草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

我が国を守り抜くためにも日本派保守の結束が急務だ!

2019年01月31日 | 政局

保守にとっての当面の敵は、特定アジアに加担する日本国内の政治勢力である。しかし、それだけでは駄目だ。親米ポチとの対決を避けてはならない。韓国軍による我が国への敵対行動に対して、自公政権は厳しい措置を取るのではなく、曖昧な形で事態を収拾しようとしている。未だにアメリカ様の意向を無視できないからだ▼今の日本の政治家は、特定アジアか、さもなければアメリカの走狗である。日本派の国会議員は皆無に近い。そんなことでどうして日本国民の命と財産を守ることができるだろう。アメリカは自国のことしか考えていない。自国に到達する弾道ミサイルを迎撃するために、日本に最新鋭のレーダーを設置するのだという。日米安保条約はすでに空文化して、日本を防衛するのは自衛隊だけである。それでいて自衛隊はアメリカの指揮下に入っており、自分たちの決断でどこまでやれるか心もとない▼日本の保守派や民族派は、そのことを直視しなければならない。アメリカが日本守り抜く意思がないのであれば、私たちは考え方を改めなければならない。憲法も変えられず、くだらない野党の攻撃に手を焼いている自民党と訣別すべきだ。国の将来を憂うる保守が決起して政治を変えなくては。自民党に揺さぶりをかける保守新党こそが日本を救うのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

急激な改革に前のめりの自民党は保守主義にはあらず!

2019年01月31日 | 思想家

自民党が保守政党として問題があるのは、あまりにも過激な改革に前のめりになってしまっているからだ。現状維持に終始しろというのではないが、過去から受け継いできた大事なものを守り育て、後世に残すのが本来の保守主義なのである▼エドモンド・バークの言葉に、今こそ謙虚に耳を傾けるべきだろう。「たとえわたくしが変革したときでさえ、それは保存のためであった。わたくしが、自分の匡救策に到達したのは、大きな苦痛にみちびかれてのことだった。わたくしがしたことにおいて、わたしは祖先たちの先例にしたがった。わたしは、建物の様式にできるだけちかく修理したいとおもった」(『フランス革命についての省察』水田洋訳)▼保守政党であれば、国柄を再建するための改革でなくてはならない。しかし、自民党はそうではない。過激な改革を推し進めて、根本から日本を変えようとしている。国際化の名のもとに、小中学校の現場では、国語教育よりも、世界共通語としての英語に力がそそがれている。日本語を自由に操ることができない日本人が生まれつつあるのだ。規制緩和による市場原理主義の横行は、小規模な企業を破滅に追い込んだ。どこの地方都市に行っても、賑わっているのは、郊外型の全国チェーンの店である。本当の意味での保守政党が誕生しなければ、この流れを阻止することは難しい。そのことに日本国民はそろそろ気付くべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

松陰の草莽崛起今の世に 10句

2019年01月30日 | 川柳

松陰の草莽崛起今の世に

自衛隊決起の覚悟今問わん

政治家は国防のこと無知なりし

英霊の後に続けの声響く

危機なのに身構えぬ民平和ボケ

国民の一致があってテロ防ぐ

経済も消費増税奈落かな

本売りに奔走するは保守ならず

国軍の誇り与えず死ねという

安倍さんも頼りにならず攘夷党

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

無法者国家の北朝鮮を裏で援助した文在寅を嗤う!

2019年01月30日 | 安全保障

 

世界の爪弾きにされるのは、日本ではなく韓国であった。このほどまとまった国連安全保障理事会の最終報告書によれば、北朝鮮が「瀬取り」を行っていたことや、韓国が国連に無断で大量の石油製品を渡していたことが明らかになった。テレビ朝日が伝えたもので、韓国が「瀬取り」に関与していた疑いも指摘されており、もはや韓国は四面楚歌に状態になりつつある▼昨年の米朝会談は、まさしく絵に描いた餅であり、北朝鮮の寧辺の核施設は拡充されている。それでも韓国が手助けをしているわけだから、今後国際社会からの風当たりが強くなるのは必至な情勢である。文在寅は北朝鮮と一体である。だからこそ、自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射してきたのだ▼核を保有して我が国を恫喝し、「東京を火の海にする」と公言するような金正恩と手を結ぶ文在寅は、何をしでかすか分からない。ここまでくれば私たちも覚悟を決めるべきだろう。最悪の事態が迫りつつあるのに、政治の方は停滞気味である。日本維新の会を除く野党は、それこそ安倍内閣の揚げ足取りに終始している。与党の方も安全保障の議論を避けている。票にならないと思っているからだろう▼今回だけは国連が韓国を厳しく批判している。今こそいわゆる「従軍慰安婦」や「徴用工」についての韓国の嘘を世界に拡散すべきだろう。やられてばかりいては、嘘がまかり通ってしまうからだ。黙ってばかりいないで、日本も反撃すべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

空理空論でなく思想家や評論家は事実を論じるべきだ!

