7月27日 ( 金 ) 本日はパンの日です



暑中お見舞い申し上げます。

やっと夏らしくなってきましたね。

今日もギラリと強い日差しが照りつけています。ご自愛ください。


本日は、パスキューアイランド週に一度のパンの日です。

グラハム粉のプチパンが焼き上がっております。

アイスコーヒーは、 「 棒っこ珈琲 」 さんの 『 山に登る紳士 』 ブレンド。

カウンターででも、お持ち帰りでも。

パンとコーヒー、至福のセットです。




グラハム粉のプチパン
150yen

アイスコーヒー
500yen<





新しいホームページアドレスはこちら http://pasqueisland.com/ 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アイスコーヒー始まってます!



画像がまだ無いのですけれど・・・・・

美味しいアイスコーヒーのご用意ができました。

店内のカウンターでも、もしくはトゥーゴーでも味わっていただけます。

濃くて美味しい苦みと甘味。

当店の珈琲豆は、「 珈琲焙煎 棒っこ 」 さんのお豆です。

ただ今出来ていますのは 『 チョコレートのすきなおじさん 』 ブレンド。

これが終了しましたら、お次は 『 山を登る紳士 』 ブレンドになります。

「 棒っこ 」 さんの、その時々の、いろいろなお豆をお楽しみに。

もちろん、温かいコーヒーもできますよ。




アイスコーヒー
500yen

ホットコーヒー
500yen


温かいコーヒー用に当店で使っているカップ&ソーサー
白磁/230ml
1900yen




新しいホームページアドレスはこちら http://pasqueisland.com/ 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏の帽子




オフホワイトのとてもシンプルなクロッシェ帽。

このようなクセのないシンプル帽子が意外とないのですよ。

帽子作家がオリジナルの型紙で全行程を手作りしている、考えられたクセのなさ

とシンプルさを持ち合わせている、マスマーケットには並ばない帽子なのですよ。

いろいろな着こなしに合わせることが出来ましょう。

カジュアルですが、品格があり、被る人の個性を引き立てながら、広すぎず狭すぎず

の計算された幅のブリムがしっかりと日差しを遮ってくれる、そんな帽子。

ブローチを加えたり、ブリムをちょっと折ってみたり、自分らしく楽しめます。

これは、そんな帽子です。







小瀧 玲子・制作 / オフホワイトのクロッシェ帽
7800yen


木製ハットスタンド
大: 5940yen
小: 5180yen




新しいホームページアドレスはこちら http://pasqueisland.com/ 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フィンセント



『 フィンセント・ファン・ゴッホ書簡全集 3 』  ハーグ時代の後半に入りました。

フィンセントはテオにこう書き送っています。


「    そして今は仕事をしていて、一日たりとも仕事せずには過ごしていないの

だから、自分としては将来に対する望みは大ありだと信じている。もっともそのこと

をぼくは感じていないけどね。というのは、ぼくの頭のなかには、たとえ自分を狼狽

させるためであろうと気持ちを楽にするためであろうと、将来のことについて思索に

ふける余裕などないからだよ。ぼくは、現在にしがみついて、そこから何かしらため

になるものを引き出さない限りは、うかうかと現在をやりすごしてしまわないという

ことこそ己れの義務だと信じている。    」



究極です。

将来のことについて思索にふける余裕などない・・・・・

” 今、この瞬間を生きる ” 巷ではよく登場するフレーズですが、そんなことを

考えていることすでにたっぷりの余裕があるってことなのです。

日夜取り組んでいる素描に、その時の考えや理論、感情を事細かく書き添えて、

その日の出来事も加えて、この世にただ一人の理解者である弟テオへと頻繁に送られる

フィンセントの驚くほど理知的かつ深い思想性に溢れた手紙は、

” 命を懸ける ” というのは、つまりどういうことをどのようにするということなの

かを私に示してくれる。

ひとが命懸けで事をなす・・・彼の場合は絵を描くこと・・・とはどういうことか。



泣きながら、読み続けています。

心が ( 魂が、といっても過言ではない ) 震えます。








新しいホームページアドレスはこちら http://pasqueisland.com/ 















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

7月20日 ( 金 )本日パンの日です



当日になってのお知らせでごめんなさい!!

本日はパンを販売しております。

毎週金曜日、週に一度ですが、グラハム粉のプチパンをご用意して

みなさまのご来店をお待ちしております~




アイスカフェオレ + プチパン + バター


ご機嫌ランチのできあがりっ!



