One-Leg Playerの奮闘記

障害を持っていても松葉つえ1本でいろんなスポーツにチャレンジしています。

2カ月ぶりのシッティングバレー!?

2017-06-30 10:44:39 | 障害者スポーツ

昨日は、前回5月25日は急な用事が入り参加できなかったので、2カ月ぶりのシッティングバレーボールの体験会でした。

4月の個人レッスンで折角いいイメージで覚えかけたのが、アンダーハンドやアタックはイメージどおりでしたが、またオーバーパスが元に戻りモチベーションが下がっちゃいました。

オーバーパスは、バレーボールで繋ぐ基本中の大切なプレーの一つだけに同じことの繰り返しに自分自身でもイラだっています。
(全然、伸びてねぇーじゃん!!自己嫌悪に陥っています。

TさんやSくんのシッティングのデモンストレーションにいつでも依頼があれば自信を持って、すぐに参加できる日が来るんだろうかと焦る一方で、指導者としての最低限のプレーを身に付けたいと今は改善策を練っているところです。

昨夜は、大学の先生や多くの学生の方が参加して頂き、常連のyokotaさん、oonishiさん、nakamuraさん、一緒に楽しいシッティングの練習ができ有り難うございました。
宜しければ次回の7月27日(木)も、また楽しい時間を過ごせればとお待ち申し上げております。


    

コメント

座りながらテニスの基礎を!?

2017-06-29 14:30:15 | アイデア

きょうは、車いすテニスにも役に立つ練習方法として、
椅子に座りながらのテニスの上半身をうまく使って
西岡良仁選手のストロークの基礎練習をご紹介します。

球出しのサポートが必要ですが、背筋を伸ばして
上半身の回旋を生かしてラケットを振り切る。

これも一つのユニークな練習ですが、自分の打球点が
定まらない人やティクバックから降り抜くフォームを身に
付けてから足を使って、自分の打球点まで動くことを
おススメします。

コメント

丁寧選手の強さ。

2017-06-28 14:25:15 | 技術革新

女子卓球のNO1と言えば、中国の丁寧選手(27歳)で、先日の中国オープン・シングルスでも
若手の孫選手(16歳)を4-1で破り、ゲーム中に戦術を切り替える早さや独特なサーブを駆使し、
厳しい状況を乗り越える熟練さが優勝に繋がった。

きょうは、丁寧選手のその戦いぶりをご覧ください。
やはり、卓球はサーブと足腰の強さと、しなやかなフットワークが丁寧選手は突出している。

一つ気が付いたことがあります。

平野美宇、丁寧、孫選手に共通した利き腕の上腕(二の腕)にシップのテープが貼ってあるのを見て、
今の高速卓球は、上腕にかなり負担がかかることが分かる。

また、前代未聞の中国男子トップ3のボイコット騒動が中国国内でも厳罰は免れそうにない状況で、
日本選手も打倒中国を掲げて2020年の東京五輪を目指している強化に影響を及ぼし兼ねない。

Ding Ning vs Sun Yingsha China Open 2017 WS Finals 

 

コメント

足から腰に連動させ、それを手に伝える。!!

2017-06-24 12:43:17 | コーチング

今世界で注目されている選手と言えば、卓球のエリートアカデミー所属の平野美宇選手です。

彼女の中澤鋭コーチが考えている「平野美宇改造計画」を今日はご紹介したいと思います。

平野を指導する中澤コーチは、試合中の戦術を組み立てる早さやパワー、スピードでもまだまだ中国には敵わないと言う。

攻めのプレースタイルに転換させた中澤コーチは、平野の重心の入り方に着目し、フォーム自体は変えずに変えたのは重心を移動する流れを、まず足から入って腰に連動させ、それを手に伝えて最大のパワーを出せるように改善したのです。

平野が高速ラリーが出来るのも足の重心の乗り方と使い方を優先に考えさせるようにしたからだと中澤コーチは言う。

卓球はスピードが速い、人間の体は最も器用な手が最初に反応してしまう、そうなるとどうしても足への意識が疎かになり、すべてのパワーは足から上に伝わり難く、腰のひねりも足があるからこそ出来る。どんなプレーでも常に足に重心を意識してからプレーするようにさせたそうです。

重心を低くすることで力の爆発力が増し、その為に足を鍛える練習メニューを増やし、主にフットワーク練習をしっかりと全力で前後の動きやフォアとバックの動きなどを重心を乗せて、全力で100%を出して15分間やるように注意したそうです。(フットワークは、練習の中で一番疲れる練習で10分間もやればヘトヘトになる筈が平野選手は力を抜いていたとか。)

練習は長時間やれば良いというものではなく、中国のトップ選手のように、短いけど質の非常に高い練習を行い、相手の対策に対応していくには、いろんなタイプの選手(ドライブ型、カット型、前陣速攻型)と対戦する経験が必要になる。そこで、来年の秋からはじまるプロアマ混合卓球リーグへの参戦もその一つだと言う。

これって、テニスのフェデラー選手の動きに共通するところがある。足のステップから腰のひねり、それから前腕へ、そして手首へと連動させる。

コメント

ChinaOpenで、張本/木造ペアが最強中国ペアを破る。!?

2017-06-23 20:03:12 | トピックス

速報!!

卓球中国オープンの男子ダブルスで張本智和(13歳)/木造勇人選手(17歳)が中国の
世界ランキングNo2、No3の最強ペア、樊振東/許キン選手から3-2という奇跡の逆転
勝ちの快挙を
成し遂げ決勝へ進出した。

逸早く、一緒に喜びたくてお知らせします。

きょうは、あまりにも嬉しくて眠れないかも?

中国オープンで男子シングルスの馬龍や許キン選手が突然棄権するというニュースが飛び込んで来た。
まだはっきりしたことは分かりませんが、中国卓球チームの劉国梁総監督の突然の退任が原因と噂されており、
中国の男子選手3人が抗議のためだとも言われています。

この男子ダブルスも樊振東/許キン選手のまさか抗議のためじゃないよね。 ぬか喜びかぁ???

もし、国へ抗議したとなると、中国の代表選手たちのこれからが心配です。
処分で当分出られないかも。

 

コメント