい対応を迫られている。
 自民党から共産党まで、政治家は口を揃えて移民や難民の受け入れを表明している。これに反対すれば排外主義者のレッテルが貼られ、社会から抹殺されるかのような風潮がある。本当にそれでよいのだろうか。今は少数派であっても、日本でも移民や難民に反対したり、制限しようとする運動は拡大してくるだろう。いくら経済を活性化させるためだとしても、少子化対策だとしても、混乱を起きるのは目に見えているからだ。攘夷はある意味では情念の発露であり、理性とは無縁であることは否定できない。それでも已むに已まれぬ危機感が根底にあることも忘れてはならないのである。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

夫婦してタイヤはきかえ汗流す

2015年11月29日 | 俳句
お題「今の気持ちで一句。」に参加中!

中通りには初雪が降つたのに、会津盆地はこれからです。いくら雪道でも車を使わないと生活できないので、夫婦人して二台の車のタィヤをスダットレスにしました。若いときとは違って大仕事でしたが、これでいつ雪になっても大丈夫です。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

自民や大阪維新の会の改憲勢力が重視すべきは「時効」の論理だ!

2015年11月29日 | 政局

 今すぐに取り掛かるべきは憲法の改正である。自民党、大阪維新の会、次世代の党はそれに向かって団結しなくてはならない。そこに民主党内の保守派を加えることもためらってはならない。しかし、それはあくまでも日本の国柄を取り戻すことであって、国家の破壊であってはならない。
 中澤信彦は『イギリス保守主義の政治経済学』において、エドモンド・バークにとって「名誉革命は過去との連続性を断ち切って全く新しい国制を創出したのではなく、古来の国制を再建・復興したにすぎない」と書いている。今後行われるべき日本の改革も、それが念頭に置かれなくてはならない。さらに、中澤はバークが重視する「時効」について「もともとは世襲財産権を基礎付ける物権法上の用語だが、彼はその適用を統治権力や政治的諸制度にまで広げて、それらに権威や正当性を与えるのは歴史の風雪に耐えてきたという事実だ」と解説している。それは人間の抽象的権利を主張するフランス革命の「人権宣言」とは見解を異にする。
 私たち保守派は過去から教訓を学ばなくてはならない。ただ壊せばいいというのではない。その点では大日本帝国憲法の方が現憲法よりすぐれていることは明らかであり、そこに立ち返るべきだとの議論もあるほどだ。当面は今の憲法を改正するという一点でまとまればいい。徐々に煮詰めていけばいいのである。ただし、統治機構を改めるにしても、それは日本人本来の良さに目を向けるためでなくてはならない。人気取りであってはならないのである。橋下徹前大阪市長が率いる大阪維新の会への危惧も、その立場を明確にすることで払拭されるはずだ。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

国の壁を厚くし国内的には外国人の政治活動を制限すべきだ!

2015年11月28日 | 安全保障

 国際社会を生き抜くには安易に人を信じてはならない。難民に紛れてヨーロッパに潜入した者たちがパリでのテロの実行犯となったのである。歴史的に見るならば、ヨーロッパが中東でやってきたことは断罪されなくてはならない。それはアジアについても同じである。しかし、過去を清算し和解することも大事なのである。「イスラム国」のテロリストを阻止できなかったのは、ヨーロッパの贖罪の意識があるからだろう。難民を受け入れるしかないというのは、植民地にしていた者たちの負い目なのである。それが仇になって無差別な殺戮を許す結果になったのである。

 日本でも朝鮮半島の人々や、中共の関係者への風当たりが強くなっている。日本国家に溶け込まずに、反日の姿勢を貫くことで、自らの存在理由にしているからだ。我が国は外国人を取り締まることに臆病である。これまでは無理しなくても治安を維持することができた。それが今大きく変わろうとしているのだ。朝鮮半島から潜入して日本人を拉致した者たちは、未だに日本国内のネットワークを維持しているのではないだろうか。さらに、中共はいざというときには、自国民を蜂起させて、日本を混乱させるはずだ。ヨーロッパでの問題は、我が国にとっても他人事ではないのである。

 日本の警備当局はどれだけ危機感を持っているのだろう。在日だからといって意味もなく弾圧するのは間違っているが、法に触れる事犯については厳しく取り締まるべき。日本の行く末を決める法案をめぐって外国人がデモをして政治を動かすことは、国民主権の原則からも違法である。これまではそれを野放しにされてきたが、騒乱になる前にできるだけの手を打つべきだろう。危機は目前に迫っているのだから。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

かかりつけ医師のおかげで冬越さん

2015年11月28日 | 俳句
お題「今の気持ちで一句。」に参加中!

