goo

Dennis, The Advancement and Reformation of Modern Poetry, ch. 7

ジョン・デニス
『現代詩の発展と改革:批評論文』より
第7章
詩における狂乱状態の原因:実例

詩における狂乱状態とは、上に見たような驚嘆・称賛と憧れ、喜び、恐怖、愕然などという激情に他ならない。それらは、自然にそれらをもたらすような思考によってひきおこされる。憧れ・称賛とは、偉大なことを頭に思い描いた時に魂を高揚させる自尊の念とともに、心を高ぶらせる。喜びが大きい時、人は我を忘れる。言葉を失うほどの驚きは、ある種の興奮状態をもたらす。以下、どうしてそうなるのか、例を見ていこう。まずはホラティウスのオード3.3からである。

(引用略)

内容は以下のとおりである。

勇敢な男が正しいことをすると固く心に決めている。彼の美徳は揺るがない。馬鹿な群衆がわめき暴れて押し寄せてきても、暴君ににらまれても、嵐に荒れるアドリア海を支配する南風が怒り狂ってやかましく襲ってきても、ユピテルの燃える右腕から雷が投げつけられても。そう、この世界の骨組みがばらばらに脱臼しておぞましい音とともに爆速で落ちてきて彼をつぶすことはあるかもしれないが、それでも彼の心が揺らぐことは絶対にない。--そんな原文から大きな狂乱状態が伝わることは言うまでもないが、この狂乱がどのようなものか、少し考えてみる。するとわかるのは、上の詩には高揚感と厳格さと激烈さ、つまりは驚嘆と称賛、そして憧れに足る何かがあることだ。この詩は言葉を失うほど恐ろしい。このような激情をわたしたちが感じるのはなぜか。もちろん、そこで語られる思考の内容そのものが、然るべき言葉によってあらわされたなら、言わば自然に激情をもたらすからである。上に見てきたように、偉大なものが驚嘆・称賛と憧れをもたらす。強いものに傷つけられそうな時に人は恐怖を抱く。人が驚き、愕然として言葉を失うのは、非常に恐ろしいものが襲ってきた時である。これらのものそのものが、あるいはそれについて考えた時に、激情が生まれるのである。上の詩をよく読めば、そこで思考されている内容が偉大で、恐ろしく、そして部分的に驚愕すべきものであることがわかるだろう。

が、さらに三つの点に注意してほしい。まず、上の詩においては、思考が見事に段階的に上昇している。ホラティウスは恐ろしいものからより恐ろしいものへとのぼっていき、そして最後に愕然と言葉を失う。荒れ狂う群集、目で脅す暴君、嵐の海、ユピテルの怒りをあらわす雷、そしてこの世すべての破滅・崩壊を彼は順に描く。第二に、思考が上昇するにしたがい、詩人の心も高ぶっていっている。やはり激情は思考によってもたらされるのである。三つめ、暴君に関する第二の思考以降さらに狂乱の度を高めるにあたり、ホラティウスは神にふれている。むしろ、そうせざるをえない。古代ローマ思想について最低限の知識があれば、嵐・海・雷に宗教的な意味があることは明らかなはずである。

次に、読者に思い浮かべていただこう。これはただ「大きい」ことによって心動かす、心を高ぶらせるイメージ、つまり絵である。ミルトンの『楽園喪失』第1巻は、ルシファーについてこう記述する。

……他の者たちより彼は
大きく、誇り高く、上から
塔のように見下ろしていた。まだその姿は
天にいた時の光を完全に失ってはおらず、
堕ちた大天使にふさわしい陰のある輝きを
放っていた。たとえるなら、それは、太陽が
霧の地平線から昇りつつ、
あるいは雲の後ろで、
蝕のようにぼんやりと、禍(わざわい)を告げる
薄明を半球上の国々に投げかけ、王たちに革命の恐れを
抱かせているかのようであった。こうして高く暗く、
この大天使は輝いていた。彼の顔には、
雷によって刻まれた傷跡が深く、いく筋も走っていた。

この10数行とその直前の10行を比べて考えていただきたい。なぜこちらのほうがはるかに偉大に感じられるのか。それはもちろん、描かれている内容の規模が大きいからである。だが、なぜ内容の大きさが詩の偉大さにつながるのか。もちろん、大きいものが詩人に驚きと称賛の念を与え、気高く誇り高い気持ちにさせるからである。それが詩の偉大さとなってあらわれるのである。それは支配的な威厳であり、強く激しく、言わば暴力的に心を揺さぶる。描かれている内容の規模が大きく、同時にとても恐ろしいからである。心を押しつぶすほどの激情とはある種の暴力であり、それが痛いほど強い言葉になってあらわれるのである。そのように気高い主題のなか、神に関係するものがもっとも偉大であることは言うまでもない。

天才詩人による描写二点について考えてみよう。ウェルギリウスの第二巻からである。まず、大木を切り倒す描写だ。これに驚嘆したユリウス・スカリゲルは、ユピテルが手を入れてもこれ以上よくならないと言った。もうひとつはあの比類なきラオコオンの彫刻の題材となったものだ。あれはローマのベルウィデーレの庭園で見たが、本当に言葉を失うほどすばらしかった。芸術というより、あの哀れな男そのものだった。恐怖と悲しみのなか体が麻痺して石になったニオベと同じように。

最初のものは、壮大かつ恐ろしい絵だ。ウェルギリウスは、10年間包囲され、そして最後に滅んだトロイを倒れる梣(とねりこ)にたとえる。樵(きこり)たちが長きにわたって斧で根元を刻みつづけてきた木が最後に倒れるようすに、である。

Ac veluti summis antiquam in montibus ornum,
Cum ferro accisam, crebrisque bipennibus instant.
Eruere Agricolae certatim, illa usque minatur.
Et Tremefacta Comam concusso vertice nutat,
Volneribus Donec Paulatim evicta, supremum
Congemuit, traxitque Jugis avolsa ruinam.

屈強な樵たちは、何度も何度も打ち、打ち、打ち、
力いっぱい腕を伸ばして激しく斧を振りまわし、
天に昇り伸びる樫の堅い根元にその刃を食いこませる。
長らく山に君臨した大木は、
打たれるたびに大きく頷くように揺れ、
高くそびえきらめく頭を震わせる。
何度も何度も何度も打たれ、傷つき、木はとうとう
最期のうめきとともに倒れる。
その力と重さと速さのために大地が割け、岩も割れる。
恐るべき木は、倒れ滅ぶ時にも恐ろしい。

(つづく)

*****
John Dennis (1657-1734)
From The Advancement and Reformation of Modern Poetry:
A Critical Discourse.
Ch. 7
The Causes of Poetical Enthusiasm, shewn by Examples

The Enthusiasm that is found in Poetry, is nothing but the forementioned passions, Admiration, Joy, Terror, Astonishment, flowing from the thoughts which naturally produce them. For Admiration, together with that Pride which exalts the soul at the conceiving a great Hint, gives elevation; Joy, if 'tis great, gives transport, and astonishment gives vehemence. But now let us shew by examples, how this was done, and let us begin with that Admirable Ode of Horace, which is the third of the Third Book.

Justum & Tenacem propositi virum,
Non civium ardor prava Jubentium,
Non vultus instantis Tyranni
Mente quatit solida, neque Auster
Dux Inquieti Turbidus Adriae;
Nec fulmin antis magna Jovis manus,
Se fractus Illabatur Orbis
Impavidum ferient Ruinae.

That is,

The man, the brave man, who is resolv'd upon a right and a firm principle, is sure never to have his solid vertue shaken, neither by the rage of the giddy multitude, nor by the frowns of an insulting Tyrant, nor by the Fury of the Roaring South, that Turbulent Ruler of the Tempestuous Adria; no, nor by the Red Right Hand of Thundring Jove: Nay, should the World's disjointed Frame come rushing down with a Dismal Sound upon him, its Ruines might Crush, but they could never Shake him. Now 'tis plain that in the original there is a great deal of Enthusiasm. But let us observe a little what this Enthusiasm is. Upon observation we shall find then, that in the fore-mentioned Verses there is Elevation, Severity and Vehemence, and consequently there is something Admirable in them, and Terrible and Astonishing. Now why should we feel these passions in reading these thoughts, unless the passions naturally attend them, when they are express'd as they should be? But Admiration, as we have said above, must come from something that is great, and Terror from something that is powerful, and likely to hurt; and Astonishment from something that is very Terrible, and very likely to hurt; that is, from things that are so, or from their Idea's. The Reader, upon examining the fore-mention'd Verses, will find that the thoughts in them all are great and terrible, and some of them are astonishing.

But here I desire the Reader to observe three things: First, the admirable gradation of Thought here. How the Poet rises from something that is Terrible, to something that is more Terrible, till he comes at last to something Astonishing and Amazing. How from the Rage of the Mad Multitude, he proceeds to the frowns of a Tyrant that stands threatning by: How he rises from thence to a storm at Sea, and from thence to the wrath of Jove express'd in the dreadful Thunder, and from thence to the final dismal Dissolution of all things. The next thing that I desire him to observe is, How the Spirit of the Poet rises with his Thoughts, which is a sure sign, that the one is nothing but the passions that attend on the other. And the third thing that the Reader is to remark is, that the Poet could not carry his Enthusiasm higher after the second thought, without having recourse to Religion. For he who knows any thing of the Pagan system, knows that the three last thoughts are taken from their Religion.

Let us now set before the Reader an Image, that only by its greatness will move him and exalt him. The passage is in the first Book of Milton's Paradice Lost, where he thus describes Lucifer.

-------------------- He above the rest,
In shape and gesture proudly eminent,
Stood like a Towr, his form had yet not lost
All her original Brightness, nor appear'd
Less than Archangel ruin'd, and th' excess
Of Glory obscur'd, as when the Sun new risn
Looks thro the Horizontal misty Air,
Shorn of his Beams, or from behind a Cloud,
In dim Eclipse Disastrous Twilight sheds
On half the Nations, and with fear of change
Perplexes Monarchs; Darkned so yet shone
Above them all th' Archangel, but his Face
Deep Scars of Thunder had Intrench'd.

I desire the Reader would give himself the trouble of comparing these ten lines, with the ten that preceded them, and then to tell me, why the Spirit should be so much greater in these than it is in the others; unless it proceeded from the greatness of the Ideas, or how the greatness of the Ideas could cause it, but by infusing into the Poet admiration and a noble pride, which express'd make the Spirit, which is stately and majestick till the last, and then it grows vehement, because the Idea which causes it, is not only great, but very Terrible. For all the afflicting Passions that are violent are express'd with vehemence. The Reader cannot but observe of himself, that the greatest of these noble Ideas is taken from Religion.

-------------------- But his Face
Deep Scars of Thunder had Intrench'd.

Now let us consider two very masterly Images, out of the Second Book of Virgil; the first is the Hewing down of a Tree, which appear'd so admirable to Julius Scaliger, that he affirm'd that Jupiter could never have mended it; and the second gave occasion for that Incomparable Statue of Laocoon, which I saw at Rome, in the Gardens of Beluidere, and which is so astonishing, that it does not appear to be the work of Art, but the miserable Creature himself, like Niobe benumm'd and petrify'd with grief and horror.

The first, besides its Greatness, carries Terror along with it. Virgil compares the Destruction of Troy, which had been ten years besieg'd, to the fall of a Mountain Ash, at whose Root the labouring Swains had been a long time hewing with their Axes.

Ac veluti summis antiquam in montibus ornum,
Cum ferro accisam, crebrisque bipennibus instant.
Eruere Agricolae certatim, illa usque minatur.
Et Tremefacta Comam concusso vertice nutat,
Volneribus Donec Paulatim evicta, supremum
Congemuit, traxitque Jugis avolsa ruinam.

And as when sturdy Swains, with frequent strokes,
Hewing with all their stretcht out arms, let drive
At the firm Root of some aspiring Oak,
Which long the Glory of the Mountain stood,
That ev'ry moment formidably nods,
And shakes the lofty glories of its crown,
Till broken by repeated wounds at last,
Down it comes rushing with a fatal groan,
And tears the Earth, and rends the solid Rock,
And still is Dreadful in its hideous fall.

Now here I desire the Reader to consider, how the Poet raises his Spirit as soon as he sets his Image in motion, and brings in Terror to his relief.

-------------------Illa usque minatur,
Et tremefacta comam, concusso vertice mutat.

For all the passions, when they are very great, carry Fury along with them, and all the afflicting passions, together with Fury, carry Vehemence and Severity. And the Poet hereby setting his Image in motion, had set it before his eyes, and so made it the more terrible. Let us now consider that of Laocoon.

