村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

読めぬ 短冊

2018-05-05 00:44:14 | 茶道具、古美術、骨董
今玄関の床の間に
ホトトギスの短冊を掛けてある
昔からあるのだが
ちゃんと読めない
作者もはっきりしない
今 読めなくとも
いつの日かわかるかも知れない

郭公ホトトギス○○○○椋本ムクモト鈴鹿川
おのが時とや鳴きわたるらむ 為之


以前ブログに
短冊の事を書いた気がして
探したら見つかったのだが
写真が今日と同じ短冊の写真だった
以下はそのコピペ

短冊は鎌倉時代
頓阿が不破の関の板廂に歌を書いて二条為世に贈った
その板廂の大きさが短冊の大きさになったとの伝説がある

深秘抄に
短冊の事、
為世卿頓阿申合候哉、
長さ一尺にて候、
只今入見参候、
此題岸柳、
為世卿自筆にて候、
裏書は頓阿、
重而子細は尭孝筆跡にて候

云々と
現在の短冊の大きさは
縦一尺二寸 36.4cm 
横二寸 6.1cm
昔はもう少し小さい

正式(晴れ)の歌は懐紙に、
普段(ケ)の歌は短冊に書いたという
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 風薫る | トップ | 明日は茶会だ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひさい)
2018-05-05 17:52:23
はじめまして

素直にくぼたでよろしいのでしょうか
伊勢別街道に窪田宿があるようですが
ひさい様 (村雨庵)
2018-05-07 23:04:06
有難う御座いましす。
素直に
くぼた
窪田
ですね
納得しました。有難う御座いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

茶道具、古美術、骨董」カテゴリの最新記事