One-Leg Playerの奮闘記

障害を持っていても松葉つえ1本でいろんなスポーツにチャレンジしています。

ねぇ、僕は人間じゃないんです。!?

2018-08-14 15:32:59 | 叶わぬ夢

RADWIMPS の”棒人間”が昨年、ドラマ「フランケンシュタインの恋」の主題歌に使われていた歌詞とドラマの内容とが妙に重なり合って、人間社会に馴染めない怪物が主人公で、主題歌の歌詞が聞く人によって様々な解釈があってネット上で発信されているようです。

いろんな障害を持った方の視点で世の中を見たものやドラマの主人公フランケンシュタインの視点から見たものなど意見も人によって様々でした。

また、この歌詞の出だしが「ねぇ、僕は人間じゃないんです。ほんとうにごめんなさい」が自虐的でいて、でもメロディはそういう暗い重たさを感じさせない明るい所が逆に皆さんにこの曲が持つ深い意味を際立たせているように思えてなりません。

私も一人の障害者として、棒人間の歌詞に何か考えさせられるというか、思いあたる部分も無きにしも非ずで、それは身を持って経験した者じゃないと理解し難い部分があるようです。

例えば、私は鏡が大嫌いです。普通は何にも感じないのに、鏡の前に立つと自分が障害者だと再認識させられるからです。普通の人にすれば何でもないことなんですけどね。
「ねぇ、僕は健常者じゃないんです。本当にごめんなさい。!!」

♪ 棒人間 / RADWIMPS 『フランケンシュタインの恋』主題歌[フル歌詞付] [covered by 黒木佑樹]

 

 

 

コメント

七夕に届かぬ想いを短冊に

2017-07-02 10:11:33 | 叶わぬ夢

昨日、障害者スポーツセンターのピロティには七夕の大きな笹が飾ってあった。

毎年、7月になると利用者の方や子供たちへ願い事を書いて頂くためにスタッフの方がディスプレーされています。

私もトレーニングの帰りに受付の方に短冊に願いごとを書かれてみてはと薦められたが、

届かぬ想いをいくら短冊に書いたとしても、結局は空周りの結果に終わりそうな嫌な結末を迎える。

神様は、不公平だよね。

僕をいつまで一人ぼっちで見えない相手と戦わせれば気が済むんだろうって、

もういい加減で ”Happy End” にして貰いたいのに・・・。

なかなか神様が、僕の想いを叶えて来れそうにないようです。

7月7日の七夕の一日ぐらいは、叶えて欲しいものです。

コメント

障害者スポーツのデモを!?

2016-11-11 13:21:08 | 叶わぬ夢

きょう、障害者スポーツセンターへ行くと、体育館ではある中学校の生徒さん達が、教育の一環として障害者スポーツの講義と実習を受けていた。

センターのスタッフさんも何か生徒さんたちの反応が今ひとつ返ってこないので、やり抜くそうな感じを受けた。

まぁ、どこまでこちらの言うことを聞いているのか、聞いてないのか担任の先生もインストラクターさんも困っている様子でしたよ。

いざ実技に入ると初めは一生懸命やっているが、すぐに飽きちゃうみたいで長続きしないようです。ほって置くと好き勝手にプレーし、本当に難しい年代かもしれませんね。

インストラクターさんもジェネレーションギャップを感じられたのではないでしょうか?

でも、私が2階の周回路から生徒さん達に手を振ると、中には、ちゃんと手を振り返してくれましたよ。

こんな時にテニス・卓球・エコロベース、シッティングバレーなどのデモンストレーションで障害者自身が実演することで、お役に立てれば、いいんですけどね。

シッティングバレーは始めたばかりだし、まだまだ練習が必要なのと、車いすでもエコロやテニス、ヒップ・ホップ・ダンスも披露できれば、さらに子供たちや中学生、一般の方にも障害者スポーツに興味を持って頂けるのではと私の夢は広がります。

きょうは、皆さん、11月11日は、何の日かご存知ですか?
世界平和記念日です。それと私の誕生日でした。

 

 

 

 

コメント

夢を与える技術!?

2015-12-18 07:18:46 | 叶わぬ夢

世の中、不景気、物が売れないデフレ経済、世界に拡散するテロ、どの政党がなっても変わらない政治不信と閉塞感、そして簡単に人の命を奪う殺人事件が横行し、暗いニュースばかりをマスメディアとワケの分からないコメンテーター達が理路整然としゃべり煽り変な方向へ誘導する偏った報道は、余計にこの国を複雑化しているように思える。

しかし、日本の技術力は、宇宙開発のJAXAにしても、環境汚染技術にしても、IPS医療研究にしても、未来のエネルギー資源にしても、世界から注目されているのです。

そこで、きょうは Christmas も近いことだし、遠く離れた二人が、クリスマス・イブの夜、ひとつの空間の中で同じ時間を楽しむことができるという、インタラクティブな夢を与える技術を生かしたデナーサービスをご紹介します。

日本って、欧米とは違った味わいのある食文化もあり、日本の四季が織りなす情緒を愛し、困った時は互いに助け合う心を持ち規律を守り、伝統を引き継ぐ職人の匠の技など、そう捨てたもんじゃありませんよ。

この映像の技術の中にも、日本人の感性や遊び心のDNAが生きずいています。
でも、本音を言うと映像の中じゃなくて、クリスマス・イブぐらいは、一緒に楽しみたいですよね。

SYNC DINNER ~遠く離れたふたりの心が近づくディナー~、(子供たちが夢に近づく特別授業もおススメ)

 

コメント

夢見月 / さかいゆう

2015-11-20 07:11:29 | 叶わぬ夢

さかいゆうのアルバム「月ノうた」より、メランコリックな
不思議な世界へ導く”夢見月”をおススメします。

Sakai Yuの歌は、どことなく山下達郎のハイトーンな
部分がよく似ていて、どうしても思い出してしまう私でした。

センターのスタッフの皆さん、風邪は治りましたか?
多くの利用者さんと接する業務なので、これからは
マスクは必需品になることでしょう。

11月・12月は、ノロウイルス、インフルエンザが流行る
シーズンなので、感染を防ぐ為に病院の看護師さんと同様
限られた人数で業務をこなさなければならない事情から
なるべくマスクを着けた方がいいと思います。
そんなの着けて仕事してられないって言う人もいるけど
ダウンしちゃ、それの方が大変ですよ。
中には気合で乗り切るって言う方もおられるようですが、
それはちょうっと無謀と言うものです。

来週は、また忙しい業務が続き大変だけど
ご苦労様です。!!

私の方は、20日は、親父を掛かり付けの病院へ
朝早く連れて行く日なので、午前中はそれで潰れ
ちゃいそうです。センターも定休日だし、まぁ、いいかぁ。

弟が言うようにスパッと割り切れれば、もっと楽なんどけどね。
なんで、こんなに不器用な生き方しか出来ないんだろうって
思うけど、でも弟だって考え過ぎて引きずるタイプだから
考えてみると私と変わらないんですよね。

コメント