山ヤのゲンゴロウ

山登りと自転車、ログハウスなど趣味につて

金山岩からワサビ谷へ

2019年02月17日 | 山スキー!H31

 山頂基部に到着。風が強い!!ここでスキーを外し、アイゼン装着し山頂を目指す。

今日は11年ぶりに金山岩に行ってきました...前回は平湯大滝から行きましたが、今回は平湯スキー場から行きました。最初は雪がチラチラ降っていましたが、山頂に着くや否や空は晴れ渡り最高の展望を眺められました。帰りは「ワサビ谷」を滑降し、旧安房道に出た後、再びシールを貼って登り返しスキー場に出て、最後は整備されたゲレンデを滑れました。これだから山スキーはイイね。

朝、3:30大野に集合しK尾号(NOAH)に6人分の山スキーセット、ザック等をブッ込み出発します。今日もいつもの楽しい福井山岳会メンバー。楽しい車内で仮眠とれません…。今日のメンバーはK尾さん、A木さん、O橋さん、ワサビさん、カミさん、ボクです。山の道具で車内は溢れギュウギュウ詰め!でも懐の事や環境の為を思えば1台で行くのがイイです。楽しいしね!平湯スキー場の駐車場の片隅に置かしてもらい、6:35ゲレンデを登り始めます。
 
 誰も居ない静かなゲレンデ!ピステンブーリーが一台雪面を均しています。    整備されたゲレンデを快適に登る。

ゲレンデを登りながら振り返ると輝山や大崩山、雲に隠れた猫岳も望めます。今日は天気は恢復傾向にあるので楽しみです。7:45ゲレンデトップに出ると、ここからは平湯尾根に入ります。最初はたおやかな尾根をテクテク進み、徐々に傾斜が始まりつつ、今日の目的の金山岩が目の前に見えてきました。そしてその右には十石山が見えました。過去にカミさんと2回、K尾さんと1回登った懐かしの山。

 金山岩が近づいてきました。滑ったのは左の尾根の奥にある谷!

徐々に気温は低くなりだすも、快適な尾根!雪は軽く、滑りはパウダー確実!O橋さんとでラッセルを回して進みます。
 
 スキー場トップからは樹林帯を進む        風が強く寒かった。

昔滑ったアナコンダ山のシュートが見えます。山頂基部にてスキーを脱ぎアイゼン装着しツボ足で最後の登りです。さすがはアイゼン。アイスバーンの斜面もアイゼンが良く効き快適に登れます。この安心感!イイね。そして11:05山頂に到着。ヤッタネ!そして先程まで視界50m程だった視野も一気に晴れ渡り四ツ岳や乗鞍も良く望める。感激!カミさんもこのシチュエーションに感激していたそうです。皆で記念撮影した後はデポ地に戻ります。
 
 もうすぐ山頂!だんだんガスが晴れてきた!      エビの尻尾も盛大に発達中。


 山頂にて。今日も山頂に踏めて最高のひと時。


 山頂から下りてきたらスキーデポ地でスキーを履き替え滑降準備!(ワサビさん写真提供)

さて、こっからはスキーヤーの風情です。今日はK尾さんを除く全員はファット板。標高は2500m超えなので雪質はいいでしょう。
 
 エントリーポイントへ移動です。視界が良いので楽しみです     滑る方向を見定め、各々白い粉中毒になります


 激パウを終始堪能!今日もカミさん孝行の山行でした。


 ワサビ谷は広いところも有れば尾根っぽいところも有ったりと変化に富んで楽しいです。そしてなによりも雪が良いです。

 
 カミさんもK尾さんばりの安定の滑りです。    O橋さんは相変わらずブッ飛ばしまくり!見ていてハラハラドキドキ


 いつものランチタイム!今日も糖質0ラーメン!。そういえば補給はBCAAのみ!今日もミトコンドリアエンジンで行動。

 
 平湯スキー場への林道をシール付けて登り返しました。背後の山はアナコンダ山    金山岩が輝いていました。

山頂にてhareharawaiさんに遭遇。ボクは初対面ですが、ボクの拙いブログを見てくださってる、ありがたい方。道具の話などいろいろお話しでき、楽しいひと時を過ごせました。先週もこの山で色々アクシデントがあり、今日も捜索山行…。お疲れさまでした。またどこかの山でお会いできるとイイですね!!写真ありがとうございました。

詳細は後程アップします。また見てね!!
コメント

野谷荘司山へGO!

2019年02月14日 | 山スキー!H31
今日は、いつもの平日ヒマ人達と山スキーです。昨日は雪、そして今日は昼頃から天候が恢復するとのことなので、確実にパウダーをゲットできるやう野谷荘司山の白谷を滑りました。
ヒマ人メンバーは福井山岳会のМ井さん、S田くん、ボクです。

 赤頭山をバックに! 赤頭山のトラヴァースは所々カリカリ&パウダーで緊張します。

朝、3:30我が家に集合しM井さんの車で白川郷へ向かいます。コンビニ寄ったりしつつ6:25登山届をポストに入れて出発です。雪は深々降っています。準備しているとき、岐阜の山ヤさんが到着。1stトラックをゲットしないと!!と思い足早に進みつつ、一番若いS田くんに先頭ラッセルしてもらいます。いつものパワハラ!?
 
 今日もパウダーゲットを思い浮かべつつ…     徐々に雪は深くなるけど大したことない。

稜線に出ると吹きつさぶ風雪でラッセルは浅いけど、所々カリカリに氷化しており、その応接に緊張を絶えず張ります。標高1450m付近で森林限界です。波打った雪屁が何ともアルパインチック!
 
