村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

月の光を待つほどに

2018-10-09 22:36:38 | 
十番
ありあけの 
月の光を 
待つほどに
わが夜のいたく 
更けにけるかな
  藤原仲文 拾遺集436

まだ知らぬ 
ふるさと人は 
けふまでに
来むと頼めし 
われを待つらむ
  菅原輔昭 新古今集909

この二首は
十五番歌合の十番の和歌

十五番歌合とは
藤原公任が選んだ三十名の歌人の歌を
十五番の歌合せにしたものだとか


今日はお謡
ずっとお休みしているので
ご挨拶に伺った
久しぶりに降りた原宿駅前は
いつものように観光客で混雑
原宿からタクシーで650円
稽古場ではナベサンがお稽古中
先生の声も心地よく響いてる
そうそうこんな感じだ

出かけてみれば
五感が刺激を受けて
やる気が出てくる
家にいるだけではダメなんだろうね

帰りのタクシーの窓から
ゴーカートの写真を撮った
コメント

常夏の花

2018-06-18 23:14:54 | 
塵をだに
据ゑじとぞ思ふ
咲きしより
妹と我が寝る
とこなつの花
凡河内躬恒オウシコウチミツネ

今日は久しぶりにお謡のお稽古
このところ休んでいるので
同じ箇所ばかりお稽古して
怠けている
練習期間が長かったので
しっくり勉強できた はずだが
二、三ヶ所音が取れず直された


朝は大阪で地震があった
ついテレビばかりみてしまう
不安だ
コメント

春宵一刻直千金

2018-04-03 23:09:57 | 
今日はお謡のお稽古だ
平日だというのに原宿界隈は
やけに混んでいる
春休みだからか

今お稽古しているのは「田村」
銕仙会のホームページでは

満開の桜のもとに現れた一人の少年は、
田村麿の化身であった。そ
春の清水寺で語られる、
観音の霊験譚。
とある
清水寺縁起が語られる


次回からは
蘇軾の春夜の詩から
有名な一節を謳うのだ

春宵一刻直千金
花有清香月有陰

終わったら車を拾って
サントリー美術館へ
「寛永の雅」
江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽
4月8日まで開催中だ
コメント

3月は柳いとよし

2018-03-01 23:35:00 | 
三月は
柳いとよし
舞姫の
玉のすがたを
かくすと云へど
与謝野晶子

写真は永井画廊の展示
フランス人間国宝が紙で製作したもの
これも美麗
ユーチューブにも色々発信されている

昨日の呈茶は
お越し頂き有難うございました

今日から3月
お謡の稽古日
近所迷惑お構い無しに
朝から下手なお謡のおさらいをして
お昼頃原宿へ
原宿からタクシーで行って
タクシーで帰ると三時頃
家ではお餅とお煎餅
たくさんたくさん食べたら
当然睡魔
目覚めると夜7時
あと
お風呂と夕御飯で
おやすみなさい
一日は早い



茶の湯・茶道ランキング
コメント

月は冴えてるのに

2018-02-06 23:38:42 | 
寒梅や痛きばかりに月冴えて 草城

日野草城ヒノソウジョウ
(1901~1956) 俳人。
東京生まれ。
本名、克修よしのぶ。
京大卒。
「旗艦」を創刊して「ホトトギス」を離反、
自由主義の立場から
無季俳句・連作俳句の新興運動を実践した。
句集「花氷」「人生の午後」など。
(大辞林 第三版ヨリ)


今日は お謡の稽古日
1時半からだ
途中で先生に小さなチョコレートを買った
その為にも少し早目にでたのだが
買った後に気がついた
そのチョコレートのメーカーは
ヨックモック
それなら稽古場の近くにある
わざわざ途中で買うこともないのだ

