草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「#女系天皇は皇統の終わり」がツイッターでトレンド入り!

2021年03月29日 | 祖国日本を救う運動
「#女系天皇は皇統の終わり」がツイッターでトレンド入りしている。女性天皇と女系天皇との違いも分からず、マスコミに煽られて賛成している国民が多い。それを憂いて竹内久美子氏らの呼び掛けて始まり、その輪がネット上で声なき声に広がっているのである▼簡単いえば女性天皇とは、女性が天皇のなるということである。それでも父親や祖父などは天皇であり、あくまでも暫定的でしかなく、男系は維持されている。これに対して女系天皇とは、父方が天皇と結びつかなくても容認するとの考え方である。いかに蘇我氏や藤原氏などの娘が皇室に嫁いでも、皇室の権威を奪うことができなかったのは、男系が維持されてきたからである▼皇室の一員になることはできるのは女性だけなのである。2000年以上にわたる皇室が一つの王朝であったというのは、世界に例のないことである。曽我氏や藤原氏であろうとも、娘たちが生んだ天皇が位に付いたとしても、祖父としての権力に限界があったのは、まさしく男系であったからなのである▼皇室が永遠であるかどうかは私たち一人ひとりにかかっている。日本人としてのまとまりを保ち、争いが少なかったのは、天皇を押し戴いていたからなのである。その歴史と伝統を否定してしまってよいのだろうか。選択的夫婦別姓と同じように、日本の国柄を破壊する策動が進んでいる。権威無き国家の前途は殺伐としたものになることに、今こそ気付くべきではないだろうか。
コメント

集団ヒステリー化した民衆を今覚醒させなければ日本は亡ぶ!

2021年02月13日 | 祖国日本を救う運動

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗氏の会長辞任劇は、マスコミによる集団リンチの恐ろしさをまざまざと見せつけられた。いくらネットで反論しても、今の時点では、マスコミの影響力が圧倒的である。騙されて大騒ぎしてしまう情報弱者が多いのである▼森氏が発言した一部分を取り上げて騒ぎ立てることで、東京オリパラを中止させたいだけなのである。まず朝日新聞が第一報を伝え、それに国内や海外メディアが後追いで伝え、森氏を辞めざるをえなくしたのである。徐々に真相が明らかになってくるとしても、一時的な熱狂が恐ろしいのである▼集団ヒステリー化した民衆の前に立ちふさがる勇気があるかどうかが、私たちに今問われているのだ。三島由紀夫の『反革命宣言』の言葉が思い出されてならない。「千万人といえども我征かんの気概を以て、革命大衆の醜虜に当たらなければならむ。民衆の罵詈讒謗、嘲弄、挑発、をももともせず、かれらの蝕まれた日本精神を覚醒させるべく、一死以てこれにあたらねばならぬ」▼我が国を貶めようとする勢力を阻止すべく、私たちは防波堤とならなければならない。救いは若者やネット民が冷静であることだ。祖国日本を守り抜くためにも、勇気をもって声を上げ、行動を起こさなければならないのである。

コメント

我々の主要な敵は世界支配を目論む中共とグローバリズムだ!

2020年12月12日 | 祖国日本を救う運動

今我々は誰と戦うべきか。一つは独裁国家中共であり、もう一つは我が国の国柄を否定するグローバリズムである。この二つは相反しているようで、実際には手を結んできた。トランプを除けば、1971年にキッシンジャーによって米中が和解し、ニクソンが電撃的に訪中して以降、時の大統領は中共にたいして宥和的であった▼とくにクリントンやオバマの民主党の大統領の時代には、べったりの関係であった。中共が経済的に豊かになれば、必然的に民主化が進むとの甘い見通しを持っていたのだ。その結果どうなったか。アメリカも日本もサプライチェーンのほとんどを中共に置くことになり、国内の雇用の場が次々と失われてしまったのである▼これを真っ向からトランプが批判したから、恨まれることになったのである。工場がなくなっても、金儲けができるのは、ウオール街に巣食う金融資本家であり、IT分野の最先端を走った者たちである。金融資本家は中共の幹部が自由に多額の金を動かせることに目を付けた。ITを商売にする者たちは、市場としての価値に着目したのだ。グローバリストも上級国民として、民衆の上に君臨することを至上目標としており、まさしく中国共産党と一緒である▼トランプの再選にこだわるのは、その二つの勢力に戦いを挑んでいるからだ。たとえそれが叶わなかったとしても、日米の保守派の連帯が強まるならば、日本の内なるパトリアを再建するきっかけになるのである。

コメント

国家基本問題研の「尖閣が危ない」との意見広告を支持する!

2020年12月02日 | 祖国日本を救う運動

米国の混乱が収まらない。大統領選挙の結果が決まらない中で、東アジア情勢が一挙に緊迫してくる危険性が出てきた。今のタイミングであれば、中国軍が尖閣諸島に攻め込んでも、在日米軍は出動できないのではないか。自衛隊に加勢するとしても、すぐに血を流すことはないだろう。それを知っている中国は、何もしないでいるわけがない、武装民兵を上陸させ、中国海警局の公船で囲むようにすれば、巡視船で手に負えないのは明らかである▼公益財団法人の「国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)は去る11月25日、産経新聞に「尖閣が危ない」という意見広告を掲載した。「わが国固有の領土にもかかわらず実効支配は風前の灯火です。日本政府の度重なる『厳重抗議』は、もはや中国の侮りを受けるだけです」と述べるとともに、「日本政府は尖閣に上陸し、灯台や無線中継施設、船だまりの整備など実効支配を目に見える形で行うべきです」と訴えている▼あえてこの時期を選んだのは、切迫しているとの認識があるからだろう。今年に入って公船が尖閣諸島周辺の領海に居座る時間が長くなってきている。相手が侵略してくる前に、菅内閣は国家として身構えるべきであり、勇気をもって決断すべきなのである。

コメント (1)

日本の若者がトランプに執着するのは中共を恐れているからだ!

2020年11月29日 | 祖国日本を救う運動

日本の若者にトランプ支持が多いというのは、当然のことである。中共と激しくやりあい、台湾を大事に思うアメリカの大統領であれば、日本を見捨てることはないと考えるからだろう。その点は香港の若者とも共通している。老い先短い団塊の世代とは違って、まさしく10年20年先の自分たちの問題なのであり、ウイグルやチベットと同じような目に遭うことが危惧されるからだ▼政権を担っている自公の中枢は中共の言いなりである。王毅外相の今回の訪日にしても、習近平の国賓としての日本訪問の露払いの意味があったのではないか。今後我が国が進むべき道は、アメリカの影響力が後退する中で、金儲けを優先させるのではなく、どれだけ自由と民主主義を守り抜けるかなのである▼危機意識を持ち始めた若者の間からは、核武装の論議が出てくるに違いない。フランスのガロア将軍は「アメリカの核報復能力はアメリカ自体に対する攻撃を阻止するという消極的効果をもつだけで、アメリカの同盟国に対する攻撃をも阻止する積極的抑制効果を持ちえない」(佐伯喜一著『日本の安全保障』より)という考え方であった。だからこそ、フランスは独自に核武装に踏み切ったのだ。トランプが再選されなければ、なおさらのこと、アメリカの理解を得られなくても、我が国は重大な決断を迫られるのである。

 

コメント (1)

安倍前首相への感情的な批判は日本分断を狙う者たちの策略だ!

2020年11月24日 | 祖国日本を救う運動

桜を見る会の前夜に開かれた会で、安倍首相側が800万以上を負担した内容がホテル側の領収書に記載されていることが明らかになった、とマスコミは昨日一斉に報道した。いつもの通り、東京地検からのリークを受けてのものであることは明らかである。政治資金規正法にあたるかどうかは、検察が慎重に捜査すればいいのであって、マスコミを味方に付けるのは行き過ぎだ。ツイッターでは「#安倍晋三の逮捕を求めます」がトレンド入りしている。犯罪者であるかのような印象操作をするのは常軌を逸している▼安倍首相がその座を去っても、執拗に攻撃を加えるマスコミと、それに同調する人たちは、なぜそこまで感情的になっているのだろうか。日本国民の多くは自民党を支持し、安倍前首相の功績を評価している。政治資金規正法に違反したとしても、安倍前首相の政治が全否定されるわけではない▼我が国もまた、中共による「超限戦」の舞台になっていることを忘れてはならない。日本人の結束が乱れるのを喜ぶのは中共なのである。脆弱な自民党ではそれに対処できないのであれば、新たな保守党を立ち上げなくてはならない。明日は三島由紀夫と森田必勝が市ヶ谷で自刃してから50年目にあたる。彼らが恐れていた危機に我が国は直面しており、国家として身構えることで、今こそその志を受け継がなくてはならないのである。

コメント (1)

三島と森田の両烈士の自刃は日本人を覚醒させるためであった!

2020年11月12日 | 祖国日本を救う運動

このままでは日本が滅亡するとの危機感から、三島由紀夫と森田必勝の両烈士は自刃したのである。あれから50年が経とうとしている。日本は堕落の一途を辿っており、もはや国家としての根本的なものを失ってしまっている。憲法9条2項によって、交戦権を否定された国家など、どこの世界にあるというのだ。多くの日本人は。未だにアメリカが守ってくれるとの幻想を捨て切れないでいる。国の安全と平和を他国に任せて、安閑としているのは、まさしく正気の沙汰ではない▼日本を取り巻く情勢は深刻である。北朝鮮は中距離ミサイルで、いつでも東京に核攻撃を行えるのである。広島や長崎に続いて、またもや日本人が犠牲になりかねないのだ。日本がやられたら、アメリカがやり返すというのは、日本人の希望的な観測でしかない▼アメリカ大統領選挙の混乱に乗じて中共が尖閣に攻めて来ても、今の憲法下では、自衛隊は侵略者を撃退することなどできない。みすみす殺されるしかないのだ。国軍として認められず、警察を補完する武装勢力にとどまっているからだ。自衛隊に菊の大権の栄誉を付与せねばならない。日本の歴史と伝統を保持するために、国家に殉ずるというバックボーンがないのに、戦場に立たせるというのは惨過ぎる。三島の最期の叫びを思い出すべきだ。危機は目前に迫っているのだから。

 

コメント (1)

危機に対処できない安倍内閣に引導を渡すのはコアな支持者だ!

2020年01月28日 | 祖国日本を救う運動

安倍首相の「コアな支持者」が離れようとしている。今の段階ではまだとどまっているが、それなりの受け皿ができたならば、背を向けることになるのではないか。期待した分だけ裏切られた反動が大きいのである。虎ノ門ニュースの百田尚樹氏、有本香氏らの発言はその典型である。憲法改正が進まないことについては「安倍首相のおれおれ詐欺」と批判している▼ネット保守イコール安倍信者ではない。百田氏らは習近平の国賓待遇での訪日にも反対しているばかりでなく、コロナウイルスの新型肺炎の対応をめぐって、後手後手に回っていることでも怒っているのだ▼ネット保守が反安倍に回ることは、ある意味では予想されたことであった。「コアな支持者」が怒り心頭に発しているというのは、日本の政治が変わる前兆ではないだろうか。今の段階では跳ね上がりに思えるかも知れないが、いつの時代にあっても、変革者として登場するのは、高杉晋作や吉田松陰のように、已むに已まれぬ思いから決起した者たちなのである▼すでに自称左翼はシーラカンスでしかなく、大衆の情念をつかむことができない。百田氏らのような暴れん坊は常軌を逸しているかもしれないが、危機に対処できない我が国を立て直すには、まともなやり方ではもう通用しないのである。

コメント

激動の時代を迎え真の保守は文弱の徒であってはならない!

2020年01月01日 | 祖国日本を救う運動

今年は激動の年なるだろう。東京オリンピックで浮かれているときではない。朝鮮半島は赤化統一されて、日本の安全保障は根本から脅かされる。アメリカと中共との覇権をめぐる争いも目が離せない▼日本でも政界やマスコミなどの親中派があぶり出されるはずだ。公安というよりも、アメリカから情報が提供され、それに安倍内閣が翻弄されるのではないか。自民党内の親中派は多数派であり、簡単には排除できないからだ。そこではじめて日本国民は、中共の恐るべき浸透工作を知ることになるのだ。スパイ防止法の制定する動きも活発化すると思う▼期待したいのは、日本派の政党の誕生である。そのためには、一時的に政治が混乱してもやむを得ない。憲法改正もできないような自民党に、国民は愛想をつかしつつある。習近平を国賓として迎えようとする安倍内閣の目論みは、多くの国民の怒りを買っている。保守派のネットが安倍首相を支持していたのは、日本を取り戻すと信じたからなのである。しかし、その期待は呆気なく潰えてしまったのだ▼もはや言論戦の段階ではないのである。山鹿素行は「今ノ人持敬ヲ主トシ、ソノ應接辨用決斷ナク流通ナシ」(「山鹿語類」)と文弱の徒を批判した。私たちもまた、街頭に出て香港の人たちのように意思表示をすべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (2)

エリートや既成政党に対する民衆の怒りは日本でも爆発寸前だ!

2019年12月31日 | 祖国日本を救う運動

今年も終わろうとしているが、世界は大きく変わりつつある。民衆レベルでの新たな保守運動が勢いを増しているからだ。国民をベースとして成立した国家が、セーフティネットとしての役割を果たさなくなってしまっていることに異議申し立てをする。そうした流れは、今や欧米先進国において無視できなくなってきているのだ▼欧米のそうした動きをついて、萱野稔人は『権力の読み方 状況と理論』において極右ポピュリズムと位置づけ、そこでの主役は「民衆」であると述べている。あえて国民という言葉を使わないのは、国家から見捨てられたという被害者意識を持つ人たちにとっては、それが死語と化してしまっているからだろう▼「なによりそれは、現行の政治システムを独占しているエリートに対置された民衆である。つまり、一方には、民衆の利益をかえるみることなく国家を私物化している『腐敗した』テクノクラートや既成政党があり、他方には、既存の政治制度のなかでいかなる代表の場をもっていない民衆がいる」という見方は的を射ている▼萱野の分析は手際よいが、極右ポピュリズムの警戒心を説くだけで、処方箋を示したわけではない。せいぜい「国民国家を『超える』試みがあらたな残酷さを準備してしまう危険性はつねに残るのである」というのが結論であった。怒れる民衆の台頭は世界的な潮流であり、日本だけが例外なわけはないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)