One-Leg Playerの奮闘記

障害を持っていても松葉つえ1本でいろんなスポーツにチャレンジしています。

羽生結弦選手、世界最高点で優勝!!

2015-11-29 09:04:50 | トピックス

昨日、2015NHK杯フィギュアスケートの男子シングルで羽生結弦選手が
フリーを完璧な演技を行い世界最高の322.40点で優勝しました。

4回転を3度も成功させ、最終滑走というプレッシャーもハネのけ、
陰陽師というテーマ曲にも融合し鳥肌もんでした。それと、この
大会に向けて相当ハードなトレーニングを積んで来たようで、
羽生チームスタッフの勝利でもあると言えます。

私は点数よりどんなハードなトレーニングをやり、またアフターケアを
どのように行ったのかの方がとても興味があり知りたいところです。
まぁ、企業秘密みたいなもんだから、分からないと思うけど・・・?。

2位は、金博洋選手(中国)、266.43点
3位は、無良崇人選手、241.21点でした。

羽生結弦史上初の300点越え 【世界最高得点】フリー216.07、合計322.40 NHK杯フィギュア男子

 

 

コメント

短期間でパラリンピアンを強化するには

2015-11-28 09:52:08 | 技術革新

ラグビーワールドカップ・イングランド大会で大躍進をした日本代表チームを
陰で支えたITベンチャー、ユーフォリアに、今日はスポットを当ててみたいと
思います。

日本代表チームのヘッドコーチ、エディ・ジョーンズ氏は、フィジカルとメンタルを
鍛えるために今までにない厳しいトレーニングを代表選手たちに課したのです。

その選手の体の状態(コンディション)を主観と客観の双方の視点に立って、
多種多様なデータを蓄積し、強化策の一環として選手に関する緻密なデータ
管理を採り入れようとエディヘッドコーチの依頼を受けてユーフォリアが開発
したものが、ジャパン・ウエイという、ラグビー強化のための専用システムです。

選手たちが簡単にスマホやタブレットで入力できるように、ONE TAP RUGBY
と名付け、代表選手に朝起きた後に1日1回程度でコンディションに関して主観
データを入力することを義務付け、疲労度・睡眠の質・ストレスレベル・筋肉痛
など、自分の状態を感じて直感的に各項目について入力してもらう。

入力も手間が省けるようにスライド式のバーを動かすだけの1回30秒程度で
終わるインターフェースを採用した。また、客観データ(体重・体温・脈拍・血液中
の酸素飽和度)も適宜に入力できるようにしてある。

これによって、コーチやトレーナーは、刻々と変わる選手の状態をクラウド上の
データを分析した様々なレポートが閲覧でき、選手個人やチーム全体のコンディ
ションの傾向や変化が見える形で確かめられるのです。

世界で戦うためには、客観データよりも、メンタルにも通じる主観データの質を
高めることが強化や試合に大切になるからです。

例えば、ある選手がきついトレーニングの後、何か痛みを抱えていて、それが
限界を超えた痛みかどうかを適切に判断しないと、ケガを誘発したり、自覚症状
はないが、無理をして気付かずに試合に出場させたが勝てる試合をふいにして
しまうこともあり、ONE TAP RUGBYは、腰部・臀部・肩・頚部など筋肉痛の症状
を記録でき、設定した基準値を超えると警告メールをコーチに送る機能も備えて
いる。

この緻密なデータ管理は、ラグビーだけでなく、他のスポーツ競技の関係者にも
データを軸にする「ストレングス(筋機能の能力)&コンディショニング」の高い
効果が注目されています。(後日、またご紹介したいと思います。)
このシステムは、障害者スポーツにも高齢者のリハビリにも幅広く応用できる
ヒントをくれているような気がします。
短期間でパラリンピアンを強化するには、是非、このシステムが必要不可欠です。
(日経新聞、エディーが頼ったベンチャーラグビー日本、躍進の裏側
ITが変える「スポーツの常識」より、2015/11/27)

 

コメント

腰痛でお悩みの方へ

2015-11-27 17:58:42 | 治療・療育方法

病院の看護師さんや介護施設の介護師さんもこの腰痛に
悩んでいる方が多く、対策として腰にベルトをしたり、いろんな
体操やストレッチを行ったりと努力されているみたいです。

私が今回ご紹介するNHKの「1回3秒のこれだけ体操」は、背中を
反らすのが重要ではなく、骨盤を前へ押し込むところがポイントです。

背中を反らすことが怖ければ、椅子に座ってかがむ方法や
壁を使って横へ体を倒す方法もあり、諦めずに辛抱強く
チャレンジして見て下さい。

参考になるか分からないけど一度お試しください。

【腰痛持ち必見!】これだけ体操 

ヘルニア腰痛改善ストレッチを事細かく解説

コメント

限界を自分で作るな!!

2015-11-25 09:11:57 | ドキュメンタリー

先月の10月17日、リオパラリンピックへの車いすバスケットボ
ールのアジア・オセアニア予選の3位決定戦が千葉ポートアリー
ナーで行われ日本が韓国に80-56で勝利し、リオ行きの切符
を手に入れた。

その日本代表の中に、16歳の鳥海連志選手が堂々と活躍する
姿がそこにあった。

彼の車いす操作は他の選手を圧倒するぐらい群を抜いていて、
スピーディーな攻撃を展開していたのです。

お母さんは、連志君の為なら、どこへ行くのにも車で
連志君の足になると言い切る。

そして、連志君がくじけそうになるとお母さんは、
「限界を自分で作るな!!」と励まし、家族ぐるみで
彼をバックアップし続けて、連志君もお母さんへの
感謝を常に忘れず、親子の深い絆に感動しました。

コメント

新世代のヒーローたち!!

2015-11-24 08:29:43 | スポーツ

2020年東京オリンピック・パラリンピックは、新世代の
ヒーローたちが活躍する場となることでしょう。

テニスも錦織圭選手の次に期待されている選手を皆さん
ご存知ですか?

トゥロター・ジェームズくん、16歳で190cmの長身選手です。
どことなくジョコビッチとオーストラリアのトミック選手を
足して二で割ったような風貌なのです。

松岡修造チャレンジで錦織圭選手も習ったボブ・ブレッドさんに
指導を受けています。
日本人の母とオーストラリアの父の間に生まれたジェームズくん、
これからが楽しみです。

陸上競技のサニー・ブラウン選手も才能豊かな持ち主で、桐生選手
同様、東京五輪でのメダルを獲れる候補として注目されています。

日本のスポーツ界も新しい新世代の選手たちが次から次へと
出て来る時代に変りつつあるようです。

パラリンピックだって、京都市障害者スポーツセンターで7歳から水泳を
はじめた、一ノ瀬メイ選手(18歳)のリオや東京パラリンピックでの
活躍ぶりを温かく見守って応援して上げてください。
(種目は、200m個人メドレーです。現在は近畿大に所属)
彼女の東京パラリンピックへの想いを込めた全国高等学校英語
スピーチコンテストでの障害の「社会モデル」について素晴らしい
内容のスピーチを行い今年の2月に優勝した感動の動画もご紹介
しておきます。

 

コメント