因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

熱帯倶楽部vol.5『旧歌』

2008-08-03 | 舞台
*青木豪作 松村恵二演出 公式サイトはこちら シアターモリエール 3日で終了
 グリングによる『旧歌』公演をみたのは2004年7月であった。これが劇作家・演出家青木豪と劇団グリングの存在を強烈に印象づける舞台となり、以後自分はグリングの公演にほとんど欠かさず足を運ぶようになる。劇中何度も下北沢の「劇」小劇場がまさに場内大爆笑状態になり、それでいて終幕は夏の終わりの寂寥感がしみじみと漂い、忘れられない夜になった。その『旧歌』が違う演出と劇団で上演される。また会えるという嬉しさと同時に、比較せずにはいられないだろうという予感も。

 ある劇作家が自分の劇団員に対してじっくりと当て書きした作品を、別の座組で上演するのはこちらが想像するより難しいことなのかもしれない。グリングの配役が客演も含めて実に適材適所であったこと、同劇団の客演陣はおなじみのメンバーが多く、それではマンネリかというとまったくそうではないことなどが思い出される。青木豪の作品に出演する俳優は、昨年冬の『Get Back!』の片桐はいりは別格として(笑)、際立った個性をみせる人はいないが、作品ごとに違う面を見せ、決してマンネリに陥らない。青木豪の手腕、俳優陣の非凡なることの証左であろう。

 今回の『旧歌』にはベテラン、中堅、若手とさまざまな俳優が出演しており、作品に対する敬意と情熱が伝わってきた。しかし何かどこかがちぐはぐな印象なのだ。自分があまり笑えなかったのは、既に知っている話だからではないと思う。客席の空気ももっと舞台と交じり合って劇場に活気が生まれるのではないか?

 夏の日盛り、言葉にしがたい不完全燃焼感をもって劇場をあとにした。青木豪の作品は間口は広いが演じる側も見る側にとっても思いのほか手強いようだ。今週末に新作『ピース』の観劇が控えている。心して。
 

コメント

モナカ興業#5『点滅する秋』

2008-08-03 | 舞台
*フジノサツコ作 森新太郎演出 公式サイトはこちら 下北沢OFF.OFFシアター 3日のちょうどいまごろが終演の時間…
 夏は日が落ちてから元気が出てくる。これから芝居をみるとなったら尚更だ。しかし自分の欠点は気合いが入り過ぎるところだ。これが2度めのモナカ興業(1,1`)は、昼間の熱気がすっと引くような静かな空間であった。開演前の場内には無伴奏のチェロソナタが低く流れ、舞台下手に古ぼけた扇風機が回る。

 認知症のハハ(椋敬子)と次男坊ミツオ(金本樹堅)が暮らす家に、姉のリエ(長瀬知子)がダンナ(配役表にはこう書かれています。加藤大我)を連れてやってきた。ハハを自分たち夫婦が引き取ろうというのだ。そうさせないミツオと、是が非でもハハを連れ出そうとするリエの攻防に、ゲイバー「ヒマワリ」のママやミツオの野球友達、彼女らしき女性などが絡む。不意にハハとその連れ合いの過去の情景も描かれて、現在と過去が緩く行き来する。

 劇作家の思いや背景が強く伝わってくる舞台がある。これはおそらく劇作家自身の体験が深く根ざしたものであろうと察しがつく、あるいは劇作家自身が演劇雑誌のインタビューや当日リーフレットで思いの丈を饒舌に語っていたりするものだ。それはそれで構わないと思う。しかしその度合いが強すぎると辟易してしまうのも確かで、作り手側の息づかいを感じたいと思う一方で、舞台は舞台として受け止めたいとも思うのである。

 フジノサツコの舞台はこれが2本めなのでまだ考えがまとまらないが、舞台をみるほどに、これを書いた人がどういう人なのかどんどんわからなくなってくる。家族について何か特別な思いを抱いているようだが確信が持てず、得体の知れない存在になってきた。ある劇作家の作品を続けてみようとするとき、確かな手応えを求めると同時に、場合によってはさらに迷って深みに陥ることもある。それが今の自分には楽しい。モナカ興業のフジノサツコは、まさにその迷いに引き込む不思議な魅力をもつ劇作家だ。
 

コメント

FUKAI PRODUCE羽衣『ROMANCEPOOL』

2008-08-03 | 舞台
*深井順子プロデュース 糸井幸之介作・演出・音楽 公式サイトはこちら こまばアゴラ劇場 3日で終了。
 猛暑のなか怒濤の観劇。まずは1本めから。羽衣は今回が初見になる。散歩道楽、劇団掘出者、劇団桟敷童子など、これまでみたことのある劇団の俳優さんが何人も客演しており、別の場での顔がどんなものか興味を持った。

 三方を客席が囲み、真ん中がプールという見立てらしい。プールで泳ぐ女の子たちをプールサイドから眺めている男たち。彼らは服装もメイクも妙にけばけばしく、「ダニエル」「ジョン」(だったかな)などと呼び合っている。芯になるストーリーはなさそうで、プールを題材にした話がオムニバス風に連なるわけでもなく、随分テンションが高く、しかも相当に際どい内容の歌とダンスによって進行する。

 演劇の表現方法はさまざまなものがあったほうがおもしろい。また常に「テーマは何か」「作者の言いたいことは何か」と大上段に構える必要もないだろう。肩の力を抜いて楽しめるもの、よくわからないものの、ほかでは味わえない時間を過ごせるもの、いろいろな舞台がある。しかし今回の舞台はそのいずれでもなく、どこに自分の気持ちを寄せればいいのか掴めなかった。俳優が熱演すればするほど引いてしまい、戸惑いを越えて苦痛に近い感覚を味わうことに。単に好みの問題、相性が悪かった、自分の理解力、感受性の及ばない作品であったとまとめるのは簡単であるが、どうにも残念。

コメント