原宿の駅に着いた
予定より1時間早い
ちゃんと遡って計算したつもりだが
何しろ暗算だからミスしたのだ
よくあることだが遅いよりよいか

早いのならば
ヨックモックでランチをとろう
写真を撮った

さて時間になり稽古のしたくをする
靴下を足袋に履き替えるのだが
まず左足そして
右足をと
手に取るとそれも左足
あきれたものだ
以前靴下を白の靴下に変えようとすると
五つ指の靴下だった
このときも驚いたが
同じ気分だ

忘れ物
扇子を忘れたので
先輩からお借りした

まあまあ
情けないことよ
でもこれが今の自分
ますます進むかもね
とほほ






茶の湯・茶道ランキング
コメント

「菊慈童」

2017-12-21 23:45:07 | 
芋少し煮えて冬至を祝ひけり かな女

長谷川かな女は
高浜虚子門の俳人
『水明』を主宰。
昭和44年(1969)歿、81才。


今日は謡の稽古
稽古しているのは「菊慈童」

菊の露を飲んだおかげで
700歳の長寿を保つという

中国の魏の文帝の臣下が,
勅命により れき県山のふもとに
湧出る薬水をたずねていくと,
菊の花の咲き乱れた山中の庵で
菊慈童 に会う。
周の穆ボク王に仕えた慈童で,
枕をこえた罪で流されたが,
王から賜わった枕の
『普門品』の2句の偈ゲを
菊の葉に書き写したところ
葉の露がしたたって
不老不死の薬となり,
それを飲んで
700歳を保っていることを語り,
その菊水をすすめて,
慈童は山路の仙家に入る。・・・
(コトバンクより)


菊慈童は
祇園祭の菊水鉾の稚児人形であり
祇園祭の菓子の亀廣永製「したたり」が有名だ

練習していると
「菊水」や「したたり」という言葉が
謡本の中に出てくる
そう言えば前に紫兎先生から
その話を伺った記憶があったが
忘れるのは
早い



茶の湯・茶道ランキング
コメント

銀座シックス観世能楽堂

2017-12-17 23:26:40 | 
今日は銀座シックス
地下三階の観世能楽堂へ
お能を観に出掛ける

朝十時開場
開演は十一時
能 邯鄲カンタン
狂言 鬼瓦
能 野宮
このあとにも仕舞と能があったのだが
野宮のあと帰る事にした

木の香りのまだする新しい舞台
シテの着る衣装のあざやかさ
能管の一声が
能楽堂にひびき渡る
能は美しい




茶の湯・茶道ランキング
コメント

いちよう散るなり

2017-12-08 01:05:51 | 
金色コンジキの小さき鳥のかたちして
いちょう散るなり夕日の丘に
  与謝野晶子

写真は原宿駅前の通り
銀杏の黄葉している並木道
ここから
お謡のお稽古へ
今日からは
「菊慈童キクジドウ」
菊の露を飲み
不老不死の仙人になったというお話し


菊慈童キクジドウ

能の曲名。
四番目物。
作者未詳。
各流にあり,
観世流以外は『枕慈童』という。
観世の『枕慈童』は別の曲。
中国の魏の文帝の臣下 (ワキ) が,
勅命によりれき県山のふもとに
湧出る薬水をたずねていくと,
菊の花の咲き乱れた山中の庵で
菊慈童 に会う。
周の穆ボク王に仕えた慈童で,
枕をこえた罪で流されたが,
王から賜わった枕の
『普門品』の2句の偈ゲを
菊の葉に書き写したところ
葉の露がしたたって
不老不死の薬となり,
それを飲んで
700歳を保っていることを語り,
その菊水をすすめて,
慈童は山路の仙家に入る。・・・
(コトバンクより)



茶の湯・茶道ランキング
コメント

『猩々』は海中から来たる

2017-11-17 04:03:35 | 
今日はお謡
お稽古しているのは
『猩々』

物語は
そのむかし、
揚子江の金山キンザンに、
高風コウフウというとても
親孝行者の男が住んでいた。
夢のお告げのとおりに
市場で酒を売るとたいそう儲かった。
毎日必ず店に来る不思議な客がいた。
いくら飲んでも変わらず、
全く酒に酔う様子がない。
不思議に思い名前を尋ねると、
自分は猩々と言う
海中に住む者だと答えて
立ち去る。