Laocoon Ductus Neptuno sorte Sacerdos,
Sollennes Taurum Ingentem mactabat ad aras,
Ecce autem gemini, a Tenedo, Tranquilla per alta
(Horresco referens) Immensis Orbibus Angues
Incumbunt pelago, pariterque ad littera tendunt:
Pectora quorum inter fluctus arrecta, Jubaeque
Sanguineae exuperant undas, pars cetera Pontum
Pone legit, sinuantque Immensa volumine Terga.
Fit Sonitus, spumante salo, Jamque arva tenebant.
Ardentesque Oculos Suffecti Sanguine & igni,
Sibila Lambebant linguis vibrantibus ora.
Diffugimus visu exangues, illi agmine certo
Laocoonta petunt, & primum parva Duorum
Corpora natorum Serpens anplexus uterque

Implicat, & miseros morsu Depascitur artus,
Post Ipsum auxilio Subeuntem, ac Tela ferentem
Corripiunt, spirisque ligant ingentibus, & Jam
Bis medium amplexi, bis collo squamea circum
Terga Dati, superant capite & ceraicibus altis.
Ille simul manibus tendit divellere nodos,
Perfusus sanie vitas atroque veneno.
Clamores simul Horrendos ad Sydera tollit.
Quales Mugitus, fugit cum saucius aram
Taurns & incertam excussit cervice secarim.
Which in English Blank Verse runs thus,

Laocoon, now Great Neptune's Priest, by Lot,
The solemn Sacrifice a mighty Bull
Prepar'd to slay; when lo from Tenedos
Two huge Twin Serpents of prodigious size,
(A shivering horror chills all my life blood
At the bare thought and freezes ev'ry Nerve)
Their monstrous folds incumbent on the Main,
With equal haste come rowling tow'rds the Shore.
Their spotty Breasts erect above the Waves,
And bloody Crests, look fearful to the eye.
Their other parts come winding through the flood
In many a waving spire; the Sea resounds,
While with the Scaly horrors of their Tayls
They swinge the foaming brine.
And now they land, now dart their flaming Eyes,
Distain'd with Blood, and streaming all with fire.
We, pale and bloodless at the dismal sight,
All in a moment trembling disappear.
They to the Priest direct their flaming way,
And of his little Sons each seizing one,
Around their Limbs they twine their snaky Spires.
And on their little trembling Joynts they feed:
A dismal Feast; and while their wretched Sire
With piercing shrieks comes rushing to their aid,
At him with Fury both at once they dart,
And clasping him with their vast pois'nous folds,
Twice round his Waste they twist, and twice his Neck;
And stretching o're his Head, their dismal Head
And lofty Crests, upon the dying wretch
They dreadfully look down: He all in vain
With all his might his brawny Muscles strains,
And stretches his extended arms, to tear
The pois'nous and inextricable folds,
And from their entrails squeezes horrid gore.
And now tormented, hideously he roars,
And stamping, stares from his distracted eyes.
Thus madly bounds about the impetuous Bull,
When from his wound he shakes th' uncertain Axe,
And Bellowing, from the Bloody Altar broke.

And now here we find a deal of Enthusiasm; which is nothing but the elevation, and vehemence and fury proceeding from the Great and Terrible and Horrible Ideas. For the Poet setting his Image in so much motion, and expressing it with so much action, his inflam'd Imagination set it before his very eyes, so that he participated of the Danger which he describ'd, was shaken by the Terror, and shiver'd with the Horror. And what is it but the expression of the passions he felt, that moves the Reader in such an extraordinary manner. But here let us observe how the Spirit of the Poet rises, as the Danger comes nearer, and the Terror grows upon him.

----- Jamque aroa tenebint
Ardentesque oculos, &c.
And now they land, &c.

Let us consider beside what prodigious force all this must have in the connexion, where Religion adds to the Terror, encreases the Astonishment, and augments the Horror. For 'twas by the direction of Minerva that this Terrible Incident was brought about, who had combin'd with Juno to destroy the Trojans, as has been at large declar'd in a former Critical Treatise. And thus we have endeavour'd to shew how the Enthusiasm proceeds from the thoughts, and consequently from the subject. But one thing we have omitted, that as thoughts produce the spirit, the spirit produces and makes the expression; which is known by experience to all who are Poets; for never any one, while he was wrapt with Enthusiasm, wanted either Words or Harmony; and is selfevident to all who consider, that the Expression conveys and shows the Spirit, and therefore must be produced by it. So that from what we have said we may venture to lay down this Definition of Poetical Genius. Poetical Genius in a Poem is the true expressions of Ordinary or Enthusiastick Passion, proceeding from Ideas, to which it naturally belongs; and Poetical Genius in a Poet, is the power of expressing such Passion worthily: And the sublime is a great thought exprest with the Enthusiasm that belongs to it, which the Reader will find Agreeable to the Doctrine of Cecilius. Longinus, I must confess, has not told us what the sublime is; because Cecilius, it seems, had done that before him. Tho methinks, it was a very great fault in so great a Man as Longinus, to write a Book which could not be understood, but by another Mans Writings; especially when he saw that those Writings were so very defective, that they were not likely to last. But tho Longinus does not directly tell us, what the Sublime is, yet in the first six or seven Chapters of his Book, he takes a great deal of pains to set before us, the effects which it produces in the minds of Men; as, for example, that it causes in them admiration and surprize; a noble Pride, and a noble Vigour, an invincible force transporting the Soul from its ordinary Situation, and a Transport, and a fulness of Joy mingled with Astonishment. These are the effects that Longinus tells us that the Sublime produces in the minds of men. Now I have endeavour'd to shew what it is in Poetry that works these effects. So that take the Cause and the Effects together, and you have the Sublime.

https://quod.lib.umich.edu/e/ecco/004890743.0001.000
適宜修正

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Dennis, The Advancement and Reformation of Modern Poetry, ch. 6

ジョン・デニス
『現代詩の発展と改革:批評論文』より
第6章
激情は世俗の主題より神聖な主題によって生じることが多い

上記のとおり、詩にとって激情がもっとも重要であること、詩の命・本質、つまりそこに息づいているものは激情に他ならないことを明らかにした。詩を詩たらしめるものが激情であれば、当然、偉大な詩を偉大たらしめるのは偉大な激情である。詩における激情には二種類あり、ひとつがふつうの激情でもうひとつが何かに憑かれたような狂乱状態であることも上に見た。今度はさらに進み、神に関係する詩のほうが世俗の詩よりも激情を生じさせることを理解してもらいたい。具体的には以下のふたつの点、激情は神聖な主題・世俗の主題のいずれからも同様に生じること、狂乱状態に至る激情は神聖な主題から生じることが多いこと、について見ていこう。

最初の点は経験から明らかである。以下に見るように神聖な主題を扱う古代の詩は、同じく古代の世俗の詩がもちうる以上の大きさのふつうの激情をもつ。

考えなくてはならないのは、宗教の主題が世俗の主題よりも頻繁に、そしてより強い狂乱状態をわたしたちのうちに生じさせうる、ということである。これを明らかにするために、詩によって生じる狂乱がどのようなものかまず考えよう。詩における狂乱とは、その原因がわからない時に思考がたどりつく激情である。それが激情であることは言うまでもない。人の心を動かすからである。原因不明ということもいいだろう。が、同時にそれが思考とともにあることも疑いようがない。そうでなければ、それはただの狂気であって詩にともなう激情ではないからだ。

いずれにせよ、詩における狂乱がどのようにおこるのか、という未解決の問題について考えてみよう。狂乱のなか心が動くのは明らかである。であれば、狂乱状態ゆえに作品を書く者の心が動いたということになる。このようなことがおこるのは、もちろん、その人が何か考えている時である。考えている時に心を動かすものとは何か。頭のなかの思い以外にありえない。つまり、ふつうの激情と同様、狂乱とは必然的に思考によってもたらされるものである。理性ある存在のすべての激情が間違いなくそうであるように。にもかかわらず狂乱に至る激情およびふつうの激情の原因がわからないのは、それらが日常的ではないから、またそれらをもたらす思考は隠れていて、わたしたちがそれに気づかないからである。言うまでもないが、わたしたちの思考には何らかの、また一定量の、激情がともなう。この激情のあらわれが、会話においても作品においてもおもしろい、楽しい。特に何かの研究者でなくても、命の感じられる会話や本がいちばん楽しいと言うだろう。なぜ? 他でもない、それらによって心が動くから、激情ゆえに心が動くからである。ほんの一分でも、まったく一定の声で変化なく話せる人はいない。その変化が激情の変化である。が、このことにわたしたちは気づかない。長年の慣れゆえに、また思考の動きが信じられないほど速すぎるから、である。よくよく考えれば気づくはずだが、わざわざそうする人はまずいない。

いずれにせよ、このような激情のうち、特に強いものが狂乱的な心の動きであり、それが強ければ強いほど、心は何かにとり憑かれたように、自分自身ではないように、なっていく。この狂乱状態、わたしたちが気づかないほど速く変化する思考がもたらす激情とはどのようなものか。概念化されて思考となるものごとがもたらす激情と同種のもの、と考えればいいだろう。例えば、偉大なものごとについて考えた時に生じる概念には称賛がともなう。さらに大きければ驚きもともなう。気持ちよく楽しいものごとを頭で考えれば喜び・明るい気分が生じる。悲しいことを思い浮かべれば憂鬱が生じ、悪意ある力を頭に描けば恐怖に襲われる。偉大かつ攻撃的な力について考えれば、驚愕と困惑と関心が入り混じり、さらに恐怖も感じて言葉を失う。加えて、このような思考を生む心が自分について考えれば、ある種の自負・自賛あるいは傲慢さ、そして喜びが生じる。自分は他より優れていると意識したなら、である。長編詩に描かれる狂乱状態をていねいに見れば、それが上記の激情のどれか、あるいはそれらが複雑にからみあったものであることがわかるであろう。それは、激情をともなうようなものごとを考えた時、頭に思い浮かべた時に自然に生じる激情の単体あるいは複合体なのである。このことについては次の章で例とともに説明する。

しかし、ほとんどの場合、ふつうの思考がもたらすものより、心に思い描く絵としての思考がもたらす激情のほうが強い。そのような絵は実際のものを生き生きと、まるで目の前にあるかのようにあらわすからである。なかでも動き、特に激しい動きを描く心中の絵は、意表を突きつつ強い感銘を与える。というのも、激しい動きを思い描く時には例外なく心そのものが激しく動き、揺れているからである。こうして激しく揺れ動きつつ心が思い描く絵はまさに真に迫るものとなり、現実に感じるのと同じ激情をわたしたちにもたらす。心に絵を描く力が強ければ強いほど、熱ければ熱いほど、そこに描かれるものが本物として感じられるのである。思考力・理解力を支配するほどまでに想像力が燃えあがる時、心の絵のなかのものと本物の区別はもはや存在しない。熱に浮かされた人や狂った人のように、である。

以上、狂乱状態とは思考がもたらすものであり、またその思考をもたらす主題がもたらすものである。詩の命である感情は、その源にある思考に比例していなければならない。そうでなければその感情は自然でない、訳のわからないものとなってしまう。同様に、その思考は主題に比例していなければならない。だから、こういうことになる。大きく強い狂乱状態を間違いなくもたらすような思考をもたらしうる主題とは、第一に、神聖なものである。なぜなら、神に関係する何かが偉大である時、それは最高に、驚くほど気高いものだからである。神に関係して何かが嬉しい時、それは我を忘れるほどうれしく、何かが悲しい時には絶望的に悲しく、恐ろしい時には思考が麻痺するほど恐ろしいからである。

*****
John Dennis (1657-1734)
From The Advancement and Reformation of Modern Poetry:
A Critical Discourse.
Ch. 6
That Passion is more to be deriv'd from a Sacred Subject than from a Prophane one

WE have prov'd that Passion is the chief thing in Poetry, and that Spirit or Genius, and in short every thing that moves is Passion. Now if the chief thing in Poetry be Passion, why then the chief thing in great Poetry must be great Passion. We have shewn too, that Passion in Poetry is of two sorts, ordinary Passion or Enthusiasm. Let us now proceed to convince the Reader, that a sacred Poem is more susceptible of Passion than a prophane one can be; which to effect, let us shew two things, that a sacred subject is as susceptible of ordinary passions as a prophane one can be, and more susceptible of the Enthusiastick.

The first is evident from experience: For the Poetry among the Ancients, which shall be hereafter prov'd to be sacred, had in it greater ordinary Passions, than their Human Poetry either had or could possibly have.

'Tis now our business to show that Religious subjects are capable of supplying us with more frequent and stronger Enthusiasms than the prophane. And in order to the clearing this, let us enquire what Poetical Enthusiasm is. Poetical Enthusiasm is a Passion guided by Judgment, whose cause is not comprehended by us. That it is a Passion is plain, because it moves. That the cause is not comprehended is self-evident. That it ought to be guided by Judgment is indubitable. For otherwise it would be Madness, and not Poetical Passion.

But now let us enquire what the cause of Poetical Enthusiasm is, that has been hitherto not comprehended by us. That Enthusiasm moves, is plain to sence; why then it mov'd the Writer: But if it mov'd the Writer, it mov'd him while he was thinking. Now what can move a man while he is thinking, but the thoughts that are in his mind. In short, Enthusiasm as well as ordinary Passions, must proceed from the thoughts, as the Passions of all reasonable creatures must certainly do; but the reason why we know not the causes of Enthusiastick as well as of ordinary Passions, is because we are not so us'd to them, and because they proceed from thoughts, that latently and unobserv'd by us, carry Passion along with them. Here it would be no hard matter to prove that most of our thoughts are naturally attended with some sort and some degree of Passion. And 'tis the expression of this Passion, which gives us so much pleasure, both in Conversation and in Human Authors. For I appeal to any man who is not altogether a Philosopher, whether he is not most pleas'd with Conversation and Books that are Spirited. Now how can this Spirit please him, but because it moves him, or what can move him but Passion? We never speak for so much as a minute together withont different inflexions of voice. Now any one will find upon reflection, that these variations and those inflexions mark our different passions. But all this passes unregarded by us, by reason of long use, and the incredible celerity of our thoughts, whose motion is so swift, that it is even to our selves imperceptible; unless we come to reflect, and every one will not be at the trouble of that.

Now these passions, when they grow strong I call Enthusiastick motions, and the stronger they are the greater the Enthusiasm must be. If any one asks what sort of passions these are, that thus unknown to us flow from these thoughts; to him I answer, that the same sort of passions flow from the thoughts, that would do from the things of which those thoughts are Ideas. As for example, if the thing that we think of is great, when then admiration attends the Idea of it; and if it is very great amazement. If the thing is pleasing and delightful, why then Joy and Gayety flow from the Idea of it; if it is sad, melancholy; if 'tis mischievous and powerful, then the Imagination of it is attended with Terror; And if 'tis both great and likely to do hurt and powerful, why then the thought of it is at once accompanied with Won­der, Terror and Astonishment. Add to all this, that the mind producing these thoughts, conceives by reflection a certain Pride, and Joy and Admiration, as at the conscious view of its own excellence. Now he who strictly examines the Enthusiasm that is to be met with in the greater Poetry, will find that it is nothing but the fore-mention'd passions, either simple or complicated, proceeding from the thoughts from which they naturally flow, as being the thoughts or Images of things that carry those passions along with them, as we shall shew by examples in the following Chapter.

But these passions that attend upon our thoughts are seldom so strong, as they are in those kind of thoughts which we call Images. For they being the very lively pictures of the things which they represent, set them, as it were, before our very eyes. But Images are never so admirably drawn, as when they are drawn in motion; especially if the motion is violent. For the mind can never imagine violent motion, without being in a violent agitation it self; and the Imagination being fir'd with that Agitation, sets the very things before our eyes; and consequently makes us have the same passions that we should have from the things themselves. For the warmer the Imagination is, the more present the things are to us, of which we draw the Images, and therefore when once the Imagination is so inflam'd as to get the better of the understanding, there is no difference between the Images and the things themselves; as we see, for example, in Fevers and Mad men.

Thus have we shewn that Enthusiasm flows from the thoughts, and consequently from the subject from which the thoughts proceed. For, as the Spirit in Poetry is to be proportion'd to the Thought, for otherwise it does not naturally flow from it, and consequently is not guided by Judgment; so the Thought is to be proportion'd to the Subject. Now no Subject is so capable of supplying us with thoughts, that necessarily produce these great and strong Enthusiasms, as a Religious Subject: For all which is great in Religion is most exalted and amazing, all that is joyful is transporting, all that is sad is dismal, and all that is terrible is astonishing.

https://ota.bodleian.ox.ac.uk/repository/xmlui/bitstream/handle/20.500.12024/K107084.000/K107084.000.html
一部修正

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Dennis, The Advancement and Reformation of Modern Poetry, ch. 5

ジョン・デニス
『現代詩の発展と改革:批評論文』より
第5章
激情とは詩においてもっとも重要なものである
激情とはふつうの激情・狂乱のいずれかである

先に進む前に詩を定義しておこう。この高貴な芸術に定義が与えられるのははじめてのことだ。古代の批評家も今の者たちも詩を定義してきていない。

まず、詩とは自然の模倣であり、その素材は、一定のリズムをもち感情をかき立てるような言葉である。説明しよう。

詩とは芸術であり、それゆえ自然を模倣していなくてはならない。その道具が言葉であることは明らかであり、またその言葉が音楽的であることを疑う人はいない。一定のリズムがあるかないかが詩の言葉と散文中の各文の違いである。ここでいう言葉のリズムとは、言葉や音節の音、そしてしかるべき一定間隔でそのあいだにおかれた休止からなるものである。散文的な語りのなかの文は言葉や音節の音をもちつつ、休止の間隔が一定ではない。詩が自然を模倣する際の言葉が感情をかき立てる、このことはあえて言うまでもない。激情は詩において言葉の音の調和よりもはるかに重要だ。音が調和している・していない、というのは詩と散文の素材の違いにすぎないのに対し、激情をともなう・ともなわないというのはその性格または本質の違いである。詩が詩であるのは、それが散文よりも激情的であるから、より感覚を刺激するからだ。とてもよいリズムをもつ文章であっても、そこに激情がなければ、それはリズミカルな散文である。逆に至るところで強く感情に訴える文章、至るところに比喩を含むなどより表現豊かで大胆な文章は、たとえ一定のリズムがなくてもまちがいなく詩である。

このように激情が詩の最大の特徴であり、至るところからそれが感じられなくてはならない。感情をかき立てないところがあれば、そこは散文的である。詩において至るところが激情的でなくてはならないように、通常リズムも至るところで詩に感じられる。が、楽しませ、かつ教えるという詩のふたつの目的をよりよくはたすのは激情であり、それゆえこちらのほうが重要である。激情とリズムでは激情のもたらす楽しみのほうが明らかに大きい。激情がもたらす楽しみはリズムなしでも成立するが、激情のともなわないリズムは単調で退屈である。たとえそこにリズムがなくても悲劇や叙事詩から学ぶことがあるのに対し、激情的でない悲劇・叙事詩が教えることは何もない。叙事詩は称賛・憧れをもたらすことで、また悲劇は憐みや恐れをもたらすことで、教えるのであるから当然だ。長いオードについても同じで、激情がともなわなければそれはうっとうしく耐えがたいものとなる。教訓的なその文章も馬鹿馬鹿しいものとなる。

激情こそ詩を詩たらしめるものであり、それは至るところになくてはならない。激情のない詩などありえない。激情のない絵画もありえない。詩人・画家が動く人・ものを描き写す時、何らかの制御不能な感情が伝わるようにしなくてはならない。何かをする人物を描く絵があるとして、その人物に激情が見られなかったら、そのような絵はくだらない、と誰でもいうだろう。詩と絵においては至るところから激情が感じられなくてはならない。伝わる激情が多ければ多いほど詩も絵を優れたものとなる。もちろん主題が求める以上であってはならないが、激情が豊かに伝わるかたちで人・ものの動きを豊かに描くものこそ、画家・詩人の最高の作品である。

詩においては至るところに激情がなくてはならない、激情のないところに詩はない、と以上論じてきたが、言うまでもなく、どのような詩であれふつうの意味における激情が至るところにあるわけではない。つまり、こういうことだ。詩になくてはならない激情とはふつうの激情とは異なる激情、すなわち神か何かに憑かれたような狂乱状態のことである。憧れであれ、恐怖であれ、喜びであれ、ふつうの激情の場合、人はそれを感じる理由をはっきり理解している。そのような激情の理由がそれを感じている本人にもはっきりわからない場合、それが狂乱の状態である。何かにとり憑かれたかのようなこの激情には単純な場合と複雑な場合があるが、それについては後ほど例を挙げて説明しよう。

以上、詩においてもっとも重要なものは激情であるが、ここでは詩一般・詩全体の話をしていることに注意していただきたい。と言うのも、誰もが知っているように個々の詩の形相(けいそう)、言わばその魂は創作された話・語りであるからだ。詩を人にたとえるなら、その命にあたるのが激情である。命がなかったら体は生きられず、また魂にも何もできない。詩の命や本質と呼ばれるもの、詩の楽しさの源、詩の言葉のなかに生きているものが激情であり、それがふつうの激情と何かに憑かれたような狂乱にわかれるのである。

以上、詩一般においてもっとも重要なものは何か、読者にもっとも強く訴えるものが何かを論じ、それが激情であることを明らかにした。次に、このように言える根拠、すなわち神に関する主題はそうでないものより激情的であること、古代の長大な作品の主題はそのものが、あるいはその扱われかたが宗教的であることを見ていこう。

*****
John Dennis (1657-1734)
From The Advancement and Reformation of Modern Poetry:
A Critical Discourse.
Ch. 5
The Passion is the chief thing in in Poetry, and that all Passion is either ordinary Passion, or Enthusiasm.

But before we proceed let us define Poetry; which is the first time that a Definition has been given of that noble Art: For neither Ancient nor Modern Criticks have defin'd Poetry in general.

Poetry then is an imitation of Nature by a pathetick and numerous Speech. Let us explain it.

As Poetry is an Art, it must be an Imitation of Nature. That the instrument with which it makes its Imitation is Speech need not be disputed. That that Speech, must be Musical, no one can doubt: For Numbers distinguish the parts of Poetick Diction from the periods of Prose. Now Numbers are nothing but articulate sounds, and their pauses measur'd by their proper proportions of time. And the periods of Prosaick Diction are articulate sounds, and their pauses unmeasur'd by such proportions. That the Speech, by which Poetry makes its Imitation, must be pathetick is evident; for Passion is still more necessary to it than Harmony. For Harmony only distinguishes its Instrument from that of Prose, but Passion distinguishes its very nature and character. For therefore Poetry is Poetry, because it is more passionate and sensual than Prose. A Discourse that is writ in very good Numbers, if it wants Passion can be but measur'd Prose. But a Discourse that is every where extremely pathetick, and consequently every where bold and figurative, is certainly Poetry without Numbers.

Passion then is the Characteristical mark of Poetry, and consequently must be every where. For where-ever a Discourse is not pathetick, there it is Prosaick. As Passion in a Poem must be every where, so Harmony is usually diffus'd throughout it. But Passion answers the two ends of Poetry better than Harmony can do, and upon that account is preferable to it: For first it pleases more, which is evident: For Passion can please without Harmony, but Harmony tires without Passion. And in Tragedy and in Epick Poetry a man may instruct without Harmony, but never without Passion: For the one instructs by Admiration, and the other by Compassion and Terror. And as for the greater Ode, if it wants Passion, it becomes Hateful and Intolerable, and its Sentences grow Contemptible.

Passion is the Characteristical mark of Poetry, and therefore it must be every where; for without Passion there can be no Poetry, no more than there can be Painting. And tho the Poet and the Painter describe action, they must describe it with Passion. Let any one who beholds a piece of Painting, where the Figures are shewn in action, conclude that if the Figures are without Passion the Painting is contemptible. There must be Passion every where in Poetry and Painting, and the more Passion there is, the better the Poetry and the Painting, unless the Passion is too much for the subject; and the Painter and the Poet arrive at the height of their Art, when they describe a great deal of Action with a great deal of Passion. It is plain then from what has been said, that Passion in Poetry must be every where, for where there is no Passion there can be no Poetry, but that which we commonly call Passion, cannot be every where in any Poem. There must be Passion then, that must be distinct from ordinary Passion, and that must be Enthusiasm. I call that ordinary Passion, whose cause is clearly comprehended by him who feels it, whether it be Admiration, Terror or Joy; and I call the very same Passions Enthusiasms, when their cause is not clearly comprehended by him who feels them. And those Enthusiastick Passions are sometimes simple, and sometimes complicated, of all which we shall shew examples lower. And thus I have shewn that the chief thing in Poetry is Passion; but here the Reader is desir'd to observe, that by Poetry we mean Poetry in general, and the Body of Poetry; for as for the form or soul of particular Poems, that is allow'd by all to be a Fable. But Passion is the chief thing in the Body of Poetry, as Spirit is in the Human Body. For without Spirit the Body languishes, and the Soul is impotent: Now every thing that they call Spirit or Genius in Poetry, in short, every thing that pleases, and consequently moves in the Poetick Diction, is Passion, whether it be ordinary or Enthusiastick.

And thus we have shewn what the chief excellence in the Body of Poetry is, which we have prov'd to be Passion. Let us now proceed to the proofs of what we propounded, that sacred subjects are more susceptible of Passion than prophane ones, and that the subjects of the Ancients were sacred in their greater Poetry, I mean either sacred in their own natures, or by their manner of handling them.

https://ota.bodleian.ox.ac.uk/repository/xmlui/bitstream/handle/20.500.12024/K107084.000/K107084.000.html

*****
ストア派の理性>激情 reason > passion
ロック以降の激情>理性 passion > reason

(神に)憑かれたかのような狂乱状態 enthusiasm
cf. 内乱期(実際には16世紀)以来の「神は人に宿る」の議論
cf. アクィナス、フッカー、そして(いわゆる)ケンブリッジのプラトン派以来の
「神の代理である理性が人に宿る」の議論

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Patmore, "The Kiss"

コヴェントリー・パトモア
「キス」

「あの人にキスされてたでしょ?」「ええ」
「なんてはしたない!」「そんなことないわ。
わたしは寝てると思ってたはず、あの人。少なくとも
わたしもあの人もそういうことにしてたから。」

*****
Coventry Patmore
"The Kiss"

'I saw you take his kiss!' ''Tis true.'
'O, modesty!' ''Twas strictly kept:
He thought me asleep; at least I knew
He thought I thought he thought I slept.'

https://www.poetrynook.com/poem/kiss-5

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Dennis, The Advancement and Reformation of Modern Poetry, ep. ded

ジョン・デニス
『現代詩の発展と改革:批評論文』献辞より

ノルマンディ侯、マルグレイヴ伯、そしてガーター勲爵士である
高貴なジョン・シェフィールド様に

創作物の批評の目的は、少なくともそれが正しく良質なものである場合、高貴かつ有用な創作という技術を発展させることでなければなりません。以下の文章は、現代人を偉大なる古代の人々と対等のレベルに押し上げることを意図しています。そのため、閣下にお許しいただけるなら、古代の作家たちが優れている点は何か、また、なぜ私がギリシア悲劇--例えばソポクレスの『オイディプス王』--を、人気あるイングランド悲劇--例えばシェイクスピアの『ユリウス・カエサル』--より好むのかを考えたいと思います。これは、私にとってギリシア悲劇のほうが楽しく、またそこから学ぶことがより多いからです。まさにそれゆえギリシア悲劇の感動のほうが大きいのです。経験から言って、悲劇の楽しみや教訓は、それがかきたてる感情の大きさに比例します。しかし、なぜイングランドのものよりギリシア悲劇のほうが大きな感情を惹きおこすのか、その理由を知るためには、まずそれらの主たる違いを考える必要があるでしょう。性質上の違いがあれば、感動にも差があって当然ですから。閣下、『オイディプス』と『カエサル』のあいだには、明確な違いが2点あります。まず、『オイディプス』は規範的・規則的ですが、『カエサル』は不規則で規範に従っていません。また『オイディプス』は神に対して敬虔ですが、『カエサル』は不敬です。閣下のご判断に従いますが、私が考えるところでは、すべての悲劇は神に関する教育、何らかの神の定めを見る者の心に刻みこむものであるべきです。神が善良な者を守り、悪い者、少なくとも暴力的な者を戒めることを明白に示すべきです。そうでなければ、それは内容のない娯楽、むしろこの世の安定にとって有害・破壊的な文書となります。シェイクスピアにおけるカエサル殺害は、殺人という犯罪、あるいは合法行為、どちらでしょうか。もしそれが合法であるなら、ブルトゥスとカッシウスの殺害はまさに犯罪で、シェイクスピアは最後にして最高のローマ人ふたりの血で舞台を汚したと責められるべきでしょう。逆に、カエサル殺害が犯罪で、ブルトゥスとカッシウスが正当に罰せられたとします。それでもシェイクスピアは、多くのローマ貴族たちが観客の前で恐ろしい殺人の罪を犯すことを見せ、しかしそのうちのふたりを罰したのみ、としてやはり非難されるでしょう。このようなシナリオは、統治、むしろ人間社会そのものを破壊しかねない危険な議論につながりますから。

以上、規則的・宗教的であるがゆえに『オイディプス王』は優れていると考えてよいでしょう。このような評価は、次の考察からも導かれます。すなわち、上にふれた規則性とは、強い感情を高い確率で掻き立てるのに必要と日々の観察や探究からわかっている何らかの規則の実践に他ならない、ということです。なぜなら、心と体の強さが同じふたりが戦った場合によりていねいな準備をしたほうが勝つのと同様、詩の優劣や評価においても、思考の力が同等ならその力の使いかたをよりよく知っている詩人の作品が勝ると考えざるをえないからです。

規則性を嫌う人でも、少し時間を割いてソポクレスの『オイディプス王』を先入観なしに読んでみれば、すぐに気づくでしょう。読者の心が驚きから驚きへ、共感・憐みから恐怖へ、そして再度恐怖から共感・憐みへ、息つく間もなく動かされる理由はまさに技巧に他ならない、ということに。すぐにわかるでしょう。劇中至るところに織り交ぜられた宗教が、宗教とは無関係と見えるすべてのどんでん返しをもたらしていることが。それらはみな神の恐ろしい定めの帰結であり、それゆえ晴天から落ちる雷のように読者を呆然自失・混乱の状態に陥れるのです。

詩人のつくる物語が日々湧きあがる感情をより強く引きおこすとしたら、それは一般に規則性と呼ばれるものがそこにあるから、言葉や内容が何らかの規則にしたがっているからです。また、日々の感情の背後には宗教、つまり見えない力に対する畏怖や敬意があり、それを活用する力と技能さえあれば、詩人は詩の内容や表現により、日々の感情を超える特殊な感情を引きおこすことができます。この特別な感情こそ忘我、神に憑かれたかのような陶酔・自失、などと呼ばれるものです。

規則性およびそれが日常的な感情を呼びおこすことについて、もう特に話す必要はないかもしれません。閣下ご自身、小さくとも重要で輝かしい、言わば大きな宝より遠くを照らす高純度の宝石のようなご著書を社会に対して贈られています。またそれは、すでに他の者たちの著作によっても十分明らかになっています。すなわち、規則的に書くということは、道徳的に正しく、趣味よく適切に、根拠とともに、自然に、理にしたがって、書く、ということです。しかしながら、いかに宗教が詩の発展に寄与するかを示すこの論考に欠かせない準備として、規則性に関する従来の議論を確認しておきたいと思います。これがけっして無駄な遠まわりではないことをご理解いただけましたら幸いです。昨今では規則を無視あるいは軽視する者が少なくありませんので、ある程度時間を割いて、それを守ることの重要性を証明する必要があるのです。もし本当に規則など守らなくてよいのであれば、以下の論文は空虚な暇つぶしにすぎないものとなるでしょう。ですが、そのように考えるなら、今後詩を発展させることなど絶望的に不可能と言わざるをえません。

完璧な詩をつくるためには規則にしたがう必要があります。これはあたりまえのことなので、少し頭を使えば誰にでもわかるでしょう。下位の芸術、たとえば絵画や音楽にも規則はあります。構図やバランスについて知らない、習わない、あるいは練習しないまま、もって生まれた空想の力だけで絵を描こうとする人は、当然ぶしつけな愚か者とみなされます。

音楽でも同じです。主旋律を知らずに他のパートをつくる人は誰にも相手にされません。このようにいささか劣る芸術においてもよい作品をつくるために規則が必要なのですから、より高貴な芸術においてそうなのはあたりまえですよね? 規則にしたがって優れた詩が書けないなら、いったいどうすればいいのでしょう? 偶然に任せるしかありませんね! そうです、規則に従うか偶然に期待するかのどちらかしかありません。第三の道はないのです。

自然界にある偉大で美しいものは、すべてなんらかの規則にしたがっています。なんらかの秩序をもっています。私たちの知覚の対象に規則性・秩序・調和があればあるほど、私たちはそれを価値あるもの・高貴なものととらえます。僭越ながら私は、これは芸術、特に詩においても同じと考えます。詩とは、自然にあるものの正確な模倣をめざすべきなのですから。むしろ厳密に言えば、自然とは神がつくったこの世のもののなかの規則や秩序に他なりません。この世界が驚くほど美しいのは、その各部分が大きさや配置の点で調和し補完しあっているからです。世界の縮小版である人が健康で安らかに楽しく生きていられるのは、いや、そもそも存在できるのは、無意識のうちに体が規則的に動き、はたらいているからです。これがあってはじめて、人だけがもつ理性の力、この世の境界を高く超えて貫く思考の力が発揮されるのです。自然が目に見えるこの世界の秩序・規則・調和であるように、理性とは見えない世界の秩序・規則・調和です。それは秩序そのものであり、また秩序がもたらす結果です。不規則なものは、それが不規則であるかぎり自然ではありませんし、理性的でもありえません。神はすべてのものを規則にしたがうようにつくりました。だから、あらかじめ神が定めた永遠の掟・法則からほんのわずかでも逸れたものは、私たちにとって恐ろしいもの、憎むべきものとなります。同じように、人の心は自分にとっての掟・法則であり、そこから少しでも逸れるなら、人は理性を、自分の本質を、貶めることになります。つまり、正しく考えることができる人にとって、目に見える・見えないを問わず不規則なものは、ごくまれな例外を除いてすべて憎むべきもの、あるいはとるに足らないものなのです。

自然と理性は--大きく括れば理性も自然なものですから、自然は、とまとめていいと思いますが--常に永遠に規則的だからこそ美しく、そして偉大です。この世のはじまりにおいて秩序がすべてのものを美しくしたのですから、秩序がなくなれば再び世界は混沌に戻ってしまいます。自然の模倣である詩についても同様に考えなくてはなりません。理性の定めた厳格な法則から逸れる詩は偉大ではありません。本当の意味で美しくありません。詩は不規則であればあるほど訳のわからないめちゃくちゃなもの、意味のない、存在意義のないものとなるのです。

このすばらしく美しいこの世界全体を構成する数えきれない一部一部のなかには、不規則に見えるものもあります。しかしそれらも、規則的な各部と同様、自然全体の調和の完成に寄与しています。さらに言えば、至高・最高の理性である神のはかり知れない定めのなかには、一見秩序に背くと思われるものがあります。例えば、善良な人が苦しみ、悪人が栄えている場合などです。しかしそのような事態も、突きつめれば然るべく、他との絶妙なつりあいのなか、神の予見と意図に従って生じているのであり、深遠な神の計画の実現のために必要なのです。同じように、卑小なものを偉大なものにたとえてよいなら、完璧な詩のなかも一見理性に反するように思われる要素があります。しかし、突きつめればそれらも、正しく偉大な構想をすばらしいかたちで実現するために絶対に欠かせないという点で、究極的には完璧に規則的であると言えるのです。

閣下がいちばんよくご存知のはずです。高い能力と分別を備えた古代の天才たち、ホメロス、ウェルギリウスらは、理性と知的探求心に従う詩人が実践すべき規則を当然知っており、そして実践していました。彼らは、やかましいその場かぎりの集まりを楽しませるために詩を書いたのではありません。同胞と呼ばれるひと握りの人々のために、でもありません。そんな小さな世界ではなく、彼らは世界の、あらゆる国のあらゆる年齢の、自由な人々すべてのために書いたのです。彼らは確信していました。ちょっとした妄想や奇抜なことを語れば群集は喜びますが、それはあくまで一時的なこと、根拠がないことである、と。理に適っているという点で、また自然であるという点で偉大な作品のみが、人類に楽しみと同時に教えを与えることができるのだ、と。間違いなく理解していました。作品が後世に永遠に残るのは、この世界の維持存続を可能とする調和と秩序に似た何かのおかげに他ならない、と。その何かを内にもつからこそ作品がすばらしいものとなり、使われた言語とともに彼らの名声も永遠に残り、そしてその栄光が国の栄光としても輝くのだ、と。

閣下もご存じのように、前世紀のはじめ頃、趣味がよく、また洞察に優れたフランス人たちがこのことを意識するようになり、なかでも特に優れた者、詩人や哲学者たちが批評を発展させはじめました。その結果、すばらしいことがおこりました。まず、詩作の技術が向上し、かつてなかったほど高い能力をもつ者があらわれました。第二に、そのような天才の出現によりフランス語がキリスト教世界全体に広まることになりました。こうして高まった国の威信が国際的な優位をもたらし、大規模な国策でも容易になしとげられるようになりました。

閣下、フランスでは古代の詩人たちの気高い模範にしたがって詩が革新され、そして国も革新されたわけですが、わたしたちの国では逆のことがおこりました。閣下が献身的に国民の意識を変えようと試みてくださったのですが、愚かで頑ななわたしたちは中世的・ゴシック的で品のないスタイルにしがみついてきました。劇場は堕落し、自然で本質的に正しい趣味を失いました。シェイクスピアの頃には、不屈のローマ人の精神を体現する偉大なコリオラヌスやカッシウスを見ることができたのですが、今舞台にのぼるギリシアやローマの英雄たちにとっては、常に愛が最高の感情となってしまっています。これは道徳的に正しくありません。教育的にとんでもないことで、科学的にもありえない虚偽です。愛、つまり野心的な欲望は人を暴君にします。他人に対しても、自分に対しても。欲望は理性を奴隷にし、また他のすべての感情を征服します。だからこそ、脱線して恐縮ではありますが、わたしは自分の悲劇2作において愛を支配的なものとせず、それぞれ栄光や友情の下に位置づけたのです。そのような悲劇こそ最高の知性をもつ男性、最善にして最高の徳をもつ女性にふさわしいのです。特に2作目のほうは閣下にも気に入っていただけたとうかがい、このうえなくうれしく思いました。

*****
John Dennis (1657-1734)
From the Epistle Dedicatory to
The Advancement and Reformation of Modern Poetry:
A Critical Discourse.

To the Most Noble John, Lord Marquess of Normanby,
Earl of Mulgrave, &c. and Knight of the Most Noble Order of the Garter

The Design of all Poetical Criticism, must be, if it is just and good, to advance so useful and so noble an Art as Poetry. And the design of the following Treatise is no less than to set the Moderns upon an equal foot with even admir'd Antiquity. In order to the doing which, I humbly desire leave of your Lordship, that I may make an enquiry in what the preheminence of the Ancient Poets consists; and why I prefer one of the Grecian Tragedies, as for example, the Oedipus of Sophocles, to one of our celebrated English Tragedies; as for instance, the Julius Caesar of Shakespear. Upon reflection I find that the reason is, because I am more delighted and more instructed by the former; and that for this very reason, because I am more mov'd by it: For I find by experience that I am no further pleas'd nor instructed by any Tragedy, than as it excites Passion in me. But in order to the discovering why I am more mov'd by the former than the latter of those Tragedies, I desire leave to make an enquiry into the principal differences between them, and that in all probability will determine the matter. I find then, my Lord, that there are two very signal differences between the Oedipus and the Julius Caesar. First, the Oedipus is exactly Just and Regular, and the Julius Caesar is very Extravagant and Irregular. Secondly, the Oedipus is very Religious, and the Julius Caesar is Irreligious. For, with submission to your Lordships Judgment, I conceive that every Tragedy ought to be a very solemn Lecture, inculcating a particular Providence, and showing it plainly protecting the good, and chastizing the bad, or at least the violent; and that if it is otherwise, it is either an empty amusement, or a scandalous and pernicious Libel upon the government of the world. The killing of Julius Caesar in Shakespear, is either a Murder or a Lawful Action; if the killing Caesar is a, Lawful Action, then the killing of Brutus and Cassius is downright Murder; and the Poet has been guilty of polluting the Seene with the blood of the very best and last of the Romans. But if the killing of Caesar is Murder, and Brutus and Cassius are very justly punish'd for it; then Shakespear is on the other side answerable for introducing so many Noble Romans, committing in the open face of an Audience, a very horrible Murder, and only punishing two of them; which proceeding gives an occasion to the people to draw a dangerous inference from it, which may be Destructive to Government, and to Human Society.

Thus, My Lord, I have a great deal of reason to suspect that the Oedipus derives its advantage from its Regularity, and its Religion; and the presumption grows still more strong, when upon enquiry I find, that the fore-mention'd Regularity is nothing but the bringing some Rules into practice, which Observation and Philosophy have found requisite for the surer exciting of Passion. For as this, I think, cannot be contested, that of two Combatants, who have equal Strength and equal Courage, he is most likely to have the better who has the most address; so in a contention and prize of Poetry, between persons who have equal force of mind, he will be certain to have the advantage, who is the best instructed to use his strength.

If any of the enemies to Regularity will give themselves the trouble to peruse the Oedipus of Sophocles, with an impartial eye, he will easily discern how instrumental the Poetical Art is in leading him from Surprize to Surprize, from Compassion to Terror, and from Terror to Compassion again, without giving him so much as a time to breathe; and he will as easily discover, how the Religion that is every where intermix'd with the Play, shews all the Surprizes even when he least expects this, as so many immediate successive effects of a particular Dreadful Providence, which make them come like so many Thunder-claps from a serene Heaven to confound and astonish him.

A Poet is capacitated by that which is commonly call'd Regularity, to excite the ordinary Passions more powerfully by the constitution of the Fable, and the influence which that must necessarily have both upon the words and thoughts; and Religion, besides the Influence it will have upon the ordinary Passions, will be to a Poet, who has force and skill enough to make his advantage of it, a perpetual source of extraordinary Passion, which is commonly call'd Enthusiasm, for the sentiments and the expressions.

For what concerns Regularity, or the exciting of ordinary Passion, enough has been said already. Your Lordship has particularly made the Publick a Present, which is, I confess, but little in Volume but is magnificent in Value and Ornament; 'tis a Present in Jewels, which casts a further lustre than Treasures that take up a larger space, and is more solid to those who are near it. Our Writers have been sufficiently told, that writing Regularly is writing Morally, Decently, Justly, Naturally, Reasonably. The Design, my Lord, of the following Treatise is to shew of what use Religion may be to the advancement of Poetry. But because all that has been said concerning Regularity is so necessary a preparative to this Design, that it would be wholly useless without it, I hope your Lordship will not think it to be foreign to my purpose, if at a time when the Rules are neglected by some, and slighted by others, I bestow a little time in proving the necessity of observing those; without the strict observance of which, the following Treatise will be an empty amusement, and we must absolutely despair of making any advancement in Poetry.

The necessity of observing Rules to the attaining a perfection in Poetry is so very apparent, that he who will give himself the trouble of Reflecting, cannot easily doubt of it. Rules are necessary even in all the inferiour Arts, as in Painting and Musick. If any one should pretend to draw a Picture without having ever been taught, or without knowing or practising any thing of Perspective or Proportion, but should pretend to succeed alone by the natural force of his Fancy, that man would certainly be esteem'd a very Impudent and Impertinent person.

Your Lordship knows that it is the very same thing in Musick that it is in Painting. If any one should pretend to compose in parts, without understanding the grounds, that person would infallibly render himself very contemptible. Now if they please by Rules in a less noble Art, can they reasonably expect to please without them in one that is more noble? If they please not by Rules in Poetry, how must they please? By Chance! For this is certain, that they must do it by one or the other, for there is no third way.

There is nothing in Nature that is great and beautiful, without Rule and Order; and the more Rule and Order and Harmony we find in the objects that strike our sences, the more worthy and noble we esteem them. I humbly conceive that it is the same in Art, and particularly in Poetry, which ought to be an exact imitation of Nature. Now Nature, taken in a stricter sense, is nothing but that Rule and Order and Harmony which we find in the visible Creation. The Universe owes its admirable beauty to the Proportion, Situation and Dependance of its parts. And the little World, which we call Man, owes not only its Health and Ease and Pleasure, nay, the continuance of its very Being to the Regularity of Mechanical motion, but even the strength too of its boasted Reason, and the piercing force of those aspiring thoughts, which are able to pass the bounds that circumscribe the Universe. As Nature is Order and Rule and Harmony in the visible World, so Reason is the very same throughout the invisible Creation. For Reason is Order and the Result of Order. And nothing that is Irregular, as far as it is Irregular, ever was or ever can be either Natural or Reasonable. Whatever God Created he designed it Regular, and as the rest of the Creatures cannot swerve in the least from the Eternal Laws pre-ordain'd for them, without becoming fearful or odious to us; so Man, whose mind is a Law to itself, can never in the least transgress that Law, without lessning his Reason, and debasing his Nature. In fine, whatever is Irregular, either in the Visible or Invisible World, is to the person who thinks right, except in some very extraordinary cases, either Hateful or Contemptible.

But, as both Nature and Reason, which two in a larger acceptation is Nature, owe their Greatness, their Beauty, their Majesty, to th eirperpetualOrder; for Order at first made the face ofthings so beautiful, and the cessation of that Order would once more bring in Chaos; so Poetry, which is an imitation of Nature, must do the same thing. I can neither have Greatness or Real Beauty, if it swerves from the Laws which Reason severely prescribes it, and the more Irregular any Poetical Composition is, the nearer it comes to extravagance and confusion, and to nonsence, which is nothing.

But, as in some of the numberless parts which constitute this beauteous all, there are some appearing irregularities, which parts notwithstanding contribute with the rest to compleat the Harmony of universal Nature; and as there are some seeming Irregularities even in the wonderful Dispensations of the Supream and Soveraign Reason, as the oppression of the good, and flourishing of the bad, which yet at the bottom are rightly adjusted, and wisely compensated, and are purposely appointed by Divine Fore-knowledge for the carrying on the profound Designs of Providence; so, if we may compare great things with small, in the creation of the accomplish'd Poem, some things may at first sight be seemingly against Reason, which yet at the bottom are perfectly Regular, because they are indispensably necessary to the admirable conduct of a great and a just Design.

No man knows better than your Lordship, that the Renown'd Masters among the Ancients, Homer and Virgil, &c. had too much Capacity, and too much Discernment, not to see the necessity of knowing and practising the Rules which Reason and Philosophy have prescib'd to Poets. They wrote not with a little narrow Design to please a Tumultuous transitory assembly, or a handful of men who were call'd their Countrymen; They wrote to their fellow Citizens of the Universe, to all Countries and to all Ages; and they were perfectly convinc'd that tho Caprice and Extravagance may please the multitude, who are always fluctuating, and always uncertain; yet that nothing but what is great in Reason and Nature, could be able to delight and instruct Mankind. They were clearly convinc'd that nothing could transmit their Immortal works to posterity, but something like that harmonious Order which maintains the Universe; that it was partly to that, they were to owe that wondrous merit, which could be able to render their Fame eternal, to extend and perpetuate the very languages in which they writ, and to illustrate the glory of their Countries by their own.

Your Lordship knows that it was towards the beginning of the last Century, that the French, a subtle and discerning Nation, began to be sensible of this, and upon it several of their extraordinary men, both Poets and Philosophers, began to cultivate Criticism. Upon which there follow'd two very remarkable things. For first, the cultivating of the Poetical Art advanc'd their Genius's to such a height, as was unknown to France before; and secondly, the appearing of those great Genius's, was very instrumental in spreading their language thro all the Christian World; and in raising the esteem of their Nation to that degree, that it naturally prepar'd the way for their Intrigues of State, and facilitated the execution of their vast Designs.

My Lord, these alterations happen'd in France, while the French reform'd the structure of their Poems, by the noble models of ancient Architects; and your Lordship knows very well, that the very contrary fell out among us; while, notwithstanding your generous attempt to reform us, we resolv'd with an injudicious obstinacy to adhere to our Gothick and Barbarous manner. For in the first place, our Stage has degenerated not only from the taste of Nature, but from the greatness it had in the time of Shakespear, in whose Coriolanus and Cassius we see something of the Invincible Spirit of the Romans; but in most of our Heroes which have lately appear'd on the Stage, Love has been still the predominant passion, whether they have been Grecian or Roman Heroes; which is false in Morality, and of scandalous instruction, and as false and absurd in Physicks. For Ambition makes a man a Tyrant to himself, as well as it does to others; and where it once prevails, enslaves the Reason, and subdues all other Passions. And it was for this very cause, if your Lordship will allow me to make this digression, that in the two Tragedies that I writ my self, I made Love a subordinate Passion, and subjected it in the one to Glory, and in the other to Friendship; that so I might make them fit to entertain the wisest of our Sex, and the best and most virtuous of the other. And it is impossible to tell you with what extream satisfaction I heard that the last of them was not displeasing to you.

https://quod.lib.umich.edu/cgi/t/text/text-idx?c=ecco;idno=004890743.0001.000
一部修正

*****
16‐17世紀の(一部行きすぎた)宗教改革および内乱で地に落ちた
宗教(キリスト教)のイメージのリハビリにおおいに貢献した重要エッセイ。
以下の主題の交差点。

ストア派の理性>感情
ロック以降の感情>理性
広教派・ケンブリッジのプラトン派・シャフツベリーの思いやり・共感・感受性
16世紀以来の「神は人のなかにいる」という議論(enthusiasm)
ロンギノス以来の崇高

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Dennis, A Journey over the Alps

ジョン・デニス
「アルプス越え」
『散文・韻文集』より

トリノ、1688年10月25日
リヨンからの旅の日誌をここに送る。出発する前のイギリスで君が、ぜひ、と言っていたとおり、アルプスについて詳しく書いている。サヴォワについてはふれなかった。モンメリアンの岩山についても書いていない。君にとって興味ありそうなことだけを扱っている。

10月19日にぼくたちはリヨンから出発し、きれいな平地を通ってヴォルペリエに着いた。平地は農地だったり牧草地だったりして、その向こうには丘が連なっていた。広くはなくともいい眺めだった。
https://is.gd/V5OA96

10月20日
午前のうちに同じ平地--ところどころ沼地になっていた--を通り、ラ・トゥール=デュ=パンという町まで行った。食事をとった後、さらにくるみと栗の木のなかを進み、フランスとサヴォワの境界にあるル・ポン=ド=ボーヴォワザンに着いた。
https://is.gd/DUMwOr
https://is.gd/8H5pxz

10月21日
午前中にサヴォワに入り、エギュベレット山を越えていった。まわりながら登る道で楽だったが、半分くらい登った時、尋常ではない高さまできていて、垂れ下がる岩の下かつ恐ろしく深い崖の上にいること、そしてその下では川が唸りながらとんでもない勢いで流れていることに気づき、一変した光景を前に愕然とした。下の激流の向こう岸、ぼくたちから30ヤードくらい離れたところには、こちらと同じくらいの高さの山があった。岩だらけの崖が霧のなかに見えてぞっとした。が、時々きれいに花咲く谷のように穏やかに見えるところがあるなど、それはあまりにも矛盾した光景だった。まるで自然の女神が男に対して厳格であると同時に甘い、とでもいうように。そんな光景のなか、ぼくたちは文字どおり破滅の縁(へり)を歩いた。一歩踏みはずせば死ぬ、どころか死体まで破壊されるようなところだった。ぼくは矛盾する感覚に突き動かされていた--恐ろしくて楽しかった--怖くておもしろかった--無限に喜びながら、同時に震えていた。
https://is.gd/bAfUWV

そこからぼくたちは山に挟まれたきれいな谷を通って進んだ。連なる山頂は高く緑で、人を拒むと同時に招くかのようだった。さらに3マイルほど平原を歩いてラ・カーヴというところに着く。1670年に亡くなったサヴォワ侯爵が岩山のあいだに道を通したが、それ以前には絶対に通れなかったそうだ。岩は爆破したらしい、地震と落雷が重なった以上の力の火薬で。その道はほんの1/4マイルほどだが、信じられないほど大変な工事だったようで、費用としても400万リーヴルかかったらしい。次のような仰々しい説明が入口のところにあった。



食事はシャンベリーでした。サヴォワの首都だ。そこからモンメリアンへの道では、母なる自然がまたまったく別の顔をしていた。岩だらけの崖は見るも恐ろしく、四方を囲む山はみなとんでもない高さで、連なる峰に雪が積もっているのか、あるいはで雲が日を浴びているのか、意見がわかれるほどだった。次に見えた山の頂上は黒い雲に隠れていて、さらにその雲の上にもっと高い山の白い頂上が見えた。そんな不思議な光景のもてなしを受けつつ旅をして、夜にモンメリアンに着いた。
https://is.gd/O7FUiU
https://is.gd/7fsK6V