2019年01月30日 | 思想家

日本が今後どこに向かおうとしているのか、はなはだ覚束ない。目の前の危機を直視せず、お茶を濁して飯の種にしている思想家や、評論家と評する者たちの責任は重大である▼竹山道雄は『昭和の精神史』において、大東亜戦争に突入する前の日本について論じている。「昭和一二三年ころから以降の雑誌類を読みかえすと、つくづく思想家と評論家とかいうものは、そのときによってどうにでも理屈をつける愚かしいものだという感を禁じえない」と書いた。しかも、それは国家権力によって強制されたものではなかったのである。竹山は「あのような説を唱えた人々はみな自発的にいいだしたので、日本ではそういわねばならぬという強制はなく、黙っていてもすすんだ。しかし、あの説はついに世論として圧倒的な力を得ることになった」と分析した▼オールドリベラリストであった竹山は「いつからか事実から出発して考えることをやめて、むしろある体系にあてはめて事実を判断する習性をえた」ということを問題視したのである。その点では軍国主義も戦後の民主主義も大差はなかった。今何をすべきかという議論はわきに追いやられて、教条的な思想を語ることに終始してきた。今の時代は違う。ネットが使えるようになって、努力すれば、客観的な事実を調べることが可能となった。我が国を取り巻く国家が軍事的な挑発を仕掛けてきており、空理空論ではもはや対処できないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

安倍首相の施政方針演説はあまりにも「平和ボケ」だ!

2019年01月29日 | 政局

安倍首相は昨日の施政方針演説で、明治天皇が御詠みになられた歌を紹介した。「しきしまの 大和心のをゝしさは ことある時ぞ あらはれにける」である。東アジアの安全保障環境が悪化するなかで、最悪の事態に国民は一致して備えるべきであり、その歌を引用したのであればなおさら、危機的状況であることを国民に訴えるべきであった。しかし、安倍首相は遠回しにそれを述べたにとどまった▼演説の大半は経済についてであり、「成長と分配の好循環」「教育無償化」「一億総活躍」「成長戦略」「地方創生」というスローガンを並べ立てただけだ。安全保障の政策に関しては、相も変わらず「日米同盟」の大切さを説いたにとどまった。自衛隊員や海上保安庁の職員が日夜歯を食いしばって頑張っている。どうしてそのことに触れないのだろう。中共や北朝鮮の意を受けた韓国軍は、我が国への武力行使すらほのめかしており、実際に火器管制レーダーの照射という、許すべからざる挑発をしてきたのである▼いかなる恫喝にも屈しないことを、安倍首相は世界に向かって語るべきではないだろうか。毅然たる態度こそが国民の生命と財産を守ることになるのだ。戦争の危機が迫っていることを、多くの国民は気付いている。「大和心のをゝしさ」を国民に求めることは、先頭に立つ政治指導者として当然のことなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

不甲斐なき自民党の尻を叩くためにも右派政党に力を!

2019年01月28日 | 選挙

実際は自民党が支持されているのではなく、それに取って代わる政党が見当たらないからなのである。日経新聞が25日から27日にかけて世論調査によると、夏の参議院選挙で投票したい政党や投票したい候補者がいる政党を聞いたところ、自民党が41%と他を大きく引き離した▼その結果を鵜呑みにすべきではないだろう。自衛隊機に火器管制レーダーを照射した韓国のとんでもない仕打ちに国民は怒っており、その受け皿が自民党しかないからなのである。不甲斐なき自民党の尻を叩くためにも、反グローバリズムの右派政党に一定の勢力を与えなければならない。頑張れ日本も参議院全国区に候補者を擁立するとみられるが、5名以上を当選させればベストだ。それ以外の右派政党は、統一地方選挙での議席の獲得を目指すべきだろう▼反日国家に侮られているにもかかわらず、安倍内閣は腰砕けである。それを打開するには外部から圧力をかける以外にない。そうでなければ憲法改正も無理である。参議院選挙で自民党が議席を減らしても、その分を右派政党が占めれば、日本の政治は大きく変わるのである。この機会を逃してはならない。これまで同様に参議院の地方区は自民党だとしても、全国区はそうであってはならない。衆参同時選挙であれば、比例区の票は右派政党に回すべきだろう。危機に対して私たちは身構えなくてはならない。特効薬は右派政党を応援することなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント

国民の暮らしを守るのは反グローバリズムの保守新党だ!

