goo

Swift, "A Description of a City Shower"

ジョナサン・スウィフト
「街のにわか雨」

注意深く見ていれば、いろんな前兆から
いつにわか雨が降るかわかる。
雨が降りそうになると、猫は遊ぶのを止めて
もの思いに耽る。もう自分の尻尾を追いかけない。
夜、家に帰ると、流しが
いつもの二倍の悪臭を放っていたりする。
そんな日には夕食に遠出しないほうがいい。
葡萄酒代をケチっても馬車代で赤字になる。
雨が近づくと魚の目が刺すように痛くなる。
古傷が疼く。虫歯もズキズキする。
珈琲屋で馬鹿男がくだを巻き、
気分も天気も晴れない、と罵っている。

そんな頃、南風が泥まみれの翼で舞いあがり、
黒い雲を空一面に投げかける。
雲は飲める以上の酒を飲んでいて、
だから酔っ払いのように吐く。
召使いの百合ちゃんがいそいそ洗濯ものをとりこむ、が、
その時最初の雨筋が斜めに走る。
汚い雨水がはねる。掃除しているどこかの奥さんが
モップから飛ばしてくる水のほうがまし。
よけて神々の復讐を祈り、止まってふり返って文句をいおう
とすると、奥さんは歌いながらまた水を飛ばしてきたりする。
勝ち目がないくせにまだ埃は勝利をあきらめておらず、
風に乗って命がけで雨と戦う。
突風に乗って宿敵の雨と飛びまわっているから、
どっちが雨でどっちが埃か区別がつかない。
金のない詩人は誰に助けを求めればいい?
埃と雨が上着から侵入してきたら?
一枚しかない上着なのに、埃が雨で固まって
毛羽立って、染みの雲が広がってしまった!

次々と雨粒が落ちてきて、
破滅の運命にあるこの町は洪水で流されそう。
泥に足をとられながら女たちは店に逃げてくる。
そして値切って買うふりをして何も買わない。
酒が樽から流れるように雨は樋(とい)を流れ、
きざな法学生は馬車を呼ぶふりをして晴れるのを待つ。
裾をまくった針子の女が大股で歩く、
防水の傘から雨をだらだら流しながら。
いろんな立場の人がいろんな運命に導かれ、
小屋に集まって知りあいになる。
調子に乗ったトーリーと落ちこんだホイッグが
長年の軋轢をいったん忘れ、手を組んでかつらを守る。
格好つけた高飛車男は籠のなかでご機嫌斜め。
上の雨樋の水が発作的にごぼごぼ流れ、
時々すごい音を立てて
籠の革屋根に落ちてくる。それで彼はびくびく。
これはたとえばトロイア人がギリシャ人を
詰めこんだ木馬を運んだ時と同じ。
(あのギリシャ人はたいした悪だが、今の男も変わらない。
運んでもらって金を払わず逆に刺す。)
ラオコオンが外から木馬を槍で打つ。
閉じこめられたなかの英雄はそれでびくびく。

どぶの水がなみなみと至るところからやって来る。
途中であたりのものを略奪して来る。
つまりそれはゴミ、いろんな色、いろんなにおい。
それでどこから来たかがよくわかる。
激流のなか、すごい勢いで
鍛冶野や聖墓町から流れてきて、
雪丘峠の滝つぼでいっしょになって、
谷川橋の下水管からおしっこみたいにほとばしる。
屠殺小屋の床のゴミ、つまり糞や内臓や血、
溺れた子犬、腐った鰊(にしん)、みなどろどろ、
死んだ猫、蕪(かぶ)のへた、もうぐちゃぐちゃに流れ落ちる。

*****
Jonathan Swift
"A Description of a City Shower"

Careful observers may foretell the hour
(By sure prognostics) when to dread a shower.
While rain depends, the pensive cat gives o'er
Her frolics, and pursues her tail no more.
Returning home at night, you'll find the sink
Strike your offended sense with double stink.
If you be wise, then go not far to dine;
You'll spend in coach-hire more than save in wine.
A coming shower your shooting corns presage,
Old aches will throb, your hollow tooth will rage:
Sauntering in coffee-house is Dulman seen;
He damns the climate, and complains of spleen.

Meanwhile the south rising with dabbled wings,
A sable cloud athwart the welkin flings,
That swilled more liquor than it could contain,
And, like a drunkard, gives it up again.
Brisk Susan whips her linen from the rope,
While the first drizzling shower is born aslope;
Such is that sprinkling, which some careless quean
Flirts on you from her mop—but not so clean:
You fly, invoke the gods; then turning, stop
To rail; she singing, still whirls on her mop.
Not yet, the dust had shunned the unequal strife,
But, aided by the wind, fought still for life,
And wafted with its foe by violent gust,
'Twas doubtful which was rain, and which was dust.
Ah! where must needy poet seek for aid,
When dust and rain at once his coat invade?
Sole coat, where dust cemented by the rain
Erects the nap, and leaves a cloudy stain!

Now in contiguous drops the flood comes down,
Threatening with deluge this devoted town.
To shops in crowds the daggled females fly,
Pretend to cheapen goods, but nothing buy.
The Templar spruce, while every spout's a-broach,
Stays till 'tis fair, yet seems to call a coach.
The tucked-up sempstress walks with hasty strides,
While streams run down her oiled umbrella's sides.
Here various kinds, by various fortunes led,
Commence acquaintance underneath a shed.
Triumphant Tories, and desponding Whigs,
Forget their feuds, and join to save their wigs.
Boxed in a chair the beau impatient sits,
While spouts run clattering o'er the roof by fits;
And ever and anon with frightful din
The leather sounds; he trembles from within.
So when Troy chairmen bore the wooden steed,
Pregnant with Greeks, impatient to be freed
(Those bully Greeks, who, as the moderns do,
Instead of paying chairmen, run them through),
Laocoon struck the outside with his spear,
And each imprisoned hero quaked for fear.

Now from all parts the swelling kennels flow,
And bear their trophies with them as they go:
Filths of all hues and odours seem to tell
What streets they sailed from by their sight and smell.
They, as each torrent drives, with rapid force,
From Smithfield or St. 'Pulchre's shape their course,
And in huge confluence join at Snowhill ridge,
Fall from the conduit prone to Holborn Bridge.
Sweepings from butcher's stalls, dung, guts, and blood,
Drowned puppies, stinking sprats, all drenched in mud,
Dead cats, and turnips-tops, come tumbling down the flood.

https://en.wikisource.org/wiki/A_Description_of_a_City_Shower

*****
自他ともに認めるスウィフトの詩の最高傑作で大人気作、とのこと。
元ネタはウェルギリウスの『農耕詩』第一巻。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Swift, "A Description of the Morning"

ジョナサン・スウィフト
「朝」

あちこちから乗合馬車が出てきはじめて
赤い顔の〈朝〉もやってきた。
召使いのベティはご主人さまのベッドを飛び出し、
こっそり自分のベッドに戻ってふとんをぐちゃぐちゃにする。
徒弟はつっかけで店の前の
道掃除。店の床にはおがくずをまく。
モルも器用にモップをふりまわし、
入口と階段を拭き掃除。
ほうきみたいにガリガリの若い連中は、
鉄くず目当てに車輪跡の溝さらい。
石炭売りのよく通る声が聞こえ、
それを煙突掃除の甲高い声がかき消す。
借金取りが貴族閣下の邸宅の門に集まってきて、
煉瓦(れんが)売りのモルは通りの半分くらいまで届く声で叫ぶ。
羊が羊飼いのところに、人が牧師のところに集まるように、
群れなす囚人が看守のところに戻ってくる、
食費やらなんやらの代金を稼ぎに毎晩盗みに放たれてるから。
寝ずの番の役人は黙ってつっ立っていて、
こどもはかばんをもって学校までだらだら歩く。

*****
Jonathan Swift
"A Description of the Morning"

Now hardly here and there a hackney-coach
Appearing, show'd the ruddy morn's approach.
Now Betty from her master's bed had flown,
And softly stole to discompose her own.
The slip-shod 'prentice from his master's door
Had par'd the street, and sprinkled round the floor.
Now Moll had whirl'd her mop with dext'rous airs,
Prepar'd to scrub the entry and the stairs.
The youth with broomy stumps began to trace
The kennel-edge, where wheels had worn the place.
The small-coal man was heard with cadence deep;
Till drown'd in shriller notes of "chimney-sweep."
Duns at his lordship's gate began to meet;
And brickdust Moll had scream'd through half a street.
The turnkey now his flock returning sees,
Duly let out a-nights to steal for fees.
The watchful bailiffs take their silent stands;
And schoolboys lag with satchels in their hands.

https://www.poetryfoundation.org/poems-and-poets/poems/detail/45266
- 一部修正
- 15行目は日本語では二行

*****
都市版田園詩・農耕詩。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )