乾 靖のWhite Mountain

北部白山管理人&中宮温泉くろゆり館主がお届けする白山情報満載!

冬眠前のクマを追う

2018-11-28 | 日記

中宮温泉までの道路はブナオ観察舎ゲートで閉鎖され、来年のGWまで休眠する。一方周辺に生息するツキノワグマも冬眠前に活発に行動している様子が、ブナオ観察舎から確認出来た。私がそこに行くとものの1分で草原に丸まると太った巨体のクマが現れた。20分ぐらい周辺を歩き回り、草を食べる様子が観察できた。春先のクマはここから良く観察できるが、冬眠前の活動は初めて見た。観察員と冗談でもう一頭ぐらい親子クマが出てくるんじゃないの?と言っていたら本当にもう1頭若い熊が現れ仰天した。このクマは足が速く、ゆっくり餌を食べている様子では無かった。一頭目のクマならこの冬を越せそうなぐらい太っていたが、2頭目はやや貧弱。冬を前に焦っているようにさえ見えた。これからは野生動物たちには厳しい季節だ。話は変わるが、私はブナオ観察舎には滅多に行かないが、それでも毎回探す時間も短い間に色々な動物が現れる。希少なイヌワシが空をつがいで舞ったり、目の前の高さで飛んだりすることも有った。また、山中で仕事をしている時、上空でピーッと何者かが鳴くので見上げると、頭上でイヌワシが滞空してこちらを見下ろしていたり、先日のブログでは書かなかったが、小桜平避難小屋冬仕舞いの帰りに、登山口から丸石谷林道に出た所で、音もなく背後から僅か2メートル右の頭の高さをクマタカがかすめて行った。過去には森の上から現れたクマタカが、私の姿に驚きシャーッと羽音たてて急旋回した。その時の距離は10メートル位だったが、今回は手を伸ばせば届く近さだ。全く無音で獲物に近づくから狩りが出来るのだ。音もなく滑空するとは、何と完璧な飛行体で有ることか。クマには、至近距離で遭遇した事は数回有る。どうも野生動物との波長が合うのだろうか。そう言えば今シーズンはクマには会わなかった。全国的にもクマ出没のニュースは聞かなかったように思う。山に餌が豊富だったのだろうか。山で人間以外の生き物と出会う事はそう多くは無い事だが、どの出会いもその度に非常に興奮した充実感を味わい、畏敬の念を抱く瞬間である。

冬眠前のクマ(ブナオ観察舎より)https://youtu.be/wkJaBw97vTE

  

 

コメント

冬枯れの中宮温泉

2018-11-17 | 日記

紅葉の季節も終わり、雪を待つばかりの冬枯れの山に雲間から差す日差しが暖かく、そんな風景を湯船から眺めるものまた格別である。

4月28日より7か月足らずの営業を続けてきた湯宿くろゆりは、明日18(日)の日帰り入浴(16:00まで)で今シーズンの営業を閉じる。

今シーズンのご来場に感謝し、14:30からはレストランにてミニコンサート開催の予定!

コメント

避難小屋の冬仕舞い

2018-11-07 | 日記

GW前に雪の被害が無いか点検から始まった北部白山エリアの登山道及び施設の維持管理も、本日小桜平避難小屋の冬仕舞いで一段落した。13シーズン目も大きな事故もなく無事終了したことに安堵すると共に感謝したい。6月には有志により小桜平避難小屋は壁の塗装を行う事が出来た。北部は深く山を愛する皆さんの協力が不可欠だ。オフシーズンにはぜひ北部白山サミットを開催し、様々な意見を賜りたい。これから暫くの間は、のんびり草刈機を持たない山歩きを楽しもう。

北部全ての避難小屋は一旦雨戸を全部閉めて来たが、この先の利用者には、キッチリ戸締りをお願いする。奥長倉避難小屋の冬期出入口の引き戸はレールの雪を完璧に除雪してから開閉の事、注意されたし。

  

コメント (2)

蛇谷の紅葉

2018-11-02 | 白山情報

ホワイトロードは国見展望台から下部の紅葉が最盛期となっている。今週は冷たい雨の日が続き、念仏尾根や妙法山も真っ白に雪を被っていた。紅葉の山々とのコントラストが美しい。

蛇谷に下りると水は冷たく水量も増していて、どの滝からも勢いよく水が流れ落ちていた。岩壁に架かる橋を下から見上げたりしながら溪谷からの紅葉を眺めてみた。

      

 

コメント

中宮温泉周辺の紅葉

2018-10-29 | 日記

週末はやはり雨模様だったが、艶やかな光沢を放つ紅葉の風景も深いものがあると感じた。中宮温泉周辺まで紅葉が下りて来て今週末は最高潮になるだろう。今週は寒気がずっと居座る予報なので、紅葉も一気に進むだろう。いよいよ雪のシーズン到来を感じさせる。中宮温泉湯宿くろゆりの営業もあと半月あまりになって来た。湯船で温まりながら眺める猿ヶ浄土の岩山も今が一年で一番素晴らしい。

加賀禅定道は檜新宮からハライ谷登山口までの下部が紅葉に包まれている。

   

コメント

白山紅葉速報 美しすぎる岩間道

2018-10-17 | 白山情報

岩間元湯までの林道崩壊(2014.6/4の記事参照)により岩間道が閉鎖されて今年で5シーズンとなる。通常登山道は手入れしないと3年で藪に覆われルートも分からなくなってしまう。以来毎年最低限の維持管理をしてきたが、登山道は登山者有っての物で、人が歩くことによって安定する。ただ草刈をしただけでは結局登山道の荒廃は免れない。岩間道は大正10年に開通して、これまで閉鎖や再開を繰り返している。(2017.5/11の記事参照)他の北部の登山道も閉鎖や再開を繰り返し現在は殆どの登山道を歩くことが出来る。登山者にとってはとても恵まれた時代と言えよう。昭和9年市ノ瀬や三ツ谷を襲った豪雨による災害で孤立したこの集落は、登山道を使って室堂へ米を調達しに行って急場をしのいだ。登山道は災害時に陸の孤島を免れる生命線でもある。白山のように四方八方に拓かれた登山道は美濃と加賀、越前や白川郷とも繋がっている。災害などが起きた時にこんなに頼もしい存在は無い。普段から登山道を整備し、踏破出来る足腰を鍛えておくべきである。

       

コメント (7)

白山紅葉速報 King of trail 中宮道中間部

2018-10-12 | 白山情報

中宮道は滝ヶ岳周辺からゴマ平付近まで見頃を迎えている。今回は冷たい雨でいよいよ冬の到来を予感させた。山頂部は初雪とは成らなかったが、次回寒気が入れば雪をまとう本来の白山の姿が拝めそうだ。

      

これからは降雪期に入るので、利用後の避難小屋の雨戸は確実に閉めて退出すべし。

 

雨の中のゴマを目指して歩いていると、上から一人の男性が下りて来た。77歳に成ると言う男性は加賀禅奥長倉で1泊目、室堂で2泊目、ゴマ平で3泊目で北部を堪能したそうだ。年齢的にも山旅は最後だと思ってやって来たが、北部白山を最後に残しておいて、とても良い思い出に成ったと言う。今まで相当色んな山を歩いて来たけれど、ここ北部白山は最高だとしみじみ語っていた。こんなに感激して貰えるとは本当に嬉しい事だ。そしてあなたの山旅は決してこれで終わりでは無いだろう。年齢以上に若々しく、重装備で軽々歩く足取りは、その背中で経験の豊富さを物語っていた。

 

コメント

三方岩岳への新ルート

2018-10-05 | 白山情報

三方岩岳へはこれまで、ホワイトロード(旧スーパー林道)の県境駐車場からの登山口だったが、栂の木台駐車場からの登山口が10月6(土)開通となる。白山や北アの眺めを楽しむことが出来る眺望の良い稜線歩きの後は、これまでの登山道と合流するコースとなる。出だしはクロベ(ネズコ)の大木が出迎える荘厳な雰囲気を楽しめる。

      

 

コメント

白山紅葉速報 加賀禅定道

2018-10-05 | 白山情報

 

四塚山から長坂を下ると遥かに続く加賀禅定道が見渡せる。百四丈の水源となる広大な清浄ケ原も美しく色付いている。御手水鉢から地獄谷を覗くと、こちらも良く色付いている。山頂部各方面は今週始めより随分色濃く成った印象を受ける。

        

コメント

白山紅葉速報 中宮道

2018-10-03 | 白山情報

お花松原は来週末が最高潮だと思われる。今朝は火の御子峰も輝いていた。北弥陀ヶ原は葉っぱが飛んでいる物も有るが場所によっては素晴らしい所も有る。

           

コメント

白山紅葉速報 室堂周辺と平瀬道上部

2018-10-02 | 白山情報

 今週末は台風で残念なのと、未だに平瀬道登山口まで県道が通行止めなのは非常に残念。

 

コメント

紅葉情報 三方岩岳周辺

2018-10-02 | 白山情報

 

相次ぐ台風の上陸で木々の受けたダメージは大きかった。標高2,000m以上では紅葉前の葉っぱが引きちぎられていたが、それより低い北部白山ではダメージが少ないように思う。ホワイトロード(旧スーパー林道)三方岩岳周辺では木々のダメージも見られず今週末辺りが見頃を迎えそうだ。

 

コメント

楽々新道の倒木

2018-09-19 | 白山情報

台風20号の被害については8/26に報告したとおり、楽々新道のオオシラビソ帯が最も倒木が多かった。次の週にも21号が通過したため、先週加賀禅定道を点検したが20号以上の被害は無かったようだ。同様に楽々新道も新たな被害は無いようだ。登山道は通行可能だ。倒木は主にオオシラビソで、これは根が浅いのか、根っこごとひっくり返っている物が多数有る。また今年は一番上に異常な数の松ぼっくりが密集している。余りの重たさのせいか、先端だけ折れて落ちている物も有った。ふだん見上げている松ぼっくりがこんなに巨大なものだと、地面に落ちて来たものを見て驚いた。他にはナナカマドの赤い実がやたらに目立つ。この異常な数の実は、今年の夏の暑さと関係有るのだろうか?

      

コメント (4)

奥長倉避難小屋補修の記録

2018-09-15 | 日記

平成元年に建替えられた現在の避難小屋は徐々に老朽化して、その都度補修を繰り返してきた。今回は冬期出入口引き戸のレール補修である。これは2008年に交換した記憶があるが本年ついにレールが破損、引き戸落下の危険性があるため交換した。前回はプラスチック製のレールを使用したが、今回は真鍮製にした。長年の耐久性が有ると思ったからだ。そもそも何故こんなに破損するのか?これは冬期利用者の扱いの悪さに有る。雪で埋もれたシーズンはレールは凍り付く。いい加減に除雪して無理に開けようとすると外れるのは当然である。しかもレールや戸車周辺の圧着した氷は硬く、そのまま力ずくではめようとするのでレールを破損するのだ。無理やり押し込んでもレールが曲がるだけでそう簡単にははまらない。これまで何度も外れたまま放置された引き戸をはめ直したことか・・・。多雪地帯高所での設計自体にも問題は有るので、建替えの際は意見したいが、それまでは現状を大事に使わなくてはならない。吹雪が入り込んで避難小屋が使えない状況を放置することは絶対に有ってはならない。外してしまったら命を懸けてはめて帰るのは、冬期登山者の当然の義務である。湯を沸かして融かしてからはめ直すのが宜しい。北部登山者はベテラン揃いであるから、私がこんな事をここで書くのもおこがましい。施設管理者に於いては何度も提言しているとおり、早期の抜本的な解決を願う。過去の補修の記録は下記を参照されたし。2008/4/30(屋根の補修)、2015/4/28(トイレドア補修)2017/4/3(屋根の補修)、2018/3/24(屋根の補修)

  

 

コメント

台風21号後の加賀禅定道

2018-09-15 | 白山情報

前回の20号通過後、北部全域の登山道点検をしたが、翌週さらに強力な21号が通過。加賀禅定道は大きな倒木も無く通行に支障は無い。風当たりの強い所では、ダケカンバやナナカマドの葉っぱがちぎれて吹き飛んでいたり、ダメージを受けていた。山はそろそろ秋色に染まり始めていた。油池の水場も問題無く水を得る事が出来る。

      

コメント