 亀裂の上に新雪が乗ってたりと気を付けなくっちゃ!    赤頭山の巻きがこのルートの核心部か!?

赤頭山はスパッと切れており、カリカリ&新雪のトラバースです。もちろんスキーアイゼン付けない派のボクとしてはこのまま登る。一瞬雲が切れ白谷が望める。美味しそうな斜面!山頂踏んで早く滑りたい!

 山頂踏んだ後、滑降した白谷!面ツル!パウダー!

9:50三方岩岳への稜線に出る。向こうには野谷荘司山が!一旦下って最後の登り。そうして10:00野谷荘司山に到着!お疲れ様。白山は雲の中で拝められず…残念。記念撮影撮った後、エントリーポイントへ向かい、いつものラーメンタイム。ウカウカ食ってられない…そう、後続パーティーが来ているので、山頂ではのんびりしていられなかった。1stトラックをゲットしないといけないから、ここで食う。
 
 稜線に出ると野谷荘司山が!あと少し…     山頂で記念撮影!


 いつもの恒例!ラーメンタイム。今日は「麺無しラーメン」に行ってきました。です

ガスが晴れないかと願いつつラーメン(麺無し)を啜る。今日もミトコンドリアエンジン全開で、朝DHAやビタミン剤などのサプリを採ったのみで、いつものケトン体パワーで登りました。(実は…2日前から風邪気味で、朝スタートするとき今日の山行厳しいかな!?と思っていましたが、呼吸の際に咽喉の痛みや肺に違和感が有るのみで、いつの間にか治癒したような気がする。)
 
 白谷一番乗りはS田くん。カッとんでいきました。     なかなかガスが晴れてくれないけど行く!


 雪は軽く底付き感は無し。雪崩の心配も無し!攻められました。

滑る準備をしていると、後続パーティーが来た。山頂踏まずそのまま谷をエントリーするとの事。でも、ラッセルしたという事で、1stはボク達が頂く。でも…早くエントリーしたいけど、なかなかガスが晴れない…。漸く視界が明瞭になり、一気に落ちてゆく。新雪の深さも適度でテレマークターンが気持ちイイ。みんなもカッとんでいく。
 
 相当下まで行かない限りデブリは出てこない。というか、その上に新雪が乗っているので余り気にならない。


 予想以上に標高1150mの二股まで快適にパウダーラン出来た。そして標高が下がるにつれ視界良好。

気持ち良く滑りつつ標高1150mの二股まで大斜面を堪能。しかもデブリ無し。二股下からはS字谷が待っているが、谷は完全に埋まっていて気にせずシュプールを刻む。そして堰堤が見えてきたら、右岸沿いの新雪斜面を拾いながら滑り最後は林道に入る。
 
 最後まで新雪を楽しめた。     二股の滝。

 
 S字谷も快適にクルージング      堰堤が見えてきたら後は消化試合!いや最後までブッ飛ばして車の元にGO

今日はも山に登れてとても幸せな時間を過ごすことが出来ました。でも…昨日は風邪の症状が最悪でグッタリしていて、山行諦めようかと一瞬思いましたが、風邪は山に登って直したれ!と思い、朝M井さんの車の中で若干辛かったけど、標高が上がるにつれ恢復していったような気がする。山はさすがだね!(でも家に帰ってきたら洟垂れが止まらない…)
 
 テレマーク!いいね。      快適パウダー!!
コメント (2)

ボーイスカウト スキー訓練

2019年02月10日 | 今日の源次郎
今日は、源次郎の所属するボーイスカウトの訓練の一環として行われる「スキー訓練」に参加してきました。
隊長も含め総勢20名程で地元ホームゲレンデの「スキージャム」に行ってきました。
ボーイスカウトでは、社会奉仕活動、キャンプや登山、カヌー、スキー等などの自然体験など青少年の心身の健全な育成を行っています。階級や訓練礼式が有ったりと、規律など社会に出るうえで様々な訓練を習得できる組織と思っています。
 
 みんな、勝山割りや市民優待券を使いリーズナブルに滑れました    ゲレンデは楽しいけど、山はもっと楽しいです!

昨日より降り続いた雪のお蔭でゲレンデの雪質はとても良く、楽しめました
もちろん、隊員達にスキーを教える必要もなく、さすがは奥越の雪國の子供たち…どんな斜面もブッ飛ばしてました。
ボクもテレマークの練習ができ、とても良かったです。
団体行動の難しさも良く勉強できました。各隊長の大変さも良く分かりました。
コメント

越前兜は春の様相…縦溝祭り

2019年02月05日 | 山スキー!H31
今日はいつもながらの、平日ヒマ人のYAMAさん、みっちゃん、M井さん、そして…白山(北部)の管理人のIさんとボクとで山スキーに行ってきました。
今年は雪が少なく、日曜日は雨が降っていたので雪はどうだろうか!?と心配になりつつ登ってきました。いつも楽しい仲間たちに囲まれ、雪は残念な感じだったけど、今日も楽しい一日を過ごすことが出来ました。そして、学校の保護者懇談会に間に合ったので更に良かった。
朝、7:45に横倉最終除雪終了地点に集合し出発です。白山の管理人のIさんの話を聞きつつ、山に登る際は十分気を付けないといけないなぁと改めて実感。気を引き締めて行かなくっちゃ。
 
 2月とは思えない風情。ショートカットせず杉林へ      デブリも…もう春の様相…

昨年小松へと開通した除雪のされていない国道416を進みます。そして南面の台地に入ります。台地末端に出ると鎧壁が立ちはだかりますが、黒い!雪が少ない。そして台地は薮っぽい…例年の12月下旬の様相。藪を縫うように進みます。
 
 峠に出ると何だか雪少ないね…ヤブヤブ        新雪は3cm程積もってました。漸くイイ感じ

峠に出ると、尾根取付きも薮っぽく、薮を掴みながら登ったりとルートファインディング。ラッセルが無い分楽できるけど…これもまた楽しい。気温が高いのか汗をかきつつ…もう春なのか!?
頂上が近づくにつれ寒くなり、徐々に空は澄み渡り白山がバッチシ良く見える。脱帽し遙拝する。そしていつものテーブルを作って昼メシ

 白山を拝むことが出来ました。今日もありがとうございます!!