美しい月夜の晩、
川辺で酒を用意し猩々を待っていると、
水中の波間より猩々が現れる。
酒を酌交わし、
舞を舞踊るうち、
猩々は高風の徳を褒め、
泉のように尽きる事のない酒壷を与えて
帰って行ったという。

もう8年ほど前
友人が還暦の時に
久隅守景の猩々の画を
寄付に掛けていた
壺を抱えてお酒を沢山飲み
赤い髪の毛をしている
それが
海に住むという
霊獣だったとはね
稽古は大変だが
謡の物語もその言葉も
とても面白く魅力的だ


茶の湯・茶道ランキング
コメント

月詠の光りに来ませ

2017-10-13 00:58:18 | 
写真は
11月の花丹茶会の
薄茶席に掛けるつもりの軸
その一文字の模様は
何だろう
私は兎だと思っているが
違うかな
兎なら月


万葉集の
湯原王の歌
月詠ツクヨミの
光りに来ませ
あしひきの
山き隔ヘなりて
遠からなくに

月の光りがありますよ
いらして下さい
山も隔てていないので
遠くはないですからね

この歌を知らなかった

良寬の有名な歌を思い出した

月よみの
光を待ちて
かへりませ
山路は栗の
いがの多きに
 だって
良寬さん優しいね


今日は
お謡のお稽古
小袖曽我を謡っている
前回は大して稽古が出来ず
お休みした
そのあと沢山稽古して
頑張ったおかげでか
今日で上がり
次は
猩々だ



茶の湯・茶道ランキング
コメント

小袖曽我

2017-09-08 01:03:15 | 
今日は謡の稽古
小袖曽我をお稽古している

時は建久四年[1193年]
季節は五月
富士の裾野の巻狩に参加する
曽我十郎祐成スケナリ
五郎時致トキムネ兄弟が
父の仇の工藤祐経を
仇討ちするとて
母に暇乞いに行くのだ
いわゆる曽我物である

今日で二回目
お稽古は
30分を一コマと言い
予約をとる

コマとは
齣と書き
切れ目という意味だとか

こま 【齣▼】〔切れ目,の意〕
①写真・映画で,フィルム上に
記録されている
枠取られた一画面。
また,それを数える単位。
②小説・戯曲などの一区切り。
また,一場面。
「青春の一-」
③授業の時間割りの一区切り。
(三省堂 大辞林ヨリ)


写真は原宿駅
いつもここからタクシーだ
外の景色が華やかで
見るだけでも毎回心浮き立つが
お謡は緊張するのだ

軽く沢山謡わずに
少しの量をしっかり謡って
稽古する事にした
当日までの稽古がたりないと
自信が無く声も出ないから
まずは
姿勢を整え
丹田に集中



茶の湯・茶道ランキング
コメント

そよりとも

2017-08-09 01:07:47 | 
月曜日は立秋
そよりともせいで秋たつことかいの  
   上嶋鬼貫

久しぶりのお謡
お昼ごろ家を出ると驚いた
その暑いのなんの熱帯地方だ
空はギラギラ青い空
日傘を忘れたことを真底悔やんだ

お謡は羽衣
最後の2頁を謡う
時間があまったので
次へ進むようにと先生は仰ったが
まだ稽古が足りない
そんな状態で先生の前では
謡えない
ではと
羽衣の舞台や衣装の事などを伺った
羽衣は有名でよくかかる演目だから
演出によって変わることが多い
しかしそれを古来からの平明な
普通のやり方でするのが
一番難しいとのこと
平点前が難しいというのと
多分同じだろう

能の衣装はすこぶる美しい
女性のシテがでるとより以上
その衣装が美しいので
舞台でひらひら舞っている様は
夢のようだ
たいがいそのうち眠ってしまうことも多いが
お囃子を聞きつつ眠るのは
お濃茶を待つ間のそれと
よく似ている
至福の時だ




茶の湯・茶道ランキング
コメント

おほらかに一日を咲きて

2017-05-24 01:12:02 | 
おほらかに
ひとひをさきて
うつろへる
たいさんぼくの
はなのいろかも  八一

会津八一
アイヅヤイチ
1881年(明治14年)8月1日に生まれた
ことから
八一(やいち)と名付けられました。
書家、歌人、美術史研究など、
幅広い活動で知られています。
(と八一記念館ヨリ)


今日はお謡の稽古日
今日から「羽衣」
地上に舞い降りた天女が
漁師の白龍に羽衣を隠されて
天に帰ることができなくなったが
何とか返してもらい、
舞を舞って天にかえる
簡単に言うとこうなるが

風早乃カザハヤノ。
三保の浦曲ウラワをこぐ舟の
浦人ウラビトさわぐ。
浪路かな。

謡いの文章は
隅々まで美しい

帰りに根津美術館まで歩いたが
なんと展示替えで休みだった

5月25日から7月2日まで
「初めての古美術鑑賞-紙の装飾」


茶の湯・茶道ランキング

コメント

平経正タイラノツネマサ

2017-04-26 03:27:44 | 
今日はお謡のお稽古だが
ようやく「経正ツネマサ」が終わった

経正は平経盛の嫡子で琵琶の名手
一の谷の合戦にて十六歳で亡ったという


能は茶の湯と同じく
室町時代に完成したといわれる
声を出し謡い
仕舞で体を動かす
その内容を読み砕けば
和漢の物語や詩歌や言葉を
覚えることが出来る
謡のその語句には出典があるものもあり
謡本にはそれも書いてある

「一樹の陰に宿り…」
当時流行した白拍子歌から

「風枯木をを吹けば…」
和漢朗詠集白楽天の詩句から

「呉竹の筧の水は…」
平家物語から

「草の露水のあわれ…」
古今集序から

「第1第2の絃は…」
和漢朗詠集の白楽天の詩句より

「一聲の鳳管は…」
和漢朗詠集の公乗億の句

「鳳凰もこれに愛でて…」
列仙傳から

因みに列仙伝(れつせんでん)は、
中国の道教にまつわる説話集

「梧竹に飛くだり…」
格物論に鳳凰は梧桐に栖み
竹實を食する と

「燈火を背けては…」 
和漢朗詠集の白楽天の詩句

「月をも手に取るや…」
仏説に修羅王が帝釈天との戦いにおいて 
天に上って日月を手に取る という

フンフンと目で見ても
すぐさま記憶の彼方に消えてしまう
控えてもどこに書いたか忘れてしまうので
覚えとしてここに書いておこく事にした

写真は近所の藤
満開である


茶の湯・茶道ランキング
コメント

吉野天人

2017-04-16 01:45:01 | 
観世流初心謡本の「吉野天人」
昨年お稽古を始め
二曲目に習ったもの
たいそう難しかったが
言葉が美しく
天女が登場するので
少し嬉しくもあった


「花の雲路をしるべにて
花の雲路をしるべにて
吉野の奥を尋ねん」

あちこちお花見に出掛けているという
都人がともを連れて
吉野にやって来た

「この春は
ことに桜の花心
ことに桜の花心
色香に染むや深緑
糸撚りかけて青柳の
露も乱るる春雨の
夜降りけるか花色の
朝じめりして景色立つ
吉野の山に着きにけり
吉野の山に着きにけり」


と続く文字を見るだけでも
美しい桜の山を思い
謡をきくと
まるで桜の山にいるかのようだ


このあと天女が登場し
舞いおどりやがて虚空に消える
というもの
不思議な世界も桜には似合う



茶の湯・茶道ランキング
コメント