爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

16-12-06 吹き荒ぶ寒風

2016年12月06日 | 季節の移ろい

雨は上がって陽射しが現れるも今度は強風。
猛スピードで流れる雲、風に乗って舞うのは小雪かアラレ。
さほど冷え込みはなかった朝だったが、時を追って気温は低下して行く。
道路情報カメラ、先ほどまで雨に濡れていた峠筋はいつしか積雪となっていた。

安普請の我が家にあっては、室内に居ても足元から寒さが這い上がる。
厳寒期までには耐性もできるだろうが、年寄りにはこの時期が最も辛い。
野鳥たちのためにと残しておいた樹上のカキやリンゴは、ヒヨドリに食いつくされてもう何もない。
寒風吹きすさぶ寂しい初冬の風景である・・・・・。

コメント