 いつものテーブルを作って糖質0ラーメンを堪能。ルーティン!左からIさん、みっちゃん、YAMAさん、M井さん、ボク。定番のラーメンショット付き合っていただき有難うございます。

今日も朝摂ったのはコーヒーとMCTオイル、DHA・EPAサプリ、そしてビタミン剤のみ!いつものケトン体パワーでミトコンドリアエンジン全開で登りました。(普通の人は何言ってるのか分からないと思いますが、興味のある方は検索してみてください。)朝飯食ってないので頭が冴えわたり調子も絶好調(本人の感覚)。
今回、M井さんは物欲に負けたのか新しく板を新調というか、ヤフオクでポチッった。しかもボクと同じARMADA DECLIVITY!悪雪に負けない突き進む板だ!

 
 加賀大日山も!(昨年カミさんと行った大日山)     お待ちかねの滑降!

白山を堪能したら、一斉に滑り込みます。最初は起伏があるものの山頂直下の快適な斜面を滑り、いつもの北面のエントリーポイントを探すが、薮っぽくて苦慮する。漸く見出してエントリーするが、深い幾条にも連なる縦溝に辟易する。せめてもの救いが5センチほど積もった新雪。お蔭で難なく修行の様相で滑る。どんな雪質でも山屋さんは楽しまなくては…。


 山頂直下の大斜面はボコボコだけど快適だった。見下ろす勝山市の田んぼにはもう雪が無い…

谷に入っても頑張って滑る!YAMAさん、みっちゃんは動画を撮っている!しかも4K画像だそう…YOUTUBEが楽しみ!こっちもイイところを撮ってもらいたく頑張るけど、いかんせん雪が…いつもありがとうございます。

 
 日当たりの良い緩んだ雪は快適でした      北面に入ると深い縦溝が…幾条にも刻まれていました。


 北面は諦め台地状の斜面を滑り、最後はトラバースで峠に出る。

北面は修行だったけど、峠に出ると春の様相。2月初旬とは思えない腐った雪。でも表面の腐った新雪は良く進み快適にテレテレできる。今回一番楽しい斜面だったかもしれない。そして杉植林を滑り、国道に出る。そして最後はボブスレーばりに突き進み、12:45に車の元に到着。ポカポカ陽気の春の様相で、フキノトウが道端にでてそうな雰囲気。そして着替えて帰路に着きました。丁度いい時間に帰宅でき、学校に間に合った。
 
 こんな滑りにくい雪でも楽しいといえば楽しい!    ヤッパシ今日は腐った雪が一番良かった。

 
 テレマーク日和でした。多分     腐った雪でも進みました。(写真ありがとうございました)

 
 もう雪は降らないのかな!?寂しいな。    最後は国道をブッ飛ばす!

今日はいつもの平日ヒマ人のメンバーに加え、白山の管理人のIさんと久しぶりに山行を共にできました。氏とは撮影隊(百四丈滝) (大日沢) (噴泉湯)等の撮影で山行を共にしてきたわけだけど、最近テレマークに転向したとの事なので、次回は一緒にテレテレしましょうね!
もともと雪国出身でセンスのある滑りだったので、直ぐにテレマーク習得できるんじゃないかな!?また次回もよろしくお願いします。

●YAMAさんのYUTUBE動画是非見てください!●
コメント (4)

家族でゲレンデスキー!

2019年02月02日 | 今日の源次郎
今日は家族でスキーです。

 クワッドリフトを降りると「ヒグマ」がお出迎え!一瞬ビビりました。

いつもスキージャムのタダ券やら割引券を貰うので、いつもSKIJAMなのですが、先日カミさんと源次郎は2日間JAMのスキースクールに行ったので、たまには県外のスキー場に行こう!ということで、岐阜まで足をのばし「スノーピア高鷲」に行ってきました。
久しぶりにゲレンデを滑れ、テレマークの練習になりました。
 
 リフトに乗ると普段話せないことも話せますね!    非圧雪コースもガンガン滑りました。

スキー場に来ると山スキーと違って色々お金がかかりますが、こういったレジャーも家族で楽しまないとね!
前日に新雪が降ったので雪質も良好でした。

 ランクルもスキー仕様になりました。

いつかは北海道で滑りたいなぁ…
コメント

志目木谷POWDER!

2019年01月30日 | 山スキー!H31
今日は平日ヒマ人のYAМAさん、みっちゃん、М井さん、ボクの4人で志目木谷を滑ってきました。思いのほか滑れたので、今年は雪が少ないと思いがちですが行けます!!

 太陽の光を背に受け北面の斜面を滑る!超快適でした。

7:30宝慶寺いこいの森入り口をスタートします。先行者がいるらしくラッセルは無し。でもその上につぼ足が有るので、シールが効かないところは外して登る。名松尾根に8:40着。皆で会話しながら楽しく登ります。
 
 仁王の松!         高度が上がってくると木々の梢に付いた雪氷が美しかった。

前山は小さく巻いてコルに出て、樹氷に見とれながら登ること、10:45銀杏峯山頂に到着。ボクの住む勝山市の背後に経ヶ岳を従え真っ白な白山が神々しい。田んぼは白いが、下界の雪はまだまだ少ない。もう一降りも二降りも欲しい。
今回も朝、ブラックコーヒー(М井さんのおごり)とBCAAのみの補給で、ケトン体パワーでミトコンドリアエンジン全開で登ります。この生活習慣になってからお腹がすかなくなってきた。

 銀杏峯山頂から拝む白山 そして見下ろすと我が家の辺りが見える。


 今日も山頂でラーメンタイム!360度パノラマの中、今日も糖質0ラーメンにゆで卵!

山頂にテーブル作ってのんびり過ごす瞬間…。ヤッパシ平日はイイ。滑り降りようとしたところ銀杏峯の主が登ってきた。1年ぶり!昨年に小葉谷を滑って以来。
 
 今日は快晴!360度パノラマを堪能      昼飯食ったら早速滑降開始!

エントリーポイントに向かい一気に滑り降りる!今日は天気がいいので快適に攻められる。上部は広く雪質も軽く気持ちイイ。今日もテレマークターンが気持ちイイ。皆白煙あげて雄叫びあげて滑る。ヤッパシ志目木谷は素晴らしい。でもその快適さも・・・
 

 
徐々に谷は狭くなりだし、ブッシュが出てくるけど、さほど気にならない。北面の谷なので日が差さず雪は軽くスキーは良く進む。
うねり有り、ジャンプ台有り、様々な形状の斜面を縫うように滑る。ゲレンデと違い楽しい!


 М井さんの滑り!今日も良く浮いていました。送り迎えありがとうございます!


 ボクもテレマークターン!最近ヘルメットを被るようになったので、藪は猛進できるようになりました。


 右俣との合流地点は埋まっておらず、ここだけ渡渉することになりました。

 
 藪漕ぎスキーも結構みんな好きです!    薮の中を突進です!ヘルメットのお蔭

今日は最高の天候のもと、今年は雪不足で志目木谷を滑ることにかなり危惧していましたが、ヤッパシ行ってみないと分からない。ボク的には薮は気にならないレベル!これならイケる!!でもまだまだ雪が欲しいところ。
 
 堰堤の林道に出ればもう大丈夫!ガンガン滑って…    水車小屋ゴール後は歩いて車の元に!

今日は満足!の山行となりました。仲間に感謝です。今度はどこに行こうかなぁ…ゲレンデでスキーの練習もイイかな!?

YAMAさん監修の本日の動画ぜひ見てね。


コメント (6)

仁王山でパウダーラン!

2019年01月27日 | 山スキー!H31
今日は福井山岳会の仲間と行ってきました。メンバーはA木さん、O橋さん、S田さん、カミさん、ボクの5人です。
昨日の寒波襲来により新雪がイイ感じに積もっており、北面の斜面は最高の粉でした。
朝、丸岡ICに4時集合、一路白木峰に向かいます。そして大長谷温泉に到着し出発しようとすると懐かしい人が!めっこのS田さんでした。ボク達と同じ仁王山に行くそうです。7:00温泉駐車場を出発。ラッセル開始です。
 
 最初は薮っぽいかなと思ったけど杞憂だった。   背後は金剛堂山なんだけどずっと雲の中だった。

O橋さんとでラッセル!思ったより藪は少なく快適(積雪は例年より絶対量は少ないけど)。そして第1四阿通過、尾根は幾分藪っぽいが野伏ヶ岳に比べれば快適。そして第2四阿で休憩。S田さんは少し遅れ気味だけど、徐々に感覚が蘇ってきたらしく終盤はガシガシ登ってきた。


 快適斜面だけど、昔来た時よりも雪は少なかった。けど楽しかった。

昔、カミさんが雪崩に流され埋まった地点はまだ藪が見え、今日は大丈夫だろう。今日は新雪、気温共にパウダー日和!

 
 山頂手前のコルの雪庇を越えていく      もうすぐ山頂!

そして、視界の無い山頂に10:10到着。記念撮影した後、早速滑り込む。前回は山頂の東面の谷を滑ったけど、今回は山頂の西1420mのコルから一気に北面の斜面~谷を滑り込む。雪の状態も良く、いつまでも落ちていく…。そして谷が狭くなってきたので切り上げる。シールを貼って、支尾根に向けトラバースして登り返す。


 山頂で記念撮影。今日はみんな太板です。道具の進化は凄いね!!


 山頂下のコルから北面に突入!A木さんは年齢を感じさせない滑りです。


 イイ感じの斜面はまだまだ続く…カミさん大喜び!!

 

 
 徐々に藪が出始め、谷が狭くなるので切り上げる     シール貼って登り返しです。

もとのトレースに登り返し、ここでラーメンタイム!斜面を掘り起こしいつものテーブル作り。皆手慣れたもんで、あっという間に完成!今回もいつもの糖質0ラーメン!暖かい食べ物は最高!そして今日も朝から何も食わず、ケトン体パワーで登って滑った。ミトコンドリアエンジンで行動するのは何とも調子がいい。ボクの体質に合っているのか!?


 いつものラーメンタイム!滑るのも楽しいけど、この瞬間も楽しい!