グラハム粉のプチパン
150yen




新しいホームページアドレスはこちら http://pasqueisland.com/ 


( 本日のパンの写真は、友人まいこが撮ってくれたものです )
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジャズライブ ありがとうございました ( アンコール )。



この度のジャズライブでの演目に、打ち込み忘れ曲がありましたので

付け加えさせてください。


・BYE BYE BLACKBIRD


「バイ バイ ブラックバード 」 これが抜けておりました。

アンコール曲の一つ前、デュオ演奏の最後の一曲は、「 バイ バイ ブラックバード 」

でありました。申し訳ございませんでした!


以上です~

それではまた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジャズライブ ありがとうございました。



雨降り予報でしたが、雨には至らず、

穏やかな曇り空で暮れていった昨夜は、涼しい夜風が心地よいくらい、

なかなかのライブ日和だったと思います。

ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。

外が暗くなっていき、ポツリ、ポツリ、とお客様がいらっしゃり、

7:45pmくらいから、どんどん席が埋まってきて、ホッと一安心。

5年目になるジャズライブなのですが、開演までの30分は、未だに

どきどきハラハラしている私なんです・笑。

演奏が始まって、大勢のお客様と演奏者の熱気なのですね、店内が暑く

なってきたので、クーラーのスイッチを入れました。

ふふふ、新しい店舗はエアコン付きだったんですよー。

ちょっとヒンヤリ温度調整してみました。

さて、昨夜の演目です。



・BAG'S GROOVE

・GONE WITH THE WIND

・SUMMER TIME

・THEY SAY IT'S WONDERFULL

・WALTZ FOR DEBBY ( ANCORE )



以上の5曲でした。

どの曲も、ジャズのスタンダード曲。ですが、結構聴き込んでいって

わかってくるスタンダードなのですね、ジャズってその辺が簡単ではない

と思われるひとつの要因かもしれません。

しかし、「 ジャズ 」 と呼ばれる範囲が今かなり広がり、へぇ、こんな

感じも ” ジャズ ”?なのですね、という新しいものも生み出されていて、

まあ、どこから入ったらいいのかな???という方も多くいらっしゃることで

しょう。そういう意味で、大関&小林デュオの演目は、ほとんどが1960年代頃

までのジャズの黄金期の、王道をいくスタンダード曲、と言えると思います。

実に渋い選曲です。このような渋い曲目を、しかも生演奏で聴く機会は、

どうかなあ・・・・・まぁないですね、と言ってもいいくらい珍しいのでは、と

自信をもってお伝えできます。

4曲目 「 ゼイ セイ イッツ ワンダフル 」、” イッツ ” とは、つまり

” 恋 ” のこと。



♪ They say it's falling love is wnderful ♫ 



ジョニー・ハートマンが、ジョン・コルトレーンのテナーをバックにとろけるように

歌うんです。バラードの極めつけの名盤からの1曲でした。


「 サマータイム 」 は毎年7月のライブではやってますね、夏の名曲定番です。

今回は、子守歌ではなく、すすり泣いているような枯れた感じの演奏にしてあった

ような印象でしたが、みなさんいかがでしたか?


小林さんのベースが、途中からさらに鳴ってビンビンと天井に跳ね返り、テナー大関が

おぅ~と内心感動したそうです、そして、

「 暑いですね 」 と小林さんは上着を脱ぎ、私はエアコンのスイッチを入れました。

場内の湿気が上がって、木製のベースが膨らんで、音の ” 鳴り ”が変化したらしいです。

本当に素晴らしい音と演奏でしたね。


私個人の今回のライブのイチバン!! は、アンコールの 「 ワルツ フォー デビー 」。

あ、もうそろそろ終了かあ、、、と、エンディングの準備のことをチラリと考えて

いたりして、最初の部分は何となく軽く聴いていたんです、

「 この曲は何つー曲? 聴き覚えがないな  」

だんだん耳にテナーのソロが入ってきて、

「 アレッ? 」 「 アラッ?? これってもしかして 」

「 はぁ~、これって 『 ワルツ フォー デビー 』 じゃあござんせんか! 」

テーマのフレーズは、チラッ、ちょこっ、としか吹いていないのです。

ポジとネガが反転したかのような、ワルツの4分の3拍子の枠を取っ払って、

自由自在に一曲まるごと構築し直したような、まさにジャズができること、

そんなアンコール演奏でした。



さあ、次回は秋の初め。

王道スタンダード、次の演目にご期待を。

ぜひ聴きにいらしてくださいね。






















































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

5ヶ月ぶり!



