因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

文学座有志による久保田万太郎作品『夜長』『あしかび』

2018-01-31 | 舞台

*第8回したまち演劇祭in台東参加作品 公式サイトはこちら 浅草見番(詳しい解説のサイトはこちら)29日で終了 前回(2013年夏)浅草見番で同じく久保田万太郎作品を観劇したときの記事はこちら
 浅草に生まれた久保田万太郎が描く大正、昭和の下町の風情と人々の心模様を描いた短編2本立て公演。菅野菜保之を客演に迎え、アフターイベントには幇間の桜川八好、浅草奉賛会会長・鈴木秋雄氏(今回の出演者の鈴木亜希子のおじいさま。御年102歳!)、菅野菜保之、鵜澤秀行、坂口芳貞の朗読など盛りだくさんである。当日券ですべりこんだ日も、1階のお稽古場から三味線の音が聞こえており、いい風情。

『夜長』鵜澤秀行演出 
 病ですっかり油っけが抜け、食べられるのは「お豆腐とほうれん草」だけよと安心していた亭主が浮気をしていた。女房の混乱と怒り。母より先に父の不貞を知って傷つき、死のうとする息子…と書くとまことに深刻な物語であるが、第三者はここまで客観的な冷めた目で見ていることを示して、軽みのある短編となった。その重大な役割とさらりと自然に担ったのが、女中おきよ役の本山可久子である。つい5日前までシアターX『この道はいつか来た道』に出演しておられたばかりの、あの本山さんだ。舞台に出てきたとき、一瞬嘘かと思った。台詞も決して少なくなく、それも観客が思わず身を乗り出しそうになるほど興味津々の内容である。女中はあるじの浮気をとうに知っており、まことに下世話で品のない話ながら、本山の口から出ると下品に聞こえないのはなぜであろうか。声は艶っぽく、しかし決してべたついた芝居にならない。さらりとしているのである。「(旦那さまは)お豆腐とほうれん草だけじゃありませんよ」。失礼ながら八十路を過ぎた俳優さんが、この連続出演は快挙ではなかろうか。弱輩はただただ驚嘆するばかりである。
 女中役が山本道子だったらと想像すると、これはまたうんと面白くなりそうで、このように配役の幅が案外広いのも、久保田万太郎作品の持ち味のひとつであろう。

『あしかび』生田みゆき演出(1,2
 生き方の定まらなかった寿司屋のせがれが、淡い恋や父親の死を体験して一人前になるまでを彼本人が問わず語りする物語である。小説というより語りものであろうか。これを舞台にどう乗せるのか。

 新進気鋭の演出家生田みゆきは、これを登場人物全員が主人公の父や母や友だちや幼なじみの娘などそれぞれの役を演じつつ、主人公の語り部分も受け持つという形で構築した。形式としては苦労も多かったであろうし、健闘されていると思われる。しかしながら俳優が楽器を演奏して流行歌を歌ったり、拍子木を打って見得を切ったり、コミカルな味つけがバラエティ番組の寸劇のように思われ、最後まで気持ちが沿わなかった。せめて重い病に臥せった人を見舞う場面は、もっとしんみりしてよいのではないか。

 舞台用に書かれた戯曲ではない。だからこそ、そのドラマ性をどうすれば活かせるか、作り手の腕の見せどころであり、生田さんの感性と文学座の俳優の方々の経験値をもってすれば、もっとちがう形が可能ではないだろうか。久保田万太郎作品であるからこのようにという決まりはなく、「こういうものだ」という思い込みに陥らぬようにと心している。
 大胆で斬新な切り口の新演出、大いに喜ばしい。しかしそうしたなら、それまで見えなかった作品の魅力や肝の部分が伝わることがより強く求められる。わたしの知らなかった久保田万太郎、登場人物が語られなかった心の奥底を、ぜひ感じさせてほしいのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『Sheakespeare's R&J~シェ... | トップ | 2018年2月観劇と俳句の予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事