この後も素敵な斜面を滑ります。A木さんはそのままトレースを外れて下に滑って行ったので、シール貼って登り返して皆のもとに。そして藪を避けつつ、お得意の藪スキーで雪崩防護柵の間をかわしながら滑り第1四阿へ。登りの尾根はやめて、谷を滑ることに。以外に快適に滑り降りることが出来、13:30温泉駐車場に到着。お疲れさまでした。



 
 快適バーンは続く。        狭くなってくる谷を滑るのも楽しい!地雷は気にならない位の雪の量

この後、駐車場を利用させていただいたお礼として、皆で温泉に浸かり、一路帰りました。温泉の番人のおばちゃんは、この時期の土日は温泉に来る人が多いという。白木峰などの登山者が入ってくれるからだとの事。そういえば、県外ナンバーの四駆が多く駐車してあった。今日の仁王山はボク達とめっこ山岳会の2パーティーのみ。他は白木峰かな。そして温泉で声をかけて頂いた富山のパーティー!白山親子登山の際、室堂で源次郎にいろいろ食糧をくれた方たちでした。お世話になりました。

帰りは、S田さんの水平対向エンジンで高速をかっ飛ばし快適な旅となりました。また次回よろしくお願いします。
コメント

猿ヶ馬場山でパウダー満喫!

2019年01月21日 | 山スキー!H31
今日は、М井さん、K永さん、S田くん、ボクの4人で猿ヶ馬場山に行ってきました。
昨日、福井は一日中雨…山はどうなっているのだろう!?と不安がよぎりまくってましたが、ここ白川郷は別世界でした!

 今日もパウダーとテレマークに癒されてきました。

最高のパウダーを満喫できました。皆に感謝です。朝、大野に3:30集合し、М井さんの車で一路、白川郷へ!平日の早朝にもかかわらず、観光客の方々が朝の白川郷の雰囲気を楽しんでいるようです。さすが世界遺産!昔はこんなんじゃなかったけど…。そして、駐車するために村営せせらぎ駐車場へ向かう。ゲートは空いており、駐車場内ではホイールローダーが除雪中。除雪し終わったところに停めようと思い、無意味なトラブルを避けるため、除雪関係者に「どこに駐車すれば良いですか!?」と尋ねると、「8時からしか駐車できないから出ていけ」と怒り狂った剣幕で追い払われた。あの感じでは絶対駐車できないと判断し、仕方なく例の神社の脇に駐車し出発する。(ぼく達以外の他の県外から来た観光客の方も出る羽目に…この対応については役場に通報する必要があると思いました)
白川郷の村営せせらぎ公園駐車場で早朝に駐車する場合は係員によっては今後トラブルが発生する恐れが有ります。(みんなも駐車の際は注意してください)
 
 宮谷をラッセルするS田くん!山岳会若手のホープ!      山頂付近の成りきれていないモンスターたちと

いろいろトラブルも有り、出発が遅れるが7:10出発です。最初は20㎝位の新雪の林道を進み、尾根に取付きます。9:10宮谷林道に出ました。ここで小休止入れて、そのまま林道を進み宮谷に入り、1250m地点で1662mピーク目指し尾根に取付きます。まだまだ雪は少ないが、新雪は50㎝位積もっておりラッセルに苦しめられるが、若干30歳の若いS田くんのパワーで後続の僕たちは楽させてもらいました。

山頂目指し、皆でラッセルを交代しつつ、時折青空も見えるが直ぐに雲に閉ざされる。でも雪は深々と降り続き、徐々に新雪は深くなるが帰りの事を考えるとワクワクしつつ、まだモンスターになり切れない木々の風情を楽しみながら進む。漸く1827mピークに出ると平坦な尾根。もうすぐ山頂です。モンスターを交わしながら進むこと12:55山頂着。新雪は60㎝以上。スキーを脱ぐと腰まで埋まってしまうほど…

雪も降ってて気温も低く、早く山頂を後にしたいところだけど、いつもの儀式!?ラーメンタイム。今日もテーブルを作って、雪の風防ブロック積み上げて凍えながら温かいラーメンを啜る。もちろん糖質0ラーメン!今日も補給はサラダチキンと水のみでケトン体パワーで登りました。

 山頂でいつものラーメンタイム!寒いですが、糖質0ラーメン最高です。

13:50出発です。平坦な山頂も若干傾斜が有るのでラッセル跡を辿り斜面に取付く。そして一斉に滑る!雪が軽くテレマークターンが気持ちイイ。
今日はテレ×2、山スキー×2の構成。藪の薄いところを見定め突っ込む。宮谷に向け朝の尾根を外れたりしながらパウダーを愉しむ。そして宮谷林道に接続。新しく積もった雪で林道はあまり進まずストックで進み、あとは消化試合と思いきや、意外に良い斜面が有り、藪に気をつけながら滑ること、最後は林道をカッ飛ばし、15:55車の元に到着。観光客の外人が神社周囲に居て何かあるのかな?と思いつつ着替えて出発。合掌作りの村の中を走行するのだが、こんな時間でも多くの観光客が居てちょっとビックリ!そして一路福井へ向け帰りました。

 所々、藪の少ない斜面もありました。雪が少ないけど来てみないと分からない。


 場所によっては腰パウ!


 ブナ林で癒されました。

 
 ヤッパシテレマークです!

 
 М井さんブッ飛ばします!      S田くんラッセルありがとう!ビンディングトラブル禁止!


今日の山は、福井では昨日雨だったけど、この辺は雪が降ってたのかなと実感、そして…またしても板の選択を失敗。今日も着古したカッパ上下に、ARMADA DECLIVITY…選択ミスでした。薮の中を突っ込む予定が、思いの外。激パウダーでした。
 
 ラッセルするK永さん。まだまだ若い!羨ましい~     K永さんのテレマーク!上手いです。
コメント

テレマーク ビンディング取付け

2019年01月17日 | 山の道具たち

 今回も完璧に仕上げる事が出来ました。自宅半地下の源工房にて

今日は、テレマークビンディングの取付けです。
依頼主は霊峰「白山」の管理人のIさんです。
なんでも、山スキー派だったIさんがテレマークに転向するとか!?ボクとしてはテレマーカーなので大歓迎。
いつもながらの正確な取付け、そして丁寧に絶対ビスが抜けないよう確実な取付けを心掛け、完璧に取り付けることが出来、ホッとしてます。

先日、自宅にスキーとビンディング、靴を携え訪問してこられました。お土産に「プレミアムモルツ」を頂きました。板はパウダー用の太板にスイッチバック。
 
 板のトップシートに白色のテープを貼って自作専用工具でセンター出し!     3ピンセンターに基づきビンディングのビス孔を毛書きます

板には前回付いていたビンディングの穴が有ったので、3日前に中を掃除して接着剤を封入し、今日硬化した表面を平滑に削り取り始める。
いつもの様に長辺の中心線を正確に出し(板はトップ~センター~テールとカーブしているのでセンター出しには職人の技が必要)3ピンセンターを出して後はビンディングのビスの中心線を出し、穴を開けて取付けの準備をする。

穴開けは一発勝負なので、毛書いた後も何度も何度も測り直しして失敗しないように慎重に行う。そしてビスはいつもの冷間圧造で行い、表面の盛り上がったところは鑿で削り平滑にする。これで板表面とビンディング裏面とが隙間なく取り付けられる。
 
 ビンディングセンターの微調整の為、中心線は最後まで残しておきます。       最終調整した後、本締めして仕上がりです。

そして最後は2液混合性エポキシで絶対に緩まないよう、そして硬化後痩せないため水が入らない。しいては隙間なく頑丈に仕上げられます。

そうこうすること、Youtube 見ながら作業しつつ合計5時間かかった。イイ仕事するにはこれだけ時間がかかるのか!?自負としてはショップで行う冶具に頼ってポンポン付けるよりも、ボクの仕事は遅いけど、自分でいうのも変だけどイイ仕事していると思います。これは趣味の大工や建具作りの技が役に立っているのだと思います。

そんな甲斐あってか、遠方より取付け依頼に来てくれる山屋さん、ボクの技術を信頼してくれていることに感謝です。
なお…これを副業でやっている訳ではありません。あくまでも趣味の範疇です。
コメント (4)

祝!献血150回

2019年01月15日 | ひとりごと

 ボクの献血カード!ここまで来るのに20年以上かかりました。

今日は福井市に行く用事が有ったので、ついでに献血に行ってきました。
そして…
高校2年から始めた献血も今日で…
150回目となった。
行きつけの福井県赤十字血液センター「いぶき」に行く。常連なので採血してくれる看護師さんたちと楽しく会話しつつ、
今日は血小板を大量に採ることのできる、機械(血液板の多い人のみ使われる機械)に案内される。ボクは血の気が多いのか良くここに座らせられる。そしてカルシウムの錠剤を3粒食べて!と言われ席に座る。
今日は150回目の記念として、いつも右腕で採ってましたが、今日から左腕に替えました。
 
 150回やった右腕は痛覚が喪失したので痛くなかったが左腕は少し痛かった    血小板のバッグ!これを3単位(3袋)献血しました。

いつもながらの太い17Gの針を刺し、その針で採血と返血を繰り返し行い、採血された血液は、抗凝固剤と混ぜられ、遠心分離器に流され、血液成分の比重の違いを利用し、遠心力をかけることによって、全血から各成分(血小板、血漿および赤血球)へ分離させ必要な血液成分(今回は血小板)を採取し、それ以外の赤血球と血漿はドナー(ボク)に帰ってくる。

献血した後は何だかスッキリした気分になる。しかも、この血液成分が知らない誰かの為になるんだから嬉しくなる。
ボクの血を輸血された傷病者の方が元気になるよう願っているし、高品質な血液を提供できるよう、山に登ったり走ったり生活に気をつけたりと普段の生活にも気を使っている。(一部ビールパワーが注入されています)

最近は献血するドナーが減ってきているという。ボクも今は元気でいるけど、いずれコレのお世話になるかもしれない。その為にも今元気なうちに貢献しておこうと思う。
次は200回めざして頑張るぞぉ!

 景品を頂きました(150回記念の箱には素敵な盃が入ってました) 景品の為にやっているのも一部当たっている。

献血センターいぶきでは、お菓子や自販機のジュースやコーヒー食べ飲み放題!で、献血終わった後はSEVENTEENアイスの自販機でお好みのアイスを食べることが出来ます。(ボクは食事制限しているので献血センターではコーヒーのみとしています)

みんなも献血に行ってみよう!
コメント

山岳会おなじみの薮スキー! 野伏ヶ岳にて

2019年01月12日 | 山スキー!H31
今日は山岳会のK尾さんと一緒に野伏ヶ岳に行ってきました。

 和田山牧場に出ると、頂上付近にガスのかかった野伏ヶ岳が見えます。雪が少なく黒い…登りは北東に延びる尾根(向かって右)そして向かって左のダイレクト尾根を滑り(藪漕ぎ)ました。

K尾さんといえば「ヤブ山」が好きな人。そんな事も有って、薮と格闘してきました。
技術的に野伏ヶ岳は楽に登れる山だけど、今日の野伏ヶ岳は難攻不落の薮が茂り、藪漕ぎしつつ、藪を掻き分けながらの超難易度の高い山でした。藪の中に居た時は、今日は山頂厳しいかも!?と弱気な気持ちも沸いてきたけど、今まで色んな危ないところで一緒に登ってきたK尾さんと一緒なら大丈夫だ!と自分に言い聞かせ、切り込んでいきました。
 
 橋立峠も見えました。まだまだ雪が少ない      藪漕ぎから解放され北東に延びる尾根に出る。ホッとする。

朝4:00大野に集合し石徹白に向かいます。少し仮眠をとり6:40出発です。駐車場はガラ空き。林道をショートカットしながら、途中トイレしながら登ること8:40和田山牧場の橋に出ます。ラッセルは踝程度。そのまま真っすぐ進み、北東尾根に取付きます。前回カミさんと行ったルートで斜面をトラバースしながら尾根に取付こうとしたが、これが大失敗!藪や灌木で進めないしターンも出来ない…。でもここまで来たら後退できない。藪に掴まりながらの厳しい登り…。後悔したけど行くしかない…トホホ。スキーを担いでツボ足で行きたいけど、絶対木に引っかかるし、スキーを脱ぐスペースもない。このまま登る。そしてヘロヘロになりながら漸く尾根に出るが、まだ藪っぽい。徐々に高度を上げ標高1400mになると漸く快適な尾根。このまま山頂目指し登ること11:15山頂着ヤッタネ!
 
 やっと快適な尾根になってきた。     対するダイレクト尾根!こちらの方が藪は薄いか!?(下部はヤブヤブ…でした)

 
 もうすぐ山頂!景色を堪能しながらだと疲れもブッ飛ぶ     山頂に到着!目の前には我が郷土の山々!

山頂に着くと荒島岳や経ヶ岳、赤兎、大長などのボクの家の周りの山々が見える。素晴らしい光景!いつもの様に山頂にブロックを積んでテーブル作って昼飯タイム!白山を眺めながら、いつもの糖質0ラーメンを啜る。今日も朝飯抜きで補給は水のみ!いつものケトン体パワーで登ってきた!白山を遙拝し準備を整え滑り降りる。

 経ヶ岳!ボクはこの麓に住んでいます。


 昨年、皆で行った小白山!俵谷超快適!!


 いつもの定番!穴掘ってブロック(風防)積んで、テーブル作って昼飯タイム!山頂は風が強いけど此処は快適


 白山はひと際…白いです。神々しいです。

12:10滑降開始!
 
 K尾さんの華麗な滑り!?最初は快適だった      山頂を後にする!また今度

最初は谷を滑る。気温が低いので雪は腐っておらず快適だし、藪が少ない!でもそんな快感も束の間…早々に右のダイレクト尾根目指しトラバース。最初は煩くないが、一気に藪や灌木のオンパレード。今日は取り回しの良いスキー(ARMADA DECLIVITY)突っ込んでいく。そしてウエアは上下使い古したカッパなので気にせず藪に突進。濃い藪の中を滑る技術は新雪や急斜面などの滑りよりも難しいことを改めて実感。気を抜くと木に激突したり変な所を強打したりと怖い。でも二人とも大きな怪我をすることなく湿地に到着。


 最初は北東尾根とダイレクト尾根の間の谷を滑る。ここが一番快適


 快適だった谷に別れてダイレクト尾根に入る。北東尾根ほどでないがヤブヤブになる

最後は林道をショートカットしながら杉林の中を滑る。ここが一番快適に滑れたかも。そして到着

 
 牧場の林道跡を歩き、13:30漸く末端にでる。      車の元に到着14:10お疲れ様でした。

今日は先日と打って変わって厳しい登り、滑りになったが良い経験になりました。こんな山行に付き合ってくれるK尾さんに感謝
もっと雪が付近て欲しいなぁ…本当は地元の山に行きたいのに…
コメント

赤頭山 東谷 思いのほか激パウダー

2019年01月09日 | 山スキー!H31

 腰パウダーを堪能!テレマークやってて良かったと思ひました。(写真:М井さん)

今日は山頂岳会のМ井さんと野谷荘司山の東にある赤頭山の東谷を滑ってきました。
昨日は雨だったので(福井は)雪もさほど増えていないだろうな…
藪の中を突進して滑るしかないな…と思い着古したカッパを着て一路白川郷へ向かいます。徐々に積雪は増えだし、こりゃパウダーかもと期待しつつトヨタ白川郷自然学校の駐車場に駐車し出発です。
 
 駐車場に着くと新雪は脛あたりの深さに積もっています。   最初は林道を進み、不明瞭な谷に入ります。

 
 藪は無く、木の枝が雪面に出ている程度で徐々に広大バーンが続きラッセルを交代しつつ頑張ります。

新雪は軽く深い…ラッセルするも一歩踏み出してもズルズル下がる…気温が低く汗もかけない。心臓バクバクです。
朝コーヒー飲んだだけで何も食っていないが、ケトン体パワーで体脂肪を燃焼し進む。この感じがたまらない。


 世界遺産を見下ろします。ストックがズボズボ沈む…新雪の深さはストック計測で1m以上

そして谷を登り詰めること12:30赤頭山の東1350m地点に到着。本当は赤頭山まで行く予定だったけど、この深さなら仕方ないと潔く諦め風除けの穴を掘ってラーメンタイム(もちろん糖質0)どうも最近というか3年程前から小麦製品を食べなくなってから身体の調子やパフォーマンスが良くなったような気がする。


 いつもの様に風除けの穴掘って糖質0ラーメン!今日もケトン体パワーで補給無しでラッセルに励みました。










 

今日は予想以上に新雪が積もっており、太板を持って来なかったことを後悔しました。でもそんな事よりもテレマーク新雪滑降でき嬉しかったです。

詳細は後程アップします!
コメント

護摩堂山に出動!

2019年01月06日 | 山スキー!H31

 石川県の防災ヘリ(はくさん)がピックアップして病院に搬送

護摩堂山で山仲間のIさんが事故ってしまいました。
福井県の防災ヘリは対空検査中(車でいうと車検)なので石川県の防災ヘリが飛んでくれました。
早く復活することを願っています。また一緒に山スキーに行きましょうね!
コメント

猫岳!

2019年01月03日 | 山スキー!H31
メンバーO橋さん、カミさん、ボクの3人

 猫岳山頂に到着!風が強く、超寒い…!

正月休みに猫岳にいってきました。朝3:00起床し大野の集合場所に3:30出発です。O橋さんの車に乗って一路久手へ。ヤッパシこの辺までくると寒く道路の温度計は―7度と低下しつつ路面は雪が積もっています。
チェーン脱着場に駐車し6:35出発。久手牧場経由で夫婦松に向かいます。前日のトレールは積雪により消えつつあります。久しぶりの山スキーで身体はまだ道具に馴染んでなく一歩一歩が重く感じます。これだけ雪があれば帰りも快適だろう…。そして夫婦松に8:30到着。天気は高曇りで遠く白山が望めた。
 
 いつものチェン脱着場に駐車してGO!    牧場は快適なゲレンデと化しています。

 
 猫岳が見えた!カミさん久しぶりの御対面です   スカイラインをショートカットしながら笠ヶ岳を目指します均整の取れた形!

そのままスカイラインは通らず全てショートカットで大崩山の基部に進みます。少々藪が出ているが滑りには問題ないので、帰りはここを下ろうと決定。そして大崩山に登ると猫岳や四ツ岳もバッチシよく見える。鞍部まで一旦下り最後は緩い登りで猫岳に向かい11:05猫に到着。高曇りだけどバッチシの展望。穂先の黒い槍などの北アルプスから八ヶ岳もよく見える。カミさんも久しぶりの光景に感激!


 北アルプスもバッチシ!でも例年より黒い峰々…雪がまだ足りない。

 
昨年夏に家族でMTBに跨り登った乗鞍岳(剣ヶ峰)    3人で猫と一緒に記念撮影

山頂でラーメンタイムといきたいところだけど寒いので大崩山に行ってからにする。ライチョウを探しながら進むも居らず。
11:30大崩山に到着。ここで風除けの窪みに入り北アルプスを堪能しながら楽しい昼食。

 
 大崩山にシールのまま一旦下り登り返す。  本日にケトン体パワーで登りました。糖質0ラーメンを堪能!

12:15滑降開始。大崩山の斜面は意外に滑りやすく新雪も相まってブッ飛ばしながら滑り、スカイラインに出る。そのままスカイライン脇のショートカットした林を滑降し夫婦松へ。そして最後は牧場の斜面をショートカットしつつ大斜面を滑ったりして13:25車の元に到着しました。

 大崩山からの滑降!新雪が気持ち良さげです。カミさん靴ズレしたけど頑張りました

 
 牧場の大斜面をブッ飛ばすO橋さん。相変わらずカッ飛んでました。    牧場入り口に到着お疲れ様でした


 カミさん孝行の山でした。パウダー満喫中のカミさん。正月は些細なことで「ケンカ」したけど山に入れば直ぐに仲直り

今回の山行はまだまだ雪が少ない2019年。いろいろ逡巡した結果、此処に来たけど明らかに少ない割には楽しめました。
家の周りも積雪20cm程…悲しいけど何所かまた行きたい!!
コメント

山スキービンディング取付け!

2018年12月31日 | 山の道具たち
山の道具部屋と書斎を源次郎にあげたので、追いやられたボクは、新たに書斎&山の部屋を作りました。(もちろんDYIで)

 新しく作ったボクの部屋。床も貼り終え、もうすぐ部屋は完成です。

ということで、新しい部屋で初めての山スキー取付けです。
今回は山仲間&山岳救助隊のMさんの板です。ビンディングは、ほぼ新品状態のジルブレッタのeasy goです。ボクが初めて買った山スキーの板に付けたビンと同じ!(22年前)こんなに新しいのが有ったとは…こんなビンを見つけてくるのもさすがはMさん。

 スキーの中心線を毛書き、ブーツセンターを出し、ビンディングのビスの位置を正確に書きます。

という事で、取付けの詳細は割愛して(前回、前々回のを見てください)いつもながら完璧に仕上がりました。
一発勝負で取付けなので緊張します。
やはり、センター出しが肝です。
 
 専用のキリで掘ります(製図で懐かしいステッドラー製のキリ)    トゥーピースを付けた後ヒールピースに来るところがセンターに来ているか確認!もちろんバッチシ!!

この後は、ヒールピースを取付けて、動作確認です。ヒールリフターも確認し作業終了です。
もちろんビスは絶対に抜けないよう、そして板とビスの間に水が入らないよう職人の技そして専用接着剤を使用です。
今シーズンも取付け依頼が数件来ています。頑張って取り付けます!

新しい山道具部屋&書斎なかなかいい感じで快適!!


 出来上がりです!
コメント (8)