22日、朝に出発。山々は昨日よりさらに高くなったように見えた。この日はエーグベルで食事をした。午後の道は平野だったり、とり囲むアルプスの斜面だったり。この日に新しく加わったお楽しみは、時々怒り狂ったような速さで下を流れる川、それから滝、時々全速力で崖から落ちてくる水の音だ。夜はラ・シャンブルで寝た。
https://is.gd/bq9cOG
https://is.gd/5VQRYM

23日、朝、とても寒く、スニ山の嫌な影響を感じた。まだかなり遠いのに。昼前にサン・ミシェルに着く。午後、山の斜面をさらに進む。そこは松林になっていたり、畑だったりした。実際、垂直のちょっと手前というような、まさかというところに畑があった。その夜はモダーヌで寝た。
https://is.gd/MZk4qZ

10月24日。モダーヌはスニ山から12マイルくらいなので、翌日の朝はさらにひどく寒かった。スニ山ふもとのランスブールまで行って食事をした。
https://is.gd/aBviUU

食べたらすぐに馬をそこらに放し、騾馬(らば)に乗って山を登りはじめた。時々下の町や谷をふり返って眺めずにはいられなかった。頂上からあと100ヤードというところまできても、下にはランスブールが見えた。なかなか大変な思いで3マイルも登ってきたのに。びっくりだ。自分の家からハムステッドくらいの距離にある場所が自分の下に見えたらどう思う? この有名なアルプスの道を正しく表現できたらいいのに。ローマやナポリを言葉で伝えるのはそんなに難しくない。多少なり似たような場所を君も見たことがあるから。でも、視界が届かないような、見ているだけで疲れてしまうような山の場合はそうじゃない。さっき頂上から100ヤードと書いたけど、その頂上とは後で通った高原のことで、その上にはまた別の大きな山がある。これらの山は、イタリアの庭を囲むちょっとした土手として大昔に自然の女神がつくったと言われていて、もしそうならこの女神はちょっとした天才画家みたいなものだ。適当に大胆にぐちゃぐちゃに塗ったところがすごい、という。アルプス全体が何かにとり憑かれた狂乱状態でつくられた作品のようになっているから、逆に人目を惹こうとていねいにつくられたところはつまらない。山や谷、花咲く牧場、さらさら流れる小川はきれいで見ていて楽しいけど、それは理性的な楽しさで、いろいろ考えが次々に浮かんできたりする。そういうのとは違って、アルプスを見てると心が完全に奪われる感じになる。しかもふつうの奪われかたじゃなくて、恐怖とか、何なら絶望とかを同時に感じたりする。だからたぶん、これらの山は天地創造ではなく世界の破滅の産物と考えたほうがいいかもしれない。この世の丸い屋根に巨大な孔(あな)が開いて底なしの深淵に崩れ落ちた時にできた、というように。本当にそうとしか思えない。そういう旧世界の破滅の結果が、奇跡の光景として今の世界に残ってる。これは恐ろしく膨大で、おぞましく死ぬほど衝撃的な世界の残骸なんだ。平原を1リーグほど全速力で進むと下り坂になっていた。上下左右をほぼ囲まれた、山の内臓のなかに入っていくような坂だ。まったく度肝を抜かれる光景だった。残骸の上に重なる残骸の山、まるで天と地がぐちゃぐちゃになったかのようだ。ぼくらの上の岩は不恰好で、かたちにならないかたち、壊されたとしか言いようがないかたちをしていた。恐ろしい崖、そこを真っ逆さまに落ちてはじける滝の水、それはまさに恐怖の宿るハーモニーを目で見ているかのようだった。誇張しすぎ、と思うだろ? 違うんだ。ぼくが見ている光景を見たら、 まだぜんぜん言いたりないことがわかるはずだ。どんな大げさな表現だってここでは余裕で許される。アルプスではまさに自然が羽目をはずしてる。常軌を逸している。それを超える言葉なんか存在しない。が、これくらいにして先に進もう。下りは籠に乗っていった。イングランドの単位で4マイルほどだった。スニ山のイタリア側のふもとのノヴァレーザを通って、その夜はスーザに泊まった。次の日はベンナレで食事をし、気持ちのいい谷を通って夜にここトリノに着いた。
https://is.gd/NWfNeU
https://is.gd/AMwXBp
https://is.gd/Ir6tsC

*****
John Dennis
A Journey over the Alps
From Miscellanies in Prose and Verse

Turin, Octob. 25. 88.
I Have here sent you a Journal of my
Journey from Lyons hither, in which
you will find that account of the Alpes,
which you so earnestly desired of me,
before I came out of England. I have
taken no notice of the Towns in Savoy;
nor so much as the Rock of Montmelian,
but have confin'd my self to a Subject
which you seem'd to affect so much.

On the nineteenth of October, we set
out from Lyons, and came that night to
Vorpellier, thro a fair Plain, which was
sometimes Arable, and sometimes Pasture,
and bounded with Rows of Hills
at that just distance, as gave tho['] not a
large, an agreeable Prospect.

Octob. 20. We came by Noon thro
the same Plain, which grew to be sometimes
a Marsh[,] to a Bourg, call'd Tour
Du Pin. From thence, after Dinner,
we continued our way, thro whole
Groves of Walnut and Chestnut Trees
to Pont Beanvoisin, being the Bridge
that separates France and Savoy.

Octob. 21. We entred into Savoy in
the Morning, and past over Mount Aiguebellette.
The ascent was the more easie,
because it wound about the Mountain.
But as soon as we had conquer'd one
half of it, the unusual heighth in which
we found our selves, the impending
Rock that hung over us, the dreadful
Depth of the Precipice, and the Torrent
that roar'd at the bottom, gave us
such a view as was altogether new and
amazing. On the other side of that
Torrent, was a Mountain that equall'd
ours, about the distance of thirty Yards
from us. Its craggy Clifts, which we
half discern'd, thro the misty gloom of the
Clouds that surrounded them, sometimes
gave us a horrid Prospect. And sometimes
its face appear'd Smooth and Beautiful
as the most even and fruitful Vallies. So
different from themselves were the different
parts of it: In the very same place
Nature was seen Severe and Wanton. In
the mean time we walk'd upon the very
brink, in a litteral sense, of Destruction; one
Stumble, and both Life and Carcass had
been at once destroy'd. The sense of all this
produc'd different motions in me, viz. a
delightful Horrour, a terrible Joy, and at
the same time, that I was infinitely pleas'd, I
trembled.

From thence we went thro a pleasant
Valley bounded with Mountains, whose
high but yet verdant Tops seem'd at once
to forbid and invite Men. After we had
ma[rched] for a League thro the Plain, we arriv'd
at the place which they call La Cave;
where the late Duke of Savoy in the Year
Seven[ty], struck out a Passage thro a rocky
Mountain that had always before been impassible:
Performing that by the force of
Gun-powder, which Thunder-bolts [at]
Earthquakes could scarce have effected.
This Passage is a quarter of an English Mile,
made with incredible labour, and the expence
of four Millions of Livers. At the
Entrance into it is the following pompous
Inscription.

At Chambery we din'd, the Capital Town
of Savoy. In our way from thence to Montmelian,
Nature seem'd quite to have chang[']d
her Face. There craggy Rocks look'd horrid
to the Eye, and Hills appear'd on every
side of so stupendous an heighth, that the
Company was divided at a distance, whether
they should believe them to be sunny
clouds, or the Snowy tops of Mountains.
Here appear'd a Hill with its top quite hid
in black Clouds, and beyond that Hill, & above
those Clouds some higher Mountain
show'd its hoary Head. With this strange
entertainment by the way, we came that
Night to Montmelian.

On the 22. we set forward in the morning.
The Mountains appear'd to grow still
more Lofty. We din'd that day at Aiguebelle.
In the Afternoon we proceeded on our
way, sometimes thro the Plain, and sometimes
on the side of the Alps; with which we
were hemm'd in on all sides. We then began
that day to have the additional diversion,
of a Torrent that ran sometimes with fury
beneath us, and of the noise of the Cascades,
or the down fall of Waters, which
sometimes came tumbling a main from the
Precipices. We lay that night at La
Chambre.

On the 23. The morning was very cold,
which made us have dismal apprehensions of
Mount Cenis, since we felt its influence so
severely at so great a distance. We arriv'd
by Noon at St. Michel. In the Afternoon
we continued our Journey mostly upon the
sides of the Mountains, which were sometimes
all cover'd with Pines; and sometimes
cultivated, ev'n in places where one would
swear the thing were impossible, for they
were only not perpendicular. We lay that
Night at Modane.

Oct. 24. Modane is within a dozen Miles
of Mount Cenis, and therefore the next
morning we felt the Cold more severely.
We went to Dinner at Laneburgh, situate
at the foot of Mount Cenis.

As soon as we had din'd, we sent our
Horses about, and getting up upon Mules
began to ascend the Mountain. I could
not forbear looking back now and then to
contemplate the Town and the Vale beneath
me. When I was arriv'd within a
hundred Yards of the Top, I could still
discern Laneburgh at the Bottom, distant
Three tedious Miles from me. What an
amazing distance? Think what an impression
a place must make upon you, which you
should see as far under you as 'tis from
your House to Hampstead. And here I
wish I had force to do right to this renown'd
Passage of the Alpes. 'Tis an easie
thing to describe Rome or Naples to you,
because you have seen something your self
that holds at least some resemblance with
them; but impossible to set a Mountain
before your eyes, that is inaccessible almost
to the sight, and wearies the very
Eye to Climb it. For when I tell you that
we were arriv'd within a hundred yards
of the Top: I mean only the Plain, thro
which we afterwards pass'd, but there is
another vast Mountain still upon that.
If these Hills were first made with the
World, as has been a long time thought,
and Nature design'd them only as a Mound
to inclose her Garden Italy: Then we
may well say of her what some affirm of
great Wits, that her, careless irregular
and boldest Strokes are most admirable.
For the Alpes are works which she seems
to have design'd, and executed too in Fury.
Yet she moves us less, where she studies
to please us more. I am delighted, 'tis true
at the prospect of Hills and Valleys, of
flowry Meads, and murmuring Streams,
yet it is a delight that is consistent with
Reason, a delight that creates or improves
Meditation. But transporting
Pleasures follow'd the sight of the Alpes,
and what unusual transports think you were
those, that were mingled with horrours,
and sometimes almost with despair? But
if these Mountains were not a Creation,
but form'd by universal Destruction, when
the Arch with a mighty flaw dissolv'd and
fell into the vast Abyss (which surely is the
best opinion) then are these Ruines of
the old World the greatest wonders of the
New. For they are not only vast, but
horrid, hideous, ghastly Ruins. After we
had gallop'd a League over the Plain, and
came at last to descend, to descend
thro the very Bowels as it were of the
Mountain, for we seem'd to be enclos'd
on all sides: What an astonishing Prospect
was there? Ruins upon Ruins in monstrous
Heaps, and Heaven and Earth confounded.
The uncouth Rocks that were
above us, Rocks that were void of all
form, but what they had receiv'd from
Ruine; the frightful view of the Precipices,
and the foaming Waters that threw
themselves headlong down them, made all
such a Consort up for the Eye, as that
sort of Musick does for the Ear, in
which Horrour can be joyn'd with Harmony.
I am afraid you will think that I have
said too much. Yet if you had but seen
what I have done, you would surely think
that I have said too little. However
Hyperboles might easily here be forgiven.
The Alpes appear to be Nature's extravagancies,
and who should blush to be
guilty of Extravagancies, in words that
make mention of her's. But 'tis time to
proceed. We descended in Chairs, the
descent was four English Miles. We past
thro Novalese, situate at the Foot of
Mount Cenis on the side of Italy, and lay
that Night at Suse. We din'd the next
day at Villane, and thro a pleasant Valley
came that Night to this place.

https://quod.lib.umich.edu/e/eebo/A35672.0001.001
- Dennis, Miscellanies (1693, Wing D1304) および
Familiar Letters (1718) ECCO T64796を見ながら修正
- 改行位置は実際のページどおり
(行をまたぐハイフンは削除、前行に語全体を記載)

*****
散文。「恐ろしいと同時に心奪われる」という
「崇高」(sublime)の概念の発端とされる文章。

これ系の崇高とロンギノス系の崇高の融合・混淆・混乱が
18世紀からいわゆる「ロマン派」までのイギリス詩の重要な特徴。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Akenside, Ode I

マーク・エイケンサイド
オード 1: ホラティウス風に

わたしはマティヌス山の蜂の
ように……
オード4.2

花咲く庭の香りのなか、
ライムの木陰が並ぶ
ガラスの川が見えるところで、
ホラティウスのきれいなメロディを聴きながら、のんびり
休みたい、人混みから離れて、気苦労に心病むことなく、
夏の日に刺されることもなく。

見れば、はたらき蜂が一匹、あっちに行ったり
こっちに来たり! 花から花へ、木から木へ、
蜜を集めてまわってる。
彼女のために絹の宝石の花が咲く。
彼女のために花は輝き、
いい香りの息を吐く。

かわいらしくぶんぶんぶん! 無礼で頭の悪い嵐がきて
このきれいな光景を汚したり、
君の楽しい仕事の邪魔をしたりしないといいね。
次々に元気な花の芽が出てくるといいね。
日差しとにわか雨が君の羽を導いて、
いい香りの花たちを略奪できるといいね。

それから、詩の女神にもずっと
いっしょにはたらいてもらおう。
すてきな詩をつくってもらおう!
もともと、昔から、
蜂と詩は同じだったから、季節も仕事も、
楽しさも痛みも。

蜂のように、飾らない森のなかで、
川岸で、豊かな緑の野原で、楽しく
ぼくの歌はあっちに行ったりこっちにきたり。
高く舞いあがったりしない。
白鳥や鷲みたいに偉そうに、
目のくらんだ群衆を導きたいとは思わない。

大がらすやふくろうたちの
カーカーホーホーいやらしい夜の宴は
どうでもいい。
蜂も詩も、廃墟や墓場、
亡霊の小屋や隠者のほら穴から逃げ出して、
日のあたるところ、楽しいところに向かう。

不毛な荒れ野で危ないことをしたりもしない。
わざわざ味わったりしない、不健康で
有害なものを。
使いたい人が使えばいい、
毒にんじんの毒入りジュースや、
不潔ないらくさの注射針など。

自然が知っているいちばん美しいものから、
花咲く春から、夏の薔薇から、
いろいろ豊かな蜜を蜂は吸う。
そして楽しい仕事が終わったら、
聖なる二重の祈りをぶんぶん捧げる、
楽しさと健康に。

*****
Mark Akenside
"Ode I: Allusion to Horace"

. . . Ego, apis Matinae
More, modoque, &c.
Lib. iv. Od. ii.

AMID the garden's fragrance laid,
Where yonder limes behold their shade
Along the glassy stream,
With HORACE and his tuneful ease
I'll rest from crouds, and care's disease,
And summer's piercing beam.

Behold the busy, wand'ring BEE!
From bloom to bloom, from tree to tree
She sweeps mellifluous dews;
For her the silken gems arise,
For her display their shining dyes,
Their balmy breath diffuse.

Sweet murmurer! may no rude storm
This pleasurable scene deform
To check thy gladsome toils;
Still may the buds unsullied spring,
Still show'rs and sunshine court thy wing
To these ambrosial spoils.

Nor shall my Muse hereafter fail
Her fellow-lab'rer thus to hail,
And lucky be the strains!
For long ago did nature frame
Your seasons and your arts the same,
Your pleasures and your pains.

Like thee, in lowly, sylvan scenes,
And river-banks and fruitful greens
Delights my vagrant song;
Nor strives, by soaring high in air,
Tho' swans and eagles triumph there,
To draw the giddy throng.

Nor where the raven, where the owl
By night their hateful orgies howl,
Will she her cares imploy;
But flies from ruines and from graves,
From ghostly cells and monkish caves
To day-light and to joy.

Nor will she tempt the barren waste;
Nor deigns th' ungrateful stores to taste
Of any noxious thing;
But leaves with scorn to others' use
The bitter hemlock's baneful juice,
The nettles sordid sting.

From all which nature fairest knows,
The vernal blooms, the summer rose,
She draws her mingled wealth;
And when the lovely task is done,
She consecrates a double boon,
To pleasure and to health.

https://quod.lib.umich.edu/cgi/t/text/text-idx?c=ecco;cc=ecco;rgn=div1;view=toc;idno=004792074.0001.000
適宜修正

*****
ここから、たとえば Gray, "Ode on the Spring" に。

*****
ホラティウス Horace
心の安らぎ ataraxia
満足 content
隠遁 retirement

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Philips, "Against Pleasure"

キャサリン・フィリップス
「快楽なんていらない」

この世に快楽なんてない。
そんなの、みんなただのインチキ。
輝いて、そして消える。
幸せそうに見える、ただの嘘。
口のうまい人たちが使う賄賂。
まず騙されて、気がつくと支配されてる。

確かに、遠くからはいいものに見える。
でも、近づくと
それは、ろくでもないソドムの果実。
そしてふれると消え果てる。
いいものなのは想像のなかでだけ。
期待したものは絶対に手に入らない。

だって、すぐに快楽でお腹いっぱいになって、
欲望をなくしてしまうから。
あるいは、川のように
流れた道を広くしてしまうから。
それで心から楽しくなくなってしまう。
わたしたちが小さすぎて。または、快楽が小さすぎて。

快楽を求めるのはかんたんだけど、
本当の幸せは絶対に手に入らない。
条件がたくさんありすぎるから。
そして、そのうちひとつでも欠けたらダメだから。
それに、もし思いどおり幸せになったとしても、
それを失う恐れが出てきて、結局幸せじゃなくなってしまう。

ねえ、快楽、あなたって何なの? 空気のように
飛んで逃げてく。名声よりもはかなく消える。
そして絶望がやってくる。
それからその友だちの恥も。
こう教えてくれた経験は正しい、
「快楽を求めるなんて狂ってる」。

*****
Katherine Philips
"Against Pleasure"

1.
There's no such thing as Pleasure,
'Tis all a perfect Cheat,
Which does but shine and disappear,
Whose Charm is but Deceit:
The empty bribe of yielding Souls,
Which first betrays, and then controuls.

2.
'Tis true, it looks at distance fair;
But if we do approch,
The fruit of Sodom will impair,
And perish at a touch:
It being then in phancy less,
And we expect more then possess.

3.
For by our Pleasures we are cloy'd,
And so Desire is done;
Or else, like Rivers, they make wide
The Channel where they run:
And either way true bliss destroys,
Making Us narrow, or our Joys.

4.
We covet Pleasure easily,
But it not so possess;
For many things must make it be,
But one way makes it less.
Nay, were our state as we could chuse it,
'Twould be consum'd for fear to lose it.

5.
What art thou then, thou winged Air,
More swift then winged Fame?
Whose next successour is Despair,
And its attendant Shame.
Th' Experience-Prince then reason had,
Who said of Pleasure, It is mad.

http://quod.lib.umich.edu/e/eebo/A54715.0001.001/

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Philips, K., "Against Love"

キャサリン・フィリップス
「愛なんていらない」

愛の神、おまえなんてどこか行け。人をあざむく矢をもって消えてくれ。
おまえの喜びは偽物で、悲しみだけが本物だから。
うれしい気分もいつの間にか消えるから。
人は恋に落ちると、熱に浮かされたように火照り、うわごとをいう。
自分を傷つけるものばかりほしがる。
恋がつらいのは人が弱いから。
人の不安が恋の炎に油を注ぐ。
恋する人は自分の手かせを自分でつくる。
他人に心を与えるなんて、
偽物の神をわざわざつくって崇めるのと同じ。
心をちゃんと自分でもっている人には、
自由と平安の冠がある。
好きな人ににらまれて命が縮むこともない。
幸せに我を忘れる喜びの病にもかからない。
我を忘れることなく静かに楽しく生きている。

* * *
Katherine Philips
"Against Love"

Hence Cupid with your cheating Toies,
Your real Griefs, and painted Joies,
Your Pleasure which it self destroies.
Lovers like men in Feavers burn and rave,
And only what will injure them do crave.
Mens weakness makes Love so severe,
They give him power by their fear,
And make the Shackles which they wear.
Who to another does his heart submit,
Makes his own Idol, and then worships it.
Him whose heart is all his own,
Peace and liberty does crown,
He apprehends no killing frown.
He feels no raptures which are joies diseas'd,
And is not much transported, but still pleas'd.

* * *
英語テクストは次のページより。
http://andromeda.rutgers.edu/~jlynch/Texts/
againstlove.html

* * *
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Cowley, "Against Fruition"

エイブラハム・カウリー
「楽しみたくない」

いやいや、バカだな、OKしちゃダメ。
大事にされないよ?
君のすべてをぼくが知ったら。
知恵のついた年寄りが神を信じないのと同じ。
距離が大切。女だと思っちゃったら
もう女神のようには扱えない。
君はみんなが崇める女王だから
わがまましすぎても譲りすぎてもダメ。
いろいろ許しながらも上に立っていること。
砦と武器庫は自分で管理するように。
今、君はぼくにとって全世界で、ぼくの野望は
君を征服すること。でも気をつけて、
アレクサンドロス大王みたいに、
他の世界も征服したくなるから、一回君を征服したら。
君のすべてを愛の神に捧げる、すると
愛の神は弱くなる。
妄想の君のほうが地位が高い、
現実の君よりも。
ぼくにとっても損、
妄想の君を本当の君でおきかえたら。
最高においしいぼくの頭のなかの君は、
君のくれる神の酒の味で台なし。
きれいな人を見るとびっくりだし、うれしくなるけど、
それはたんに目がだまされてるだけ。
よくわからないまま驚き崇め、でもしばらくしたら、
崇めてた自分にまたびっくり。
恋はまるで餓えた鷹、
獲物食べすぎで喉が詰まる。
希望を食べすぎて、そして
いやなことを考えて全部吐く。
ドキドキしているあいだは楽しいけど、そのうち
針のない蜂みたいなゴミになる。

*****
Abraham Cowley
"Against Fruition"

NO; thou'rt a fool, I'll swear, if ere thou grant:
Much of my Veneration thou must want,
When once thy kindness puts my Igno'rance out;
For a learn'd Age is always least devout.
Keep still thy distance; for at once to me
Goddess and Woman too, thou canst not be;
Thou'rt Queen of all that sees thee; and as such
Must neither Tyrannize, nor yield too much;
Such freedoms give as may admit Command,
But keep the Forts and Magazines in thine hand.
Thou'rt yet a whole world to me, and do'est fill
My large ambition; but 'tis dang'rous still,
Lest I like the Pellaean Prince should be,
And weep for other worlds hav'ing conquer'd thee;
When Love has taken all thou hast away,
His strength by too much riches will decay.
Thou in my Fancy dost much higher stand,
Then Women can be place'd by Natures hand;
And I must needs, I'm sure, a loser be,
To change Thee, as Thou'rt there, for very Thee.
Thy sweetness is so much within me plac'd,
That shouldst thou Nectar give, t'would spoil the taste.
Beauty at first moves wonder, and delight;
'Tis Natures juggling trick to cheat the sight,
We 'admire it, whilst unknown, but after more
Admire our selves, for liking it before.
Love, like a greedy Hawk, if we give way,
Does overgorge himself, with his own Prey;
Of very Hopes a surfeit hee'll sustain,
Unless by Fears he cast them up again:
His spirit and sweetness dangers keep alone;
If once he lose his sting, he grows a Drone.

https://quod.lib.umich.edu/e/eebo/A34829.0001.001/1:7.30?rgn=div2;view=fulltext
適宜修正

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Suckling, "Against Fruition"

ジョン・サックリング
「楽しみたくない」

あーくさいくさい、熱い両想いの恋人とか。
心はふたつで欲望はひとつ、とか最悪。
汚れた奴らに呪いあれ。
愛し愛されて苦しめ。
恋はカメレオン、餌は空気と妄想で、
現実を食べたら下痢かゲロ。
くだらない嫉妬と不安、
希望か不安かわからない気持ち、晴れ時々にわか雨--
それで何が楽しい? しかもみんなパー、
いちばん楽しいことをやっちゃったら。
後ろから殴られたくらいショックか、いや、むしろ死ぬ、
好きな人がOKしてくれたりしたら。
期待っていうのはぜいたくな怪物で、
どんな女の子の味でも満足できない。
気高い心は求めない、
羽毛のベッドでいつでも手に入るものなんて。
体を許す女はただのまじめな娼婦、
氷のように冷たくても、雪のように純白でも。
楽しいことをした男はみんな言う--
祈りつづけたいなら断食しな。
だから、美しいあなた、力は出し惜しみしたほうがいいんです。
拒んでください、俺たち男が求めてきても。
見たことないものを見たいと思わせておけばいいんです。
そんなもの、過去にも、今も、今後も、存在しないのだから。

*****
John Suckling
"Against Fruition"

Fye upon hearts that burn with mutual fire;
I hate two minds that breath but one desire:
Were I to curse th'unhallow'd sort of men,
I'de wish them to love, and be lov'd agen.
Love's a Camelion, that lives on meer ayre;
And surfets when it comes to grosser fare:
'Tis petty Jealousies, and little fears,
Hopes joyn'd with doubts, and joyes with April tears,
That crowns our Love with pleasures: these are gone
When once we come to full Fruition.
Like waking in a morning, when all night
Our fancy hath been fed with true delight.
Oh! what a stroke't would be! Sure I should die,
Should I but hear my mistresse once say, I.
That monster expectation feeds too high
For any Woman e're to satisfie:
And no brave Spirit ever car'd for that
Which in Down-beds with ease he could come at.
Shee's but an honest whore that yeelds, although
She be as cold as ice, as pure as snow:
He that enjoys her hath no more to say
But keep us Fasting if you'l have us pray.
Then fairest Mistresse, hold the power you have,
By still denying what we still do crave:
In Keeping us in hopes strange things to see
That never were, nor are, nor e're shall be.

https://poets.org/poem/against-fruition

*****
--> Robert Wilcher, The Disconted Cavallier (2007), ch. 4.

14行目
I = Aye (i.e., Yes).
「アイアイサー」の「アイ」。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Merry, "To Anna Matilda"

ロバート・メリー
「アンナ・マティルダに」

よく知ってます! 魅力的なあなたのことは!
音のない森で会いましたね。
高い山の上でも。
嵐の夜にも。
荒れた海岸を走っていましたね、
沈む太陽を見るために。
立ち止まって息をのんで、暗闇のなか、
轟く荒波の恐ろしい音を聴いていましたね。
夢中な目で
空の星の物語をたどってましたよね?
か弱げな三日月が
丘や森に投げかける薄明りを眺めたり、
魔法の川のほとりで、
波打つ月明かりを見たりしてましたよね?

ああ、女神のようなあなたの姿、忘れません。
若さの至りでつらい目にあった時、
何もかも憂鬱で、
親友たちにも冷たくされた時、
夏の仲間たちが
落ち目のぼくから逃げていくなか、
あなたは歌のような声で励ましてくれました。
胸の鼓動を静めてくれて、涙も止めてくれました。
あなたは教えてくれました、いちいち
卑しい者たちの忘恩を批判してもしかたがない、と。
空想の荒れ野をさまよって、
めくるめくクピドの園を見つけるように、と。
彼のベッドにぼくが横になった時、
あなたは銀梅花の冠を
輝く髪とあわせて編んでいましたね、
あの方、美神のなかの美神ウェヌスさまの髪と。
だから、そよ風があちこちに
薔薇のエッセンスを吹いて広げるようになりました。
胸にその香りを注がれて、やさしく扇がれて、
あなたの美しい体のすべてが眠ります。
でも、やがて深紅の夜明けに眠りが
まぶしいあなたの目から逃げ出したら、すぐに
弾いて、弾いてください、魔法の竪琴を。
心をこめて、炎をこめて、
甘く美しい声で歌ってください、
人には歌えない歌を。
それから、ああ、豊かな彩りにつつまれて
輝く姿を見せてください。
すてきな香りの露を髪からふり落してください。
鼓動のひとつひとつを新しい喜びで震わせてください。
ぼくの魂のなか、熱く燃える思いをかき立ててください。
抑えられない気持ちを高く激しく波立たせてください。
そして、本当の姿を見せてください。
あなたの美しさをぼくの目から隠さないでください。
嘘の名前でごまかさないでください。
だって、知ってます--あなたは詩の女神ですから!

*****
Robert Merry
"To Anna Matilda"

I KNOW thee well, enchanting Maid!
I've mark'd thee in the silent glade,
I've seen thee on the mountain's height,
I've met thee in the storms of night:
I've view'd thee on the wild beach run
To gaze upon the setting sun;
Then stop aghast, his ray no more,
To hear th' impetuous surge's roar.
Hast thou not stood with rapt'rous eye
To trace the starry worlds on high,
T'observe the moon's weak crescent throw
O'er hills, and woods, a glimm'ring glow:
Or, all beside some wizard stream,
To watch its undulating beam?

O well thy form divine I know---
When youthful errors brought me woe;
When all was dreary to behold,
And many a bosom-friend grew cold;
Thou, thou unlike the summer crew
That from my adverse fortune flew,
Cam'st with melodious voice, to cheer
My throbbing heart, and check the tear.
From thee I learnt, 'twas vain to scan
The low ingratitude of Man;
Thou bad'st me Fancy's wilds to rove,
And seek th' ecstatic bow'r of Love.
When on his couch I threw me down,
I saw thee weave a myrtle crown,
And blend it with the shining hair
Of her, the Fairest of the Fair.
For this, may ev'ry wand'ring gale
The essence of the rose exhale,
And pour the fragrance on thy breast,
And gently fan thy charms to rest.
Soon as the purple slumbers fly
The op'ning radiance of thine eye,
Strike, strike again the magic lyre,
With all thy pathos, all thy fire;
With all that sweetly-warbled grace,
Which proves thee of celestial race.
O then, in varying colours drest,
And living glory stand confest,
Shake from thy locks ambrosial dew,
And thrill each pulse of joy a-new;
With glowing ardours rouse my soul,
And bid the tides of Passion roll.
But think no longer in disguise,
To screen thy beauty from mine eyes;
Nor deign a borrow'd name to use,
For well I know---thou art the MUSE!

https://www.eighteenthcenturypoetry.org/works/o4739-w0080.shtml

*****
Cowley, "To Della Crusca: The Pen" への返答。

前半は、グレイ「田舎の教会墓地」の後半にあるような、また後の
コールリッジ「フビライ・ハン」やキーツの「もう死ぬかも」の
ソネットにも一部描かれるような、天才詩人のイメージ。

後半は以下の要素の組みあわせ:
コリンズ的な〈憐み〉
ボッティチェリ『ウェヌスの誕生』
ロック以降の感情(passion)称揚(ストア派思想の裏返し)
形而上学(キリスト教抜き)
--> Cf. シェリー「ひばり」、キーツの「耳には聴こえない歌」
詩神と彼女による憑依(enthusiasm)、その結果としての天才詩人

ボッティチェリ『ウェヌスの誕生』
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sandro_Botticelli_-_La_nascita_di_Venere_-_Google_Art_Project_-_edited.jpg

ウェヌスの銀梅花冠(バーン=ジョーンズ『ウェヌスの鏡』)
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Edward_Burne-Jones_-_The_Mirror_Of_Venus,_1898.jpg

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Cowley, "To Della Crusca: The Pen"

ハンナ・カウリー(アンナ・マティルダ)
「デラ・クルスカに:羽ペン」

ああ! もう一度、金の羽ペンで、
その先で、わたしの胸を震わせて。
魔法でわたしの心のなかを探って、
気持ちと涙をあふれさせて。
アポロからの贈りもの--
アオニアで、きらきら光る波のインクに浸って
羽ばたいていたペン、
ため息の蒸気にのって。
それはクピドの輝く翼から落ちた羽。
彼が力いっぱい弓を引いて、
いちばん鋭い、絶対的に当たる矢を
誰かの凍った反逆の心、
彼に逆らって
無駄に脈打っていた心に突き刺した時に。
そんなペンだから大事にして!
空想の空気の王座にのぼって、
虹のインクで、
神々が命じるままに、書いて!
アポロとクピドがあなたにのりうつって、
二重の炎で手伝ってくれるますように!
アポロンがあなたに言葉を、
クピドがあなたの想いに命を、くれますように!
あなたの歌にやさしい気持ちをこめてくれますように!
冬の日々にも熱い愛の冠をくれますように!

*****
Hanna Cowley (Anna Matilda)
"To Della Crusca: The Pen"

O! SEIZE again thy golden quill,
And with its point my bosom thrill;
With magic touch explore my heart,
And bid the tear of passion start.
Thy golden quill APOLLO gave —
Drench'd first in bright Aonia's wave:
He snatch'd it flutt'ring thro' the sky,
Borne on the vapour of a sigh:
It fell from Cupid's burnish'd wing
As forcefully he drew the string
Which sent his keenest, surest dart
Thro' a rebellious frozen heart;
That had till then defy'd his pow'r,
And vacant beat thro' each dull hour.
Be worthy then the sacred loan!
Seated on Fancy's air-built throne,
Immerse it in her rainbow hues,
Nor, what the Godheads bid, refuse!
APOLLO, CUPID, shall inspire,
And aid thee with their blended fire,
The one poetic language give,
The other bid thy passion live;
With soft ideas fill thy lays,
And crown with LOVE thy wint'ry days!

https://www.eighteenthcenturypoetry.org/works/o4739-w0070.shtml#text

*****
Merry, "The Adieu and Recall: To Love" への返答。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

ノート:ヨーロッパの発想

ノート:ヨーロッパの発想

最高の法はしばしば最大の悪。
Ius summum saepe summa malitia est.
Terentius, Heauton Timorumenos
(Terence, Self-Tormentor) 4.5
https://www.perseus.tufts.edu/hopper/text?doc=Perseus%3Atext%3A1999.02.0115

最高の法は最大の不正。
Summum jus, summa injuria.
Cicero, De Officiis (On Duties / On Obligations) 1.33
https://books.google.co.jp/books?id=TPENAAAAYAAJ p. 177


コメント ( 0 ) | Trackback (  )

Merry, "The Adieu and Recall: To Love"

「決別したのに呼び戻す:クピドに」
ロバート・メリー(デラ・クルスカ)

あっち行け、邪魔者クピド! 君の力なんかいらない。
花と棘でいっぱいのベッドもいらない。
君のうなる弓も尖った矢もいらない。
嘘つき美人がこわがりなふりして
「びっくりした」とか言っても、ちょっと悪い横目で見てきても、
優しく笑ってくれても、急に涙を流しても、
もうぼくはドキッとしない。ぜんぜん楽しくない。
だからさよなら、君、もうぼくは関係ない!
パタパタ飛んでここから消えて。
澄んだ泉で水浴びするなり、
薔薇の露を飲むなり、
ルイーザの胸で昼寝するなり、好きにして。
ありがとう。これまで楽しかった。
でもいい、今後いっさいぼくは君に縛られない。

とは言いつつ、たぶん、一日経ったら
日ざしが悲しく見えてきて、
西風が凍えるように吹いてきて、
川の音が雑音に聞こえてきて、
鳥が歌わなくなって、
森の音が楽しくなくなって、
そして、ナイティンゲール! 君の歌を
聴きながら悲しみに浸るのが好きだったのに、
それが耳に入らなくなって、
ため息も涙も出なくなって、
ふらふらと
朝露降りた草山をさまようのもやめて、
そよ風の酒も飲まなくなって、
目的もなく森の屋根の下を歩かなくなって、
一途に夢中に、
青白い頬の月の少女に愛を語るのもやめる、
木の葉の小部屋のすきまから
地面に銀の雨が降る夜に。
ああ! みんなが言う安らぎってこういうこと?
熱く楽しい欲望を捨てる?
心地いい気がかりを忘れる?
他の人の幸せと悲しみを気にしない?
無関心に心を凍らせる?
心が空っぽって悲しい……
だから戻ってきて、役立たずなクピド!
苦痛といっしょに喜びをもってきて!
帰ってきてぼくを拷問にかけて!
希望と不安と恐れを感じさせて!
あらゆる種類の痛みでぼくの心を引き裂いて!
それでいいから、もう一度ぼくを恋に落として!

*****
"The Adieu and Recall: To Love"
Robert Merry (Della Crusca)

Go, idle Boy! I quit thy pow'r;
Thy couch of many a thorn and flow'r;
Thy twanging bow, thine arrow keen,
Deceitful Beauty's timid mien;
The feign'd surprize, the roguish leer,
The tender smile, the thrilling tear,
Have now no pangs, no joys for me,
So fare thee well, for I am free!
Then flutter hence on wanton wing,
Or lave thee in yon lucid spring,
Or take thy bev'rage from the rose,
Or on Louisa's breast repose:
I wish thee well for pleasures past,
Yet bless the hour, I'm free at last.

But sure, methinks, the alter'd day
Scatters around a mournful ray;
And chilling ev'ry zephyr blows,
And ev'ry stream untuneful flows;
No rapture swells the linnet's voice,
No more the vocal groves rejoice;
And e'en thy song, sweet Bird of Eve!
With whom I lov'd so oft to grieve,
Now scarce regarded meets my ear,
Unanswer'd by a sigh or tear.
No more with devious step I choose
To brush the mountain's morning dews;
To drink the spirit of the breeze,
Or wander midst o'er-arching trees;
Or woo with undisturb'd delight,
The pale-cheek'd Virgin of the Night,
That piercing thro' the leafy bow'r,
Throws on the ground a silv'ry show'r.
Alas! is all this boasted ease,
To lose each warm desire to please,
No sweet solicitude to know
For others bliss, for others woe,
A frozen apathy to find,
A sad vacuity of mind?
O hasten back, then, idle Boy,
And with thine anguish bring thy joy!
Return with all thy torments here,
And let me hope, and doubt, and fear.
O rend my heart with ev'ry pain!
But let me, let me love again.

https://www.eighteenthcenturypoetry.org/works/o4739-w0060.shtml

*****
18世紀末に流行したデラ・クルスカ派の詩(Della Cruscan Poetry)
の最初のもの。このスタイルが18世紀の詩とロマン派のあいだの
決定的なリンクであるのに、文学史上ほとんど無視されている。
(確かにたいした作品ではないかもしれないが。)

これらと同じ「感受性」路線の作品。
Yearsley, "To Indifference"
Greville, "A Prayer for Indifference"H. More, "Sensibility"

以下など参照のこと--

田久保 浩
「デラクルスカ派の詩における感受性のイデオロギーと十八世紀メディア」
『言語文化研究』(徳島大学)25 (2017): 1-22
https://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/110983

田久保 浩
「ロバート・メリーとメアリー・ロビンソン : フランス革命と感受性の詩」
『言語文化研究』(徳島大学)28 (2020): 1-19
https://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/ja/115554

*****
感受性 sensibility
幸せな人 beatus ille
心の安らぎ ataraxia
賢い人 sapiens
無感情 apathy
美徳 virtue
自然
ホラティウス Horace
エピクロス Epicurus
ルクレティウス Lucretius
セネカ Seneca
ストア派 the Stoics
グロティウス Grotius
ホッブズ Hobbes
広教派 Latitude-men
(Augustine / Pelagius)
(Calvin / Arminius)
ケンブリッジ・プラトニスト Cambridge Platonists
シャフツベリー Third Earl of Shaftesbury
ヒューム Hume
アダム・スミス Adam Smith

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback (  )
« 前ページ