やっぱり支えてくれるの医師です。老体に鞭打てるのも、病気とうまく付き合っているからです。今年の残り少なくなってきましたが、かかりつけのお医者さんがいるおかげで、今年も何とか乗り切れそうです。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

中共によって自衛隊機が攻撃されることも覚悟すべきだ!

2015年11月28日 | 安全保障

 やっぱり予想した通りで、中共が日本への軍事的な挑発を強めている。ロシアやトルコの軍事的な緊張にばかり目を奪われがちだが、現在の東シナ海でも何が起きても不思議ではないのである。トルコがロシアの爆撃機を撃墜したように、スクランブルした自衛隊機が攻撃されることも覚悟しておかなくてはならない。

 昨日も中共の爆撃機など11機が沖縄本島と宮古島の間を飛行した。すでに中共は尖閣諸島については自分たちの防空識別圏として公表しており、いつでも戦闘に入る準備はできている。日本の自衛隊機は相手が領空侵犯をしたとしても、すぐに反撃できるわけではない。あくまでも正当防衛の範囲内なのである。それを知っているからこそ、自衛隊機が血祭に上げられる危険があるのだ。そうした深刻な状況にもかかわらず、安保法案を廃案にするために、共産党や民主党などが2千万の署名を集めるというのは愚の骨頂である。今ですら自衛隊は危険な任務を強いられている。逆戻りして手足をさらに縛ろうというのだ。武器の行使を制限されている自衛隊は、捨て身で、それこそ自らを楯にして国民の命を守るしかないのが現状なのである。

 それにすらいちゃもんをつけるのは、我が国を貶めようとする外国勢力に踊らされているからだ。全面的な軍事衝突にはならないとしても、中共は必ず仕掛けてくる。それに対抗するには、日本人が結束して毅然たる態度を取らなくてはならない。自衛隊の足を引っ張ってはならないのである。どうせアメリカは頼りにならないとの見方がある。それだからこそ日本人の力で守り抜くという決意が求められるのだ。いうまでもなく戦争とは、ある種の政治的な目的を達成するための手段である。それが未だに通用する世界であるのを、私たち日本人は直視しなくてはならないのである。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

珈琲のスプーンにまで冬の色

2015年11月27日 | 俳句
お題「今の気持ちで一句。」に参加中!

冬の色がスプーンにというのは、物憂げな曇天の空を映しているように思えたからです。たまたま喫茶店で人を待っていたときに、手持無沙汰になってスプーンを手に取ったらば、ふとそうした思いがよぎったのでした。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント

中傷ツイートで今度は新潟日報の元報道部長が懲戒休職!

2015年11月27日 | マスコミ評

自社の幹部社員がツイッターでとんでもない書き込みをしていたことに対して、新潟日報は25日付で懲戒休職(無給・無期限)処分とした。 元上越支社の報道部長であるにもかかわらず、ツイートした内容はまさしくヘイトそのものであった。ネット上ではしばき隊関係者として以前からも話題になっていた人物だ。中傷誹謗するネットへの書き込みはマスコミ関係者によるものがかなりあるとみられているが、現実にそれが裏付けられることになった。匿名であるからといっても、すぐにバレてしまうのがネットである。組織的にネットを利用している勢力もあるのは確かだ。しかし、大方は日本人の声なき声を代弁している。あくまでも常識の範囲内なのである。良識や公正中立を旨としなければならないマスコミが、そんなことをやらかすようでは最悪である。新潟日報が厳しい処分をしたことは当然だ。新潟日報がどれだけ偏向しているかは、読んたことがないので断言はできない。共同通信の配信を受けているはずであり、それでかなりの紙面を埋めているはずだ。その影響を受けているために今回のような不祥事になるのだろう。今度のことでマスコミの人間は肝を冷やしたに違いない。偉そうに一般の人たちに絡んで罵倒するというのは、思い上がりでしかない。これからも!マスコミ関係者の中傷ツイートは次々と暴露されるだろう。一度書いたものは取り返しが付かないのである。マスコミの時代が終わろうとしている今、悪あがきをしているように思えてならない。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント