One-Leg Playerの奮闘記

障害を持っていても松葉つえ1本でいろんなスポーツにチャレンジしています。

素晴らしい才能の持ち主たち!!

2016-08-31 10:18:16 | トピックス

何とも微笑ましい光景ですよね。

猫も上手くピンポンを捉え、片手で猫パンチ、スマッシュ!!

赤ちゃんもラケットを上手く使って、スマッシュを相手コートへ低く決め、
最後の方は飽きちゃったみたいで、ボールがどこへ飛んで行くのか
分からないくらい、ヤケになって打ちまくっているのがまた可愛いすぎる。

お父さん!!今からお子さんを卓球の名選手にするつもり???

赤ちゃんの見事なスマッシュに、見惚れてしまいました。

【卓球】猫と赤ちゃんのかわいすぎるスマッシュ

コメント

女性に携帯アプリのプログラミングが人気!?

2016-08-30 09:48:46 | パソコン

携帯アプリのプログラミングを学び、転職やキャリアアップ、そして家庭でできる仕事と育児の両立を目指すフリーランスな女性が増えているそうです。

その増加の背景には、スマートフォンやウェブアプリの需要が広がっている中で、IT業界の人材不足があり、経済産業省の推計では、昨年で約17万人足りず、2030年には約79万人不足すると予想されている。

また、学習環境もオンラインで整備され、自宅に居て好きな時間に学べ、未経験者でも1、2カ月でウェブアプリなどのプログラミングを習得でき、意外と難しくないとのことで、抵抗なくスムーズに入れるようです。今や携帯アプリは、あらゆる業界で使われていて、プログラマーは引っ張りダコとか。

プログラミングは、障害を持たれた方の在宅ワークとして、就労支援のジョブパークが9月からはじめるウェブサイトの作成科と同様、これからのeラーニングコースのプログラムに是非、加えて欲しい科目です。

コメント

新海誠監督の繊細な描写とリアリティが

2016-08-29 09:41:11 | 音楽

今、上映中の「君の名は」を創ったのが新海誠(43歳)監督、
世界でも有名なアニメーターとして知られている。

私が彼の作品を初めて知ったのが秦基博が歌うRain
映画「言の葉の庭」だった。

実に繊細な描写とリアリティさとが融合した作品が多く
また、彼の映像と主題歌にいつも惹かれる。

今回は、Radwimpsの「前前前世」が使われているようです。

価値観が多様化する今、人の心をどう掴んでいるのか。

新海さんにとってアニメ作品を創る喜びは
「乾いた心に、水を注ぐようなもの」と言う。

誰かが求めてくれて栓をひねると蛇口から水が出るように
求める人のコップの中に作品として注いで乾きを癒して
もらえるような作品を創りたいと、そして、いつの年代で
あろうと人の心のありようが変わるわけじゃないので、
自分が辿って来た若い頃の感動した体験を作品に生かし、
”蛇口のようでありたい”と新海さんは表現する。

コメント

的を得た回答が出来たんだろうか?

2016-08-28 08:32:45 | 気掛かり

先日の親父の消化管障害及び治療の影響による退院後の食行動の変化に対して、どのような点で困難を感じているかのインタビューに正確に応えられたんだろうかと若干不安でしたが、私なりに体験した事柄を忠実に伝えられたと思っています。

この2、3年は、あまりにも親父の体調の変化に戸惑うことばかりで、カレンダーに記録する習慣が身に付き、病状(心不全・脳梗塞・食道がん)や処方される薬の情報を収集している内に、それが私の資料データとなったワケです。

家族とすれば、いろんな知識が増えれば増えるほど判断する上で迷いが生じ葛藤の毎日でした。

親父を如何に苦しませずに、親父らしい生き方を迎えさせて上げられるかを今後も、訪問診療の先生や看護師さん・ケアマネさんのサポートを受けながら一緒に取り組みたいと考えています。

Aさんの研究レポートに、私の資料とインタビューが今後の臨床での看護に少しでも役立てて貰えれば幸いです。

もし、敢えて無理な提案をするなら、親父に相応しい心臓に優しい塩分控えめの食べる食事じゃ無くて(例えば、トロトロの嚥下食やお粥やポタージュスープ類ではなく)、サラサラと飲むだけで何の料理なのか分かる味覚の機能を生かした飲める食事のような物があれば、消化管障害の食行動の変化に役立つのではないでしょうか?(抽象的でイメージとして分かり辛いかもしれませんが、一つのアイデアとして私からの要望です。)

補足として、7月26日の私のブログ記事に書かれている「臨床医と病理医が語る「がん患者」との対話・前編」だけだったので、後編も追加しておきました。これからの高齢化が進む社会が抱える医療の在り方として、地域・在宅・外来の連携が不可欠のようで、患者本人も家族も、それから訪問診療医も看護師さんも、外来の医師も共に考えなければならない大きな岐路に立たされているのかもしれませんね。

しかし、これから看護業務で頑張ろうとされているAさんにとっては、ちょっと矛盾する内容かもしれませんが、人間(動物)の自然の摂理に逆らってまで医療技術の発達により延命措置を行う今の医療行為に警鐘を鳴らす一つの考え方として見る価値はあると思いご紹介しました。

これからいろんな患者さんと接する中でのトラブルや矛盾に遭遇し悩むことが多い業務だと思いますが初心の気持ちを大切にして下さい。

 

コメント

異質ラバーを得意とする平野美宇選手!!

2016-08-27 07:27:42 | エピソード

福原愛選手も伊藤美誠選手も異質ラバーをバック面に貼り、
それを武器として戦う卓球を得意とする二人です。

どちらかと言えば伊藤美誠選手の方が攻撃的な卓球を行い
フォア、バックと打ち抜く技術が優れていてパワーも兼ね備えて
いる。(バック面に伊藤美誠選手は、モリストSPを福原愛選手は
アタック8【特注品】を使用とか。)

しかし、この異質ラバー選手を得意とする若い選手が日本に居る。

それが先日行われたRio の Olympics の女子卓球で
控え選手として同行した平野美宇選手(15歳)です。

伊藤美誠選手とダブルスでペアを組んでいることは
皆さん、ご存じだと思います。

長めのサーブ(ナックル・横回転)で相手を崩してからの
攻めの上手さが光っていた。

美誠ちゃんも、これを克服しないと中国選手に研究され
2020年の東京五輪までに乗り越える課題の一つかも?

そのお手本とも言える今年の全日本卓球選手権大会の
準決勝の試合がそれを物語っている。

(ちなみに、平野美宇選手のラバーは両面、テナジー・05の裏ソフトを使用。)

ヤバすぎる!平野美宇、伊藤美誠15歳同士の全日本卓球準決勝2016

コメント