時が経つのはホント速いものです、

本日5ヶ月ぶりにホームページを更新しました。

「 ホームページの意味なくない?? 」

って言われてもしょうがないくらいなんですけれど、

へぇ、なんとか新しい情報を載せましたので、

ご覧いただけると嬉しいです。





『 マーガレットマグ 』
再入荷しております。
1400yen



 新しいホームページアドレスはこちら http://pasqueisland.com/ 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジャズライブのご案内



ラジオから連日流れている西日本の豪雨被害。

豪雨に加えて猛暑が襲う、関東以西の地域のみなさまの深刻な状況

を想像すると、曇り空と雨がまだらに続く今年の北海道のはっきりしない

天候についての愚痴はひっこむというもの。

私達道産子は、せめてまだまだ涼しい7月を、できる限り元気で楽しむ

ことを心掛け、いつも通り暮らしていくことにいたしましょう。




ジャズライブ、新しい店舗で2回目です。

思っていたよりずっと音響がよく、1回目ライブを終えて大変安心した次第。

大きな南向きの窓からの雨模様の外の通りを眺めるともなく眺めつつ

ベースとテナーサックスが繰り出す新鮮な音とフレーズによるジャズのうねりを

しばし味わってみてください。







夏のジャズライブのご案内



日時     7月16日 ( 月・祝 )


       開場  7:30pm

        開演  8:00pm

参加費     1000円 ( ワイン・リンゴジュース または温かいお茶つき )


       テナーサックス   大関 智也

       ベース       小林 浩樹

       ( 小一時間くらいの演奏です )


場所     パスキューアイランド
       札幌市中央区大通西17丁目1-3太田ビル1階
       tel/011-215-9331 e-mail/info@pasqueisland.com
       ( 当店です )




天気予報では、月曜日は今のところ雨降りらしいですが、短い札幌の夏ですもの、

各地で次々と開催される ” 夏のフェスティバル ” を積極的に楽しみましょうね。

パスキューさんにもぜひどうぞ( お気軽に )。

生演奏のいぶし銀のジャズ、いいもんですよ。





新しいホームページアドレスはこちら http://pasqueisland.com/ 

( 近日中に久久久しぶりの更新予定です・・・ )

























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日はパンの日


明日13日 ( 金 ) は、

週に一度の パスキューアイランド ” パンの日 ” です。

種類はひとつのみ 、「 グラハム粉のプチパン 」 なんですが、

地味で美味しいのです。

いろいろな飲み物、いろいろな食べ物、いろいろなディップ・ジャム

に合うんです。

でも、私は、バターのみ、が一番好きです。

お一つ 150円ですよ。


☆新しいホームページアドレスはこちら http://pasqueisland.com/ ☆

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

帽子



とてもベーシックなクロッシェ帽ですが、トップをちょっぴりつまんで

上にとがらせて、たったそれだけなのに、被ってみると驚くほど

オシャレな雰囲気がでるのです。

それはもう、「 ほぅ!! 」 と思わずつぶやきたくなるほど。

上質な芯地が使われ、ブリムの縁には柔らかなワイヤーが入っているので、

折って少し立ててみたり、クセ付けしたり、とその日その日で感じを変えて

楽しむことができます。

制作した人は、小瀧 玲子さん。

素晴らしいキャリアをお持ちの帽子デザイナーです ( ご本人は 「 職人 」

とおっしゃってます )。

新しい店になってお取り扱いが始まった、ミリ単位でのデザイン的計算と

確かな技術で制作される小瀧さんの帽子。

” 上質なベーシック ” ” カジュアルかつ上品 ” を実感していただけると

思います。

生地は、ヒッコリーストライプのコットン100%です。

男の子用みたいでしょ? 

でも被るときちんとファッショナブルになっちゃうんです。

おためしあれ。





小瀧玲子制作 クロッシェ
8800yen





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日6日( 金 ) はパンの日ですよ



毎週金曜日は、パスキューアイランド「 パンの日 」 なのです。

グラハム粉の野球ボールくらいの大きさのプチパンを販売いたします。

朝焼いて、手提げの籠2つに入れて運び、カウンターにて山盛りにして

おります。1個150円。最初は170円でしたが、好評につき20円

の値下げです。かんかんベーカリー謹製。

香ばしくてザクザクした皮と、もちっとした中身で1個で十分満足感があるパン。

明日は金曜日、

パスキューアイランドの 「 パンの日 」 ですよ~。

ぜひお求めください。

美味しさ保証つき~!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年 福田元美 夏のイラストポストカード入荷中



7月がスタートして5日目。

今年の半分が終了しているなどと誰が信じられます?

納得しがたい事実です。

これからは僅かずつでも日が短くなっていく・・・

承伏しかねるけど、ホントなのですね。

7月最初の木曜日は、雨降り木曜日。

通りのアスファルトは黒々と濡れていて、街はグレートーンでなんとも

美しいです。

蒸し暑かったり、肌寒かったり、落ち着かない天候が長引きましたが

これからは、ようやくグイグイと夏に向かっていくのでしょう( いってくださいっ! )。



福田元美さんのイラストポストカード・2018新作夏柄 が揃いました。

ご紹介いたします。




『にじむ山あじさい 』
僅かに ” 滲み ” を加えることで、野生味のある山あじさいの
露を振るったような瑞々しさが伝わります。



『 ビールの泡にまみれたい 』
ビールLOVE のあの人、この人、かの人にも送りたい!
ビールの海で浮き輪でプカプカしながらビールジョッキで一人カンパイ~
まさにビール天国!



『 お祭り帰りの金魚 』
金魚すくいの、あのビニール巾着袋のチープな儚さ。




『 おなかを地面にくっつけるリス 』
リスは暑い時期は、こんなふうに地面に腹ばいになっているそうです。
土の地面ってヒンヤリしているから。飛んでいるのではないのです・笑。




『 にんにくを仕込む 』
夏バテの時でも、にんにくを漬け込んだオイルや醤油があれば、上手ににんにく
パワーのエッセンスを摂れますね。国内産にんにくの旬は、夏7月。




『 まるいかおのこどもたち 』
かわいい。本当に ” かわいいっ! ” の一言。
元美イラストの独特の線が生み出す、オリジナルのかわいさ。




以上6柄です。

この他にも、この春からの新しいイラストカードがもりもりと揃っております。

引っ越し開店以来、もの凄く慌ただしくしてしまっていて、きちんとご紹介でき

なかった分なのです。どうぞ合わせて見にいらしてください。



そしてトピックス!

今月12日 ( 木 ) から 21日 ( 土 ) まで、福田元美さんの原画展が開催されます。




題して

『 暑中お見舞い申し上げます! 福田元美原画展 in KushuKushu 』



元美さんのイラストカードを扱っていらっしゃるカフェ・クシュクシュさんにて

もう少しではじまりますよー。

見る人みんなをクスリッと笑わせ、ほんわりと緩ませ、季節の移ろいの一瞬を

掬い取ってしみじみさせてくれる福田元美イラスト、その核と発想の種の発芽のプロセス

を見ることが出来る絶好の機会でしょう。


16日 ( 月・祝 ) は、元美さん在店です。

クシュクシュさんの美味しいコーヒーとスウィーツ、ランチメニウも魅力的!

どうぞお運びください。




























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日はパンの日ですよ



あした 6月15日( 金 )は、パスキューアイランド・パンの日です。

グラハム粉の野球ボールくらいのプチパンを販売いたします。

お昼用に、おやつ用に、夜ごはん用に、

パン好きのみなさま、どうぞ食べてみてください!!





グラハム粉のプチパン
1個 170円

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本日、パンの日です



新しい店舗になった機会に、新しいコトをなにか始めましょうか!

ということで、一週間に一度金曜日にパンを販売することにしました。

かんかんベーカリーの 「 グラハム粉のプチパン 」 です。

知る人ぞ知る? かんかんベーカリーは、夫・大関ともなりのパン製造の屋号です。

普段は電話やメールでのご注文で焼いているのですが、初めて実店舗での販売。

なので、野球ボールくらいの大きさで、お求めやすいサイズと価格にしてみました。


麦の胚乳のみを挽いて作られる ” 小麦粉 ”に、取り除いた表皮と胚芽を粗挽きに

してから全てまぜて作られる ” グラハム粉 ”。その粗挽きの表皮と胚芽のザクッ

とした食感が効いていて、噛んでゆくと、香ばしさと小麦粉の滋味がたっぷりと

味わえます。

ちぎってパクパクもよし、スライスしてサンドイッチもよし、スープにもよし。

何もつけなくとも美味しいですが、バターのみ、というのが私のオススメ。

おひとつ170円。





コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