2019年01月27日 | 政局

 保守派のチャンネル桜が「自民党とは一体何だったのか?」の討論会をアップしている。いずれの出席者も自民党の役割が終わったということで一致していた。自民党の院外団体のようであったチャンネル桜も、ようやく気付いたのではないだろうか▼冷戦の時代には保守と革新の対立であったが、今ではグローバリズムに与するかどうかが争点になっている。自民党に期待されたのは反グローバリズムであった。しかしながら、安倍内閣は逆に移民を容認したのである。日本の国柄を否定するような動きに加担しているのだ。そこでチャンネル桜も保守新党の結成に踏み切らざるを得ないのだろう▼民主党政権の負の遺産を清算できずにいる安倍内閣は、緊縮財政、規制緩和、市場経済重視をそのまま継続している。憲法改正に関しても、いくら安倍首相が声高に叫ぼうとも、自民党の国会議員の多くは無視である。危機が迫っているにもかかわらず、安全保障についての関心がまったくない。選挙で当選するために、各種の会合に顔を出して、酒を注いで回っているのが現状である▼過去の功績を否定するつもりはないが、今後自民党が変わることは難しく、それに取って代わる政党が出てこなければ、日本は日本でなくなる。真の意味での保守新党が出現しなければ、国民の命と暮らしを守ることはできないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント (1)

いつの時代も国民的統一の根本は「天皇尊崇」の感情だ!

2019年01月26日 | 思想家

危機の時代にあっては、それにふさわしい行動原理がなくてはならない。和辻哲郎は『倫理思想史下』の「吉田松陰」の章において、「明治維新」を成し遂げた精神について触れている▼それが何であるかは「尊王思想が討幕の実践運動に転化して過程にはっきり読み取ることができる」というのだ。「シナ古代に典拠を求めていた尊王攘夷の論は、日本人が欧米の圧迫によって日本を一つの全体として自覚するとともに、その鉾を幕府の封建性に向け、武家社会成立以前の国民的統一を回復しようとする主張に変わって行ったのである。その際日本の第一期以来の天皇尊崇の感情が、儒教、国学、歴史などのいろいろの出口からほとばしり出て、この国民的統一の指導原理となったことは、何人も認めざる得ない点であろう」▼「第一期」というのは、和辻によれば古代における国民的な統一を意味する。「天皇尊崇」の宗教的な絆で日本人が結束していたとの立場から、そこへ復帰する運動として「明治維新」を位置付けたのである。和辻が主張する文化的な天皇というのは、世俗的な政治権力が行き詰ったときに、それを打開するための最終的な切り札なのである。それがなくなってしまえば、もはや日本は日本ではないのである。日本を守り抜くために、日本人としての絆を確認したのが「明治維新」であった。国難に処した先人の精神を、もう一度私たちは思い起こすべきではないだろうか。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント (2)

相次ぐ陸自ヘリへのレーザー照射は危険なテロ行為だ!

2019年01月25日 | 自衛隊

東アジアの安全保障環境は深刻の度を加えているが、日本国内においても異常なことが起きている。正面切っての他国による武力攻撃だけではなく、外国の工作員や、それに加担する者たちのテロを警戒しなくてはならない▼防衛省によれば、一昨日午後6時前、東京都あきる野市の上空1000メートルを飛行していた陸上自衛隊のヘリが、約3分間にわたってレーザー照射をされた。山林の消火活動を終えて、立川基地に戻る途中だった。陸自のヘリは昨年10月にも宮崎県上空で同じようなレーザー照射を受けている。そのときは操縦士の視力が一時低下し、大惨事になる一歩手前であった▼犯人像を特定することは今の段階では難しい。単なる愉快犯である可能性も否定できないが、自衛隊の活動を妨害しようとしているのは明らかだ。捜査当局は草の根を分けても犯人を逮捕すべきだろう。それと同時に、私たち国民も、不審者を見つけたら、すぐに警察に通報すべきだろう▼反日を煽りたてる国家が我が国の近くに存在することは、安全保障上由々しき事態である。これまでも靖国神社での爆弾事件などが起きており、テロを防ぐための万全の策が講じられなければならない。新年早々物騒な事件が相次いでいる。何が起きるかまったく見当が付かない。このまま平和な時代が続くと思うのは間違いなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 
コメント (1)